KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • りゅう
  • 令和
  • 記者
  • 一日
  • 小興安嶺山脈
  • 山道
  • 徒歩
  • 改善
  • 森林保護
  • 職務

「劉宏」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1995年08月07日
    ボクシング決勝 全国高校総体第7日

    ライトウエルター級決勝で判定負け、泣きながらリングを後にする東京朝鮮高の劉宏一=岡山市総合文化体育館

    商品コード: 1995080700061

  • 2002年05月25日
    五絃琵琶と劉さん 正倉院の五絃琵琶を復元

    復元した「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」を手にする音楽家の劉宏軍さん

    商品コード: 2002052500004

  • 2014年06月10日
    中国の科学者、古DNAの解析で懸棺葬の起源を解明

    雲南省昭通市塩津県の豆沙関で実施された文化財パトロール。(資料写真)中国科学院昆明動物研究所や雲南省文物考古研究所などの研究機関とタイの科学者はこのほど、棺を崖に懸ける「懸棺葬(かけかんそう)」の遺跡から見つかった遺体の分析を通じ、懸棺葬の起源と歴史を解明した。研究者は古DNAの解析技術を用い、雲南省昭通市の威信県と塩津県、広西チワン族自治区百色市右江区、タイのパーンマパー郡の懸棺葬遺跡13カ所で見つかった遺体41人分のサンプルに対しミトコンドリアDNAの全塩基配列解析を実施した。研究成果は、米「CellPress」が発行する国際学術誌「iScience」に掲載された。懸棺葬とは、遺体を納めた棺を崖の表面や洞穴、岩の隙間に安置する古い葬送習慣で、福建省武夷山地区で見つかった約3600年前の懸棺葬が最古とされる。中国の長江流域や長江以南に広く分布し、東南アジアや太平洋の島々でも見ることができる。(昭通=新華社配信/劉宏)=2014(平成26)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042002984

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700441

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700443

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700442

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700440

  • 2018年12月11日
    黄河壺口瀑布に虹が出現

    11日、中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布(ここうばくふ)の上空に虹が出現し、七色の光が滝を包んだ。その景色はとても素晴らしい。(小型無人機から)(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420585

  • 2018年12月11日
    黄河壺口瀑布に虹が出現

    11日、中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布(ここうばくふ)の上空に虹が出現し、七色の光が滝を包んだ。その景色はとても素晴らしい。(小型無人機から)(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420591

  • 2018年12月11日
    黄河壺口瀑布に虹が出現

    11日、中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布(ここうばくふ)の上空に虹が出現し、七色の光が滝を包んだ。その景色はとても素晴らしい。(小型無人機から)(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420563

  • 2018年12月11日
    黄河壺口瀑布に虹が出現

    11日、中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布(ここうばくふ)の上空に虹が出現し、七色の光が滝を包んだ。その景色はとても素晴らしい。(小型無人機から)(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420571

  • 2018年12月11日
    黄河壺口瀑布に虹が出現

    11日、中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布(ここうばくふ)の上空に虹が出現し、七色の光が滝を包んだ。その景色はとても素晴らしい。(小型無人機から)(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420561

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、復元された箜篌を奏でる音楽家。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800781

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、演奏中の楽団「天平楽府」。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800831

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、演奏中の中国出身の音楽家、劉宏軍氏。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800876

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、休み時間に一緒に遊ぶ2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(右)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん姉弟。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801803

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(中)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(右)、劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801685

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、授業中に朗読する1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(左)と劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (10)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域の森林。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805736

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (11)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域の森林。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805739

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (5)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805732

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (6)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔に上る劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805733

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (9)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔から周辺の様子を確認する劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805734

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (4)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (2)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、車で森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (13)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域に設置された火災監視塔で、設備を組み立てて周辺確認の準備を行う劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805747

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (12)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、風で倒れたカバノキをスマートフォンで撮影する劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805746

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (3)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、車で森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805731

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (8)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔から周辺の様子を確認する劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (7)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔から周辺の様子を確認する劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805737

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (1)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、車で森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805730

  • 2021年12月03日
    (1)東南大学の研究チーム、DNAストレージ技術で新たな成果

    DNAストレージ用電極を確認する東南大学生物電子学国家重点実験室の劉宏(りゅう・こう)教授(左)と学生。(11月29日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学の教員と学生による研究チームがこのほど、同大学の校訓「止于至善」をDNA配列に保存することに成功し、DNAストレージ技術を新たに進展させた。研究成果は国際的科学誌「ScienceAdvances」に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120309438

  • 1