KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウーロン茶
  • 中国企業
  • 中国安徽省
  • 中国水仙
  • 中国福建省
  • 人びと安徽省
  • 六安市霍山県
  • 加工工場
  • 加熱処理
  • 地元農家

「加工準備」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2019年10月16日
    ウーロン茶を世界に輸出福建省建甌市の茶産業が好調

    16日、福建省建甌市の加工工場で、日本に輸出するウーロン茶の荒茶の加工準備を進める従業員。中国福建省南平市の管轄下にある県級市、建甌(けんおう)市は「中国ウーロン茶の里」「中国水仙茶の里」とたたえられる。同省の主要な茶葉の産地である建甌市は、全国的にも重要なウーロン茶の里であり、主要な生産基地となっている。生産しているウーロン茶は同省が大量に輸出している特産品で、国内外の茶葉市場で重要な位置にある。茶産業は地元農家の増収につながる重要な産業の一つとなっている。ここ数年の急成長を経て、市内の茶園の面積は現在、12万8500ムー(約8600ヘクタール)となった。茶葉加工量は年間1万5千トン、輸出される加工済みウーロン茶は年間5500トンで、主に日本や東南アジア、米国などに輸出され、生産額は約5億元(1元=約15円)に上る。同市では現在、約10万人が茶葉の生産、加工、販売などに従事している。(建甌=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104049

  • 2018年07月08日
    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県

    8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶用の茶葉の加工準備をする従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200490

  • 1