KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 国家
  • 弾力性
  • 歴史
  • 無形文化遺産
  • 登録
  • 記者
  • 制作技法
  • 変化
  • 実用

「加牙村」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年06月23日
    (2)次世代へ伝える加牙チベットじゅうたん織り技術青海省

    5日、青海省西寧市湟中県上新荘鎮加牙村でチベットじゅうたんを制作する楊永良さん。中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県上新荘鎮加牙村の楊永良(よう・えいりょう)さん(59)は、国家級無形文化遺産に登録されている「加牙チベットじゅうたん織り技術」の伝承者。じゅうたん織りの技術は子どもの頃に父親から習い始めた。裁断や磨き上げ、撚糸(ねんし)などの工程を丁寧に進め、一枚一枚のじゅうたんを作りあげている。加牙村のチベットじゅうたんは100年以上の歴史を持つ。標高の高い寒冷地で生産された羊毛を植物由来の染料で着色し、独自の技法で織り上げたじゅうたんは鮮やかで色あせしない上、丈夫で弾力性がある。楊さんは「民族の伝統文化を失うわけにはいかない。私も工場で弟子を指導し、じゅうたん織りの技術を伝えている。加牙チベットじゅうたん織りの技術が永遠に受け継がれていってほしい」と語った。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304015

  • 2021年06月23日
    (4)次世代へ伝える加牙チベットじゅうたん織り技術青海省

    5日、青海省西寧市湟中県上新荘鎮加牙村で、仕上がったチベットじゅうたんを整理する楊永良さん。中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県上新荘鎮加牙村の楊永良(よう・えいりょう)さん(59)は、国家級無形文化遺産に登録されている「加牙チベットじゅうたん織り技術」の伝承者。じゅうたん織りの技術は子どもの頃に父親から習い始めた。裁断や磨き上げ、撚糸(ねんし)などの工程を丁寧に進め、一枚一枚のじゅうたんを作りあげている。加牙村のチベットじゅうたんは100年以上の歴史を持つ。標高の高い寒冷地で生産された羊毛を植物由来の染料で着色し、独自の技法で織り上げたじゅうたんは鮮やかで色あせしない上、丈夫で弾力性がある。楊さんは「民族の伝統文化を失うわけにはいかない。私も工場で弟子を指導し、じゅうたん織りの技術を伝えている。加牙チベットじゅうたん織りの技術が永遠に受け継がれていってほしい」と語った。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304014

  • 2021年06月23日
    (1)次世代へ伝える加牙チベットじゅうたん織り技術青海省

    5日、青海省西寧市湟中県上新荘鎮加牙村でチベットじゅうたんを制作する楊永良さん。中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県上新荘鎮加牙村の楊永良(よう・えいりょう)さん(59)は、国家級無形文化遺産に登録されている「加牙チベットじゅうたん織り技術」の伝承者。じゅうたん織りの技術は子どもの頃に父親から習い始めた。裁断や磨き上げ、撚糸(ねんし)などの工程を丁寧に進め、一枚一枚のじゅうたんを作りあげている。加牙村のチベットじゅうたんは100年以上の歴史を持つ。標高の高い寒冷地で生産された羊毛を植物由来の染料で着色し、独自の技法で織り上げたじゅうたんは鮮やかで色あせしない上、丈夫で弾力性がある。楊さんは「民族の伝統文化を失うわけにはいかない。私も工場で弟子を指導し、じゅうたん織りの技術を伝えている。加牙チベットじゅうたん織りの技術が永遠に受け継がれていってほしい」と語った。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304024

  • 2021年06月23日
    (5)次世代へ伝える加牙チベットじゅうたん織り技術青海省

    5日、青海省西寧市湟中県上新荘鎮加牙村でチベットじゅうたんを制作する楊永良さん。中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県上新荘鎮加牙村の楊永良(よう・えいりょう)さん(59)は、国家級無形文化遺産に登録されている「加牙チベットじゅうたん織り技術」の伝承者。じゅうたん織りの技術は子どもの頃に父親から習い始めた。裁断や磨き上げ、撚糸(ねんし)などの工程を丁寧に進め、一枚一枚のじゅうたんを作りあげている。加牙村のチベットじゅうたんは100年以上の歴史を持つ。標高の高い寒冷地で生産された羊毛を植物由来の染料で着色し、独自の技法で織り上げたじゅうたんは鮮やかで色あせしない上、丈夫で弾力性がある。楊さんは「民族の伝統文化を失うわけにはいかない。私も工場で弟子を指導し、じゅうたん織りの技術を伝えている。加牙チベットじゅうたん織りの技術が永遠に受け継がれていってほしい」と語った。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304008

  • 2021年06月23日
    (6)次世代へ伝える加牙チベットじゅうたん織り技術青海省

    5日、青海省西寧市湟中県上新荘鎮加牙村でチベットじゅうたんを制作する楊永良さん。中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県上新荘鎮加牙村の楊永良(よう・えいりょう)さん(59)は、国家級無形文化遺産に登録されている「加牙チベットじゅうたん織り技術」の伝承者。じゅうたん織りの技術は子どもの頃に父親から習い始めた。裁断や磨き上げ、撚糸(ねんし)などの工程を丁寧に進め、一枚一枚のじゅうたんを作りあげている。加牙村のチベットじゅうたんは100年以上の歴史を持つ。標高の高い寒冷地で生産された羊毛を植物由来の染料で着色し、独自の技法で織り上げたじゅうたんは鮮やかで色あせしない上、丈夫で弾力性がある。楊さんは「民族の伝統文化を失うわけにはいかない。私も工場で弟子を指導し、じゅうたん織りの技術を伝えている。加牙チベットじゅうたん織りの技術が永遠に受け継がれていってほしい」と語った。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304016

  • 2021年06月23日
    (3)次世代へ伝える加牙チベットじゅうたん織り技術青海省

    5日、青海省西寧市湟中県上新荘鎮加牙村でチベットじゅうたんを制作する楊永良さん。中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県上新荘鎮加牙村の楊永良(よう・えいりょう)さん(59)は、国家級無形文化遺産に登録されている「加牙チベットじゅうたん織り技術」の伝承者。じゅうたん織りの技術は子どもの頃に父親から習い始めた。裁断や磨き上げ、撚糸(ねんし)などの工程を丁寧に進め、一枚一枚のじゅうたんを作りあげている。加牙村のチベットじゅうたんは100年以上の歴史を持つ。標高の高い寒冷地で生産された羊毛を植物由来の染料で着色し、独自の技法で織り上げたじゅうたんは鮮やかで色あせしない上、丈夫で弾力性がある。楊さんは「民族の伝統文化を失うわけにはいかない。私も工場で弟子を指導し、じゅうたん織りの技術を伝えている。加牙チベットじゅうたん織りの技術が永遠に受け継がれていってほしい」と語った。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304013

  • 2022年05月06日
    (7)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区加牙村で、加牙チベットじゅうたんを織る村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604650

  • 2022年05月06日
    (2)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区加牙村で、加牙チベットじゅうたんを織る村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604665

  • 2022年05月06日
    (3)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区上新荘鎮加牙村で、加牙チベットじゅうたんを織る村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604648

  • 2022年05月06日
    (6)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区加牙村で、羊毛を紡ぐ村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604651

  • 2022年05月06日
    (5)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区加牙村で、加牙チベットじゅうたんを織る村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604652

  • 2022年05月06日
    (1)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区加牙村で、加牙チベットじゅうたんを見せる村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604649

  • 2022年05月06日
    (4)加牙チベットじゅうたんで増収を後押し青海省

    4月29日、西寧市湟中区加牙村で、加牙チベットじゅうたんを織る村民。中国青海省西寧市湟中区加牙村に伝わる加牙チベットじゅうたんの制作技法は100年以上の歴史があり、国家級無形文化遺産に登録されている。高緯度寒冷地帯で育った羊の毛を使い、植物染色と独特の織り方で作られる加牙チベットじゅうたんは鮮やかで色あせず、丈夫で弾力性に富んでいる。社会の発展につれ、じゅうたんは実用的な防寒用具から工芸品へと変化し、継承者の増収とよりよい生活に貢献している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604647

  • 1