KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 野生動物保護協会
  • 令和
  • 生き物
  • 記者
  • 国家
  • 渡り鳥
  • 世話
  • 人工繁殖
  • ドイツ
  • らい

「動物保護協会」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
284
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
284
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1984年06月30日
    動けない子供パンダ パンダの故郷・臥竜を訪問

    飢えで動けない子供パンダ=1984(昭和59)年6月整理、プリントの複写(中国野生動物保護協会提供)(共同)

    商品コード: 2015120200204

  • 1998年02月03日
    家畜たち?がビラ配り 休ませ休ませ家畜を輸送

    )、企画71、11日付、朝刊以降使用 家畜の張りぼてを頭からかぶり、国境検問所を通過するドライバーにビラを配るドイツ動物保護協会の人たち=ザルツブルク近くのドイツ・オーストリア国境のドイツ側(撮影・木暮茂夫)

    商品コード: 1998020300053

  • 2007年05月23日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    Sparkling Watermelon Lemonade from Josie‘s Restaurant on May 23, 2007. The New York City Council is voting on a proposed ban on plastic straws. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Frances M. Roberts) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800677

  • 2008年05月10日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    Tourists in New York toast with Mister Softee soft ice cream shakes on May 10, 2008. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine). Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800666

  • 2008年07月19日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    An full trash can in New York on a hot July 19, 2008. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Frances M. Roberts). Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800672

  • 2008年08月31日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    Discarded beverage containers and cans in New York on Sunday, August 31, 2008. The New York City Council is voting on a proposed ban on plastic straws. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wiildlife. ( Frances M. Roberts) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800690

  • 2009年05月23日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A fast food booth in a street fair in Chelsea in New York sells lemonade on Saturday, May 23, 2009. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Frances M. Roberts Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800671

  • 2009年05月27日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A Starbucks coffee in New York on Wednesday, May 27, 2009. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800673

  • 2009年07月24日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A McDonald‘s McCafe iced mocha is seen on Friday, July 24, 2009. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800661

  • 2011年09月24日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A visitor holding cans of soft drinks, Coca-Cola and Fanta at the 15th Annual Art Under the Bridge Dumbo Arts Festival on Saturday, September 24, 2011. The New York City Council is voting on a proposed ban on plastic straws. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wiildlife. ( Frances M. Roberts) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800665

  • 2012年05月31日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A 64 ounce “Double Gulp“ from a 7-Eleven store in New York on Thursday, May 31, 2012. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800696

  • 2012年06月15日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A large 32 ounce soda from McDonald‘s in New York is seen on Friday, June 15,, 2012. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800660

  • 2016年07月11日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A Slurpee lover displays her free drink outside a 7-Eleven store in New York on Monday, July 11, 2016 (7-11, get it?), Free Slurpee Day! The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800678

  • 2017年04月21日
    The Bronx Zoo Welcomes Four Pere David's Deer Fawns

    The herd of Pere David's deer at the Wildlife Conservation Society's Bronx Zoo just got a little larger as seen in these photos released on April 21, 2017. The four fawns, two males, and two females are all born to different mothers. A male and a female were born on April 7, while the other two deer arrived on April 15. All are now on exhibit with the herd. The Pere David's deer might seem somewhat unassuming, but the species has some adaptations unlike any other deer. They have long tails, branch-like antlers, and splayed hooves that would indicate that they are adapted to live in a marsh-like environment, but no one knows for sure how the species evolved or the environment it once lived in the wild. Photo by Julie Larsen Maher/WCS/UPI Photo via Newscom

    商品コード: 2017060500456

  • 2017年04月21日
    The Bronx Zoo Welcomes Four Pere David's Deer Fawns

    The herd of Pere David's deer at the Wildlife Conservation Society's Bronx Zoo just got a little larger as seen in these photos released on April 21, 2017. The four fawns, two males, and two females are all born to different mothers. A male and a female were born on April 7, while the other two deer arrived on April 15. All are now on exhibit with the herd. The Pere David's deer might seem somewhat unassuming, but the species has some adaptations unlike any other deer. They have long tails, branch-like antlers, and splayed hooves that would indicate that they are adapted to live in a marsh-like environment, but no one knows for sure how the species evolved or the environment it once lived in the wild. Photo by Julie Larsen Maher/WCS/UPI Photo via Newscom

    商品コード: 2017060500439

  • 2017年04月21日
    The Bronx Zoo Welcomes Four Pere David's Deer Fawns

    The herd of Pere David's deer at the Wildlife Conservation Society's Bronx Zoo just got a little larger as seen in these photos released on April 21, 2017. The four fawns, two males, and two females are all born to different mothers. A male and a female were born on April 7, while the other two deer arrived on April 15. All are now on exhibit with the herd. The Pere David's deer might seem somewhat unassuming, but the species has some adaptations unlike any other deer. They have long tails, branch-like antlers, and splayed hooves that would indicate that they are adapted to live in a marsh-like environment, but no one knows for sure how the species evolved or the environment it once lived in the wild. Photo by Julie Larsen Maher/WCS/UPI Photo via Newscom

    商品コード: 2017060500436

  • 2017年04月21日
    The Bronx Zoo Welcomes Four Pere David's Deer Fawns

    The herd of Pere David's deer at the Wildlife Conservation Society's Bronx Zoo just got a little larger as seen in these photos released on April 21, 2017. The four fawns, two males, and two females are all born to different mothers. A male and a female were born on April 7, while the other two deer arrived on April 15. All are now on exhibit with the herd. The Pere David's deer might seem somewhat unassuming, but the species has some adaptations unlike any other deer. They have long tails, branch-like antlers, and splayed hooves that would indicate that they are adapted to live in a marsh-like environment, but no one knows for sure how the species evolved or the environment it once lived in the wild. Photo by Julie Larsen Maher/WCS/UPI Photo via Newscom

    商品コード: 2017060500440

  • 2017年07月11日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    A Slurpee lover displays her free drink outside a 7-Eleven store in New York on Tuesday, July 11, 2017 (7-11, get it?), Free Slurpee Day! The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800667

  • 2018年03月28日
    Proposed ban on plastic straws in New York Proposed ban on plastic straws in New York

    Plastic straws are seen in a convenience store in New York on Wednesday, March 28, 2018. The Wildlife Conservation Society is starting a a campaign called “Give a Sip“ meant to engage consumers about the environmental hazards of plastic straws as they are ingested by wildlife. ( Richard B. Levine). Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800689

  • 2018年03月31日
    野鳥を自然に返す河北省秦皇島市

    3月31日、会場で自然に返されたオジロワシ。中国河北省秦皇島市北戴河区の国家湿地公園で3月31日、中国野生動物保護協会などが主催する鳥類の野生復帰支援イベント「第14回・野鳥を観察し鳥たちの旅立ちを見届けよう(観鳥中国・愛心伴鳥在旅途)」が開幕した。開幕式の会場ではオジロワシ、ワシミミズク、チョウゲンボウなど14羽の国家一級、二級の保護鳥が自然に返された。イベントは11月まで開催され、市民と野鳥観察愛好家による野鳥観察や保護などの活動が行われる。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200860

  • 2018年03月31日
    野鳥を自然に返す河北省秦皇島市

    3月31日、会場で自然に返されたワシミミズク。中国河北省秦皇島市北戴河区の国家湿地公園で3月31日、中国野生動物保護協会などが主催する鳥類の野生復帰支援イベント「第14回・野鳥を観察し鳥たちの旅立ちを見届けよう(観鳥中国・愛心伴鳥在旅途)」が開幕した。開幕式の会場ではオジロワシ、ワシミミズク、チョウゲンボウなど14羽の国家一級、二級の保護鳥が自然に返された。イベントは11月まで開催され、市民と野鳥観察愛好家による野鳥観察や保護などの活動が行われる。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200898

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区で保護されたアネハヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800689

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800636

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地のソデグロヅルの群れ(小型無人機で撮影)。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800680

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に戯れるソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800633

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、保護された一羽のマナヅルのケージを掃除する莫莫格国家級自然保護区の作業スタッフ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800737

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区の人工繁殖区でふ化した11日経ったタンチョウヅルのひな。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800677

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800637

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800732

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800736

  • 2018年07月12日
    Danger on Animals in the Garden

    12 July 2018, Munich, Germany: Lydia Schuebel from the Animal Protection Association Munich holds a hedgehog who has been injured by a net in a garden. Hedgehogs, birds, amphibians and other animals threaten numerous dangers in their home garden. So they are often injured by robotic lawnmowers. Photo: Matthias Balk/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071801330

  • 03:22.98
    2019年04月29日
    「新華社」パンダの「如意」「丁丁」、ロシアへ出発

    中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で29日、ロシアに出発するパンダ「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」の歓送式典が行われた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園が締結した「ジャイアントパンダ保護研究協力の実施に関する合意」により、2頭はロシアに15年間滞在する。「如意」と「丁丁」を迎えるモスクワ動物園は、中国の専門家の意見を基に、パンダ館を丹念に改装し、内部に複数の部屋を設置。また、パンダの口に合う食べ物を確保するため、四川省の竹やタケノコを取り扱う業者と長期提携契約を結び、新鮮な竹やタケノコをモスクワに空輸する手はずを整えた。今後はさらにロシア南部の都市で「如意」と「丁丁」のために竹を栽培する農園を建設することになっている。(記者/蕭永航、薛玉斌、楊進)<映像内容>ロシアに出発するパンダの様子、撮影日:2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402597

  • 01:06.26
    2019年07月31日
    「新華社」モスクワ動物園で2頭のパンダが誕生日

    ロシアのモスクワ動物園で7月31日、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」が同国に来て最初の誕生日を迎えた。「如意」は3歳、「丁丁」は2歳になった。動物園では特別なイベントを開催し、ロシアの子どもらがバースデーソングを歌い誕生日を祝った。バースデーケーキも用意された。ケーキは冷凍果物で作られ、竹で飾られている。中国野生動物保護協会は2月28日、モスクワ動物園と「ジャイアントパンダ保護研究協力に関する合意」を締結。「如意」と「丁丁」は4月29日にモスクワに到着し、15年間の滞在生活をスタートさせた。<映像内容>モスクワ動物園でパンダの誕生日のお祝いの様子、撮影日:2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501452

  • 2019年08月13日
    Animal welfare federation demands more commitment

    13 August 2019, Rhineland-Palatinate, Mainz: Christine Plank, chairwoman of the animal protection association Mainz und Umgebung e.V., stands in the animal shelter of the state capital. The German Animal Welfare Association visits various animal shelters in Rhineland-Palatinate and Saarland to find out more about the work of the institutions. (to dpa Tierschutzbund wishes itself more commitment of the cities) Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081412338

  • 2019年08月13日
    Animal shelter in Mainz

    13 August 2019, Rhineland-Palatinate, Mainz: Christine Plank, chairwoman of the animal protection association Mainz und Umgebung e.V., stands in the animal shelter of the state capital. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081412549

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin play puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104565

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin sleep puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104478

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin sleep puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104262

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin puppies from her gate look, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104264

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin sleep puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104387

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin play puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104578

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    dpatop - 30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin sleep puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104760

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin sleep puppies, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104564

  • 2019年09月30日
    Bitch in Neustrelitz gives birth to 19 puppies

    30 September 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Neustrelitz: On a yard in Userin puppies from her gate look, which were brought by bitch “Freya“ on 05.08.2019 in Neustrelitz to the world. “Freya“ did not survive the birth of the 19 mixed-breed puppies, so dog owner Lenz raised the little dogs on the farm. With the support of an animal protection association, she is now looking for dog friends who will take over puppies, three of which have already been handed over. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100104576

  • 01:48.39
    2019年10月26日
    「新華社」秦皇島2019年観鶴節始動20羽余りの希少種を放鳥

    「鶴舞海天・共享家園」(海上を飛翔するツル・ふるさとを分かち合う)をテーマにした2019年秦皇島観鶴祭・自然カーニバルが26日、中国河北省秦皇島(しんこうとう)市内にある北戴河鴿子窩公園で行われた。会場ではクロヅルやタンチョウ、ツミなど20羽余りの国家一級、二級、三級保護鳥類が自然に返された。今回放鳥されたのは地元市民やボランティアが今年秦皇島市内で発見し、救助した野生の希少種で、いずれも中毒や負傷した状態だったが、手厚いケアを受けて健康を回復した。毎年春と秋は渡り鳥が移動する季節であり、この時期に自然に返せば渡り鳥の個体群に戻りやすい。今回の活動は中国共産党秦皇島市委員会と秦皇島市人民政府、中国野生動物保護協会が共催した。秦皇島は「中国のバードウォッチングの都」として名高く、世界四大バードウォッチング名所の一つとして知られる。また中国の野生資源研究開発保護の重要な基地でもある。この時期はちょうどツルの仲間の渡り鳥が南へ移動する重要なシーズンに当たり、北戴河湿地は渡り鳥が北から南に向かう際に必ず通る中継地となっている。万単位のツル類の渡り鳥がここで羽を休め体力と栄養を蓄える光景は、自然がこの季節にだけ見せる独特の眺めと言える。(記者/曲瀾娟)<映像内容>保護した鳥を自然に返す様子など、撮影日:2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608603

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園内で歩き回る「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803487

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でササを食べる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803539

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でボールと戯れる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803333

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でボールと戯れる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803341

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でササを食べる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803411

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でササを食べる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803477

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で遊ぶ「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803502

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でササを食べる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803332

  • 2019年11月11日
    パンダの「貝貝」、中国へ米国立動物園で見送りイベント始動

    11日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でボールと戯れる「貝貝」。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で11日、同園で飼育しているオスのジャイアントパンダ「貝貝(ベイベイ)」の中国返還に向けた一連の見送りイベントが始まった。ベイベイは19日(米国東部標準時)に帰国する見通し。スミソニアン国立動物園と中国野生動物保護協会が結んだジャイアントパンダ繁殖協定で、同園で生まれたパンダは4歳になると中国に帰ることになっている。2015年生まれのベイベイは8月22日で満4歳になった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803540

  • 2020年01月31日
    Prime Minister Söder visits animal shelter Nuremberg

    31 January 2020, Bavaria, Nuremberg: Markus Söder (M, CSU), Prime Minister of Bavaria, kneels in the Nuremberg animal shelter next to his godfather dog Atos, a mixed-breed male. Kneeling beside him are Dagmar Wöhrl, President of the Nuremberg-Fürth and Surroundings Animal Protection Association, and Marcus König, Managing Director of the association and head of the CSU city council faction. Söder had previously handed over to the home a funding notice from the state chancellery. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020600562

  • 2020年02月02日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    2日、家に残されたペットの救助に訪れ、猫に水をやる長沙市民。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405255

  • 2020年02月03日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    3日、ボランティアが救助した、家に残されていた猫。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405356

  • 2020年02月07日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    7日、ボランティアが救助した猫。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405295

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、ボランティアが救助した犬。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405169

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、飼い主とボランティアのチャット上でのやりとり。ボランティアが救助した犬の世話の状況を飼い主に伝えた。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405268

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、ボランティアが救助した犬。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405297

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、ボランティアが救助した犬。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405306

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、飼い主とボランティアのチャット上でのやりとり。ボランティアが救助した犬の状況を動画で飼い主に伝えた。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405258

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、ボランティアが小分けにした数日分のドッグフード。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405357

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、ボランティアが救助した犬。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405383

  • 2020年02月08日
    残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    8日、ボランティアが補充した数日分のドッグフードと水。中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405146

  • 01:31.30
    2020年02月12日
    「新華社」残されたペットを世話するボランティア新型肺炎受け

    中国の各界が新型コロナウイルスによる肺炎に全力で立ち向かっている現在も、人々はそばにいる動物のことを忘れてはいない。湖北省武漢市、湖南省長沙市、浙江省杭州市など多くの都市の小動物保護協会はボランティアを募るとともに、無償で救助するため、飼い主がすぐに戻れず「留守」の家にいるペットを探していると発表した。保護や救助された動物たちは手厚く世話されているという。(記者/周勉、張玉潔)<映像内容>新型肺炎のため残されたペットを世話するボランティアの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020021405404

  • 2020年02月20日
    Problem dogs at the shelter

    20 February 2020, Schleswig-Holstein, Kiel: The mixed breed “Kenya“, classified as a “problem dog“, stands in an enclosure in the animal shelter of the Kiel Animal Protection Association. Also in Schleswig-Holstein‘s animal shelters more and more problematic dogs are given away. Often these are animals that have been bought on the Internet without their owners having informed themselves in advance. People are then overwhelmed with the attitude. Very often these are former street dogs from Southern Europe or animals from so-called hobby breeders. Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022802616

  • 2020年06月02日
    Beaver babies rescued from canal

    02 June 2020, Bavaria, Sonthofen: The animal keeper Stephanie Schwarz from the Sonthofen Animal Protection Society feeds a beaver baby with milk. Presumably about one month old young animals, which normally do not leave their burrow at all, were found helplessly in the collecting rake of a canal in Bad Hindelang. Now Schwarz is trying to hand-pour the tiny babies, which weigh about 750 grams, so that they can be released into the wild again in about two years. When fully grown, the rodents can weigh up to 35 kilos and grow to a length of 1.35 metres. Photo: Benjamin Liss/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060503144

  • 2020年06月02日
    Beaver babies rescued from canal

    02 June 2020, Bavaria, Sonthofen: The animal keeper Stephanie Schwarz from the Sonthofen Animal Protection Society feeds a beaver baby with milk. Presumably about one month old young animals, which normally do not leave their burrow at all, were found helplessly in the collecting rake of a canal in Bad Hindelang. Now Schwarz is trying to hand-pour the tiny babies, which weigh about 750 grams, so that they can be released into the wild again in about two years. When fully grown, the rodents can weigh up to 35 kilos and grow to a length of 1.35 metres. Photo: Benjamin Liss/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060503161

  • 2020年06月02日
    Beaver babies rescued from canal

    02 June 2020, Bavaria, Sonthofen: The animal keeper Stephanie Schwarz from the Sonthofen Animal Protection Society feeds a beaver baby with milk. Presumably about one month old young animals, which normally do not leave their burrow at all, were found helplessly in the collecting rake of a canal in Bad Hindelang. Now Schwarz is trying to hand-pour the tiny babies, which weigh about 750 grams, so that they can be released into the wild again in about two years. When fully grown, the rodents can weigh up to 35 kilos and grow to a length of 1.35 metres. Photo: Benjamin Liss/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060503114

  • 2020年06月22日
    RSPCA Launches Campaign To Avoid Unhealthy Pet Breeds

    June 22, 2020, United Kingdom: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COMBritainââ¬â¢s Royal Society for the Protection of Animals (RSPCA) have launched a new campaign urging the public not to buy breeds of dogs or cats who canââ¬â¢t live normal lives.. .The warning comes as the Crufts dog show kicks off in Birmingham on Thursday, sparking concerns that the showing of breeds, such as the British bulldog, French bulldog, pug and Cavalier King Charles spaniel, will further popularise them. . .The number of British bulldog puppies being registered with the Kennel Club increased 149%, between 2011 and 2020, while the number of French bulldogs registered soared by 1,317%. . .British bulldog Brutus is just two-years-old but can only walk for 10 minutes before he struggles for breath. . . .Heââ¬â¢s just one example of a surging number of brachycephalic (or flat-faced) dogs who find it impossible to carry out normal dog activities such as walking, playing, or even sleeping. . . .A number of Frenchies are also co...

    商品コード: 2022031306945

  • 2020年06月22日
    RSPCA Launches Campaign To Avoid Unhealthy Pet Breeds

    June 22, 2020, United Kingdom: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COMBritainââ¬â¢s Royal Society for the Protection of Animals (RSPCA) have launched a new campaign urging the public not to buy breeds of dogs or cats who canââ¬â¢t live normal lives.. .The warning comes as the Crufts dog show kicks off in Birmingham on Thursday, sparking concerns that the showing of breeds, such as the British bulldog, French bulldog, pug and Cavalier King Charles spaniel, will further popularise them. . .The number of British bulldog puppies being registered with the Kennel Club increased 149%, between 2011 and 2020, while the number of French bulldogs registered soared by 1,317%. . .British bulldog Brutus is just two-years-old but can only walk for 10 minutes before he struggles for breath. . . .Heââ¬â¢s just one example of a surging number of brachycephalic (or flat-faced) dogs who find it impossible to carry out normal dog activities such as walking, playing, or even sleeping. . . .A number of Frenchies are also co...

    商品コード: 2022031306962

  • 2020年07月12日
    Animal welfare activists demonstrate in front of dairy farm

    12 July 2020, Bavaria, Bad Grönenbach: With green crosses in the hands and a poster with the label “Stop the animal suffering“ members of animal rights associations demand a consistent clearing-up in the Allgäuer animal protection scandal with a vigil. The meeting began at a large dairy farm, which has been under investigation for animal welfare violations since the publication of several video recordings in July 2019. Photo: Benjamin Liss/-/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071306425

  • 2020年07月12日
    Animal welfare activists demonstrate in front of dairy farm

    12 July 2020, Bavaria, Bad Grönenbach: Members of animal rights associations demand a consequent clarification in the Allgäuer animal protection scandal at a vigil. The meeting began at a large dairy farm, which has been under investigation for animal welfare violations since the publication of several video recordings in July 2019. Photo: Benjamin Liss/-/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071306319

  • 2020年07月12日
    Animal welfare activists demonstrate in front of dairy farm

    12 July 2020, Bavaria, Bad Grönenbach: With a cross and the inscription “Hope“ a woman with mouth nose protection takes part in a vigil of animal rights associations, which demand a consistent clearing-up in the Allgäuer animal protection scandal. The meeting began at a large dairy farm, which has been under investigation for animal welfare violations since the publication of several video recordings in July 2019. Photo: Benjamin Liss/-/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071306390

  • 2020年07月12日
    Animal welfare activists demonstrate in front of dairy farm

    12 July 2020, Bavaria, Bad Grönenbach: A head of the police force accompanies the vigil of animal rights associations, which demand a consequent clarification in the Allgäuer animal protection scandal. The meeting began at a large dairy farm, which has been under investigation for animal welfare violations since the release of several video recordings in July 2019. Photo: Benjamin Liss/-/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071306115

  • 2020年07月12日
    Animal welfare activists demonstrate in front of dairy farm

    12 July 2020, Bavaria, Bad Grönenbach: With green crosses in their hands and the motto “We stand for hope“, members of animal rights associations call for a consistent education in the Allgäu animal protection scandal during a vigil. The meeting began at a large dairy farm, which has been under investigation for animal welfare violations since the publication of several video recordings in July 2019. Photo: Benjamin Liss/-/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071306275

  • 01:22.58
    2020年07月19日
    「新華社」村民がけがをしたイヌワシを救助河北省灤平県

    中国河北省承徳市灤平(らんへい)県でこのほど、金山嶺長城の付近の山中を散策していた花楼溝村の村民、崔広来(さい・こうらい)さんが、1羽の動かない大きな鳥を見つけた。けがをしているのではないかと思った崔さんは、同県の営林場に連絡。営林場職員と地元野生動物保護協会の職員により、国家1級重点保護動物で絶滅危惧種のイヌワシであることが確認された。脚にけがをして飛べなくなっていたという。営林場の職員はイヌワシを営林場に連れて帰り保護すると同時に、野生動物保護機関と連絡をとり、応急手当を実施した。(記者/斉雷傑)<映像内容>怪我をしているイヌワシを保護、食事の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801289

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: A young dormouse in the hand of Sabine Gallenberger from the association “Wild Animal Orphans Protection“. Many people consider dormice to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705596

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705516

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705649

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705695

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705545

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705548

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the association “Wildlife Orphans Protection“ holds a young dormouse in her hands. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705662

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the association “Wildlife Orphans Protection“ holds a young dormouse in her hands. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705515

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705547

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: A young dormouse climbs in the hand of Sabine Gallenberger from the association “Wild Animal Orphans Protection“. Many people consider dormice to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705599

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association feeds a young dormouse with a syringe. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705638

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: Sabine Gallenberger from the “Wild Animal Orphans Protection“ association holds young dormouse in her hands. Many people consider dormouse to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705635

  • 2020年08月25日
    Wildlife protection association cares for orphans of dormice

    25 August 2020, Bavaria, Munich: A young dormouse climbs in the hand of Sabine Gallenberger from the association “Wild Animal Orphans Protection“. Many people consider dormice to be pests - and release the animals or kill them immediately. Animal welfare activists are now criticising this. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705643

  • 2021年02月09日
    Rally for animal rights Rally for animal rights

    Rally for animal rights Protestors, affiliated with the Korea Association for Animal Protection and wearing cat masks, take part in a rally in Seoul on Feb. 9, 2021, to call for measures to safely move stray cats out of areas being redeveloped and buildings being reconstructed. (Yonhap)/2021-02-09 15:19:26/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021013598

  • 2021年02月12日
    City pigeons suffer in Corona crisis

    12 February 2021, Bavaria, Nuremberg: Pigeons peck grain food which was thrown to them by a volunteer member of the animal protection association for city pigeons and wild animals. The Corona crisis and also the cold put the Nuremberg city pigeons to. Volunteers of the association are therefore allowed, as in the first lockdown, temporarily at six places in the city to provide the pigeons once a day with grain food. The city has given them an exemption from the general feeding ban. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050101085

  • 2021年02月12日
    City pigeons suffer in Corona crisis

    12 February 2021, Bavaria, Nuremberg: Pigeons peck grain food which was thrown to them by a volunteer member of the animal protection association for city pigeons and wild animals. The Corona crisis and also the cold put the Nuremberg city pigeons to. Volunteers of the association are therefore allowed, as in the first lockdown, temporarily at six places in the city to provide the pigeons once a day with grain food. The city has given them an exemption from the general feeding ban. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050101060

  • 2021年02月15日
    Rally for animal rights Rally for animal rights

    Rally for animal rights Protestors affiliated with the Korea Association for Animal Protection stage a rally in Seoul wearing rooster masks on Feb. 15, 2021, to call for the termination of the culling of animals as a preventive measure against the spread of avian flu and the vaccination of poultry and captive birds. (Yonhap)/2021-02-15 15:41:02/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021805080

  • 2021年04月02日
    Rally for animal rights 韓国、ソウル市長選挙

    Rally for animal rights Protestors affiliated with the Korea Association for Animal Protection stage a rally in Seoul wearing dog masks on April 2, 2021, to call for candidates for the April 7 Seoul mayoral by-election to come up with policies to improve animal welfare and rights. (Yonhap)/2021-04-02 15:07:53/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040607636

  • 2021年04月06日
    (7)インドガンとガチョウの「恋物語」河北省唐山市

    3月29日、人工ふ化装置を点検する救助ステーションの田志偉所長。中国河北省唐山市楽亭県にある野生動物保護協会大清河救助ステーションの所長を務める田志偉(でん・しい)さん(52)は、同ステーションで鳥の保護に携わり10年余りになる。2014年5月、田さんはアシの茂みで傷付いた1羽のインドガンを見つけた。すぐに保護し、「卓瑪」と名付け、同ステーションで「療養」している2羽のガチョウと共に世話をすることにした。「卓瑪」は、傷が癒えるとほどなく飛び立ったが、群れが見つからなかったためか、約1週間後にはまたステーションに戻ってきた。それから半年後、「卓瑪」はなんと、一緒に暮らしていた雌のガチョウと「恋に落ちた」。その後、ガチョウは毎年数十個の卵を産み、田さんによる人工ふ化で「大宝」と「二宝」の2羽の雌が誕生した。田さんはこのガチョウとガンの愛の結晶を「斑頭鵝」と名付けた。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611597

  • 2021年04月06日
    (2)インドガンとガチョウの「恋物語」河北省唐山市

    3月29日、救助ステーションで、池を泳ぐインドガン「卓瑪」とガチョウ。中国河北省唐山市楽亭県にある野生動物保護協会大清河救助ステーションの所長を務める田志偉(でん・しい)さん(52)は、同ステーションで鳥の保護に携わり10年余りになる。2014年5月、田さんはアシの茂みで傷付いた1羽のインドガンを見つけた。すぐに保護し、「卓瑪」と名付け、同ステーションで「療養」している2羽のガチョウと共に世話をすることにした。「卓瑪」は、傷が癒えるとほどなく飛び立ったが、群れが見つからなかったためか、約1週間後にはまたステーションに戻ってきた。それから半年後、「卓瑪」はなんと、一緒に暮らしていた雌のガチョウと「恋に落ちた」。その後、ガチョウは毎年数十個の卵を産み、田さんによる人工ふ化で「大宝」と「二宝」の2羽の雌が誕生した。田さんはこのガチョウとガンの愛の結晶を「斑頭鵝」と名付けた。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611596

  • 2021年04月06日
    (1)インドガンとガチョウの「恋物語」河北省唐山市

    3月29日、救助ステーションで、池を泳ぐインドガン「卓瑪」とガチョウ。中国河北省唐山市楽亭県にある野生動物保護協会大清河救助ステーションの所長を務める田志偉(でん・しい)さん(52)は、同ステーションで鳥の保護に携わり10年余りになる。2014年5月、田さんはアシの茂みで傷付いた1羽のインドガンを見つけた。すぐに保護し、「卓瑪」と名付け、同ステーションで「療養」している2羽のガチョウと共に世話をすることにした。「卓瑪」は、傷が癒えるとほどなく飛び立ったが、群れが見つからなかったためか、約1週間後にはまたステーションに戻ってきた。それから半年後、「卓瑪」はなんと、一緒に暮らしていた雌のガチョウと「恋に落ちた」。その後、ガチョウは毎年数十個の卵を産み、田さんによる人工ふ化で「大宝」と「二宝」の2羽の雌が誕生した。田さんはこのガチョウとガンの愛の結晶を「斑頭鵝」と名付けた。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611599

  • 1
  • 2
  • 3