KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 検出
  • 輸出
  • 顔料
  • げんしゅん
  • 価値
  • 千年
  • 原料
  • 可能性

「化学成分」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年04月10日
    ジルコニウムなど新材料産業の新たな中心地を建設福建省寿寧県

    10日、蛍光X線スペクトロメーターを使用してジルコニウム材料の化学成分測定を行う三祥新材スタッフの范良波(はん・りょうは)さん。中国福建省寧徳市寿寧県に拠点を置く三祥新材は、主にジルコニアなどの製品を生産しており、製品は航空・宇宙、原子力エネルギー、自動車、風力発電、通信などの分野で幅広く利用されている。同社が独自開発した電気溶融精製高純度ジルコニア製品の品位や単結晶電気溶融アルミニウムの有効な結晶粒のコントロール率はいずれも世界のトップで、世界のジルコニウム材料のニッチ分野におけるナンバーワンになっており、製品は日本、米国、イタリアなどの30余りの国に輸出されている。ジルコニウムやマグネシウムなどの新材料産業の発展を推進、産業チェーンの拡大を加速するため、同市は措置を打ち出し、寿寧県に同産業の新たな中心地を建設する計画を進めている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003748

  • 2021年01月25日
    (2)山西省で出土の周代の銅盒、化粧品らしき成分を検出

    北白鵝墓地の貴族墓から出土した銅盒と遺留物。(2020年12月9日撮影)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省北白鵝(ほくはくが)墓地にある周代の高級貴族の墓群で出土した銅盒(どうごう、銅製の箱)の内部から、油脂類と見られる化学成分が検出されたと発表した。暫定的な成分分析から、銅盒は化粧箱だったと推測される。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902661

  • 2021年01月25日
    (3)山西省で出土の周代の銅盒、化粧品らしき成分を検出

    北白鵝墓地の貴族墓から出土した銅盒と遺留物。(2020年12月9日撮影)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省北白鵝(ほくはくが)墓地にある周代の高級貴族の墓群で出土した銅盒(どうごう、銅製の箱)の内部から、油脂類と見られる化学成分が検出されたと発表した。暫定的な成分分析から、銅盒は化粧箱だったと推測される。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902818

  • 2021年01月25日
    (4)山西省で出土の周代の銅盒、化粧品らしき成分を検出

    北白鵝墓地の貴族墓から出土した銅盒のふた部分。(2020年12月9日撮影)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省北白鵝(ほくはくが)墓地にある周代の高級貴族の墓群で出土した銅盒(どうごう、銅製の箱)の内部から、油脂類と見られる化学成分が検出されたと発表した。暫定的な成分分析から、銅盒は化粧箱だったと推測される。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902909

  • 2021年01月25日
    (1)山西省で出土の周代の銅盒、化粧品らしき成分を検出

    北白鵝墓地の貴族墓から出土した銅盒の側面。(2020年12月9日撮影)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省北白鵝(ほくはくが)墓地にある周代の高級貴族の墓群で出土した銅盒(どうごう、銅製の箱)の内部から、油脂類と見られる化学成分が検出されたと発表した。暫定的な成分分析から、銅盒は化粧箱だったと推測される。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902678

  • 00:39.56
    2021年01月26日
    「新華社」山西省で出土の周代の銅盒、化粧品らしき成分を検出

    中国の山西省考古研究院はこのほど、同省北白鵝(ほくはくが)墓地にある周代の高級貴族の墓群で出土した銅盒(どうごう、銅製の箱)の内部から、油脂類と見られる化学成分が検出されたと発表した。暫定的な成分分析から、銅盒は化粧箱だったと推測される。銅盒は長方形で観音開きのふたがあり、2枚のふたにはアーチ状の取っ手が付いていた。箱の側面には牛頭舗首の文様が施され、下部には虎の足をかたどった4本の支柱があり、箱を支えていた。さらに重要なのは、出土時に箱の中が色のついた残留物で満たされていたことで、一緒に使われたと思われる銅勺(スプーン)も入っていた。遺留物は分析の結果、大量の油脂と辰砂(しんしゃ、赤い鉱物)だと分かった。専門家は残留物が油脂を基剤とし辰砂を顔料とした化粧品だったと推定する。北白鵝墓地は同省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。山西省考古研究院が2020年4~12月に運城市と垣曲県の文化財部門と合同で発掘作業を実施。1200平方メートルの発掘面積からは、各種遺物500点(組)余りが出土した。(記者/徐偉、王学濤) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703778

  • 2021年03月22日
    (3)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地から出土した方形銅壺と中に入っていた液体。分析の結果、果実酒の化学成分が検出された。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300126

  • 2021年03月22日
    (1)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地で出土した液体の入った銅壺。分析の結果、果実酒の化学成分が検出された。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300264

  • 2022年04月06日
    河南省で安四面銅鉱の新鉱物発見

    空鉄黝銀鉱のサンプル。(資料写真)中国河南省地質鉱産調査開発局は、同局が参加する研究チームが自然界の新たな鉱物を発見し「空鉄黝銀鉱」(英語名:Kenorozhdestvenskayaite-〈Fe〉)と命名し、国際鉱物学連合(IMA)新鉱物命名・分類委員会にこのほど承認されたと明らかにした。同局の技術者によると、「空鉄黝銀鉱」は河南省南陽市桐柏県銀洞坡金鉱で発見され、国際新鉱物の「河南籍」に属する9番目の鉱物となった。物理的性質や化学成分、結晶構造、分光学的特徴など、系統鉱物学の研究により、自然界でこれまで発見されていない安四面銅鉱(TetraHedrite)族の新しい鉱物だと確認した。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040607568

  • 2022年04月13日
    (2)景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    ラマン分光器で磁器標本を分析する研究員。(3月8日撮影)中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。(景徳鎮=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041306990

  • 2022年04月13日
    (7)景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    ラマン分光器で見た古磁器。(3月8日撮影)中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。(景徳鎮=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041307001

  • 2022年04月13日
    (6)景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    景徳鎮御窯博物院で整備が進む古磁器遺伝子バンク。(3月8日撮影)中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。(景徳鎮=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041307006

  • 2022年04月13日
    (3)景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    研究者が整理した磁器片。(3月8日撮影)中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。(景徳鎮=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041306989

  • 01:00.56
    2022年04月13日
    「新華社」景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。磁器遺伝子バンクとはどのようなものなのか。いかにして遺伝子を抽出するのか。答えは景徳鎮御窯博物院の四つの部屋にあった。一つ目の部屋は標本作成室で、研究員が磁器片から残片、断面、薄片、粉末の4種類の標本を採取する。二つ目の部屋は遺伝子保管エリアで、採取した標本に番号を付け、統一して保管する。高度なデジタル管理システムにより、検出データの入力と更新、検索、および標本の出し入れを随時行うことができる。三つ目の部屋はデータ収集室で、走査型電子顕微鏡やエネルギー分散型X線分光器、ラマン分光器などの機器を使い、標本から「遺伝子情報」を正確に抽出する。四つ目の部屋はデータ分析室で、遺伝子データの研究を通じて当時の焼成技術や原料処方などを分析する。翁氏率いるチームは現在、最初の標本2400個に関する不足データの補充作業に取り組んでいる。同博物院科学技術実験室の責任者、熊喆(ゆう・てつ)氏は「データ採集が最も難しい。すべての箇所のデータが有効で、代表性を持つとは限らない。成功率は1%未満の場合もある」と説明。データ採集プロセスは、これらの磁器が過去に焼成された際、一つの完成品を得るため無数の失敗作を砕き、埋めた過程と非常に似ていると語った。景徳鎮古磁器遺伝子バンクの建設は、御窯廠と周辺窯の発展過程の理解を深めるのに役立ち、景徳鎮磁器の製造技術の変遷に対する研究を促していく。(記者/袁慧晶) =配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041306843

  • 2022年04月13日
    (1)景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    景徳鎮御窯廠国家考古遺跡公園。(3月8日撮影)中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。(景徳鎮=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041306992

  • 2022年04月13日
    (5)景徳鎮で整備進む古陶磁器の「遺伝子バンク」江西省

    景徳鎮御窯廠遺跡から出土した磁器片。(3月8日撮影)中国江西省景徳鎮市の景徳鎮窯は、千年の隆盛を誇り、「白色の金」と呼ばれた美しい磁器を大量に輸出した。現地には今も磁器片などの廃棄物が厚さ10メートル余りにわたり堆積している。景徳鎮官窯(御窯廠)跡地に立つ景徳鎮御窯博物院は、堆積物から採集した磁器片を調査している。これらは景徳鎮古磁器の「遺伝子」を読み解く重要な根拠となり、その価値は完成品に勝るとも劣らないという。同博物院の翁彦俊(おう・げんしゅん)院長は「2年間で景徳鎮古磁器の『遺伝子バンク』を立ち上げるつもりだ。将来は中華文明国家文物遺伝子バンクの重要な一部になる可能性もある」と説明した。翁氏によると、陶磁器は原料の質、加工技術、焼成技術、審美感などの影響を受け、時代ごとに造形と模様が変化してきた。素地や釉薬、顔料などの化学成分もそれぞれ異なるという。(景徳鎮=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041306991

  • 1