KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 農薬
  • 作業員
  • 技術
  • 企業
  • 収入
  • 基地
  • 平成
  • 従業員

「化学肥料」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
138
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
138
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1949年04月16日
    堀川の肥船

    化学肥料が乏しいころは人肥が貴重だった。高知市郊外のお百姓さんたちは、肥たごを船に積み市内の堀川を上り、新京橋辺りまで人肥を買い求めにきた(昭和24年4月16日、現在の高知市帯屋町1丁目辺り) =1949(昭和24)年4月16日、高知県高知市、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070303334

  • 1977年12月19日
    構造不況

    石油危機後の不況で、生産過剰が深刻化した化学肥料、紡績、造船などは構造不況業種に指定され、過剰設備や雇用への対策が進められた。特に紡績は円高やアジアからの安い製品の輸入もあり、織り機を壊して需給バランスの回復に懸命だった。写真は12月19日大阪府和泉市で=1977(昭和52)年12月19日

    商品コード: 2003060500091

  • 1995年05月12日
    検証する捜査員ら 警視庁が肥料工場を検証

    オウム真理教から告訴された化学肥料工場の検証をする捜査員ら=12日午前10時20分、山梨県上九一色村(カラーネガ)

    商品コード: 1995051200011

  • 1999年04月13日
    水浸しの畑 奇跡の種子がまいた危機

    )、企画70S、21日付朝刊以降使用、解禁厳守  食料増産を至上とした近代農法は大量の農薬、化学肥料を農地に注ぎ込んだ。かんがいで水を使い過ぎた農地には地下の塩分が吹き出したり、水浸しになった所もある=インド・パンジャブ州

    商品コード: 1999041300109

  • 2004年04月21日
    有機牛乳に取り組む酪農家 北海道産「有機牛乳」を

    農薬や化学肥料を使わない牧草を与え、「有機牛乳」の生産に取り組む酪農家=3月25日、北海道津別町

    商品コード: 2004042100229

  • 2005年08月01日
    過酷な歴史の〓証人〓

    「化学肥料はなるべく使わない」と言うウィリー・スキャンネルさん=ミドルトン・ファーマーズ・マーケット(共同)☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート

    商品コード: 2005080100126

  • 2007年04月03日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の化学肥料工場

    北朝鮮の平安南道安州市にある南興青年化学連合企業所。同企業所では化学肥料が生産されている=2007年4月3日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010101300164

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    倒壊した工場 中国・四川大地震

    地震で倒壊した化学肥料工場=24日午後、四川省什〓(☆方ヘンに郊のツクリ)市(共同)

    商品コード: 2008052400301

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    倒壊した化学肥料工場 中国・四川大地震

    地震で倒壊した化学肥料工場の建物=24日午後、四川省什〓(☆方ヘンに郊のツクリ)市(共同)

    商品コード: 2008052400302

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    化学肥料工場の倒壊現場 中国・四川大地震

    地震で倒壊した化学肥料工場。強い刺激臭が鼻につく=24日午後、四川省什〓(☆方ヘンに郊のツクリ)市(共同)

    商品コード: 2008052400318

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月25日
    倒壊した化学肥料工場 中国・四川大地震

    付近に強い刺激臭が漂う、地震で倒壊した化学肥料工場=24日、四川省什〓(☆方ヘンに郊のツクリ)市(共同)

    商品コード: 2008052500267

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月29日
    倒壊した化学工場 農作物や人体への影響懸念

    地震で倒壊した化学肥料工場=28日、四川省什〓(☆方ヘンに郊のツクリ)市(共同)

    商品コード: 2008052900038

  • 2008年09月03日
    化学肥料の供給懸念強まる

    世界の化学肥料消費量

    商品コード: 2008090300173

  • 2008年09月03日
    化学肥料の供給懸念強まる

    世界の化学肥料消費量

    商品コード: 2008090300174

  • 2010年05月25日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の化学肥料工場

    北朝鮮の平安南道安州市にある南興青年化学連合企業所。同企業所では無煙炭を燃焼させて発生したガスを利用して化学肥料を製造しているという=2010年4月29日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010052500135

  • 2010年05月25日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の化学肥料工場

    北朝鮮の平安南道安州市にある南興青年化学連合企業所で生産される化学肥料=2010年4月28日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010052500136

  • 2010年05月25日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の化学肥料工場

    北朝鮮の平安南道安州市にある南興青年化学連合企業所で生産され、山積みされた化学肥料。同企業所では無煙炭を燃焼させて発生したガスを利用して化学肥料を製造しているという=2010年4月29日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010052500137

  • 2010年12月09日
    繊維業界に大打撃 構造不況が深刻化

    1977(昭和52)年12月19日、生産過剰のため織り機を壊しているのは石油危機後の大不況に襲われた大阪府和泉市の繊維会社。円高に加えアジアから低価格の輸入品が入り、需給バランスの回復に懸命だった。紡績、造船、化学肥料などの構造不況業種に翌年5月、政府は緊急対策の措置法を成立させた。

    商品コード: 2010120900188

  • 2011年01月07日
    農作業する農民 農民が守るトキの楽園

    トキの保護区で生活する農民。化学肥料を使わず、機械化しない農業を続けている=中国陝西省洋県(共同)

    商品コード: 2011010700104

  • 2014年01月21日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の化学工場

    北朝鮮の平安南道にある南興青年化学連合企業所。同企業所では化学肥料を生産している=2014年1月15日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2014012100193

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年01月29日
    山積みにされた袋 中朝国境にトラックの列

    中国遼寧省丹東市から撮影した、警備する北朝鮮兵士の前に山積みされた化学肥料とみられる袋=29日(共同)

    商品コード: 2014012900640

  • 2014年12月11日
    繊維業界に大打撃 構造不況が深刻化

    1977(昭和52)年12月19日、生産過剰のため織り機を壊しているのは石油危機後の大不況に襲われた大阪府和泉市の繊維会社。円高に加えアジアから低価格の輸入品が入り、需給バランスの回復に懸命だった。紡績、造船、化学肥料などの構造不況業種に翌年5月、政府は緊急対策の措置法を成立させた。

    商品コード: 2014121100349

  • 2015年11月27日
    山田公さん、皆子さん 農薬使わず、花を自然栽培

    化学肥料や農薬を使わずに花を自然栽培する山田公さん、皆子さん夫妻=北海道長沼町

    商品コード: 2015112700758

  • 2015年11月27日
    山田公さん 農薬使わず、花を自然栽培

    化学肥料や農薬を使わずに花を自然栽培する山田公さん=北海道長沼町

    商品コード: 2015112700760

  • 2018年03月29日
    【新中国成立70周年】希望の野原に立って

    上:2018年3月29日、山東省済寧市汶上(ぶんじょう)県苑荘(えんそう)鎮の麦畑で、農薬散布を行うドローン(済寧=新華社記者/殷博古)下:1998年7月31日、安徽省安慶市望江(ぼうこう)県の農地で、農薬と化学肥料を散布する農民。(安慶=新華社記者/王雷)新中国成立から70年にわたり、中国の農業は「自然に頼る」から「自己の努力で食糧問題を解決する」へと、その基礎的な地位が絶えず強化されてきた。また、農業技術と経営理念の進歩に伴い、生産方式も大きく変わっていった。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2018(平成30)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101365

  • 2018年04月16日
    匠の精神を持つ「大国の職人」吉林省の国有企業で働く人々

    一汽解放自動車工場で働く劉建新さん。(4月16日撮影)「我々は力ある労働者、毎日毎晩忙しく働き、高層ビルを建て、鉄道や炭鉱を建設し、世界を変えてゆく…」この懐かしい歌は、人々の心を情熱あふれる時代へと戻してくれる。新中国初の自動車、初の燃料、初の化学肥料…。吉林省は古くからの工業基地として、輝かしい歴史のページを綴ってきた。今、新たな東北振興のうねりの中で、同省は自信に満ちあふれ、鍛錬し、奮闘している。その背後には、第一線で働く数多くの労働者が匠の精神を発揚し「中国製造2025」に向かって邁進している姿がある。労働節(メーデー)にあたり「大国の職人」たちの誇り高き姿をカメラが捉えた。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800101

  • 2018年04月16日
    匠の精神を持つ「大国の職人」吉林省の国有企業で働く人々

    見習いの作業員に注意点を説明する、吉林石化の組立工の高彦峰さん(左)と李永翔さん(中央)。(4月16日撮影)「我々は力ある労働者、毎日毎晩忙しく働き、高層ビルを建て、鉄道や炭鉱を建設し、世界を変えてゆく…」この懐かしい歌は、人々の心を情熱あふれる時代へと戻してくれる。新中国初の自動車、初の燃料、初の化学肥料…。吉林省は古くからの工業基地として、輝かしい歴史のページを綴ってきた。今、新たな東北振興のうねりの中で、同省は自信に満ちあふれ、鍛錬し、奮闘している。その背後には、第一線で働く数多くの労働者が匠の精神を発揚し「中国製造2025」に向かって邁進している姿がある。労働節(メーデー)にあたり「大国の職人」たちの誇り高き姿をカメラが捉えた。(長春=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800094

  • 2018年04月16日
    匠の精神を持つ「大国の職人」吉林省の国有企業で働く人々

    チームメンバーと業務について話し合う一汽解放自動車工場の劉建新さん(中央)(4月16日撮影)「我々は力ある労働者、毎日毎晩忙しく働き、高層ビルを建て、鉄道や炭鉱を建設し、世界を変えてゆく…」この懐かしい歌は、人々の心を情熱あふれる時代へと戻してくれる。新中国初の自動車、初の燃料、初の化学肥料…。吉林省は古くからの工業基地として、輝かしい歴史のページを綴ってきた。今、新たな東北振興のうねりの中で、同省は自信に満ちあふれ、鍛錬し、奮闘している。その背後には、第一線で働く数多くの労働者が匠の精神を発揚し「中国製造2025」に向かって邁進している姿がある。労働節(メーデー)にあたり「大国の職人」たちの誇り高き姿をカメラが捉えた。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800210

  • 2018年04月16日
    匠の精神を持つ「大国の職人」吉林省の国有企業で働く人々

    点検修理を行う吉林石化の組立工の高彦峰さん(右)、薛蘭茁(左)さん、李永翔さん。(4月16日撮影)「我々は力ある労働者、毎日毎晩忙しく働き、高層ビルを建て、鉄道や炭鉱を建設し、世界を変えてゆく…」この懐かしい歌は、人々の心を情熱あふれる時代へと戻してくれる。新中国初の自動車、初の燃料、初の化学肥料…。吉林省は古くからの工業基地として、輝かしい歴史のページを綴ってきた。今、新たな東北振興のうねりの中で、同省は自信に満ちあふれ、鍛錬し、奮闘している。その背後には、第一線で働く数多くの労働者が匠の精神を発揚し「中国製造2025」に向かって邁進している姿がある。労働節(メーデー)にあたり「大国の職人」たちの誇り高き姿をカメラが捉えた。(長春=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800143

  • 2018年04月27日
    匠の精神を持つ「大国の職人」吉林省の国有企業で働く人々

    高速鉄道の車体製造技術の改良方法を研究する中車長春軌道客車の「高速鉄道の師弟」周晶輝さん(右)と臧鉄軍さん。(4月27日撮影)「我々は力ある労働者、毎日毎晩忙しく働き、高層ビルを建て、鉄道や炭鉱を建設し、世界を変えてゆく…」この懐かしい歌は、人々の心を情熱あふれる時代へと戻してくれる。新中国初の自動車、初の燃料、初の化学肥料…。吉林省は古くからの工業基地として、輝かしい歴史のページを綴ってきた。今、新たな東北振興のうねりの中で、同省は自信に満ちあふれ、鍛錬し、奮闘している。その背後には、第一線で働く数多くの労働者が匠の精神を発揚し「中国製造2025」に向かって邁進している姿がある。労働節(メーデー)にあたり「大国の職人」たちの誇り高き姿をカメラが捉えた。(長春=新華社記者/張楠)=2018(平成30)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800111

  • 2018年04月27日
    匠の精神を持つ「大国の職人」吉林省の国有企業で働く人々

    高速鉄道の車体製造技術の改良方法を研究する中車長春軌道客車の「高速鉄道の師弟」周晶輝さん(右)と臧鉄軍さん。(4月27日撮影)「我々は力ある労働者、毎日毎晩忙しく働き、高層ビルを建て、鉄道や炭鉱を建設し、世界を変えてゆく…」この懐かしい歌は、人々の心を情熱あふれる時代へと戻してくれる。新中国初の自動車、初の燃料、初の化学肥料…。吉林省は古くからの工業基地として、輝かしい歴史のページを綴ってきた。今、新たな東北振興のうねりの中で、同省は自信に満ちあふれ、鍛錬し、奮闘している。その背後には、第一線で働く数多くの労働者が匠の精神を発揚し「中国製造2025」に向かって邁進している姿がある。労働節(メーデー)にあたり「大国の職人」たちの誇り高き姿をカメラが捉えた。(長春=新華社記者/張楠)=2018(平成30)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800139

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、陝西省銅川市の土着微生物増殖実験田で土壌構造の改善効果をチェックする、西北農林科技大学の劉存寿教授(左)と助手の劉拓さん。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000299

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、栄養剤「植物炭素栄養肥料」で改良された耕地の土壌。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000302

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、栄養剤「植物炭素栄養肥料」の生産に用いる反応物の液面の高さを確認する、西安秦衡生態農業科技有限公司のスタッフ。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000416

  • 2018年06月06日
    中国大学教授、化学肥料の副作用を抑える農業用「栄養剤」を開発

    6月6日、開発した栄養剤「植物炭素栄養肥料」が水に溶ける様子を見せる、西安秦衡生態農業科技有限公司のスタッフ。トウモロコシの茎や家畜・家禽のふん、台所で出た生ごみなどを大型の機械に投入するとわずか1時間で、醤油のように黒くて明るい色をした「栄養剤」が抽出される。「栄養剤」は中国西北農林科技大学の劉存寿教授率いる研究チームが、20年余りをかけて開発した。「植物炭素栄養メカニズムと天然有機化合物の効果的な利用技術」と命名された同技術は現在までに、中国北西地域の陝西省銅川市で最終テストを行い、生産段階に向け開発が進んでいる。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000365

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    重慶市潼南区のミスト栽培野菜基地で栽培される野菜。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120238

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    重慶市潼南区のミスト栽培野菜基地で栽培される野菜。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120315

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    栽培ボードの表側に顔を出す、順調に育っている野菜。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120404

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    重慶市潼南区のミスト栽培野菜基地で栽培される野菜。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119936

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    栽培ボードの後ろ側に伸びた野菜の根。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120023

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    栽培ボードの表側に顔を出す、順調に育っている野菜。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120043

  • 2018年06月26日
    中国「西部におけるグリーン野菜の都」現代化農業の秘密

    柱状のミスト野菜栽培ボード。(6月26日撮影)中国重慶市潼南(どうなん)区のミスト栽培野菜基地は、豊作の秋を迎え、新しいミスト野菜がまもなく発売される。重慶市における現代化農業の新たな試みとして今年初め、同市初となるミスト栽培野菜基地が潼南区に建設された。同市北西部に位置する潼南区は「西部におけるグリーン野菜の都」という名誉を得ている。基地責任者の肖君(しょう・くん)氏によると、新しい栽培方法であるミスト栽培技術は、噴霧装置を利用して、野菜の成長に必要な栄養元素を霧状にし、密閉した定植空間に噴射することで、野菜に水分と養分を効率よく吸収させられるという。また、節水、環境保護、高効率、高栄養分などに優位性があり、化学肥料や農薬、重金属を含まない優良な栽培方式だと紹介した。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120229

  • 2019年01月12日
    貨物輸送増で冬季に多忙満洲里鉄道口岸

    12日、満州里の鉄道口岸駅積み卸し第2作業場の化学肥料作業区で、化学肥料を搬送ベルトに載せるスタッフ。中国とロシアの貿易量が年ごとに拡大するのにつれて、中国内モンゴル自治区の満洲里(まんしゅうり)鉄道口岸(出入国検査場)は冬季に非常に忙しくなる。地元の鉄道スタッフは寒さの中で持ち場を守り、すばやく効率的な貨物運送の快速ルートを作り出している。同鉄道口岸が2018年に取り扱った輸送量は合計で1827万5700トンに達した。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200277

  • 2019年03月11日
    中国の農村で進む農地の委託管理目指すは豊作

    田豊機械栽培専業合作社の大型農機。(2019年3月11日撮影)中国の東北地域では春の耕作シーズンを迎えたが、吉林省楡樹市の大規模穀物農家や合作社(協同組合)の多くに焦りの色はない。同市の田豊機械種植専業合作社(機械作付け専門の協同組合)は、種子や化学肥料の準備を既に終えている。同合作社はここ数年、農家と土地管理受託協定を締結している。協定は合作社に種子や化学肥料の購入と人件費の支払いを委託する以外、農家は何もする必要はないことになっている。農民は食糧収穫後、自らが委託した土地の面積に基づき帳票を受け取り、好きな時に合作社で穀物代金をもらうことができる。(楡樹=新華社記者/張建)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102881

  • 2019年03月11日
    中国の農村で進む農地の委託管理目指すは豊作

    田豊機械栽培専業合作社の大型農機。(2019年3月11日撮影)中国の東北地域では春の耕作シーズンを迎えたが、吉林省楡樹市の大規模穀物農家や合作社(協同組合)の多くに焦りの色はない。同市の田豊機械種植専業合作社(機械作付け専門の協同組合)は、種子や化学肥料の準備を既に終えている。同合作社はここ数年、農家と土地管理受託協定を締結している。協定は合作社に種子や化学肥料の購入と人件費の支払いを委託する以外、農家は何もする必要はないことになっている。農民は食糧収穫後、自らが委託した土地の面積に基づき帳票を受け取り、好きな時に合作社で穀物代金をもらうことができる。(楡樹=新華社記者/張建)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102907

  • 05:37.19
    2019年04月16日
    「新華社」洞庭湖畔、水稲·ザリガニ共生モデルが大盛況湖南省南県

    中国で大人気のザリガニ料理「麻辣小龍蝦」(マーラー・シャオロンシャー、ザリガニの辛子煮)は、各地の食通の忘れがたい一品であり、洞庭湖湖畔の湖南省南県の農家では、春のザリガニの活動時期を迎え、忙しさが増している。同県ではここ数年、稲とザリガニの共生モデルを打ち出している。水稲はザリガニに微生物など天然の餌をもたらし、ザリガニの排泄物は稲にとって良質な有機肥料となるため、化学肥料や農薬を効果的に抑制できる。水草が茂り、水が絶えず流動する環境で成長したザリガニは、肉厚で身がたっぷり詰まり味も良い。水と水田を効率的に活用できる共生モデルは、地元の村民の注目を集めている。都市部の飲食店に新鮮なザリガニを届けるため、南県の農民は通常午前2~3時に水揚げを行う。新鮮なザリガニが次々と市場に出回るようになると、現地の飲食店も忙しくなる。青年コックの郭傑(かく・けつ)さんは、食通たちの食欲を満たすため鉄鍋を上下に振り、ザリガニを炒め続ける。熱々の香ばしい香りが立ち込める。湖南省で最も人気のある「香辣蝦」(シャンラーシャー、エビの辛子ソース炒め)は味付けが重視され、湖南料理のコックは絶妙な火加減が求められる。十数年ザリガニを扱ってきた郭さんは自らの秘訣を持つ。青年コック郭傑さんプリプリした食感の秘訣は火加減です。油の温度が70~80度の時に食材を入れます。炒める時間は1分を超えてはなりません。そうすればプリプリの食感が楽しめます。(記者/程済安、史衛燕、周勉)<映像内容>中国のザリガニ料理「麻辣小龍蝦」、収穫や調理の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041601632

  • 2019年06月04日
    中国湖北省の潜江アメリカザリガニが国連本部に登場

    4日、ニューヨークの国連本部で開かれたイベント「潜江アメリカザリガニ世界で共有」でアメリカザリガニを味わう来場者。米ニューヨークの国連本部で現地時間4日正午、中国湖北省潜江市のアメリカザリガニを紹介する「潜江アメリカザリガニ世界で共有」と題したイベントが開催された。イベントに参加した各国の国連駐在代表、国連機関職員らは潜江市のアメリカザリガニの品質や「アメリカザリガニと稲を組み合わせた」複合農業モデルの生態的意義を高く評価した。同モデルは農薬、化学肥料、除草剤を使用せず「有機米を栽培し、生態アメリカザリガニを養殖」する栽培養殖モデルで、アメリカザリガニの収穫と水稲の品質向上を同時に実現した。同市の昨年のアメリカザリガニ総生産額は320億元(1元=約16円)に達した。(国連=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001065

  • 2019年06月04日
    中国湖北省の潜江アメリカザリガニが国連本部に登場

    4日、ニューヨークの国連本部で開かれたイベント「潜江アメリカザリガニ世界で共有」でアメリカザリガニを味わう来場者。米ニューヨークの国連本部で現地時間4日正午、中国湖北省潜江市のアメリカザリガニを紹介する「潜江アメリカザリガニ世界で共有」と題したイベントが開催された。イベントに参加した各国の国連駐在代表、国連機関職員らは潜江市のアメリカザリガニの品質や「アメリカザリガニと稲を組み合わせた」複合農業モデルの生態的意義を高く評価した。同モデルは農薬、化学肥料、除草剤を使用せず「有機米を栽培し、生態アメリカザリガニを養殖」する栽培養殖モデルで、アメリカザリガニの収穫と水稲の品質向上を同時に実現した。同市の昨年のアメリカザリガニ総生産額は320億元(1元=約16円)に達した。(国連=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001101

  • 2019年06月04日
    中国湖北省の潜江アメリカザリガニが国連本部に登場

    4日、ニューヨークの国連本部で開かれたイベント「潜江アメリカザリガニ世界で共有」でアメリカザリガニを味わう来場者。米ニューヨークの国連本部で現地時間4日正午、中国湖北省潜江市のアメリカザリガニを紹介する「潜江アメリカザリガニ世界で共有」と題したイベントが開催された。イベントに参加した各国の国連駐在代表、国連機関職員らは潜江市のアメリカザリガニの品質や「アメリカザリガニと稲を組み合わせた」複合農業モデルの生態的意義を高く評価した。同モデルは農薬、化学肥料、除草剤を使用せず「有機米を栽培し、生態アメリカザリガニを養殖」する栽培養殖モデルで、アメリカザリガニの収穫と水稲の品質向上を同時に実現した。同市の昨年のアメリカザリガニ総生産額は320億元(1元=約16円)に達した。(国連=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001071

  • 02:55.46
    2019年06月04日
    「新華社」中国湖北省の潜江アメリカザリガニが国連本部に登場

    米ニューヨークの国連本部で現地時間4日正午、中国湖北省潜江市のアメリカザリガニを紹介する「潜江アメリカザリガニ世界で共有」と題したイベントが開催された。イベントに参加した各国の国連駐在代表、国連機関職員らは潜江市のアメリカザリガニの品質や「アメリカザリガニと稲を組み合わせた」複合農業モデルの生態的意義を高く評価した。同モデルは農薬、化学肥料、除草剤を使用せず「有機米を栽培し、生態アメリカザリガニを養殖」する栽培養殖モデルで、アメリカザリガニの収穫と水稲の品質向上を同時に実現した。同市の昨年のアメリカザリガニ総生産額は320億元(1元=約16円)に達した。(記者/馬建国、謝鍔)<映像内容>潜江アメリカザリガニの料理、撮影日:2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000899

  • 2019年06月04日
    中国湖北省の潜江アメリカザリガニが国連本部に登場

    4日、ニューヨークの国連本部で開かれたイベント「潜江アメリカザリガニ世界で共有」に登場したアメリカザリガニ料理。米ニューヨークの国連本部で現地時間4日正午、中国湖北省潜江市のアメリカザリガニを紹介する「潜江アメリカザリガニ世界で共有」と題したイベントが開催された。イベントに参加した各国の国連駐在代表、国連機関職員らは潜江市のアメリカザリガニの品質や「アメリカザリガニと稲を組み合わせた」複合農業モデルの生態的意義を高く評価した。同モデルは農薬、化学肥料、除草剤を使用せず「有機米を栽培し、生態アメリカザリガニを養殖」する栽培養殖モデルで、アメリカザリガニの収穫と水稲の品質向上を同時に実現した。同市の昨年のアメリカザリガニ総生産額は320億元(1元=約16円)に達した。(国連=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000996

  • 2019年06月04日
    中国湖北省の潜江アメリカザリガニが国連本部に登場

    4日、ニューヨークの国連本部で開かれたイベント「潜江アメリカザリガニ世界で共有」に登場したアメリカザリガニ料理。米ニューヨークの国連本部で現地時間4日正午、中国湖北省潜江市のアメリカザリガニを紹介する「潜江アメリカザリガニ世界で共有」と題したイベントが開催された。イベントに参加した各国の国連駐在代表、国連機関職員らは潜江市のアメリカザリガニの品質や「アメリカザリガニと稲を組み合わせた」複合農業モデルの生態的意義を高く評価した。同モデルは農薬、化学肥料、除草剤を使用せず「有機米を栽培し、生態アメリカザリガニを養殖」する栽培養殖モデルで、アメリカザリガニの収穫と水稲の品質向上を同時に実現した。同市の昨年のアメリカザリガニ総生産額は320億元(1元=約16円)に達した。(国連=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001103

  • 2019年08月04日
    家畜のふんを千里の外へ廃棄物を宝に変える牧畜民内モンゴル自治区

    日干しエリアで機械を使って堆肥化する従業員。(8月4日撮影)中国内モンゴル自治区西ウジュムチン旗の牧畜民、ジブラ氏はある時、農業の専門家から、草原の牛や羊のふんには化学肥料や農薬による汚染がないため、緑色食品(特別な安全基準に基づき生産され国の認定を受けた食品)を栽培する良い有機肥料になると聞いた。そこでジブラ氏は家畜のふんを資源に肥料を開発することを思いつき、2014年、村のモンゴル族の青年3人と一緒に有機肥料の会社を立ち上げた。ジブラ氏の有機肥料工場は今や、3つの作業場を備えるまでの規模となり、年間5万立方メートルのふんを無害化処理して、2万トン以上の粒状有機肥料を生産している。同社は毎年200万元(1元=約15円)以上を投資して18の村からふんを購入することで、2千戸余りの牧畜民に収入をもたらしている。また同社が直接雇用した牧畜民12人は皆、毎年3万元以上の増収を達成した。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909156

  • 2019年08月04日
    家畜のふんを千里の外へ廃棄物を宝に変える牧畜民内モンゴル自治区

    会社の事務室で従業員と会議するジブラ氏(左から3人目)。(8月4日撮影)中国内モンゴル自治区西ウジュムチン旗の牧畜民、ジブラ氏はある時、農業の専門家から、草原の牛や羊のふんには化学肥料や農薬による汚染がないため、緑色食品(特別な安全基準に基づき生産され国の認定を受けた食品)を栽培する良い有機肥料になると聞いた。そこでジブラ氏は家畜のふんを資源に肥料を開発することを思いつき、2014年、村のモンゴル族の青年3人と一緒に有機肥料の会社を立ち上げた。ジブラ氏の有機肥料工場は今や、3つの作業場を備えるまでの規模となり、年間5万立方メートルのふんを無害化処理して、2万トン以上の粒状有機肥料を生産している。同社は毎年200万元(1元=約15円)以上を投資して18の村からふんを購入することで、2千戸余りの牧畜民に収入をもたらしている。また同社が直接雇用した牧畜民12人は皆、毎年3万元以上の増収を達成した。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909160

  • 2019年08月04日
    家畜のふんを千里の外へ廃棄物を宝に変える牧畜民内モンゴル自治区

    日干しエリアで機械を使って肥料を加工する従業員。(8月4日撮影)中国内モンゴル自治区西ウジュムチン旗の牧畜民、ジブラ氏はある時、農業の専門家から、草原の牛や羊のふんには化学肥料や農薬による汚染がないため、緑色食品(特別な安全基準に基づき生産され国の認定を受けた食品)を栽培する良い有機肥料になると聞いた。そこでジブラ氏は家畜のふんを資源に肥料を開発することを思いつき、2014年、村のモンゴル族の青年3人と一緒に有機肥料の会社を立ち上げた。ジブラ氏の有機肥料工場は今や、3つの作業場を備えるまでの規模となり、年間5万立方メートルのふんを無害化処理して、2万トン以上の粒状有機肥料を生産している。同社は毎年200万元(1元=約15円)以上を投資して18の村からふんを購入することで、2千戸余りの牧畜民に収入をもたらしている。また同社が直接雇用した牧畜民12人は皆、毎年3万元以上の増収を達成した。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909181

  • 2019年08月04日
    家畜のふんを千里の外へ廃棄物を宝に変える牧畜民内モンゴル自治区

    加工された粒状有機肥料を整理する従業員。(8月4日撮影)中国内モンゴル自治区西ウジュムチン旗の牧畜民、ジブラ氏はある時、農業の専門家から、草原の牛や羊のふんには化学肥料や農薬による汚染がないため、緑色食品(特別な安全基準に基づき生産され国の認定を受けた食品)を栽培する良い有機肥料になると聞いた。そこでジブラ氏は家畜のふんを資源に肥料を開発することを思いつき、2014年、村のモンゴル族の青年3人と一緒に有機肥料の会社を立ち上げた。ジブラ氏の有機肥料工場は今や、3つの作業場を備えるまでの規模となり、年間5万立方メートルのふんを無害化処理して、2万トン以上の粒状有機肥料を生産している。同社は毎年200万元(1元=約15円)以上を投資して18の村からふんを購入することで、2千戸余りの牧畜民に収入をもたらしている。また同社が直接雇用した牧畜民12人は皆、毎年3万元以上の増収を達成した。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909127

  • 2019年08月04日
    家畜のふんを千里の外へ廃棄物を宝に変える牧畜民内モンゴル自治区

    製品化された有機肥料を運ぶ従業員。(8月4日撮影)中国内モンゴル自治区西ウジュムチン旗の牧畜民、ジブラ氏はある時、農業の専門家から、草原の牛や羊のふんには化学肥料や農薬による汚染がないため、緑色食品(特別な安全基準に基づき生産され国の認定を受けた食品)を栽培する良い有機肥料になると聞いた。そこでジブラ氏は家畜のふんを資源に肥料を開発することを思いつき、2014年、村のモンゴル族の青年3人と一緒に有機肥料の会社を立ち上げた。ジブラ氏の有機肥料工場は今や、3つの作業場を備えるまでの規模となり、年間5万立方メートルのふんを無害化処理して、2万トン以上の粒状有機肥料を生産している。同社は毎年200万元(1元=約15円)以上を投資して18の村からふんを購入することで、2千戸余りの牧畜民に収入をもたらしている。また同社が直接雇用した牧畜民12人は皆、毎年3万元以上の増収を達成した。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909188

  • 2019年08月04日
    家畜のふんを千里の外へ廃棄物を宝に変える牧畜民内モンゴル自治区

    日干しエリアで簡単に加工された肥料をチェックする従業員。(8月4日撮影)中国内モンゴル自治区西ウジュムチン旗の牧畜民、ジブラ氏はある時、農業の専門家から、草原の牛や羊のふんには化学肥料や農薬による汚染がないため、緑色食品(特別な安全基準に基づき生産され国の認定を受けた食品)を栽培する良い有機肥料になると聞いた。そこでジブラ氏は家畜のふんを資源に肥料を開発することを思いつき、2014年、村のモンゴル族の青年3人と一緒に有機肥料の会社を立ち上げた。ジブラ氏の有機肥料工場は今や、3つの作業場を備えるまでの規模となり、年間5万立方メートルのふんを無害化処理して、2万トン以上の粒状有機肥料を生産している。同社は毎年200万元(1元=約15円)以上を投資して18の村からふんを購入することで、2千戸余りの牧畜民に収入をもたらしている。また同社が直接雇用した牧畜民12人は皆、毎年3万元以上の増収を達成した。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909124

  • 00:43.99
    2019年08月06日
    「新華社」長白山山麓のアイガモ農法田吉林省輝南県

    中国東北部の長白山脈の麓に位置する吉林省通化市輝南県は、東北米の主な産地として知られる。地元では一風変わった農法が行われており、田植えが終わり20日過ぎるとアイガモのひなを水田に放す。アイガモが水田の雑草や虫を食べ、フンも肥料となることから、農薬や化学肥料を使わずにすみ、またアイガモとイネの両方を育てることができる。環境に配慮した農法は消費者の注目を集め、輝南産のコメは遠く北京や上海などでも販売されている。アイガモ農法は地元の物元農場が2014年に始めた。千ムー(約66・7ヘクタール)の水田では、アイガモの放し飼いのほか、小型無人機を用いた微生物散布による「いもち病」予防や、エストロゲン誘捕剤と太陽光殺虫灯を利用した害虫防除などによる有機栽培が確立されており、カエルも多く生息している。1ムー(15分の1ヘクタール)当たりの収穫量は従来の水田の3分の1と少ないが、それに勝る品質の高さで市場を獲得している。(記者/周万鵬)<映像内容>アイガモ農法の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607709

  • 01:47.58
    2019年10月16日
    「新華社」今年は豊作、河套地域で稲の収穫始まる内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区磴口(とうこう)県のウランプハ(烏蘭布和)砂漠では、16日の世界食料デーに合わせ、1千ムー(約67ヘクタール)の水田で有機栽培米の収穫が行われた。河套地域(中国北西部の黄河上・中流の湾曲流域)5万6千ムー(約3740ヘクタール)の水田の収穫作業が幕を開けた。同県で栽培された1千ムーの有機栽培米は化学肥料や農薬を使わず、有機肥料として牛糞を使用している。1ムー(15分の1ヘクタール)あたりの平均収穫量は200キロ余り。500グラムあたり19・8元(1元=約15円)の卸値で計算すると、1ムーあたり7千~8千元の経済効果をもたらす。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>有機栽培米の収穫の様子、撮影日:2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500755

  • 2019年10月20日
    中国の科学者、効率を高め汚染問題を解決する肥料を開発

    10月20日、安徽省六安市裕安区石板沖郷の新しい肥効調節型複合肥料を使用した試験区域で、茎が青く色付き、コメが豊かに実ったイネ。コメの生産性を高めるには化学肥料が必要だが、化学肥料は雨水による流出などで浪費や汚染を招きやすい。中国科学院合肥物質科学研究院の技術生物・農業工程研究所の呉躍進(ご・やくしん)氏の研究チームはこのほど、3種類の新たな肥効調節型複合肥料を開発した。この肥料は養分がゆっくり溶け出すため、肥効の持続時間を延ばし、後で肥料を追加するための人件費が削減できる。栽培試験の結果、1ムー(約667平方メートル)当たりのコメ生産量は2割近く増加した。(合肥=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500581

  • 2019年10月20日
    中国の科学者、効率を高め汚染問題を解決する肥料を開発

    10月20日、安徽省六安市裕安区石板沖郷の新しい肥効調節型複合肥料を使用した試験区域で行われた収穫作業。コメの生産性を高めるには化学肥料が必要だが、化学肥料は雨水による流出などで浪費や汚染を招きやすい。中国科学院合肥物質科学研究院の技術生物・農業工程研究所の呉躍進(ご・やくしん)氏の研究チームはこのほど、3種類の新たな肥効調節型複合肥料を開発した。この肥料は養分がゆっくり溶け出すため、肥効の持続時間を延ばし、後で肥料を追加するための人件費が削減できる。栽培試験の結果、1ムー(約667平方メートル)当たりのコメ生産量は2割近く増加した。(合肥=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500585

  • 2019年10月20日
    中国の科学者、効率を高め汚染問題を解決する肥料を開発

    10月20日、安徽省六安市裕安区石板沖郷の新しい肥効調節型複合肥料を使用した試験区域で、生産量を測定する研究者。コメの生産性を高めるには化学肥料が必要だが、化学肥料は雨水による流出などで浪費や汚染を招きやすい。中国科学院合肥物質科学研究院の技術生物・農業工程研究所の呉躍進(ご・やくしん)氏の研究チームはこのほど、3種類の新たな肥効調節型複合肥料を開発した。この肥料は養分がゆっくり溶け出すため、肥効の持続時間を延ばし、後で肥料を追加するための人件費が削減できる。栽培試験の結果、1ムー(約667平方メートル)当たりのコメ生産量は2割近く増加した。(合肥=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500586

  • 02:50.36
    2019年11月21日
    「新華社」砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。中国で重要な漢方薬材や補助薬として用いられるカンゾウは、砂漠化防止プロセスを経て、窒素固定による土壌改良機能を備えるようになったという。同砂漠の十分な日照と昼夜の気温差の大きさおよび乾燥した気候と適切な砂壌土は、カンゾウの栽培に有利な条件となっている。また、ウランブフ砂漠有機カンゾウ栽培基地は同自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県沙金套海ソムにあり、内モンゴル王爺地蓯蓉生物有限公司が総面積2千ムーの栽培を請け負っている。今回収穫されたのは栽培面積1千ムーの畑で採れた栽培期間3年のカンゾウ。同栽培基地は自然に近い栽培方法を取り入れ、すべての過程で化学肥料や農薬を使用しないことから、中国の良質なカンゾウ生産地となっているという。今後、同砂漠で野生に近い状態で有機栽培されたカンゾウの栽培面積は5万ムーまで拡大され、生態的特性の効果、経済的・社会的効果の全面的な向上が実現される見通し。(記者/李雲平)<映像内容>ウランブフ砂漠で有機栽培されたカンゾウの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201028

  • 2019年12月24日
    中国の共同企業体、エジプトで大型リン化学工業事業の請負契約を締結

    24日、エジプトのカイロで行われた締結式典の様子。中国国有ゼネコン大手の中国建築(CSCEC)と瓮福(集団)による共同企業体が24日、エジプトのリン酸塩・化学肥料企業(WAPHCO)とリン酸製造工場の工事請負契約を締結、契約金額は約8億4800万ドル(1ドル=約110円)に達した。(カイロ=新華社記者/李碧念)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602658

  • 2020年02月10日
    感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県

    10日、畑で作業をする農民。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021916820

  • 2020年02月12日
    優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河

    12日、春の耕作準備中の農家のために化学肥料を運ぶ貨物列車。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700385

  • 2020年02月12日
    優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河

    12日、袋詰めされた化学肥料。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700386

  • 2020年02月12日
    感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県

    12日、ビニールハウスを設置する農民。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021916807

  • 2020年02月12日
    感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県

    12日、化学肥料など春に使用する農業資材を運ぶ作業員。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021916985

  • 2020年02月12日
    優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河

    12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で化学肥料を袋詰めする作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700537

  • 2020年02月12日
    優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河

    12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で化学肥料を袋詰めする作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700394

  • 2020年02月12日
    優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河

    12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で化学肥料を袋詰めする作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700585

  • 2020年02月12日
    優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河

    12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で積荷の化学肥料をかき出す作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700549

  • 2020年02月14日
    感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県

    14日、温室でペピーノの苗を世話する農民。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021916812

  • 00:43.94
    2020年02月22日
    「新華社」東北地域の鉄道部門、春の農作業に向け肥料を輸送

    中国東北地域では気温の上昇に伴い、春の農作業に向けた準備が始まった。新型コロナウイルスによる肺炎の流行が物資の輸送にもたらす影響を軽減するため、中国鉄路瀋陽局集団の配車や貨物輸送などの部門は緊密に協力し、関係する鉄路局集団公司や地方政府と連携して春の農作業向けの準備を最大限整えている。中国鉄路瀋陽局集団は行き届いた手配により、今年既にトラックで2253回、計14万トン以上の化学肥料を東北各地に届けた。(記者/姜兆臣)<映像内容>農作業に使う肥料を輸送する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603070

  • 2020年02月26日
    物資の輸送で春の農作業をサポート遼寧省

    26日、遼寧省鉄嶺市新台子鎮で化学肥料の積み降ろしをする作業員。中国鉄路瀋陽局集団は化学肥料などの農業資材を速やかに届けるため、輸送や積み降ろしなどで優先的な取り扱いを行い、春の農作業をサポートしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402598

  • 2020年02月26日
    物資の輸送で春の農作業をサポート遼寧省

    26日、遼寧省鉄嶺市新台子鎮で化学肥料の積み降ろしをする作業員。中国鉄路瀋陽局集団は化学肥料などの農業資材を速やかに届けるため、輸送や積み降ろしなどで優先的な取り扱いを行い、春の農作業をサポートしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402623

  • 2020年02月26日
    物資の輸送で春の農作業をサポート遼寧省

    26日、遼寧省鉄嶺市新台子鎮で化学肥料の積み降ろしをする作業員。中国鉄路瀋陽局集団は化学肥料などの農業資材を速やかに届けるため、輸送や積み降ろしなどで優先的な取り扱いを行い、春の農作業をサポートしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402652

  • 2020年02月26日
    物資の輸送で春の農作業をサポート遼寧省

    26日、遼寧省鉄嶺市新台子鎮で化学肥料の積み降ろしをする作業員。中国鉄路瀋陽局集団は化学肥料などの農業資材を速やかに届けるため、輸送や積み降ろしなどで優先的な取り扱いを行い、春の農作業をサポートしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402626

  • 2020年02月26日
    物資の輸送で春の農作業をサポート遼寧省

    26日、遼寧省鉄嶺市新台子鎮の備蓄庫エリアに置かれた化学肥料。(小型無人機から)中国鉄路瀋陽局集団は化学肥料などの農業資材を速やかに届けるため、輸送や積み降ろしなどで優先的な取り扱いを行い、春の農作業をサポートしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402597

  • 2020年02月26日
    物資の輸送で春の農作業をサポート遼寧省

    26日、遼寧省鉄嶺市新台子鎮で化学肥料の積み降ろしをする作業員。中国鉄路瀋陽局集団は化学肥料などの農業資材を速やかに届けるため、輸送や積み降ろしなどで優先的な取り扱いを行い、春の農作業をサポートしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402588

  • 00:47.68
    2020年03月04日
    「新華社」新型肺炎の影響受けた農民の危機救う江西省の駐村第一書記

    中国江西省南昌県広福鎮宋洲村の駐村(村に常駐する)第一書記、楊岳峰(よう・がくほう)さんは4日、同僚と共に貧困脱却したばかりの農民、黄水泉(こう・すいせん)さんの元に、化学肥料や農業用マルチフィルムなど農業物資を届けた。黄さん一家は、2013年に村の的確な貧困支援対象に指定され、支援と自らの努力によって、ガチョウの飼育やスイカの温室栽培を始め、2019年に貧困から脱却した。今年初め、新型コロナウイルスによる肺炎が流行すると、黄さんは影響を受け、飼育しているガチョウの販売が困難になった。楊さんは黄さんの置かれている状況を知ると、直ちに農業技術の専門家を招き、共に黄さんの元へと足を運び、技術サポートを行った。(記者/彭昭之)<映像内容>新型肺炎の影響受けた農民、農業物資を届けるなどサポートの様子、撮影日:2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004259

  • 01:36.40
    2020年03月26日
    「新華社」有機栽培で新茶の品質守る福建省武夷山市

    中国福建省武夷山市では、毎年4月に春の茶摘みシーズンを迎える。収穫直前の今は、施肥と減農薬、病虫害防除の大切な時期で、各茶農家が化学肥料の代わりに有機肥料を使ってより高品質な新茶を栽培するよう、同市茶業局の科学技術特派員が茶畑で奮闘している。同市茶業局茶葉科学研究所の農芸師、徐茂興(じょ・ぼうきょう)氏はこのほど、同市星村鎮燕子窠の面積千ムー(約67ヘクタール)の「全国茶葉脱化学肥料・有機肥料栽培モデル基地」を訪れ、有機栽培にとって重要な、物理的手段を利用した発芽期の茶畑における病虫害防除について指導した。咲き並ぶ黄色の菜の花は天然の有機肥料で、窒素やリン、カリウムなどの重要な栄養素を茶の木に与えてくれる。化学肥料を使用した場合、長期に及ぶと土壌が持つ調整機能が低下して土壌の微生物の活動を抑え込み、茶葉に農薬が残留する可能性がある。同市では今年、市内茶畑の総面積の1割近くを占める1万2600ムー(約840ヘクタール)で、有機肥料による栽培を進めているという。(記者/郭圻)<映像内容>有機栽培している茶畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032900417

  • 00:48.08
    2020年04月06日
    「新華社」レンゲソウ満開に江西省新干県

    中国江西省吉安市新干県桃渓郷嶺背村では春を迎え、田んぼのレンゲソウが次々と花をつけた。赤紫色の小さな花が数キロにわたり一面花の海のような風景を見せている。レンゲソウは毎年3月中旬から4月上旬に満開となり、花期が約30~40日間続く。見た目が美しいだけでなく、有機肥料としても優れており、レンゲソウを田んぼの基肥(もとごえ)とすることで化学肥料や農薬の使用を抑えられ、増産増収にもつながっている。(記者/鄔慧穎)<映像内容>レンゲソウの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800614

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508686

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を運ぶ管理員の鄧兵(とう・へい)さん。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508759

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508692

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508758

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を運ぶ作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508674

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508745

  • 00:56.28
    2020年08月03日
    「新華社」秦皇島市の企業、スマート肥料混合機を開発多品種同時生産が可能に

    中国河北省秦皇島経済技術開発区の企業がこのほど、独自に開発した多機能スマート肥料混合機のテストに成功した。一つの設備で同時に複数の肥料を生産できるという。多機能スマート肥料混合機を開発したのは秦皇島三農現代化機械設備。1時間当たり液体肥料3トン、または粒状配合肥料10トンと水溶性粉末肥料5トンを自動で生産できる。同設備は従来型設備の3分の1の大きさで、生産コストを約50%削減するとともに、設備利用率を3倍に向上させる。従来の化学肥料製造業に加え、大規模農家や合作社(協同組合)にも適しているという。(記者/郭雅茹)<映像内容>多機能スマート肥料混合機の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405483

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、除草剤を使用せず、手作業でブドウ園の草刈りをする作業員。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403517

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、ブドウのつるを剪定する作業員。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403559

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、箱詰め前にブドウの傷んだ部分を切り取る作業員。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403705

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、仕事を終え、家路に就く作業員ら。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403570

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、摘み取られたばかりのブドウ。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403479

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、地中や地表に設置したパイプから水と養分を直接根の周辺に送る「点滴灌漑」用のタンクに新鮮な牛乳を注ぐ作業員。牛乳は希釈後、パイプを介してブドウの木に届く。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403573

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、熟したブドウを籠に入れる作業員。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403703

  • 2020年08月04日
    鞍山市のブドウ園、牛乳を使った有機栽培遼寧省

    4日、熟したブドウを摘み取る作業員。中国遼寧省鞍山市の千山の麓に位置する唐家房鎮果子園村の鞍山緑泰佳ブドウ園は、農薬や化学肥料の代わりに牛乳や発酵させた大豆かすを使ってブドウを育てている。同園には温室やビニールハウスでの栽培、露地栽培など多くの技術が集積しており、生産された有機ブドウは中国各地に出荷されている。同園は周辺住民に就業と収入増の機会を提供するとともに、果実の摘み取り体験拠点として観光客にも人気のスポットとなっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403659

  • 1
  • 2