KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 再開
  • 就業
  • 感染対策
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 秩序
  • 自宅
  • 鎮安

「化徳県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、畑で「受注生産エンバク」の種を見せる内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100746

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、内モンゴル自治区化徳県新社村での「受注生産エンバク」の種まきの様子。(ドローンで撮影)中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100745

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、「受注生産エンバク」の畑を耕す内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100701

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、「受注生産エンバク」の畑を耕す内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100726

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、内モンゴル自治区化徳県新社村での「受注生産エンバク」の種まきの様子。(ドローンで撮影)中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100734

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、種まき機にエンバクの種を入れる内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100663

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709262

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709211

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709255

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でナイロンバッグを加工するウランチャブ市化徳県徳包図郷徳包図村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709203

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、ナイロンバッグを整理するウランチャブ市化徳県徳包図郷徳包図村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709205

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709213

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709198

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709220

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、ほうきを倉庫に運び込むウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709221

  • 2020年04月11日
    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県

    11日、貧困扶助工場でナイロンバッグを加工するウランチャブ市化徳県徳包図郷徳包図村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709245

  • 1