KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 全長
  • パラリンピック
  • 終着駅
  • 高速列車
  • 上海
  • 予定
  • 交通システム
  • 北京南駅

「北京北駅」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年10月07日
    京張高速鉄道、北京北動車所の使用開始

    7日、京張高速鉄道の北京北動車所で巡視点検を行う中鉄七局の作業員。中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の軌道検測がこのほど正式に始まったことを受け、北京市昌平区にある京張高速鉄道の北京北動車所(車両基地)の使用も開始された。今後は京張高速鉄道で使用される車両の点検修理や整備などを担当する。北京北駅を起点とし張家口駅を終点とする営業距離174キロの本線は、2022年北京冬季五輪の開催を保障する重要な交通手段となる。運行が始まると北京市から張家口市までの移動は1時間以内に短縮される。(北京=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003207

  • 2019年10月07日
    京張高速鉄道、北京北動車所の使用開始

    7日、京張高速鉄道の北京北動車所で車両の点検を行う中鉄七局の作業員。中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の軌道検測がこのほど正式に始まったことを受け、北京市昌平区にある京張高速鉄道の北京北動車所(車両基地)の使用も開始された。今後は京張高速鉄道で使用される車両の点検修理や整備などを担当する。北京北駅を起点とし張家口駅を終点とする営業距離174キロの本線は、2022年北京冬季五輪の開催を保障する重要な交通手段となる。運行が始まると北京市から張家口市までの移動は1時間以内に短縮される。(北京=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003233

  • 2019年10月07日
    京張高速鉄道、北京北動車所の使用開始

    7日、京張高速鉄道の北京北動車所を出発する総合試験車両。中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の軌道検測がこのほど正式に始まったことを受け、北京市昌平区にある京張高速鉄道の北京北動車所(車両基地)の使用も開始された。今後は京張高速鉄道で使用される車両の点検修理や整備などを担当する。北京北駅を起点とし張家口駅を終点とする営業距離174キロの本線は、2022年北京冬季五輪の開催を保障する重要な交通手段となる。運行が始まると北京市から張家口市までの移動は1時間以内に短縮される。(北京=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003217

  • 02:11.62
    2019年10月28日
    「新華社」北京冬季五輪の重要インフラ、崇礼鉄道の試験調整作業始まる

    中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の一部である崇礼(すうれい)鉄道でこのほど、全線試験調整作業がスタートした。崇礼鉄道は2022年北京冬季五輪の重要な交通インフラ整備事業でもある。崇礼鉄道は全長52・8キロ、設計時速250キロで、京張高速鉄道の下花園北駅と張家口市崇礼区の太子城駅を結ぶ。完成すると北京北駅から冬季五輪の崇礼競技エリアまで1時間以内で移動できるようになる。(記者/曲瀾娟)<映像内容>崇礼鉄道の全線試験調整作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102801025

  • 01:31.35
    2019年11月11日
    「新華社」京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。スマート動車組の総合試験調整作業は同高速鉄道の昌平駅と下花園北駅間で行われ、走行試験での最高時速は350キロになるという。スマート動車組は時速350キロの「復興号」を基礎に開発され、同高速鉄道の線路条件に適合し、2022年の北京冬季五輪へのサービスで求められる条件を満たすことを考慮して設計された。この列車は自動運転技術を導入しており、駅からの自動発車、走行区間での自動運転、駅での自動停車、自動開扉などが可能になった。また、世界で初めて時速350キロの条件下で最高の運転士の技術を再現し、アルゴリズムを用いてより安全で省エネ、効率的な運行を実現している。さらに、全車両にWi-Fi(無線LAN)を導入し、多言語による旅客情報システムを備え、海外旅客のニーズに応えることができるという。同高速鉄道は、北京北駅を始発駅、張家口駅を終着駅とし、本線の全長は174キロ、最高設計時速は350キロとなっており、中国の「中長期鉄道網計画」における8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」のうち、北京市と甘粛省蘭州市を結ぶ「京蘭ルート」を構成する重要な一部であると同時に、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展と、2022年北京冬季五輪における交通輸送を保証する重要な設備となる。(記者/丁静)<映像内容>京張高速鉄道が総合試験調整作業にスマート動車組投入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302946

  • 00:50.84
    2019年12月20日
    「新華社」京張高速鉄道が間もなく開通万里の長城の麓を走るスマート列車

    中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が間もなく開通する。同鉄道専用のスマート列車は、すでにテスト運行を開始している。同列車は卓越した空力性能と美しい外観を兼ね備えているほか、自動運転技術を取り入れ、駅での発車と停車、走行区間での運転、ドアの開閉といった各種の自動化を実現した。同列車は、世界で初めて時速350キロの条件下で、アルゴリズムを用いてより安全的かつ省エネ、高効率な運行をする列車となる。同列車は自動運転が可能だが、安全確保のためには依然として運転士の存在が欠かせない。運転士らは開通前に、信号機や鉄道標識の座標、トンネルの長さ、線路の傾斜角度など大量のデータを収集、綿密に計算・処理を行って分厚い路線図を作成し、同高速鉄道の総合試験調整作業にデータによる裏付けを提供した。同高速鉄道は全長174キロで、北京北駅を出発すると一路北へ向かい、居庸関(きょようかん)長城、水関長城、八達嶺長城の順に通過する。スマート列車は悠久の歴史を持つ八達嶺長城の下方102メートルに相当する場所で、世界で最も深く、最大規模を有するアンダーカット掘削工法による高速鉄道駅「八達嶺長城駅」を通過する。運転士の安秀旗(あん・しゅうき)さんは「駅への進入速度は時速80キロ以下を維持しなければならず、停車前には走行許可の確認も必要となる」と説明した。33歳の運転士の沈義(しん・ぎ)さんは、中国人は100年以上前には独自に建設した1本目の鉄道である京張鉄道でディーゼル機関車を運転したが、現在では世界初のスマート高速鉄道である京張高速鉄道でスマート列車を走らせていると指摘。この時空を超えるような感覚はわれわれに「新たな時代に突入した」と感じさせると述べた。(記者/丁静、顔暁勤)<映像内容>間もなく開通する京張高速鉄道、走行中の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122300099

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅のプラットホームで、太子城駅行きのG8811号列車に乗る乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602328

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、八達嶺長城駅のプラットホームに停車する北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602407

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車内で、スマホ用のワイヤレス充電器を体験する乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602481

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅の待合室で記念撮影する青年ボランティア。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602115

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅のプラットホームで記念写真を撮る太子城駅行きのG8811号列車の乗務員。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602117

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車体。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602417

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車内で笑顔を見せる2002年ソルトレークシティ冬季五輪の金メダリスト、楊揚(よう・よう)さん(手前右)。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602298

  • 02:13.29
    2019年12月30日
    「新華社」北京と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道と、支線の崇礼鉄道が30日、同時に開業した。京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の協同発展を後押しし、2022年の北京冬季五輪・パラリンピックでは交通輸送サービスを提供する。同高速鉄道は、中国の「中長期鉄道網計画」における8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」のうち、北京市と甘粛省蘭州市を結ぶ「京蘭ルート」を構成する重要な一部。西は同日開業した大張(山西省大同市-張家口市)、呼張(内モンゴル自治区フフホト市‐張家口市)の二つの高速鉄道と接続し、東は北京鉄道ハブと接続しており、内モンゴル自治区東部、山西省、河北省北部から北京に向かう快速旅客輸送ルートを形成している。京張高速鉄道は、北京北駅から張家口駅まで10個の駅が設けられ、本線の全長は174キロ、最高設計時速は350キロとなっている。<映像内容>崇礼鉄道が開業、内観や走行の様子、撮影日:2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005930

  • 2019年12月30日
    北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車内の様子。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602436

  • 2020年09月25日
    最新技術が凝縮、北京と張家口結ぶ京張高速鉄道の列車

    北京北駅で停車中の列車に向かう利用客。(9月25日撮影)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の列車には、第5世代移動通信システム(5G)やワイヤレス充電、インテリジェント照明などが採用されており、装備製造や新素材、人工知能(AI)の新技術など中国の鉄道開発における最新の成果が凝縮されている。同列車の設計最高時速は350キロで、北京と張家口間の移動時間は3時間超から47分に短縮された。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400187

  • 2020年09月25日
    最新技術が凝縮、北京と張家口結ぶ京張高速鉄道の列車

    北京北駅に停車中の太子城行きの高速列車。(9月25日撮影)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の列車には、第5世代移動通信システム(5G)やワイヤレス充電、インテリジェント照明などが採用されており、装備製造や新素材、人工知能(AI)の新技術など中国の鉄道開発における最新の成果が凝縮されている。同列車の設計最高時速は350キロで、北京と張家口間の移動時間は3時間超から47分に短縮された。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400244

  • 2020年09月25日
    最新技術が凝縮、北京と張家口結ぶ京張高速鉄道の列車

    北京北駅で京張高速鉄道を利用する乗客。(9月25日撮影)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の列車には、第5世代移動通信システム(5G)やワイヤレス充電、インテリジェント照明などが採用されており、装備製造や新素材、人工知能(AI)の新技術など中国の鉄道開発における最新の成果が凝縮されている。同列車の設計最高時速は350キロで、北京と張家口間の移動時間は3時間超から47分に短縮された。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400174

  • 2020年12月01日
    京張高速鉄道の支線「延慶線」開通北京冬季五輪の重要な交通インフラ

    1日、北京北駅を出発する延慶駅行きの列車。(スマートフォンで撮影)中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の支線となる「延慶線」が1日、延慶駅の新駅舎の開業に伴い、正式に開通した。同線は2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの重要な交通インフラ整備事業の一つで、全長9・33キロ、設計速度は時速160キロ。開通により、北京市中心部と同市北西部の延慶区の移動時間がこれまでより大幅に短縮される。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120405760

  • 2020年12月31日
    (4)開通から1周年を迎えた京張高速鉄道、旅客輸送量は延べ680万人

    29日、北京北駅から京張高速鉄道を利用し太子城駅に到着した乗客。中国鉄路北京局集団はこのほど、北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日で開通1周年を迎え、旅客輸送量が延べ680万6千人に達したと明らかにした。また、支線となる延慶線も開通から約1カ月となり、旅客輸送量は1万5千人に達している。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107092

  • 2020年12月31日
    (1)開通から1周年を迎えた京張高速鉄道、旅客輸送量は延べ680万人

    29日、北京北駅から京張高速鉄道を利用し太子城駅に到着した乗客。中国鉄路北京局集団はこのほど、北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日で開通1周年を迎え、旅客輸送量が延べ680万6千人に達したと明らかにした。また、支線となる延慶線も開通から約1カ月となり、旅客輸送量は1万5千人に達している。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107089

  • 2020年12月31日
    (6)開通から1周年を迎えた京張高速鉄道、旅客輸送量は延べ680万人

    30日、京張高速鉄道を利用し北京北駅に到着した乗客。中国鉄路北京局集団はこのほど、北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日で開通1周年を迎え、旅客輸送量が延べ680万6千人に達したと明らかにした。また、支線となる延慶線も開通から約1カ月となり、旅客輸送量は1万5千人に達している。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107095

  • 2021年12月30日
    CHINA-BEIJING-ZHANGJIAKOU-HIGH SPEED RAILWAY-TWO YEAR ANNIVERSARY (CN)

    (211230) -- BEIJING, Dec. 30, 2021 (Xinhua) -- Crew members wait for passengers on a train of the Beijing-Zhangjiakou high-speed railway train at the Beijing North Railway Station in Beijing, capital of China, Dec. 30, 2021. The high-speed railway connecting Beijing and Zhangjiakou in north China‘s Hebei Province went into service on Dec. 30, 2019. (Photo by Fang Xin/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010404146

  • 2021年12月30日
    CHINA-BEIJING-ZHANGJIAKOU-HIGH SPEED RAILWAY-TWO YEAR ANNIVERSARY (CN)

    (211230) -- BEIJING, Dec. 30, 2021 (Xinhua) -- Passengers board a train of the Beijing-Zhangjiakou high-speed railway at the Beijing North Railway Station in Beijing, capital of China, Dec. 30, 2021. The high-speed railway connecting Beijing and Zhangjiakou in north China‘s Hebei Province went into service on Dec. 30, 2019. (Photo by Fang Xin/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010404160

  • 2021年12月30日
    CHINA-BEIJING-ZHANGJIAKOU-HIGH SPEED RAILWAY-TWO YEAR ANNIVERSARY (CN)

    (211230) -- BEIJING, Dec. 30, 2021 (Xinhua) -- Reporters take photos during an event marking the two-year anniversary of the opening of the Beijing-Zhangjiakou high-speed railway at the Beijing North Railway Station in Beijing, capital of China, Dec. 30, 2021. The high-speed railway connecting Beijing and Zhangjiakou in north China‘s Hebei Province went into service on Dec. 30, 2019. (Photo by Fang Xin/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010404155

  • 2022年01月08日
    CHINA-BEIJING-RAILWAY CREW (CN)

    (220108) -- BEIJING, Jan. 8, 2022 (Xinhua) -- Wu Yifan (2nd R) heads to the railway platform with her colleagues at Beijing North Railway Station in Beijing, capital of China, on Dec. 30, 2021. Wu Yifan, 26, is a conductor of the Xuezhimeng (snow dream) crew team on a tailor-made bullet train along the high-speed railway linking Beijing and Zhangjiakou, the co-host city of the Beijing Winter Olympic Games. The Beijing-Zhangjiakou high-speed railway went into operation on Dec. 30, 2019, to facilitate inter-city traffic and the commute between Olympic venues. It will provide commuter services for the 2022 Beijing Olympic and Paralympic Winter Games from Jan. 21 to March 16. Wu Yifan joined the “Snow Dream“ crew on March 1, 2020 when the crew was officially established. In addition to daily crew services, she also provides foreign language interpretation services. In the days work.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011105305

  • 2022年01月08日
    CHINA-BEIJING-RAILWAY CREW (CN)

    (220108) -- BEIJING, Jan. 8, 2022 (Xinhua) -- Wu Yifan (L) waits passengers to board the train G8811 at Beijing North Railway Station in Beijing, capital of China, on Dec. 30, 2021. Wu Yifan, 26, is a conductor of the Xuezhimeng (snow dream) crew team on a tailor-made bullet train along the high-speed railway linking Beijing and Zhangjiakou, the co-host city of the Beijing Winter Olympic Games. The Beijing-Zhangjiakou high-speed railway went into operation on Dec. 30, 2019, to facilitate inter-city traffic and the commute between Olympic venues. It will provide commuter services for the 2022 Beijing Olympic and Paralympic Winter Games from Jan. 21 to March 16. Wu Yifan joined the “Snow Dream“ crew on March 1, 2020 when the crew was officially established. In addition to daily crew services, she also provides foreign language interpretation services. In the days working along th.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011105138

  • 2022年04月15日
    (5)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510710

  • 2022年04月15日
    (2)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅のホーム。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510725

  • 2022年04月15日
    (1)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅の内部。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510712

  • 2022年04月15日
    (4)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅の駅舎。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510696

  • 2022年04月15日
    (3)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅の内部。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510708

  • 2022年04月15日
    (8)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅の改札口。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510699

  • 2022年04月15日
    (6)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅の内部。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510692

  • 2022年04月15日
    (7)北京豊台駅、改築工事進行中

    12日、改築工事が進む北京豊台駅のホーム。中国北京市豊台区にある北京豊台駅は、国内で初めて高速列車と普通列車のホームが2層構造となる大型駅で、年内の供用開始を予定している。供用開始後は、京広(北京-広州)高速鉄道、京港(北京-香港)高速鉄道、京九(北京-香港九竜)旅客輸送専用鉄道に加え、豊沙(豊台-張家口市沙城鎮)、京原(北京-山西省原平市)、京滬(北京-上海)鉄道と郊外鉄道の始発・終着駅となり、北京駅、北京西駅、北京南駅、北京北駅など北京の鉄道の中枢と深く融合することで、首都の交通輸送構造の最適化と総合的な交通システムの合理化を一段と進めていく。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510685

  • 1