KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 修繕
  • ナツメ
  • 一般公開
  • 体系
  • 子孫
  • 実施
  • 寄付
  • 広間
  • 指定

「北京市文物保護単位」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (1)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (1)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    敷地内から見た大門(裏側)。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化財に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706013

  •  (5)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (5)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706045

  •  (2)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (2)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    大門から見た過庁の中庭。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706053

  •  (4)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (4)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    北京文丞相祠の過庁内部。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706055

  •  (6)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (6)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706082

  •  (10)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (10)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁の中庭に立つ「宋丞相信国文公像」碑刻。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706387

  •  (11)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (11)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁の中庭壁面にある「正気歌」の碑刻。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706389

  •  (13)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (13)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋の内部。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706515

  •  (17)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (17)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内部の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706603

  •  (3)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (3)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    北京文丞相祠の大門。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706043

  •  (7)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (7)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706094

  •  (9)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (9)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁の中庭。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化財に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706384

  •  (14)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (14)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋の内部。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706533

  •  (8)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (8)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706128

  •  (12)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (12)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋の入り口。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706506

  •  (15)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (15)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内部の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706605

  •  (16)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月17日
    (16)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内部の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706514

  •  (18)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月27日
    (18)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内の文丞相像。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092708324

  •  (20)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月27日
    (20)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋前にある文天祥手植のナツメの古木。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092708527

  •  (19)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市
    2021年09月27日
    (19)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋前の中庭。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092708525

  •  (19)悟りの境地へ導く古刹「白瀑寺」北京市
    2023年05月25日
    (19)悟りの境地へ導く古刹「白瀑寺」北京市

    22日、白瀑寺境内に立つ「北京市文物保護単位」の標識石碑。後ろの壁には寺院再建の由来が刻まれている。中国北京市の北西郊外に、白瀑寺(はくばくじ)という寺院がある。知名度は高くないが、通常の仏教寺院とは一風異なる建築様式で知る人ぞ知る穴場観光地となっている。創建は遼代で約900年の歴史を持つ。白瀑の名は寺院が背にする山中の二つの滝にちなむ。何度も修繕を経てきたが、民国時代の兵乱で荒廃。2000年以降に地元出身の僧侶、慧能(えのう)が本格的に再建した。雲雷閣をはじめとする境内の建築と仏像は、非常に精巧な造りで見る者の心を揺さぶる。人々を悟りの境地へ導くかのように、従来の寺院とは一線を画している。(北京=新華社記者/張明然)= 配信日: 2023(令和5)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052508846

  • 1