KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 北京
  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 雪竜
  • 科学者
  • 実現
  • 予定
  • 宇宙
  • 画像

「北京時間」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
285
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
285
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2005年04月17日
    中国の天文台、新たな地球近傍小惑星を発見

    中国科学院紫金山天文台の地球近傍天体(NEO)望遠鏡。(2005年撮影)国際小惑星警報ネットワーク(IAWN)と国際天文学連合小惑星センターはこのほど、中国江蘇省南京市にある中国科学院紫金山天文台の地球近傍天体(NEO)望遠鏡がまた新たに小惑星を発見したと発表した。同天文台が率先して観測した観測した地球近傍小惑星「2020FL2」で、北京時間23日午前4時38分24秒(日本時間同5時38分24秒)に地球をかすめたという。同天文台が明らかにした。同小惑星の地球最接近時の距離は約14万4千キロメートルで、中国が2月下旬以降に発見した3番目の地球近傍小惑星となった。(南京=新華社配信)=2005(平成17)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104224

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年04月02日
    北京時間示す時計 日本の存在感低下を象徴?

    北京時間を示す国際プレスセンターの時計(右)=2日(共同)

    商品コード: 2009040200423

  • 2015年09月28日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    四川省都江堰市西部の岷江にある都江堰水利・かんがい施設。(2015年9月28日撮影)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/李橋橋)=2015(平成27)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600286

  • 2015年09月28日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    上空から見た都江堰水利・かんがい施設の導水路「宝瓶口」。(2015年9月28日撮影)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/李橋橋)=2015(平成27)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600327

  • 2017年06月07日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    美しい自然が観光客を魅了する広西チワン族自治区桂林市興安県の霊渠。(2017年6月7日撮影)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/陸波岸)=2017(平成29)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600279

  • 2017年06月08日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    広西チワン族自治区桂林市興安県の霊渠に作られたかんがい施設。(2017年6月8日撮影)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/陸波岸)=2017(平成29)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600289

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    事故死傷者帰国金正恩氏が駅で見送り

    25日、専用列車を見送る金正恩氏(前列右から1人目)。大きな交通事故で死亡した中国人の遺体と負傷者を送り届けるため、北京時間25日深夜、朝鮮(北朝鮮)が手配した専用列車が首都平壌を出発した。朝鮮(北朝鮮)の最高指導者金正恩氏は自ら駅で見送った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701140

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    事故死傷者帰国金正恩氏が駅で見送り

    25日、専用列車を見送る金正恩氏(右)。大きな交通事故で死亡した中国人の遺体と負傷者を送り届けるため、北京時間25日深夜、朝鮮(北朝鮮)が手配した専用列車が首都平壌を出発した。朝鮮(北朝鮮)の最高指導者金正恩氏は自ら駅で見送った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701137

  • 2018年06月18日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    浙江省竜游県にある姜席堰。(6月18日撮影)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社配信/饒峰)=2018(平成30)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600287

  • 2018年07月30日
    中国第9次北極科学調査隊、北極圏入り

    30日、「雪竜」号上で中国国旗と調査隊旗を掲げる中国第9次北極科学調査隊。中国第9次北極科学調査隊が乗った科学調査船「雪竜」号は北京時間30日午前6時、北緯66度34分、西経169度10分から北極圏に入った。(雪竜号=新華社記者/申鋮)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100392

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所で、チームメンバーの邵洋洋さんとやり取りする覃重軍氏(右)。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700053

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、覃重軍氏が中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所で、人工的に作り出した単一染色体の真核細胞に関する研究内容を解説する。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700085

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所で、人工的に作り出した単一染色体の真核細胞に関する研究内容を解説する覃重軍氏。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700056

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所合成生物学重点実験室で、ともに学び合う覃重軍氏の研究チームのメンバー。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700054

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所合成生物学重点実験室で、記念写真を撮る覃重軍氏の研究チームと学生。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700049

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所で、単一染色体の真核細胞を電子顕微鏡で観察する覃重軍氏の研究チームのメンバー。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700055

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所の実験室で、チームメンバーと交流する覃重軍氏(右)。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700137

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所で、チームメンバーの邵洋洋さんとやり取りする覃重軍氏(右)。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700078

  • 2018年07月31日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    7月31日、中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所合成生物学重点実験室で撮影した単一染色体真核細胞の酵母。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700130

  • 2018年08月01日
    中国北極科学調査隊、アンカーブイを回収·設置

    1日、科学調査船「雪竜」号からゴムボートに乗り、アンカーブイの回収準備をする北極科学調査隊員。中国自然資源部が組織した中国第9次北極科学調査隊は北京時間7月31日午後10時から8月2日午後1時ごろ、チュクチ海(注)北部を航行した際に、二つのアンカーブイの回収に成功し、新たに二つのブイを設置した。(雪竜号=新華社記者/申鋮)(注)チュクチ海は北極海の一部で、ロシア・シベリア北東部と米国・アラスカ州北西部の間の海。=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700152

  • 2018年08月01日
    中国北極科学調査隊、アンカーブイを回収·設置

    1日、科学調査船「雪竜」号でアンカーブイに設置した観測機器を回収する北極科学調査隊員。中国自然資源部が組織した中国第9次北極科学調査隊は北京時間7月31日午後10時から8月2日午後1時ごろ、チュクチ海(注)北部を航行した際に、二つのアンカーブイの回収に成功し、新たに二つのブイを設置した。(雪竜号=新華社記者/申鋮)(注)チュクチ海は北極海の一部で、ロシア・シベリア北東部と米国・アラスカ州北西部の間の海。=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700164

  • 2018年08月01日
    中国北極科学調査隊、アンカーブイを回収·設置

    1日、ゴムボートに乗り、アンカーブイを回収する北極科学調査隊員。中国自然資源部が組織した中国第9次北極科学調査隊は北京時間7月31日午後10時から8月2日午後1時ごろ、チュクチ海(注)北部を航行した際に、二つのアンカーブイの回収に成功し、新たに二つのブイを設置した。(雪竜号=新華社記者/申鋮)(注)チュクチ海は北極海の一部で、ロシア・シベリア北東部と米国・アラスカ州北西部の間の海。=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700154

  • 2018年08月02日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    2日、研究成果について解説する中国科学院分子植物科学卓越革新センター・植物生理生態研究所の研究員、覃重軍氏。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700079

  • 2018年08月02日
    中国の研究チーム、世界初の人工単一染色体真核細胞を生成

    2日、中国科学院の研究成果発表会の様子。中国科学院の研究チームが世界で初めて単一染色体の真核細胞を人工的に作り出した。これは、米国の科学者が「人工生命体」を作り出したことに続く重大な突破を実現したことになる。この研究成果は北京時間2日に国際科学雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(上海=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700148

  • 01:26.99
    2018年08月12日
    「新華社」敦煌の空に降り注ぐペルセウス座流星群

    夏休みの夜空を彩る「ペルセウス座流星群」は例年、流星の数が安定しており、年に1度の重要な「天文イベント」として人々に親しまれている。出現ピークを迎えた北京時間12日夜、中国甘粛省北西部の敦煌で、真夏の夜空に鮮やかな一筋の光を描く流星の撮影に成功した。(記者/王宏達、王剣英、郝暁江、鄒健波)<映像内容>ペルセウス座流星群の様子、撮影日:2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801870

  • 2018年08月14日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    14日、湖北省襄陽市にある長渠の起点。(小型無人機から)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/王虎)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600294

  • 2018年08月14日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    14日、湖北省襄陽市にある長渠の朱集区間。(小型無人機から)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/王虎)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600293

  • 2018年08月14日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    14日、空から見た浙江省竜游県にある姜席堰。国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社配信/汪剣弘)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600320

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.91
    2018年09月02日
    「新華社」ブラジル国立博物館で出火大半の収蔵品が焼失か

    ブラジル・リオデジャネイロ北部にある、ブラジル国立博物館で2日夜、大規模な火災が発生した。火勢が強く、2千万点の収蔵品の大半が焼失した恐れがある。火災が発生したのは現地時間午後7時半(北京時間3日午前6時半、日本時間同7時半)ごろで、出火原因については現在、調査が行われている。出火当時、博物館は閉館しており、館内にいた4人の警備員はすぐに逃げ出し、死傷者はいなかった。現場では消防や軍、警察などが消火活動に当たっている他、多くの専門家も駆け付け、重要文化財があった場所について、消防隊員に指示している。博物館の広報事務局によると、火勢がとても強いため、収蔵品は全て焼失した恐れがあり、建物自体も倒壊の危険があるという。同博物館の3階建ての建物はかつて、ポルトガルとブラジル王室の官邸で、6月に開館200周年を祝ったばかりだった。テメル大統領は声明を発表し、国立博物館の収蔵品が焼失したことは、ブラジルにとって計り知れない損失であり、200年にわたる研究成果や知識が失われたと表明。帝国時代の王室が居住していた建築も被害を受け、国家の歴史が受けた損失はさらに計り知れないとし、「すべてのブラジル人にとって『悲劇的な日』だ」と嘆いた。(記者/張武岳、趙焱、陳威華)<映像内容>ブラジル国立博物館火災の様子、撮影日:2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090722061

  • 2018年09月29日
    ロケット「快舟1号A」で先導技術試験衛星打ち上げ

    中国は北京時間9月29日午後0時13分、酒泉衛星発射センターから固体(燃料)運搬ロケット「快舟1号A」を使い、先導技術試験衛星「微厘空間1号」を予定の軌道に投入することに成功した。(酒泉=新華社配信/楊暁博)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120732

  • 2018年09月29日
    ロケット「快舟1号A」で先導技術試験衛星打ち上げ

    中国は北京時間9月29日午後0時13分、酒泉衛星発射センターから固体(燃料)運搬ロケット「快舟1号A」を使い、先導技術試験衛星「微厘空間1号」を予定の軌道に投入することに成功した。(酒泉=新華社配信/楊暁博)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120679

  • 2018年12月14日
    世界初のEPRが商業運転広東省台山原子力発電所

    広東省台山原子力発電所の第1期工事。(資料写真)中国広東核電集団(CGN)とフランス電力(EDF)は14日、広東省台山原子力発電所の1号ユニットが168時間の試験運転を終え、北京時間13日午後5時(日本時間同6時)、商業運転の条件を備えたと共同発表した。同ユニットは世界初の欧州加圧水型原子炉(EPR)、第3世代原子炉となる。(広州=新華社配信)=2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121811343

  • 2018年12月14日
    世界初のEPRが商業運転広東省台山原子力発電所

    広東省台山原子力発電所1号機の原子炉建屋の作業現場。(資料写真)中国広東核電集団(CGN)とフランス電力(EDF)は14日、広東省台山原子力発電所の1号ユニットが168時間の試験運転を終え、北京時間13日午後5時(日本時間同6時)、商業運転の条件を備えたと共同発表した。同ユニットは世界初の欧州加圧水型原子炉(EPR)、第3世代原子炉となる。(広州=新華社配信)=2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121811224

  • 2019年02月22日
    探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に着陸

    探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」着陸についての想像図。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した探査機「はやぶさ2」は22日午前7時48分(北京時間同6時48分)、小惑星「リュウグウ」の表面への着陸に成功し、小惑星の表面から岩石標本を採取して、直後に離陸した。(東京=新華社配信/日本の宇宙航空研究開発機構提供)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:JAXA/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701282

  • 2019年02月22日
    探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に着陸

    探査機「はやぶさ2」が着陸に先立って、撮影した小惑星「リュウグウ」。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した探査機「はやぶさ2」は22日午前7時48分(北京時間同6時48分)、小惑星「リュウグウ」の表面への着陸に成功し、小惑星の表面から岩石標本を採取して、直後に離陸した。(東京=新華社配信/日本の宇宙航空研究開発機構提供)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:JAXA/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701309

  • 2019年02月22日
    探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に着陸

    22日、日本の探査機「はやぶさ2」の着陸を示すデータを確認し大喜びする管制室のスタッフの様子を、宇宙航空研究開発機構東京事務所のモニター画面で見る男性。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した探査機「はやぶさ2」は22日午前7時48分(北京時間同6時48分)、小惑星「リュウグウ」の表面への着陸に成功し、小惑星の表面から岩石標本を採取して、直後に離陸した。(東京=新華社記者/杜潇逸)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500515

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.71
    2019年03月11日
    「新華社」米連邦航空局、ボーイング737新型機に「耐空性あり」と判断業界の不安呼ぶ

    米連邦航空局(FAA)は11日、「継続的な耐空性を有する」とする通知を発表した。現時点でボーイング737MAX8の飛行に問題はないとの判断を示したことで、業界の一部で不安の声があがっている。エチオピア航空が運航する同型機が10日に墜落した。昨年10月29日にはインドネシアの航空会社ライオン・エアの同型機も墜落しており、737MAX8の墜落事故は2度目。FAAは、一部報道で2件の事故の類似性が取り上げられているが、調査は始まったばかりで、これまでに結論または行動に結びつくようなデータを得られていないとした。その上で、安全性に問題が見つかれば「直ちに適切な行動をとる」との姿勢を示した。通知によると、FAAはライオン・エア機の墜落事故を受けて、同型機の迎え角、センサー、自動失速防止装置の製造工程に対する審査を行い、同型機の継続的な耐空性が立証されたという。現在、米国のサウスウエスト航空、アメリカン航空などがいずれも同型機の使用継続を表明している。同型機を34機保有するサウスウエスト航空は、ボーイング機の安全性と耐空性に依然として自信があるとの声明を発表した。14機を保有するアメリカン航空も飛行継続に対する自信を示した。航空会社20社の客室乗務員5万人が加入する米客室乗務員組合(AFA-CWA)も懸念を示している。同組合のサラ・ネルソン代表は、証拠が少なくて結論が出せないとしても、事故が2度発生している以上、監督当局やメーカー、航空会社は直ちに人々の不安に応える措置を講じるべきであるとの考えを示した。中国民用航空局は北京時間11日、国内の運輸航空会社に対し、ボーイング737MAX8型機の商業運航を一時停止するよう求める通知を出した。(記者/周舟、孫丁、胡友松)<映像内容>アメリカの空港の様子、撮影日:2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400192

  • 2019年04月09日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    9日、中国科学院上海天文台で、ブラックホール写真のイメージング原理について討論する路如森(ろ・じょしん)研究員(右)と黄磊(こう・らい)副研究員。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223760

  • 2019年04月09日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    9日、中国科学院上海天文台で、ブラックホール写真のイメージング原理について討論する路如森(ろ・じょしん)研究員(右)と黄磊(こう・らい)副研究員。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223689

  • 2019年04月09日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    9日、ブラックホール写真のイメージング原理について討論する中国チームのメンバー。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223691

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、中国科学院上海天文台が行った記者会見に出席した中国チームの一部メンバー。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223768

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、中国科学院上海天文台が行った記者会見で質問に答える中国チームのメンバー。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223687

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、中国科学院上海天文台が記者会見を行い、人類史上初となるブラックホールの画像を公開した。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100675

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、記者会見で関連の成果を説明する中国科学院上海天文台の沈志強(しん・しきょう)台長。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223670

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、中国科学院上海天文台の沈志強(しん・しきょう)台長(左から1人目)が主宰する記者会見で、人類史上初となるブラックホールの画像を公開する上海市科学技術委員会の張全(ちょう・ぜん)主任(左から2人目)と中国科学院上海分院分党組の李正華(り・せいか)書記。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100602

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、中国科学院上海天文台が行った記者会見に出席した中国チームの一部メンバー。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223762

  • 2019年04月10日
    EHTプロジェクト、ブラックホールの画像を公開

    10日、記者会見を主宰し、人類史上初となるブラックホールの画像を公開する中国科学院上海天文台の沈志強(しん・しきょう)台長。中国を含む世界各地の天文学者が北京時間10日午後9時ごろ、人類史上初となるブラックホールの画像を同時に公開した。200人余りの科学研究者が10年余りをかけ、四大陸の8つの観測点からとらえたこの視覚的証拠は、アインシュタインの一般相対性理論が極端な条件下でも依然として成立することを実証するものと期待されている。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100671

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「如意」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100600

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「如意」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100567

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「如意」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100599

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「丁丁」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100585

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「如意」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100568

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「丁丁」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100541

  • 2019年04月26日
    パンダの「如意」「丁丁」、間もなくロシアへ

    26日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で隔離検疫を受ける「如意」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの発表によると、ジャイアントパンダの「如意(ルーイー)」と「丁丁(ディンディン)」は、15年間にわたる中ロ・ジャイアントパンダ保護研究協力プロジェクトに参加するため、渡航前の隔離検疫を終え、間もなく同センターの雅安碧峰峡基地を出発し、専用機でロシア・モスクワ動物園に向かう。2頭は29日正午、四川省の成都双流国際空港を出発し、北京時間22時にモスクワに到着する予定だという。(雅安=新華社記者/蕭永航)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100566

  • 2019年05月23日
    ラッキンコーヒーのナスダック上場中国都市部で拡大する「コーヒー経済」

    23日、上海市内にあるラッキンコーヒーの店舗。中国の新興カフェチェーン「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」は17日夜(北京時間)、米ナスダック市場に上場した。同社は創業からわずか2年足らずで新規上場(IPO)を果たし、史上最速でナスダックへの新規上場を果たした企業となった。同社の本社は福建省アモイ市にあり、上場目論見書によると、2019年3月31日時点の直営店は2370店。ピックアップストアが91・3%を占め、累計顧客数は1680万人を超えている。同社の成長速度が速すぎることから「資金を燃焼させ続ける」成長モデルを疑問視する向きもあるが、アナリストは、中国の「コーヒー経済」は今後も数年間拡大し続けるとの楽観的な見方を示している。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700548

  • 2019年05月23日
    ラッキンコーヒーのナスダック上場中国都市部で拡大する「コーヒー経済」

    23日、購入したラッキンコーヒーのカップを見せる上海市民。中国の新興カフェチェーン「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」は17日夜(北京時間)、米ナスダック市場に上場した。同社は創業からわずか2年足らずで新規上場(IPO)を果たし、史上最速でナスダックへの新規上場を果たした企業となった。同社の本社は福建省アモイ市にあり、上場目論見書によると、2019年3月31日時点の直営店は2370店。ピックアップストアが91・3%を占め、累計顧客数は1680万人を超えている。同社の成長速度が速すぎることから「資金を燃焼させ続ける」成長モデルを疑問視する向きもあるが、アナリストは、中国の「コーヒー経済」は今後も数年間拡大し続けるとの楽観的な見方を示している。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700483

  • 2019年05月23日
    ラッキンコーヒーのナスダック上場中国都市部で拡大する「コーヒー経済」

    23日、ラッキンコーヒーのカップスリーブに印刷された米ナスダック上場を伝えるメッセージ。中国の新興カフェチェーン「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」は17日夜(北京時間)、米ナスダック市場に上場した。同社は創業からわずか2年足らずで新規上場(IPO)を果たし、史上最速でナスダックへの新規上場を果たした企業となった。同社の本社は福建省アモイ市にあり、上場目論見書によると、2019年3月31日時点の直営店は2370店。ピックアップストアが91・3%を占め、累計顧客数は1680万人を超えている。同社の成長速度が速すぎることから「資金を燃焼させ続ける」成長モデルを疑問視する向きもあるが、アナリストは、中国の「コーヒー経済」は今後も数年間拡大し続けるとの楽観的な見方を示している。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700549

  • 2019年05月23日
    ラッキンコーヒーのナスダック上場中国都市部で拡大する「コーヒー経済」

    23日、上海市内のラッキンコーヒーで商品を待つ顧客。中国の新興カフェチェーン「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」は17日夜(北京時間)、米ナスダック市場に上場した。同社は創業からわずか2年足らずで新規上場(IPO)を果たし、史上最速でナスダックへの新規上場を果たした企業となった。同社の本社は福建省アモイ市にあり、上場目論見書によると、2019年3月31日時点の直営店は2370店。ピックアップストアが91・3%を占め、累計顧客数は1680万人を超えている。同社の成長速度が速すぎることから「資金を燃焼させ続ける」成長モデルを疑問視する向きもあるが、アナリストは、中国の「コーヒー経済」は今後も数年間拡大し続けるとの楽観的な見方を示している。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700676

  • 2019年07月03日
    中国の超小型衛星が撮影した、特別な日食画像

    北京時間3日未明、「竜江2号」に搭載された超小型カメラCMOSカメラが撮影した日食画像。今年世界で1度だけの皆既日食が2日、南米で観測された。それでは、月から見た日食はどんな光景だろう。中国黒竜江省のハルビン工業大学が独自で研究開発した月軌道超長波天文観測の超小型衛星「竜江2号」がこの「奇観」を記録した。北京時間3日未明、同大学の学生チームより指令が出され、日食写真の撮影は予定通り完了した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019070901305

  • 2019年07月03日
    中国の超小型衛星が撮影した、特別な日食画像

    北京時間3日未明、「竜江2号」に搭載された超小型カメラCMOSカメラが撮影した日食画像。今年世界で1度だけの皆既日食が2日、南米で観測された。それでは、月から見た日食はどんな光景だろう。中国黒竜江省のハルビン工業大学が独自で研究開発した月軌道超長波天文観測の超小型衛星「竜江2号」がこの「奇観」を記録した。北京時間3日未明、同大学の学生チームより指令が出され、日食写真の撮影は予定通り完了した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019070901261

  • 2019年07月03日
    中国の超小型衛星が撮影した、特別な日食画像

    北京時間3日未明、「竜江2号」に搭載された超小型カメラCMOSカメラが撮影した日食画像。今年世界で1度だけの皆既日食が2日、南米で観測された。それでは、月から見た日食はどんな光景だろう。中国黒竜江省のハルビン工業大学が独自で研究開発した月軌道超長波天文観測の超小型衛星「竜江2号」がこの「奇観」を記録した。北京時間3日未明、同大学の学生チームより指令が出され、日食写真の撮影は予定通り完了した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019070901253

  • 2019年07月03日
    中国の超小型衛星が撮影した、特別な日食画像

    北京時間3日未明、「竜江2号」に搭載された超小型カメラCMOSカメラが撮影した日食画像。今年世界で1度だけの皆既日食が2日、南米で観測された。それでは、月から見た日食はどんな光景だろう。中国黒竜江省のハルビン工業大学が独自で研究開発した月軌道超長波天文観測の超小型衛星「竜江2号」がこの「奇観」を記録した。北京時間3日未明、同大学の学生チームより指令が出され、日食写真の撮影は予定通り完了した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019070901254

  • 2019年09月15日
    順豊航空、江蘇省無錫市と欧州を結ぶ大陸間貨物路線を就航

    15日、無錫とハーンを結ぶ路線の貨物の検査をする税関スタッフ。中国江蘇省の無錫税関は17日、無錫市とドイツ・ハーンを結ぶ順豊航空初の大陸間貨物路線がこのほど就航したことを明らかにした。同社のボーイング747-400ERF貨物機は15日午前0時半に無錫市の蘇南碩放国際空港を離陸。重慶市を経由し、北京時間同日午後4時半ごろ、ドイツのフランクフルト・ハーン空港に無事着陸した。今回就航した「無錫-重慶-ハーン-無錫」線は、順豊航空が運営する最も長い航空路線で、飛行距離は9540キロ。ボーイング747貨物機を導入し、各フライトの最大積載量は110トンとなっており、無錫、重慶、ハーンの3カ所全てで貨物の積み込みができる。(無錫=新華社配信/李宇峰)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091901214

  • 2019年09月15日
    順豊航空、江蘇省無錫市と欧州を結ぶ大陸間貨物路線を就航

    15日、ドイツ・ハーンまでの貨物路線が就航した無錫市の蘇南碩放国際空港。中国江蘇省の無錫税関は17日、無錫市とドイツ・ハーンを結ぶ順豊航空初の大陸間貨物路線がこのほど就航したことを明らかにした。同社のボーイング747-400ERF貨物機は15日午前0時半に無錫市の蘇南碩放国際空港を離陸。重慶市を経由し、北京時間同日午後4時半ごろ、ドイツのフランクフルト・ハーン空港に無事着陸した。今回就航した「無錫-重慶-ハーン-無錫」線は順豊航空が運営する最も長い航空路線で、飛行距離は9540キロ。ボーイング747貨物機を導入し、各フライトの最大積載量は110トンとなっており、無錫、重慶、ハーンの3カ所全てで貨物の積み込みができる。(無錫=新華社配信/李宇峰)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091901229

  • 2019年09月30日
    ベネズエラ大統領、新中国成立70周年に祝意大使館の祝賀行事出席

    ベネズエラのマドゥロ大統領は現地時間9月30日夜(北京時間10月1日午前)、首都カラカスにある中国大使館で行われた中華人民共和国成立70周年の祝賀行事と北京での祝賀大会・閲兵式の生中継視聴に出席し、あいさつした。マドゥロ氏は次のように述べた。中国人民は1949年10月1日に深い変革への偉大な旅程を切り開き、中国は今では世界の強国の仲間入りを果たしている。偉大な中国人民は必ず富強、民主、文明、調和、美しい社会主義近代化強国の建設という壮大な目標を実現するだろう。ベネズエラは人類運命共同体の構築推進の提唱に積極的に応え、引き続き中国人民と共に多極化世界を建設する。(カラカス=新華社配信)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402017

  • 2019年09月30日
    ベネズエラ大統領、新中国成立70周年に祝意大使館の祝賀行事出席

    ベネズエラのマドゥロ大統領は現地時間9月30日夜(北京時間10月1日午前)、首都カラカスにある中国大使館で行われた中華人民共和国成立70周年の祝賀行事と北京での祝賀大会・閲兵式の生中継視聴に出席し、あいさつした。マドゥロ氏は次のように述べた。中国人民は1949年10月1日に深い変革への偉大な旅程を切り開き、中国は今では世界の強国の仲間入りを果たしている。偉大な中国人民は必ず富強、民主、文明、調和、美しい社会主義近代化強国の建設という壮大な目標を実現するだろう。ベネズエラは人類運命共同体の構築推進の提唱に積極的に応え、引き続き中国人民と共に多極化世界を建設する。(カラカス=新華社配信)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402094

  • 01:21.30
    2019年09月30日
    「新華社」アリペイのバーチャル植林、2019年度「チャンピオン・オブ・ジ・アース」を受賞

    中国では2016年から、スマホ上で木を育てる機能「アント・フォレスト」(螞蟻森林)を通じて1日平均約11万本の木が砂漠に植えられている。同機能のユーザー5億人によって、今年8月までに二酸化炭素排出量が累計792万トン削減され、1億2200万本の「本物の」木が植えられた。アント・フォレストの植林場は人工衛星を通じて確認することもできる。この環境保護に関する公益プロジェクトがこのほど、国連環境計画(UNEP)の「チャンピオン・オブ・ジ・アース(発想・行動部門)」を受賞し、米ニューヨークで現地時間26日夜(北京時間27日午前)に授賞式が行われた。アリババ傘下の金融関連会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」に2016年8月、環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」が開設された。ユーザーは徒歩や地下鉄・バス・シェア自転車の利用、オンライン決済など環境に配慮した行動を取ることで、削減した二酸化炭素排出量を「グリーンエネルギー」のポイントに交換する。たまったポイントで本物の木を植樹するか相応の面積の土地を保護するかが選べる。(記者/殷暁聖)<映像内容>アリペイのバーチャル植林の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206552

  • 00:29.84
    2019年10月24日
    「新華社」中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」、初めて赤道を越え南半球へ

    中国第36次南極科学観測隊を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が北京時間24日、初めて赤道を越え、南半球に入った。同観測隊の徐世傑(じょ・せいけつ)隊長は、「雪竜2号」が初めて赤道を越えて北半球から南半球に入ったことは南極へ踏み出した大きな一歩だと指摘。これにより、南極への距離が一層近くなったと語った。中国が独自に建造した初の極地調査砕氷船「雪竜2号」は、15日に広東省深圳を出発した。計画に基づき、南極の中山基地で作業をしてから、南極海や長城基地での調査を経て、2020年3月に帰還する。(記者/劉詩平)<映像内容>南極へ向かう極地調査砕氷船「雪竜2号」の様子、撮影日:2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000363

  • 2019年10月24日
    中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」、初めて赤道を越え南半球へ

    24日、赤道付近を航行する「雪竜2号」。中国第36次南極科学観測隊を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が北京時間24日、初めて赤道を越え、南半球に入った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800850

  • 2019年10月24日
    中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」、初めて赤道を越え南半球へ

    24日、赤道付近を航行する「雪竜2号」。中国第36次南極科学観測隊を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が北京時間24日、初めて赤道を越え、南半球に入った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800896

  • 2019年10月24日
    中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」、初めて赤道を越え南半球へ

    24日、「雪竜2号」の甲板で「36」の人文字を作る観測隊員。中国第36次南極科学観測隊を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が北京時間24日、初めて赤道を越え、南半球に入った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800847

  • 2019年10月24日
    中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」、初めて赤道を越え南半球へ

    24日、「雪竜2号」の甲板で綱引きをする観測隊員。中国第36次南極科学観測隊を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が北京時間24日、初めて赤道を越え、南半球に入った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800948

  • 02:33.70
    2019年11月11日
    「新華社」注文8分後に宅配便で商品が届く「中国スピード」を実現したハイテク遼寧省瀋陽

    中国遼寧省瀋陽市のある消費者は北京時間11日午前0時33分(日本時間同午前1時33分)、ネットで購入した商品を受け取った。同日に開催されたアリババ主催の世界最大のEコマースの祭典、「独身の日」(11月11日)で商品を注文してから、わずか8分後だった。中国国家郵政局のモニタリングデータによると、11日全日で各郵便局や宅配便企業が処理した宅配貨物は、昨年同日と比べ28・6%増の5億3500万件となり、過去最高を記録した。各宅配便企業は「独身の日」に備えて労働力や物資を準備した他、テクノロジー面にも力を入れた。ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)などの革新的技術はスマート意思決定を助け、「独身の日」における宅配貨物件数の予測精度は99・6%に達した。また自動重量計測器と荷物自動整列・ピッキングロボットは、鍵となる重要な部分で作業の質と量、効率を効果的に高めた。インテリジェントストレージ、スマートターミナル、スマート音声認識、スマート地図などの技術的手段は、サプライチェーンの保管、輸送、配送それぞれのつながりをより緊密にし、全プロセスのスマート化管理とリアルタイムでのモニタリングを実現させた。顧客のニーズに応える衝撃的な「8分配送」以外でも、商品の先行販売で予約購入をした多くの顧客が11日午前8時頃には宅配便を受け取っていた。この宅配便企業は「独身の日」の当日中配達率が6割を超え「注文を取り消そうか迷っているうちに宅配便が商品を届けに来る」という状況を実現してしまった。(記者/姜兆臣)<映像内容>注文8分後に配達、独身の日セールの宅配貨物の様子、撮影日:2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501463

  • 2019年11月22日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    22日、氷を砕いて進む「雪竜2号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701602

  • 2019年11月22日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    22日、氷を砕いて進む「雪竜2号」。後ろに「Z」型の航路ができた。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701686

  • 2019年11月22日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    22日、氷を砕いて進む「雪竜2号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701689

  • 2019年11月22日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    22日、氷を砕いて進む「雪竜2号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701642

  • 2019年11月22日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    22日、氷を砕いて進む「雪竜2号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701778

  • 2019年11月23日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    23日、「雪竜号」から内陸出発基地まで貨物をつり下げて輸送するヘリコプター。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701751

  • 2019年11月23日
    南極で荷降ろしする「雪竜号兄弟」

    11月23日、荷揚げする「雪竜号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜号」と「雪竜2号」が1日、南極中山基地の定着氷の外縁に約500メートルの距離を置いてそれぞれ接岸した。2隻はここ数日、南極での氷上荷降ろしに共同で取り組んでいる。「雪竜号」から荷降ろしが予定されていた1450トンの物資うち、北京時間同日午前8時時点で1253・9トン(ヘリコプターでのつり下げによる輸送は466・4トン、雪上車による輸送は787・5トン)が中山基地と内陸出発基地に運ばれた。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604420

  • 2019年11月23日
    「雪竜2号」、中山基地に向かう航路の砕氷作業終える

    23日、「雪竜2号」(手前)が切り開いた「氷上の航路」に沿って荷降ろし予定地点に向かう「雪竜号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜2号」は北京時間23日午前1時半、南極の中山基地付近で航路の砕氷作業を終えた。「連続砕氷」と「ラミング(チャージング)砕氷」の2パターンを使い分けながら、氷上で荷降ろし作業を行う「雪竜号」のために、約14カイリに及ぶ「氷上の航路」を切り開いた。「雪竜号」は「氷上の航路」に沿って、より中山基地に近い荷降ろし予定地点に到着。氷上を行く雪上車輸送と空中からのヘリコプターつり下げ輸送などにより、南極での氷上合同大規模荷降ろし作業を行った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019112701722

  • 2019年11月24日
    南極で荷降ろしする「雪竜号兄弟」

    11月24日、大型雪上車をそりに載せて中山基地に輸送する準備をする科学観測隊員。中国の極地調査砕氷船「雪竜号」と「雪竜2号」が1日、南極中山基地の定着氷の外縁に約500メートルの距離を置いてそれぞれ接岸した。2隻はここ数日、南極での氷上荷降ろしに共同で取り組んでいる。「雪竜号」から荷降ろしが予定されていた1450トンの物資うち、北京時間同日午前8時時点で1253・9トン(ヘリコプターでのつり下げによる輸送は466・4トン、雪上車による輸送は787・5トン)が中山基地と内陸出発基地に運ばれた。(雪竜号=新華社配信/陳諶晨)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604405

  • 2019年11月24日
    南極で荷降ろしする「雪竜号兄弟」

    11月24日、中山基地に輸送される大型雪上車。中国の極地調査砕氷船「雪竜号」と「雪竜2号」が1日、南極中山基地の定着氷の外縁に約500メートルの距離を置いてそれぞれ接岸した。2隻はここ数日、南極での氷上荷降ろしに共同で取り組んでいる。「雪竜号」から荷降ろしが予定されていた1450トンの物資うち、北京時間同日午前8時時点で1253・9トン(ヘリコプターでのつり下げによる輸送は466・4トン、雪上車による輸送は787・5トン)が中山基地と内陸出発基地に運ばれた。(雪竜号=新華社配信/侯昌偉)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604450

  • 2019年11月28日
    南極で荷降ろしする「雪竜号兄弟」

    11月28日、貨物をつり下げて輸送するヘリコプター。中国の極地調査砕氷船「雪竜号」と「雪竜2号」が1日、南極中山基地の定着氷の外縁に約500メートルの距離を置いてそれぞれ接岸した。2隻はここ数日、南極での氷上荷降ろしに共同で取り組んでいる。「雪竜号」から荷降ろしが予定されていた1450トンの物資うち、北京時間同日午前8時時点で1253・9トン(ヘリコプターでのつり下げによる輸送は466・4トン、雪上車による輸送は787・5トン)が中山基地と内陸出発基地に運ばれた。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604494

  • 2019年12月01日
    南極で荷降ろしする「雪竜号兄弟」

    1日、中山基地から北西10キロの地点で合流する「雪竜号」(左)と「雪竜2号」。中国の極地調査砕氷船「雪竜号」と「雪竜2号」が1日、南極中山基地の定着氷の外縁に約500メートルの距離を置いてそれぞれ接岸した。2隻はここ数日、南極での氷上荷降ろしに共同で取り組んでいる。「雪竜号」から荷降ろしが予定されていた1450トンの物資うち、北京時間同日午前8時時点で1253・9トン(ヘリコプターでのつり下げによる輸送は466・4トン、雪上車による輸送は787・5トン)が中山基地と内陸出発基地に運ばれた。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604456

  • 2019年12月01日
    南極で荷降ろしする「雪竜号兄弟」

    1日、物資をつり下げて中山基地に輸送するヘリコプター。中国の極地調査砕氷船「雪竜号」と「雪竜2号」が1日、南極中山基地の定着氷の外縁に約500メートルの距離を置いてそれぞれ接岸した。2隻はここ数日、南極での氷上荷降ろしに共同で取り組んでいる。「雪竜号」から荷降ろしが予定されていた1450トンの物資うち、北京時間同日午前8時時点で1253・9トン(ヘリコプターでのつり下げによる輸送は466・4トン、雪上車による輸送は787・5トン)が中山基地と内陸出発基地に運ばれた。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604489

  • 2019年12月16日
    中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了

    雪竜2号のムーンプール(開口部)を使用し、CTD(電気伝導度水温水深計)の採水作業を行う観測隊員。(2019年12月16日撮影、小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005778

  • 2019年12月30日
    国家タイムサービスセンターを訪ねて陝西省西安市

    30日、中国科学院国家タイムサービスセンターの実験室に表示された北京時間。中国陝西省西安市臨潼区にある中国科学院国家タイムサービスセンター(授時中心)は中国で唯一、時刻と周波数の科学研究を専門的かつ全面的に行う機構で、中国の標準時(北京時間)の決定、維持、供給の任務を担うとともに、国際原子時の作成に寄与している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901850

  • 2019年12月30日
    国家タイムサービスセンターを訪ねて陝西省西安市

    30日、中国科学院国家タイムサービスセンターの実験室に表示された北京時間。中国陝西省西安市臨潼区にある中国科学院国家タイムサービスセンター(授時中心)は中国で唯一、時刻と周波数の科学研究を専門的かつ全面的に行う機構で、中国の標準時(北京時間)の決定、維持、供給の任務を担うとともに、国際原子時の作成に寄与している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901859

  • 2019年12月30日
    国家タイムサービスセンターを訪ねて陝西省西安市

    30日、中国科学院国家タイムサービスセンターの実験室で作業する職員。中国陝西省西安市臨潼区にある中国科学院国家タイムサービスセンター(授時中心)は中国で唯一、時刻と周波数の科学研究を専門的かつ全面的に行う機構で、中国の標準時(北京時間)の決定、維持、供給の任務を担うとともに、国際原子時の作成に寄与している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901763

  • 2019年12月30日
    国家タイムサービスセンターを訪ねて陝西省西安市

    30日、中国科学院国家タイムサービスセンターの水素メーザー原子時計室で作業する職員。中国陝西省西安市臨潼区にある中国科学院国家タイムサービスセンター(授時中心)は中国で唯一、時刻と周波数の科学研究を専門的かつ全面的に行う機構で、中国の標準時(北京時間)の決定、維持、供給の任務を担うとともに、国際原子時の作成に寄与している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901768

  • 2019年12月30日
    国家タイムサービスセンターを訪ねて陝西省西安市

    30日、中国科学院国家タイムサービスセンターのセシウム原子泉時計実験室で作業する職員。中国陝西省西安市臨潼区にある中国科学院国家タイムサービスセンター(授時中心)は中国で唯一、時刻と周波数の科学研究を専門的かつ全面的に行う機構で、中国の標準時(北京時間)の決定、維持、供給の任務を担うとともに、国際原子時の作成に寄与している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901885

  • 2020年01月06日
    中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了

    6日、雪竜2号の船尾で魚類用トロール網を回収する観測隊員。(小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005775

  • 2020年01月07日
    中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了

    7日、海洋曳航断面測定器を回収する観測隊員。中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005773

  • 2020年01月07日
    中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了

    7日、雪竜2号の船尾で箱型サンプラーを設置する観測隊員。中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005779

  • 2020年01月07日
    中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了

    7日、雪竜2号の船尾で最後の底生生物用トロール網を回収する観測隊員。(小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005776

  • 2020年01月08日
    中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了

    8日、観測隊員が海底から採集した底生生物のサンプル。中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005674

  • 2020年01月10日
    「雪竜2号」、初の観測気球を放つ気象データを収集

    10日、コスモノート海の浮氷が密集したエリアを離れ、北に向かって西風帯を通過する「雪竜2号」。中国第36次南極科学観測隊は北京時間11日午後4時、南極で初の任務に当たる極地調査砕氷船「雪竜2号」で、初の観測気球を飛ばした。観測隊の隊員は西風帯を通過する間、毎日4個の観測気球を6時間おきに6日間連続で飛ばし、異なる高度における気温や風速、風向き、気圧、湿度などの気象要素を観測する。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322270

  • 2020年01月11日
    「雪竜2号」、初の観測気球を放つ気象データを収集

    11日、「雪竜2号」で観測気球を放つ観測隊員。中国第36次南極科学観測隊は北京時間11日午後4時、南極で初の任務に当たる極地調査砕氷船「雪竜2号」で、初の観測気球を飛ばした。観測隊の隊員は西風帯を通過する間、毎日4個の観測気球を6時間おきに6日間連続で飛ばし、異なる高度における気温や風速、風向き、気圧、湿度などの気象要素を観測する。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322065

  • 2020年01月11日
    「雪竜2号」、初の観測気球を放つ気象データを収集

    11日、南極海を航行する「雪竜2号」。中国第36次南極科学観測隊は北京時間11日午後4時、南極で初の任務に当たる極地調査砕氷船「雪竜2号」で、初の観測気球を飛ばした。観測隊の隊員は西風帯を通過する間、毎日4個の観測気球を6時間おきに6日間連続で飛ばし、異なる高度における気温や風速、風向き、気圧、湿度などの気象要素を観測する。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322404

  • 1
  • 2
  • 3