KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 南北朝時代
  • 記者
  • 壁画
  • 歴史
  • 北魏
  • 須弥山石窟
  • 仏像
  • 大小
  • 指定

「北周」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年08月23日
    発見された人物壁画 6世紀の中国墓で人物壁画

    田弘の墓の地下壁面から見つかった彩色人物像。4人の顔の一部が描かれている=中国・寧夏回族自治区固原県(中国寧夏回族自治区の固原にある北周(六世紀後半)の将軍・田弘の墓の学術調査をしていた日中合同調査隊(隊長・谷一尚共立女子大助教授)は23日、滋賀県立大で記者会見し、地下から、壁面に多数の彩色人物像を描いた墓室を見つけたと発表した)

    商品コード: 1996082300085

  • 2001年01月28日
    初公開された模写 田弘墓壁画の模写初公開

    日本で初公開された中国の南北朝時代・北周の将軍「田弘」墓で見つかった壁画の模写=28日、松江市の島根県職員会館

    商品コード: 2001012800081

  • 2016年02月25日
    函館・東北周遊プラン人気

    北海道新幹線を利用する主な旅行会社の商品

    商品コード: 2016022500525

  • 2016年02月25日
    函館・東北周遊プラン人気

    北海道新幹線を利用する主な旅行会社の商品

    商品コード: 2016022500526

  • 2018年05月27日
    石垣が残る周山城址

    周山城跡には石垣や石段が残っている=2018(平成30)年5月27日、京都市右京区京北周山町、クレジット:京都新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071900141

  • 2020年03月15日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の全景。(3月15日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705445

  • 2020年03月23日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王仕通墓の全景。(3月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705475

  • 2020年04月12日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王弘墓の墓室。(4月12日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705473

  • 2020年04月16日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王顕墓の墓室。(4月16日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705372

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103261

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103284

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山博物館で、円光寺の造営の様子を再現したコーナー。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804710

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟の大仏楼。内部に彫られた弥勒倚坐像は高さ20・6メートル。開削が最も盛んだった唐代に造られた。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804725

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804726

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804731

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像の顔部分。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804660

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館のシルクロード特別展で展示された銅製の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804547

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、須弥山博物館に展示された元代のチベット仏教における冥器(副葬品)の一つ、「皈依罐」の一部。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804705

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟の大仏楼。内部に彫られた弥勒倚坐像は高さ20・6メートル。開削が最も盛んだった唐代に造られた。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804743

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804546

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の円光寺第48号窟に鎮座する北周の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804590

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟の大仏楼。内部に彫られた弥勒倚坐像は高さ20・6メートル。開削が最も盛んだった唐代に造られた。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804724

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像の一部分。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804657

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804694

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館に展示された金(1115~1234年)の「双魚紋銅鏡」。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804713

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館に展示された第51号窟の北周の仏頭(ぶっとう)レプリカ。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804714

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館のシルクロード特別展で展示された銅製の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804668

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館のシルクロード特別展で展示された銅製の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804684

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804718

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館に展示された元代のチベット仏教における冥器(副葬品)の一つ、「皈依罐」。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804723

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に鎮座する北周の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804742

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103255

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103277

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103285

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103286

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復方法を話し合う文化財修復の専門家ら。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103282

  • 2020年04月27日
    須弥山石窟の壁画、百年ぶりの大規模修復寧夏回族自治区

    27日、寧夏回族自治区の須弥山石窟円光寺48号窟で壁画の修復作業に当たる文化財修復の専門家。中国寧夏回族自治区固原市原州区にある須弥山石窟では4月以降、文物管理所が専門技術者を集め壁画の修復作業を行っている。清代以降では初の緊急修復だという。石窟は、古代シルクロードで蘭州を経由せずに西安から直接武威に至る「東段北道」のルート上にある六盤山(りくばんさん)の北麓にある。南北朝時代の北魏(386~534年)後期に開削が始まり、その後の北周と唐の時代に盛んに造営された。1500年以上の歴史を持つ同自治区最大の石窟群であり、中国十大石窟の一つに数えられる。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103283

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市の須弥山石窟の相国寺第51号窟に描かれた北周の壁画。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804675

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館のシルクロード特別展で展示された銅製の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804729

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804698

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山博物館のシルクロード特別展で展示された銅製の仏像。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804727

  • 2020年04月27日
    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区

    4月27日、寧夏回族自治区の須弥山博物館のシルクロード特別展で展示された「鎏金琺瑯彩菩薩」。古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804734

  • 2020年04月28日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の7号墓の前室。(4月28日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705471

  • 2020年05月03日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の墓室。(5月3日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705443

  • 2020年05月20日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705447

  • 2020年05月21日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月21日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705438

  • 00:50.08
    2020年09月26日
    「新華社」時間との闘い北石窟寺の風化防止に向けた取り組み

    中国甘粛省慶陽市の北石窟寺には、黄色砂岩に彫られた石窟群がある。中国の中小石窟の典型とされるが、造営から1500年以上が経ち、雨水の浸透や風化・浸食が進み、国が対策に取り組んでいる。秋雨の中、取材に訪れると、北石窟寺文物保護研究所の呉正科(ご・せいか)所長が傘を差しながら各石窟を回り、落砂を量るため仏像の前に置かれたステンレス製の容器を確認していた。「石窟保護の基礎データとするため、壁面の含水量や風化の程度、害虫、落砂量を定期的に調べている」と説明してくれた。石像頭部を覆うコケ、風化してぼやけた顔、失われた手足…。同寺では千年の石像が「生存」の危機に直面している。北石窟寺は、南北朝時代の北魏の永平2年(509年)に造営が始まり、その後の西魏や北周、隋、唐の各王朝でも拡張された。現在は大小296の洞窟と龕(がん、仏像を納めるために彫られた岩壁のくぼみ)に仏像2126体が残る。呉氏によると、砂岩質の文化財の風化防止は世界的な難題だという。特に同寺は地下水が豊富な地盤の上にあり、降雨量も多いことから、石窟の保護で大きな課題を抱えている。晩唐期に開削された267号窟に入ると、長年の雨風の浸食により全体がコケに覆われ、顔の輪郭もはっきりしない仏像が目に留まった。砂岩に含まれる可溶性塩類が、浸透した雨水の蒸発後に表面に浮き出て白い結晶となっている。「ひどい時には仏像の割れ目から水が流れでることもある」と呉氏は語る。一部の石窟では風化により仏像の顔が固まりで落下していた。呉氏は「効果的な措置を取らなければ、来年には変わり果てた姿になってしまう」と風化の激しい仏像を指し、危機感を募らせる。同寺はここ数年、甘粛省の文化財保護活動の重点となっている。2017年には石窟の調査と管理、保護を強化するため、莫高窟(ばっこうくつ)で有名な敦煌研究院が同寺の管理を行うことになった。(記者/文静、梁軍、任延昕<映像内容>北石窟寺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008757

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第3窟の千仏廊桟道の下にある北周時代の石胎泥塑仏像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704708

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    Statues of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511770

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    A statue of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511609

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    A statue of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511597

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    Statues of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511907

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    Statues of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511682

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    Statues of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511936

  • 2021年05月23日
    China Shandong Tuoshan Grottoes

    Statues of the Tuoshan Grottoes in Qingzhou City, east China‘s Shandong Province, May 23, 2021. Tuoshan Grottoes is a Buddhist grotto temple from the Northern Zhou Dynasty to the Tang Dynasty in China. The largest is about 6 meters high and the smallest is less than 30 centimeters high.=2021(令和3)年5月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052511725

  • 00:53.92
    2021年07月07日
    「新華社」駝山石窟で隋代の仏像を鑑賞山東省青州市

    中国山東省青州市の駝山には、保存状態のよい隋代の仏像があり、訪れる人を静かに迎えている。駝山石窟は、南北時代の北周から唐にかけて開削された仏教石窟群で、同市南西部にある駝山の主峰南東の断崖に位置する。大小6カ所の石窟に638体の仏像が残されており、中でも隋代のものは、数が最も多く、保存状態も良い。(記者/馮傑) =配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709560

  • 2021年10月11日
    (7)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩碑碑首の出土時の状況。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101107838

  • 2021年10月11日
    (1)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩墓園から出土した駄嚢駱駝。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101106558

  • 2021年10月11日
    (5)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩墓園から出土した副葬品の牛車。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101106566

  • 2021年10月11日
    (2)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩墓園から出土した風帽俑。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101106462

  • 2021年10月11日
    (3)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩墓園から出土した胡人俑。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101106490

  • 2021年10月11日
    (4)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩墓園から出土した撃鼓俑。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101106583

  • 2021年10月11日
    (6)陝西省で北朝名家の家族墓を発見名碑の欠損部分も出土

    豆盧恩墓園から出土した縛褲(ばくこ)俑。縛褲は裾を絞った胡服。(資料写真)中国陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で北周(南北朝時代の北朝の一つ、557年~581年)時代の軍人・政治家、豆盧恩(とうろ・おん)の家族墓を発見したと明らかにした。墓地からは、陶俑(とうよう)や銅鏡などの副葬品400点近くが出土したほか、有名な豆盧恩碑の碑首と碑座も見つかった。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101106548

  • 2021年11月23日
    (2)純陽宮の貴重な石刻山西省太原市

    19日、純陽宮で展示されている曹恪碑(北周)。中国山西省太原市の道観(道教寺院)「純陽宮」には、唐代の「妒神(としん)碑」「涅槃(ねはん)変相碑」や清代の「天沢潤公碑」など多くの石刻(石碑や石像)が展示されている。展示品の年代は漢魏時代から明清時代にわたり、中でも漢と魏、唐の石像は質が高く、歴史的価値と芸術的価値を兼ね備えている。これらの石刻の多くは国の1級文化財に指定されている。仏教彫像のほかにも碑刻や彫像、民間の記事碑、先人の生涯や事跡を記録した墓誌銘などがある。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112401181

  • 2022年01月25日
    (6)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    洪瀆原墓群の北周大野貞夫婦墓から出土した東ローマ帝国の金貨。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512855

  • 2022年04月15日
    (7)西安博物院、常設展示をリニューアル新規展示も

    13日、西安博物院の常設展示「古都西安」に展示された北周時代の史君墓石槨(せっかく、石室)。中国陝西省西安市の西安博物院で5カ月にわたる改修工事が終わり、常設展示「古都西安」の第2、第3ホールが公開された。1300平方メートルの展示ホールには、同院が所蔵する文化財の逸品1100点(組)が展示された。うち100点(組)余りは今回初めて常設展示に組み入れられた。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041507047

  • 2022年04月15日
    (12)西安博物院、常設展示をリニューアル新規展示も

    13日、西安博物院の常設展示「古都西安」に展示された北周時代の史君墓石槨(せっかく、石室)。中国陝西省西安市の西安博物院で5カ月にわたる改修工事が終わり、常設展示「古都西安」の第2、第3ホールが公開された。1300平方メートルの展示ホールには、同院が所蔵する文化財の逸品1100点(組)が展示された。うち100点(組)余りは今回初めて常設展示に組み入れられた。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041507072

  • 2022年05月05日
    (6)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻。中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600745

  • 2022年05月05日
    (1)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻。中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600735

  • 2022年05月05日
    (3)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻(部分)。中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600740

  • 2022年05月05日
    (5)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600758

  • 2022年05月05日
    (10)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻。中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600753

  • 2022年05月05日
    (2)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻。中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600738

  • 2022年05月05日
    (8)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の彫刻。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600743

  • 2022年05月05日
    (9)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫がある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600744

  • 2022年05月05日
    (4)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫がある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600741

  • 2022年05月05日
    (7)拉梢寺摩崖浮彫を訪ねて甘粛省武山県

    4月28日、拉梢寺摩崖浮彫の向かいにある山林。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県中心部の北東25キロに位置する魯班峡谷に、拉梢寺摩崖(まがい)浮彫がある。造営が始まったのは南北朝時代の北周の明帝3(559)年で、高さ約150メートル、幅約60メートルの自然の崖に浮き彫りが施されている。大仏の高さは42・3メートルあり、他にも各時代の壁画や彩塑、窟龕(くつがん)などが残る。武山水簾洞石窟群の重要な彫刻の一つであり、現時点で世界最大の摩崖浮彫とされている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600712

  • 1