KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 最大
  • 地域
  • 中国科学院
  • 植生
  • 設立
  • 資源
  • うけい
  • ようえい
  • オアシス

「北回帰線」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:50.39
    2018年12月12日
    「新華社」北回帰線上の大果樹園中国広西チワン族自治区の特産フルーツ

    中国広西チワン族自治区は10日、設立60周年を迎えた。中国南部に位置する同自治区は、独特な地理的条件と気候風土により、非常に多くの種類の果物が栽培されている。バナナやドラゴンフルーツ、みかん、きんかん、ライチ、マンゴー、ブドウ、ユズなど1年を通じて四季おりおりの果物が市場に出回る。美しい広西でどのような果物が作られているか、みんなで見てみよう。(記者/農冠斌、馬原馳、陸波岸、周華、黄孝邦)<映像内容>広西チワン族自治区のフルーツの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314271

  • 00:39.35
    2019年03月07日
    「新華社」中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。この中国オオスズメバチ(Vespamandarinia)は世界で最も大きなスズメバチの種で、一般にスズメバチもしくはオオスズメバチと呼ばれている。主な生息地はアジア東部と南部の温帯・亜熱帯地域となっている。同博物館が雲南省で実地調査を行った際、普洱地域に巨大な中国オオスズメバチが存在することを発見した。体長は6センチを超えており、羽を広げると9・35センチに達した。この大きさは、世界でこれまでに知られている5千種以上のスズメバチの中で最大で、記録を更新した。普洱地域の中国オオスズメバチがなぜこれほど巨大なのかについて、同博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、普洱地域は北回帰線付近に位置し、冬が非常に短いため、エサを捕食し成長する期間がほかの分布地のスズメバチよりも長いからではないかと推測している。他のスズメバチが木の上に巣を作るのとは異なり、これらの巨大なスズメバチは、地面の下に巣を作る。台湾地区ではかつて、土中のハチの巣を誤って踏みつけた牛が刺されて死んだ事件が何度も報道されていた。オオスズメバチのさなぎは味が良いので、雲南省などの地元の村人は、ハチの視力が低下して攻撃能力が大幅に弱まった夜間に、ハチの巣を掘り起こしてさなぎを捕まえている。趙氏は、今回発見された超巨大な中国オオスズメバチが、独立した亜種あるいは種なのかどうかを証明するため、さらに研究を進めると述べた。(記者/李倩薇)<映像内容>中国で発見されたこれまでで最大のスズメバチの標本、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714674

  • 2019年05月03日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    弄羊(ろうよう)天坑と天坑の中央にそびえる香木蓮。(5月3日撮影、小型無人機から)】中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803699

  • 2019年05月03日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    広西チワン族自治区那坡県の燕子洞天坑。(5月3日撮影、小型無人機から)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803764

  • 2019年11月02日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    天坑の底の岩盤で休息をとる探険隊員。(11月2日撮影)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803476

  • 2019年11月02日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    降下用のロープを取り付ける探険隊員。(11月2日撮影)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803498

  • 2019年11月02日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    弄羊(ろうよう)天坑の底に広がるクジャクヤシ林。(11月2日撮影)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803652

  • 2019年11月02日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    弄羊(ろうよう)天坑の底に広がるクジャクヤシの林に立つ探険隊員。(11月2日撮影)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803636

  • 2019年11月03日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    甲羊天坑とつながる洞穴を調査する探険隊員。(11月3日撮影)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803717

  • 2019年11月05日
    広西チワン族自治区県で大型の天坑群見つかる

    定業地下河の出口にあるカーテン状鍾乳石。(11月5日撮影)中国自然資源部中国地質調査局の岩溶地質研究所は16日、同研究所と国内外の専門家がこのほど合同で実施した「西南岩溶地質遺跡調査」で、広西チワン族自治区南西部の雲南省との境界付近に大型天坑群を発見したと明らかにした。今回見つかった天坑群は19の天坑からなり、主に百色市那坡(なは)県の城廂(じょうしょう)鎮と竜合郷に分布している。北回帰線以南で発見された最大の天坑群になるという。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803500

  • 2020年06月15日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    広州融創雪世界の一部。(6月15日撮影)付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806882

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界で遊ぶ子ども。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806747

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界で遊ぶ子ども。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806840

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界で遊ぶ観光客。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806985

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界でスキーを楽しむ愛好家。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806812

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界で雪だるまを相手に遊ぶ子ども。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806848

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界のスキーエリア。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806805

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界で氷上バンパーカーに乗って楽しむ観光客。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806902

  • 2020年09月19日
    酷暑に楽しむ北回帰線上のスノーパーク広東省広州市

    19日、広州融創雪世界の一部。付近を北回帰線が通る中国広東省広州市は、年間平均気温が22度と温暖で日照に恵まれ、夏が長い。酷暑が続く9月に、市民は続々と氷点下6度の室内スキー・アミューズメントパーク「広州融創雪世界」を訪れ、1日での夏と冬の同時体験を楽しんでいる。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806823

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214221

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑と碑亭の桜花藻井(そうせい、装飾天井)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214239

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山頂上の鼎湖。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214223

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑と碑亭の扁額。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214229

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺境内の建築物の屋根。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214230

  • 2021年02月27日
    (2)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山天湖風景区の宝鼎園から見た蝴蝶(こちょう)谷。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100399

  • 2021年02月27日
    (8)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺の法堂。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100457

  • 2021年02月27日
    (19)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の山道。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100713

  • 2021年02月27日
    (18)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100710

  • 2021年02月27日
    (15)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑と碑亭の桜花藻井(そうせい、装飾天井)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103934

  • 2021年02月27日
    (7)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の慶雲寺。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100475

  • 2021年02月27日
    (11)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡の生涯を記した石碑。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100447

  • 2021年02月27日
    (1)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山天湖風景区の宝鼎園にある中国最大の青銅鼎「九竜宝鼎」。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100389

  • 2021年02月27日
    (4)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山風景区の牌坊(はいぼう)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100400

  • 2021年02月27日
    (5)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の山道にあるあずまや。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100412

  • 2021年02月27日
    (14)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑の裏面に刻まれた四言詩「栄叡大師賛」。現代中国の宗教家・書道家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ、1907~2000年)の書。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100479

  • 2021年02月27日
    (17)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100695

  • 2021年02月27日
    (6)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の飛水潭瀑布。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100414

  • 2021年02月27日
    (10)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺の牌坊(はいぼう)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100490

  • 2021年02月27日
    (13)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100506

  • 2021年02月27日
    (21)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、世界最大の硯とされる「端溪竜皇硯(たんけいりゅうこうけん)」。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100736

  • 2021年02月27日
    (20)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山のあずまや内部。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100751

  • 2022年03月24日
    (4)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    15日、シーサンパンナ国家自然保護区の勐養(もうよう)エリア内の森林。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501010

  • 01:11.60
    2022年03月24日
    「新華社」北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    森林や樹木の重要性について意識を高めるため、国連が3月21日を「国際森林デー」と定めてから今年で10年となる。世界の植生図を見ると、北回帰線付近の陸地のほとんどが砂漠やサバンナに覆われるなか、熱帯雨林を持つ中国雲南省のシーサンパンナは美しく輝いている。シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。現在、シーサンパンナは熱帯雨林の保護と回復に全力で取り組んでおり、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」の理念を実践する中で模索を続け、北回帰線砂漠地帯の熱帯雨林を守っている。同自治州の鄭芸(てい・げい)党委員会書記は、シーサンパンナではここ数年、複数の政策や措置を打ち出し、商品作物栽培などによる森林資源破壊行為を厳しく取り締まり、茶樹移植による森林破壊の取り締まりの成果を打ち固め、森林資源の保護を強化してきたと紹介。また、生物多様性保護への取り組みや違法な行為への取り締まりを強化して、全市民による共同保護と成果の共有、大衆の公益活動参加、地域や流域の境を越えた保護について、新たな道筋を模索していると述べた。これまでに同自治州の1万9100キロの土地では、森林率が81・3%に達しているほか、生態保護レッドラインの面積は42%に、国家、省、州、県クラスの自然保護区の面積も22%に上っている。鄭氏は「緑はシーサンパンナの基本色となり、生態系はシーサンパンナの個性となり、保護はシーサンパンナの特色となった」と語った。(記者/孫敏、鄭博非) =配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501009

  • 2022年03月24日
    (9)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    16日、納板河流域国家級自然保護区自然教育基地のフィールドワークステーションで、植物の苗から枯葉を取り除くスタッフ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501020

  • 2022年03月24日
    (3)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    14日、シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市大渡岡郷の国道213号線付近のジャングルで、野生のアジアゾウを探す野生ゾウの監視員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501012

  • 2022年03月24日
    (10)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    15日、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の一角。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/孫敏)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501024

  • 2022年03月24日
    (14)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    シーサンパンナの熱帯林地区に生息する野生動物の一部。(左上から時計回りに)ガウル、スローロリス、バンナアシナシイモリ、アオバズク。(組み合わせ写真、資料写真)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501027

  • 2022年03月24日
    (11)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    16日、納板河流域国家級自然保護区の熱帯雨林。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501026

  • 2022年03月24日
    (12)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    16日、納板河流域国家級自然保護区の望天樹(学名:ParashoreachinensisWangHsie)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501038

  • 2022年03月24日
    (6)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    16日、景洪市嘎洒(がさ)鎮曼点(まんてん)村党委員会曼呂(まんりょ)村小組(集落)で、家の周りに植えたセンネンボクに水をやる地元住民。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501021

  • 2022年03月24日
    (13)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    シーサンパンナの熱帯林地区に自生する野生植物の一部。(左上から時計回りに)キダチキバナヨウラク(左上)、シャムソテツ、ヒナクジャクゴケ、テトラメレス科の高木(左下、TetramelesnudifloraR.Br.)。(組み合わせ写真、資料写真)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501025

  • 2022年03月24日
    (1)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    納板河流域国家級自然保護区の中心エリア。(資料写真)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501008

  • 2022年03月24日
    (2)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    16日、シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市大渡岡郷茶園森林化改造モデル基地で茶葉を摘み取る農家の人。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501011

  • 2022年03月24日
    (5)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    16日、空から見たシーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市嘎洒(がさ)鎮曼点(まんてん)村党委員会曼呂(まんりょ)村小組(集落)。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/孫敏)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501013

  • 2022年03月24日
    (7)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    15日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷の森の中で砂浴びをする2頭の野生のアジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501023

  • 2022年03月24日
    (8)北回帰線の熱帯雨林を守る雲南省シーサンパンナ

    15日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷で戯れる野生のゾウたち。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州は、北回帰線の砂漠地帯でも保存状態が良く、かつ最大の面積を持つ熱帯雨林生態系を有し、中国南西部の生態安全障壁にも密接な関わりを持つ生物多様性のホットスポットとなっている。同地帯は面積が国土の500分の1に過ぎないが、国内の25%の野生生物と20%の高等植物種の資源を守り続けてきた。(昆明=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032501022

  • 1