KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 華北平原
  • 記者
  • 平成
  • 風景
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • エンタメ
  • 令和
  • 旧称
  • 建物

「北平」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
147
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
147
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    “THE TRANQUIL HOUR, A SCENE IN NORTH WALES.“ PAINTED BY F.W. HULME.

    “THE TRANQUIL HOUR, A SCENE IN NORTH WALES.“ PAINTED BY F.W. HULME.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020070805937

  • 1930年09月28日
    日本電報通信社資料

    北平入りした奉天軍=1930(昭和5)年9月28日、掛け合わせ(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012113000211

  • 1930年10月02日
    日本電報通信社資料

    北平入りの奉天軍。上の写真中央は張学良第一軍長の于学忠氏(中央)。下は握手する黄英斌氏(中央)と楚渓春氏(左)=1930(昭和5)年10月2日、掛け合わせ(日本電報通信社配信)

    商品コード: 1930100200003

  • 1931年06月30日
    日本電報通信社資料

    生死の程がうわさされる張学良氏は目下北平(北京)の協和医院(ロックフェラー病院)に入院中=1931(昭和6)年6月30日配信(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931063000003

  • 1935年12月14日
    北平(北京)

    各国公使館所在地(東交民巷街)=整理1935(昭和10)年12月14日(番号なし)

    商品コード: 2015101900670

  • 1935年12月14日
    北平(北京)

    通県(通州)=整理1935(昭和10)年12月14日(番号なし)

    商品コード: 2015101900671

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年09月11日
    敗戦 太平洋戦争

    1941年12月8日に北平(今の北京)の米大使館の警護をしている時に日本軍の捕虜となり、解放されてニューヨークのラガーディア空港に到着した米軍兵士=1945年9月(NEW YORK DAILY NEWS)

    商品コード: 2012072500355

  • 2001年08月11日
    南北平和を語る姜聖模さん 北朝鮮への投資呼び掛け

    ソウル市内のリンナイコリア本社で「南北の平和」について語る姜聖模さん(共同)

    商品コード: 2001081100064

  • 2003年06月15日
    記念集会で踊る参加者 南北会談3年で記念集会

    小雨の中、南北平和統一を訴え民族舞踊を繰り広げる民間団体メンバー=15日午後、韓国北西部の軍事境界線近く(共同)

    商品コード: 2003061500116

  • 2006年10月09日
    陸上成男10000メートル競歩 兵庫国体第10日

    成年男子10000メートル競歩決勝 44分59秒71で15位の北平克浩=神戸ユニバー記念競技場

    商品コード: 2006100900091

  • 2009年08月24日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:長安街と王府井大街の交差点。(1954年9月9日撮影)(北京=新華社記者/蒋斉生)下:長安街と王府井大街の交差点を通過する電気バス。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2009(平成21)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411811

  • 2014年10月01日
    包囲する人民解放軍 北京を平和解放

    1948(昭和23)年12月1日、北京(当時は北平)を包囲する毛沢東の人民解放軍。 その翌月、平和解放の条件を受け入れ、撤退した蒋介石の国民党政府は政府機関を広東に移し、その後に解放軍が無血入城した 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P165)

    商品コード: 2014100100558

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800175

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800123

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800142

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府に立つ曹操像。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800140

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800163

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800115

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の建物。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800146

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の建物。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800119

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800173

  • 2017年12月30日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:北京地下鉄第1期工事で建設された石景山区の古城路駅のホーム。同工事は1969年10月にほぼ完了し、1971年1月から試験運行が始まった。(北京=新華社記者/孔繁根)下:2017年12月30日に試験運行を開始した北京初の中低速リニアS1線。同路線の運行開始は中低速リニア交通技術の研究開発が北京で実を結んだことを示している。(北京=新華社記者/李欣)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411817

  • 2018年02月25日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1949年1月31日の北平平和解放後、中国人民解放軍は2月3日に入城式を行った。正陽門大街では両側に並んだ多くの市民が、入城式に参加する人民解放軍を歓迎した。(資料写真)下:北京の前門大街の歩行者天国を見て回る観光客。(2018年2月25日撮影)(北京=新華社記者/李欣)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411748

  • 00:54.72
    2018年05月04日
    北朝鮮標準時、韓国と統一 3年弱で元通り

    北朝鮮は5日から標準時「平壌時間」を30分早め、日本と同じ韓国の標準時に統一した。朝鮮中央通信が伝えた。南北和解の「最初の実行措置」。2015年8月に導入された平壌時間は3年足らずで元に戻されることになった。4日午後11時半(日本時間5日午前0時)に時間を30分早め、5日午前0時に変更した。〈映像内容〉北朝鮮の平壌駅の時計を30分早める様子など、撮影日:2018(平成30)年5月4日、撮影場所:北朝鮮・平壌駅

    商品コード: 2018050700700

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700386

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の壁に描かれている、呉清源が名人相手に「三々、星、天元」と打ち囲碁界を驚かせた布石。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700357

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館に展示されている呉清源の早期の棋譜。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700353

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700343

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館に収蔵されている呉清源の棋譜。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700347

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700363

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700364

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の展示の一部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700344

  • 2018年07月27日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:石景山製鉄所で銑鉄を取り出す作業員。(1951年10月30日撮影、資料写真)下:北京首鋼パークのカーリング・トレーニングセンターで、カーリング中国代表の選抜練習キャンプに参加し、練習に打ち込む選手。同センターは石炭の精錬所を改築して造られた。(2018年7月27日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411896

  • 2018年08月08日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:北京と広州を結ぶ京広鉄道でけん引性能の総合試験を行う、北京二七機車車両工場で試作された中国初の6千馬力の液体式動力伝達ディーゼル機関車。(1971年12月25日撮影)(北京=新華社記者/周双六)下:2018年8月8日、北京-天津都市間鉄道で新たな運行ダイヤが実施され、新型高速鉄道「復興号」の運行速度が時速350キロとなった。(北京=新華社記者/張晨霖)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411547

  • 05:00.03
    2018年11月14日
    「新華社」仙界を思わせる雲海が出現河北省東太行

    中国河北省邯鄲(かんたん)市が管轄する県級市、武安(ぶあん)市西部の太行(たいこう)山脈東麓に位置する東太行景勝地では、立冬を迎えた7日以来、寒気の影響を受けて頻繁に雲海が出現している。雄大かつ独特な山の景色に雲海が広がる仙境のような光景を見るため、多くの観光客が訪れている。東太行は最も高い部分で標高1428メートル、丹霞地形(たんかちけい、切り立った断崖などが見られる赤い堆積岩の地形)に属する。例年11月から翌4月までは寒気が強まり、大気低層部の気温が低くなるため、層雲が比較的低い場所に集まる。雨や雪が降った後には広範囲におよぶ雲海が出現する。ここ数年、武安市では山西高原から河北平原まで約400キロにわたる太行山脈の自然を観光資源とする観光ルートを多数設定し、沿線村落の経済発展を図っている。(記者/岳文婷)<映像内容>東太行の雲海、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111501786

  • 03:27.59
    2018年11月29日
    「新華社」鳥類愛好家、鳥と共に飛び生態保護をアピール河北省衡水

    中国河北省衡水(こうすい)市の鳥類愛好家、張暁元(ちょう・ぎょうげん)さんは、長年にわたり衡水湖でバードウォッチングを楽しんできた。張さんは超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)やモーターボートも購入し、鳥と共に衡水湖の美しい景色を満喫している。彼もまた、彼の友人である鳥たちと共にここ数年間の衡水湖の巨大な変化を見届けてきた一人といえる。衡水湖は華北平原で唯一の水域や沼沢、干潟、湿原、森林などの湿地体系を備えた国家級自然保護区。湖の保護は2002年に始まり、2012年までの最初の10年間で湖周辺の人的汚染を排除し「退村還湖(村を湖に戻すこと)」「退耕還湖(耕地を湖に戻すこと)」を実施した。衡水湖の整備はここ数年、外的要因への対処から内的要因、衡水湖自体の汚染対策へと変わった。大量のホソバヒメガマが毎年のように汚染物として湖底に堆積するため、2013年からは同動植の除去作業を始め、累計8万立方メートルで除去を完了した。また、有害な浮草の拡散防止や中央の財政から毎年120万元(1元=約16円)の支援を受けて魚卵や稚魚などの増殖放流を行うことで、湖の良好な生態系を確立した。16年間にわたる整備により、これまで局部劣5類だった衡水湖の水質は全体3類まで改善され、鳥類の数も2003年の283種から現在の323種まで増加した。衡水湖の湿地は今では鳥類の重要な生息地と繁殖地になっている。澄んだ水と美しい景色を誇る衡水湖と整備が進む湖畔の施設は国家体育総局の目に留まることとなり、衡水湖とマラソンを結び付けた全国初の湖周遊マラソンの開催地となった。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖でバードウォッチングする様子、撮影日:2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113004562

  • 2018年12月27日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:北京の商業ビル「隆福大廈」で毛糸と毛織物を買う市民。(1988年9月1日撮影)(北京=新華社記者/宋連峰)下:支付宝(アリペイ)の顔認証によるセルフ決済を行う市民。(2018年12月27日撮影)(北京=新華社記者/張晨霖)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411947

  • 2018年12月29日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:北京新空港(北京大興国際空港)の土台建設現場近くの羊の群れ。(2014年12月26日撮影)(北京=新華社記者/羅暁光)下:外装工事が全て完了した北京大興国際空港のメインターミナルビル。(2018年12月29日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411812

  • 2018年12月29日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:北京新空港(北京大興国際空港)プロジェクトの建設工事が正式に始まり、礎石を囲んで記念撮影する付近の村の住民。(2014年12月26日撮影)(北京=新華社記者/羅暁光)下:外装工事が全て完了した北京大興国際空港のメインターミナルビル。(2018年12月29日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412200

  • 2019年01月11日
    (22)北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:建設中の北京市副都心行政事務エリアプロジェクト。(2016年9月30日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)下:北京市の主要行政機能の副都心移転に伴い、新たに除幕された中国共産党北京市委員会のオフィスビル。(2019年1月11日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411917

  • 2019年01月11日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1983年9月19日午後7時、北京西直門内の楡樹館路で、園芸愛好家の王常(おう・じょう)さんが丹精込めて育てた月下美人14輪が開花。付近の住民が次々と観賞に訪れた。(北京=新華社記者/戴紀明)下:4月29日に開幕する2019年中国北京国際園芸博覧会の中国館。(2019年1月11日撮影)(北京=新華社記者/張晨霖)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412160

  • 2019年01月11日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1983年9月19日午後7時、北京西直門内の楡樹館路で、園芸愛好家の王常(おう・じょう)さんが丹精込めて育てた月下美人14輪が開花。付近の住民が次々と観賞に訪れた。(北京=新華社記者/戴紀明)下:4月29日に開幕する2019年中国北京国際園芸博覧会の4大パビリオンの1つ、植物館。ここにはさまざまな希少植物が展示される。(2019年1月11日撮影)(北京=新華社記者/張晨霖)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411884

  • 2019年01月23日
    (21)北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:2010年12月19日、中国の鉄鋼メーカー、首都鋼鉄(首鋼)の全ての主要生産ラインが停止した。写真は首鋼第2製鉄所で行われた最後の製鋼を見届ける多くのメディアや首鋼の職員。(北京=新華社記者/羅暁光)下:新首鋼ハイエンド産業総合サービスエリアにある2022年北京冬季五輪組織委員会。(2019年1月23日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411936

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1982年7月1日、北京初の歩道橋が供用開始となった。にぎやかな大通りである西単北大街に設置された歩道橋は供用開始後、周辺の交通渋滞改善に役立った。(北京=新華社記者/宋連峰)下:西単北大街の歩道橋。この通りには現在、4本の歩道橋が設置されている。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411779

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:長安街と王府井大街の交差点。(1954年9月9日撮影)(北京=新華社記者/蒋斉生)下:王府井の歩行者天国。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412194

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1989年11月15日、北京建国門外に完成し、使用開始した中国国際貿易センターのオフィスビル「国貿大廈」。(北京=新華社記者/白連鎖)下:中国国際貿易センターのビル群。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412123

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1994年8月1日、北京市内のバス7系統で無人乗車券販売が試験的に実施された。写真は7系統のバスに乗車後、硬貨を投入して乗車券を買う乗客。(北京=新華社記者/袁満)下:北京地下鉄1号線で北京市政交通のモバイル版カードを使って改札を通過する乗客。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412143

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1982年7月1日、北京初の歩道橋が供用開始となった。にぎやかな大通りである西単北大街に設置された歩道橋は供用開始後、周辺の交通渋滞改善に役立った。(北京=新華社記者/宋連峰)下:西単北大街の歩道橋を歩く人々。この通りには現在、4本の歩道橋が設置されている。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412265

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1956年2月15日、北京、天津、唐山、保定、石家荘、張家口の6都市の青年による自転車ロードレースが北京で開催された。写真は大会終了後に東長安街を自転車で走る青年。(北京=新華社記者/孟慶彪)下:東長安街を走る自動車。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411920

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1997年6月25日、北京市のメインストリート、長安街にバス専用レーンが設けられ、運用を開始した。北京市が市内の交通渋滞解消と公共交通優先政策の実行のために設置した。(北京=新華社記者/宋連峰)下:長安街のバス専用レーンを走る1系統の電気バス。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411864

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:北京飯店の前を並んで走る「面的」(初期の黄色いワンボックスカー型タクシーの愛称)。(1993年撮影、資料写真)下:北京飯店の前を通過するタクシーや自家用車など。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411871

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1994年8月1日、北京市内のバス7系統で無人乗車券販売が試験的に実施された。写真は7系統のバスに乗車後、硬貨を投入して乗車券を買う乗客。(北京=新華社記者/袁満)下:北京地下鉄1号線で、スマートフォンの2次元バーコードをかざして改札を通過する乗客。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411878

  • 2019年01月28日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1957年2月26日、北京初のトロリーバス路線が試験営業運転を開始。一部区間の工事が完成していなかったため、北池子-阜成門区間のみ運行した。(北京=新華社記者/楚英)下:文津街を走る101系統のトロリーバス。(2019年1月28日撮影)(北京=新華社記者/鞠煥宗)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411810

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、空から見た河北省石家荘市平山県西柏坡。(小型無人機から)毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800856

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、西柏坡にある中国共産党中央旧跡の毛沢東旧居を見学する観光客。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800816

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、西柏坡紀念館の広場を見学する観光客。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800817

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、空から見た河北省石家荘市平山県西柏坡。(小型無人機から)毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800902

  • 2019年03月07日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    7日、70年前のことについて話す95歳になる河北省唐県淑呂(しゅくりょ)村の村民、葛貴多(かつ・きた)さん。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800818

  • 2019年03月07日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    7日、空から見た河北省唐県淑呂(しゅくりょ)村。(小型無人機から)毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800803

  • 02:06.59
    2019年03月12日
    「新華社」河北平原の「音楽の村」河北省武強県周窩村

    国家指定の貧困県、中国河北省武強県の周窩(しゅうか)村はもともとはごく一般的な村だが、西洋楽器産業で発展したことにより、音楽との関係が深い。今や同村は広く知られる音楽の村となり、村に魅了されて住み着く欧州の音楽家もいる。今年30歳になるボイコさんはウクライナ北部の都市チェルニーヒウ出身。15歳で音楽の勉強を始め、その後ウクライナのハリコフ国立芸術大学に入学、トランペットを専攻した。2017年に同氏は他のウクライナ人ミュージシャン数人と武強にやって来て、璐徳(ろとく)国際芸術学校の音楽教師になった。授業がない時に、彼らはよく同村の喫茶店で演奏している。彼らは、この村の多くの人が西洋楽器を演奏できることに特に驚いたという。言葉が通じなくても、音楽に対する現地村民の情熱は同氏や彼の同僚に深い感銘を与えている。ボイコ氏たちは中国での音楽発展のポテンシャルは依然として高いと確信している。(記者/張碩、黄河、王作葵)<映像内容>中国河北省の「音楽の村」の街並みや演奏の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203698

  • 2019年03月13日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    13日、村民の体調を診察する家庭契約医師(ホームドクター)の李少達(り・しょうたつ)さん(右)。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800916

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日、小型無人機から撮影した河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602741

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日、小型無人機から撮影した河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602727

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日、小型無人機から撮影した河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602708

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日早朝に撮影した西柏坡記念碑。毛沢東(もう・たくとう)が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602668

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日、西柏坡にある中国共産党中央の旧跡。(小型無人機から)毛沢東(もう・たくとう)が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602677

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日早朝に撮影した西柏坡記念館の前に立つ「五大書記」である毛沢東、朱徳(しゅ・とく)、劉少奇(りゅう・しょうき)、周恩来(しゅう・おんらい)、任弼時(じん・ひつじ)の銅像。毛沢東(もう・たくとう)が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602744

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日早朝に撮影した西柏坡記念館の前に立つ「五大書記」である毛沢東、朱徳(しゅ・とく)、劉少奇(りゅう・しょうき)、周恩来(しゅう・おんらい)、任弼時(じん・ひつじ)の銅像。毛沢東(もう・たくとう)が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602745

  • 2019年03月22日
    革命の聖地、西柏坡を訪ねて河北省

    22日、小型無人機から撮影した河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。(石家荘=新華社配信/蒲東峰)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602717

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、農業機械を使った収穫が進む河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の麦畑。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108208

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫期を使って小麦を刈り取る農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108242

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、小麦を天日干しする河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108232

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫機を使って小麦を刈り取る農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108211

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫した小麦を車に積み込む農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108236

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    缶入り「北氷洋」の製造日を確認する従業員。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100278

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    瓶入り「北氷洋」を検査する従業員。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100271

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    北京市大興区にある「北氷洋」の生産工場。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100230

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    缶入り「北氷洋」の生産ライン。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100252

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    缶入り「北氷洋」の生産ライン。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100302

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    缶入り「北氷洋」の生産ラインで作業する従業員。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100225

  • 2019年06月21日
    老舗飲料ブランド「北氷洋」、再生産経て「国民的飲料」へ

    瓶入り「北氷洋」の生産ライン。(6月21日撮影)中国北京の老舗飲料ブランド「北氷洋」は、83年の歴史があり、お年寄りから若者まで多くの人に知られている。1936年に設立された北平製氷工場で誕生した「北氷洋」は、新中国成立後、国宴(国賓を招待して行う政府主催の宴会)でも出されたことがある。1990年代には市場から姿を消したが、2011年に生産再開。2017年には地方の市場にも進出し、「北京の炭酸水」から「国民の炭酸水」へとグレードアップした。現在は中国23省・自治区・直轄市の180都市に販売代理店を設立し、米国やオーストラリア、フランスなど12カ国でも販売を実現。昨年の年間販売数は1200万箱に達した。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100254

  • 03:01.95
    2019年07月01日
    「新華社」「ロマンチックな都市」大連夏季ダボス会議、まもなく開催

    世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1日から3日間、中国遼寧省大連市の国際会議センターで開催される。会議には、世界100近くの国・地域から政財界のリーダーや学界の専門家、メディアの代表2千人余りが参加する。遼東半島の南端に位置する大連市は、東は黄海、西は渤海に面し、南は山東半島と海を隔てて向かい合い、北は広大な東北平原につながる。同市は中国の重要な観光都市で「ロマンチックな都」と呼ばれる。ダボス会議の開催を間近に控え大連は都市景観を一新。各種準備もほぼ整った。(記者/姜兆臣)<映像内容>中国遼寧省大連市の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100771

  • 01:28.64
    2020年02月22日
    「新華社」衡水湖に数万羽の渡り鳥河北省

    中国河北省の衡水湖(こうすいこ)ではここ数日、気温の上昇に伴い、南から北へ移動する数万羽の渡り鳥が飛来している。同湖は沼地や水辺、浅瀬、草地、森林といった完全な湿地生態系が保持された華北平原唯一の自然保護区で、多くの鳥たちに良好な生息環境や豊富な食料をもたらしている。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖に飛来した渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603075

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923923

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動の影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923941

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: Participants line up for temperature check during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003108

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: Participants passing through the disinfection door during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003169

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: Participants line up for temperature check during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003033

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: Opening of the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003035

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Kim Dong-chan during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003019

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director KIM Do-yeon during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003012

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Hwang Ok-young during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003092

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Jeon Jaehyun, actor Kim Ju-yong during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003141

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Lee Ha-eun during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003015

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean actress Kim Hae-na, film director Roh Do-hyeon during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003149

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Won Eun-sun, actress Hwang Mi-young during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003138

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Park Hee-kwon, actors Ko Doo-hyun, Lee Kang-ji during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003159

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Lee Jun-ik, Bong Man-dae during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003021

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: DMZ Docs Executive Chairman Jung Sang-jin, JIMFF Executive Chairman Jo Sung-woo during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003028

  • 2020年06月18日
    2020 PIPFF Opening Ceremony

    PYEONGCHANG, SOUTH KOREA, JUN 18: South Korean film director Kim Deog-young, PD Lim Soo-young during the 2nd PyeongChang International Peace Film Festival (PIPFF) at the Pyeongchang Olympic Plaza in PyeongChang, South Korea, on June 18, 2020. The Opening Ceremony held amid COVID-19. South Korea reported 59 new COVID-19 confirmed cases.(Photo by Steve Cho/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063003023

  • 1
  • 2