KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ようこ
  • 令和
  • 収穫
  • 排水
  • 損失
  • 栽培
  • 水田
  • 淡水湖
  • 減少
  • 災害

「北洲」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Yakusha no hanami

    Yakusha no hanami, Actors viewing cherry blossoms., Shunkōsai, Hokushū, active approximately 1810-1850, artist, [between ca. 1818 and 1830], 1 print : woodcut, color ; 37.2 x 24 cm., Print shows four actors looking at a frog near a blossoming cherry tree; the two actors standing next to the tree may be Kataoka Nizaemon VII and, in the onnagata role, Fujikawa Tomokichi II.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020022100223

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。(小型無人機から)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204442

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。(小型無人機から)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204623

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204297

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、自作の道具を使い排水を終えたばかりの水田に種もみをまく農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204429

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、自作の道具を使い排水を終えたばかりの水田に種もみをまく農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204577

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204627

  • 1