KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • ヘクター
  • ムー
  • 指導
  • 気象
  • 蟹江ぎん
  • わら
  • 供給
  • 価格

「区星」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  米大使が米国輸入住宅視察
    1994年03月07日
    米大使が米国輸入住宅視察

    米国輸入住宅のモデルハウスを視察するモンデール駐日米大使(左手前)=7日午前、札幌市手稲区星置

    商品コード: 1994030700014

  • 東北大医学部長が会見 早急に条件整備進める
    1997年04月24日
    東北大医学部長が会見 早急に条件整備進める

    「脳死は人の死」とする臓器移植法案が衆院で可決され、記者会見する久道茂・東北大医学部長=24日午後4時、仙台市青葉区星陵町の東北大医学部

    商品コード: 1997042400087

  • 東北大の移植チーム 脳死移植のXデーはいつ
    1997年04月26日
    東北大の移植チーム 脳死移植のXデーはいつ

    )、科学04S、代表撮影  脳死段階での肝臓移植に備え動物実験をする東北大学医学部第二外科の移植チーム=94(平成6)年9月27日、仙台市青葉区星陵町の東北大学(代表撮影)

    商品コード: 1997042600058

  • 東北大病院での開校式 全国立大病院に院内学級
    1997年06月09日
    東北大病院での開校式 全国立大病院に院内学級

    東北大病院で行われた、入院中でも勉強できる院内学級の開校式=4月10日、仙台市青葉区星陵町

    商品コード: 1997060900071

  • 佐々木さん米国で手術へ 心臓移植に募金呼び掛け
    1997年09月18日
    佐々木さん米国で手術へ 心臓移植に募金呼び掛け

    米国で心臓移植手術を受けることになった佐々木裕紀さん。左は妻かおるさん=18日午後、仙台市青葉区星陵町の東北大学医学部付属病院(代表撮影)(ささき・ゆうき)

    商品コード: 1997091800082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年01月20日
    押収品運び出す捜査員 兵庫県幹部を収賄で逮捕

    小野市の公共工事をめぐる汚職事件で、三宅平八郎容疑者の自宅から押収品を運び出す兵庫県警の捜査員=20日午前、神戸市北区星和台

    商品コード: 1999012000105

  • 東北大病院 脳死移植実施へ
    1999年02月27日
    東北大病院 脳死移植実施へ

    東北大病院=仙台市青葉区星陵町

    商品コード: 1999022700122

  • 手術室に向かう移植チーム 初の脳死移植
    1999年02月28日
    手術室に向かう移植チーム 初の脳死移植

    腎臓(じんぞう)移植のため手術室に向かう東北大医学部第二外科の移植チーム=1日午前1時、仙台市青葉区星陵町の東北大病院

    商品コード: 1999022800128

  • 会見する里見・東北大教授 初の脳死移植
    1999年02月28日
    会見する里見・東北大教授 初の脳死移植

    腎(じん)移植を前に記者会見する東北大医学部第二外科移植チームの里見進教授=2月28日午後6時30分、仙台市青葉区星陵町の東北大医学部

    商品コード: 1999022800085

  • 会見する東北大関係者ら 東北大腎移植が無事終了
    1999年03月01日
    会見する東北大関係者ら 東北大腎移植が無事終了

    腎臓(じんぞう)移植手術終了後、記者会見する東北大医学部関係者ら。左から豊田隆謙・付属病院長、里見進教授、藤盛啓成講師=3月1日午前6時30分、仙台市青葉区星陵町の東北大医学部

    商品コード: 1999030100016

  • 東北大加齢研病院 都内の病院で法的脳死判定
    2000年03月29日
    東北大加齢研病院 都内の病院で法的脳死判定

    法的脳死と判断された患者の肺提供先とみられる東北大加齢研病院=仙台市青葉区星陵町

    商品コード: 2000032900001

  • 東北大移植チームが会見 5例目の脳死臓器移植
    2000年03月29日
    東北大移植チームが会見 5例目の脳死臓器移植

    脳死肺移植手術を終え、記者会見する東北大加齢研の藤村重文教授(中央)ら=29日午後10時30分、仙台市青葉区星陵町

    商品コード: 2000032900210

  • 準備進める看護婦たち 東北大に緩和ケアセンター
    2000年09月30日
    準備進める看護婦たち 東北大に緩和ケアセンター

    国立大では初めての末期医療を行う「緩和ケアセンター」オープンに向け、準備をする看護婦たち=9月29日、仙台市青葉区星陵町の東北大医学部付属病院

    商品コード: 2000093000109

  • ぎんさんの通夜 名古屋でぎんさんの通夜
    2001年03月01日
    ぎんさんの通夜 名古屋でぎんさんの通夜

    親族や知人が訪れ営まれた蟹江ぎんさんの通夜=1日午後7時10分、名古屋市南区星崎の斎場

    商品コード: 2001030100146

  • ぎんさんの告別式 天国でも姉妹で仲良く
    2001年03月02日
    ぎんさんの告別式 天国でも姉妹で仲良く

    読経が流れる中、営まれた蟹江ぎんさんの告別式=2日午前11時45分、名古屋市南区星崎

    商品コード: 2001030200035

  • 焼香する親族 天国でも姉妹で仲良く
    2001年03月02日
    焼香する親族 天国でも姉妹で仲良く

    蟹江ぎんさんの告別式で焼香する親族=2日午後0時45分、名古屋市南区星崎

    商品コード: 2001030200037

  • 遺影見る参列者 名古屋でぎんさんの告別式
    2001年03月02日
    遺影見る参列者 名古屋でぎんさんの告別式

    告別式会場に飾られた蟹江ぎんさんの遺影を見る参列者=2日午前10時5分、名古屋市南区星崎

    商品コード: 2001030200022

  • あいさつする美根代 天国でも姉妹で仲良く
    2001年03月02日
    あいさつする美根代 天国でも姉妹で仲良く

    焼香する参列者にあいさつする蟹江ぎんさんの五女、美根代さん(右端)=2日午後0時50分、名古屋市南区星崎

    商品コード: 2001030200036

  • 斎場を出る霊きゅう車 天国でも姉妹で仲良く
    2001年03月02日
    斎場を出る霊きゅう車 天国でも姉妹で仲良く

    参列者に見送られ斎場を出る蟹江ぎんさんのひつぎを乗せた霊きゅう車=2日午後1時37分、名古屋市南区星崎

    商品コード: 2001030200039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年12月06日
    家宅捜索に入る捜査員 近藤衆院議員を逮捕

    衆院議員近藤ひろし容疑者の自宅の家宅捜索に入る捜査員=6日午後8時51分、名古屋市南区星宮町

    商品コード: 2003120600107

  •  松代地区星峠の春の棚田風景
    2011年05月07日
    松代地区星峠の春の棚田風景

    キーワード:屋外、蒲生、産業、残雪、春、初夏、松代、雪、棚田、田んぼ、田園風景、日本、農業、風景、無人、風景メイン写真=2011(平成23)年5月7日、新潟県十日町市、クレジット:imageeye/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051304582

  •  「新華社」素朴な民家や重厚な歴史文化に感銘香港青年が成都訪問
    03:19.08
    2019年08月25日
    「新華社」素朴な民家や重厚な歴史文化に感銘香港青年が成都訪問

    中国香港の若者と内地との交流プログラム、「四海一家」青年交流活動で四川省を訪れた香港青年の一部が25日、成都市の住民コミュニティや昔ながらの院落(民家建築)、博物館を見学した。彼らは地元住民の生活を垣間見るとともに、博物館の展示品を通じて成都の持つ重厚な歴史文化を実感した。交流団は錦江区星橋街112号にある院落を訪れた。1990年代に建てられたものだが、地元住人の「公共スペース」に対するニーズを満たすため、昨年に水井坊コミュニティ伝統文化体験館に改築された。刺繍(ししゅう)や書画などの体験だけでなく、読書や喫茶、休憩もでき、地域住民の憩いの地となっている。交流団は、成都の院落が持つ古風な素朴さと現代性を肌で感じた後、市内西部にある金沙遺跡博物館を訪れた。同博物館は長江上流、四川省一帯の古代文明「古蜀文明」を展示する重要な博物館であり、金器や銅器、玉器、石器、漆器・木器、陶器など2千点を超える文化財を所蔵している。交流団のメンバーは古蜀の文化財の比類なき美しさを絶賛し、成都の持つ歴史文化の奥深さに感銘を受けた。「四海一家」活動は2015年から始まった香港で最大級の文化交流プロジェクトの一つ。香港の若者の祖国や中華民族、文化に対するアイデンティティを増進することを目的としている。これまでに9千人以上の香港市民、特に若者の内地訪問を支援しており、北京市や上海市、広東省、福建省、浙江省などで交流活動を行っている。(記者/劉海、袁秋岳)<映像内容>「四海一家」青年交流活動、四川省を訪れた香港青年の様子、撮影日:2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019083001384

  •  「新華社」2次元バーコードが通行証杭州市、新型肺炎予防で新施策
    01:32.41
    2020年02月14日
    「新華社」2次元バーコードが通行証杭州市、新型肺炎予防で新施策

    中国浙江省杭州市余杭区でこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染リスクを低減させる新たな取り組みが始まった。同区星橋街道湯家社区(コミュニティー)のマンション「錦繍公寓」では、社区のゲート係員が外出から戻った張雪梅(ちょう・せつばい)さんの体温を測り、「釘釘(DingTalk)」と呼ばれるSNSアプリで彼女のスマートフォン上の2次元バーコードを読み取り個人照合する。十数秒で確認は終わり、ゲートの通過が許可される。帰省先などから最近市内に戻った同市の居住者と就業者は、各区のオンライン行政窓口などを通じて個人情報や健康情報を登録することができる。登録が済めば、居住区や勤務先のゲートをバーコードスキャンと体温測定のみで通過できる。この方式であれば、ゲートでの出入場証発行手続きなどが省略でき、多くの人が手続きに列を作ることもないので、感染リスクを軽減できるという。(記者/呉帥帥)<映像内容>新型肺炎予防に2次元バーコード活用、体温測定、アプリで個人照合する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405560

  •  春めく武夷山福建省
    2020年04月08日
    春めく武夷山福建省

    8日、朝日を浴びる武夷山風景区星村鎮の茶畑。中国福建省の武夷山風景区はこのところ、陽光降り注ぐ春らしい陽気に恵まれている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403180

  •  春めく武夷山福建省
    2020年04月08日
    春めく武夷山福建省

    8日、朝日を浴びる武夷山風景区星村鎮の茶畑。中国福建省の武夷山風景区はこのところ、陽光降り注ぐ春らしい陽気に恵まれている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403186

  •  春めく武夷山福建省
    2020年04月08日
    春めく武夷山福建省

    8日、霧に包まれた武夷山風景区星村鎮の茶畑。中国福建省の武夷山風景区はこのところ、陽光降り注ぐ春らしい陽気に恵まれている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403212

  •  春めく武夷山福建省
    2020年04月08日
    春めく武夷山福建省

    8日、朝日を浴びる武夷山風景区星村鎮の茶畑。中国福建省の武夷山風景区はこのところ、陽光降り注ぐ春らしい陽気に恵まれている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月05日
    (5)重慶の野菜・果実農家、干ばつ対策に全力

    1日、重慶市梁平区星橋鎮の北霖野菜栽培基地で、晩秋野菜の生育状況を確認する生産者。中国の長江流域では7月以降、高温少雨の気象により野菜や果物の生育が影響を受け、秋冬の青果物の供給と価格の安定を図る上でのリスク要素になっている。重慶市梁平区では、野菜畑9万ムー(約6千ヘクタール)とブンタン畑15万8千ムー(約1万500ヘクタール)が高温と干ばつの影響を受けた。地元の野菜農家は現在、農業部門の指導の下で晩秋野菜の作付けを進めているが、今年は作付面積を2万ムー(約1300ヘクタール)増やし、価格・供給の安定と農家の損失削減を図っている。ブンタン農家も敷きわらや反射フィルム、揚水かんがいにより果実と苗の保水に努めている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090510648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月05日
    (6)重慶の野菜・果実農家、干ばつ対策に全力

    1日、重慶市梁平区星橋鎮の北霖野菜栽培基地で、晩秋野菜の生育状況を確認する生産者。中国の長江流域では7月以降、高温少雨の気象により野菜や果物の生育が影響を受け、秋冬の青果物の供給と価格の安定を図る上でのリスク要素になっている。重慶市梁平区では、野菜畑9万ムー(約6千ヘクタール)とブンタン畑15万8千ムー(約1万500ヘクタール)が高温と干ばつの影響を受けた。地元の野菜農家は現在、農業部門の指導の下で晩秋野菜の作付けを進めているが、今年は作付面積を2万ムー(約1300ヘクタール)増やし、価格・供給の安定と農家の損失削減を図っている。ブンタン農家も敷きわらや反射フィルム、揚水かんがいにより果実と苗の保水に努めている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090510646

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月05日
    (12)穀倉地帯の農家、各種対策で秋季収穫食糧を保障重慶市

    8月25日、重慶市梁平区星橋鎮両路村で、稲を刈り取るコンバイン。中国の南方地区では今年、高温と干ばつにより食糧生産が厳しい状況にある。国内各地はすでに秋季収穫食糧の生産の重要時期を迎えており、「渝東糧倉(重慶東部の穀倉地帯)」と呼ばれる重慶市梁平区でも穀物農家が農業、気象、緊急対応各部門の指導の下、43万2500ムー(約2万8800ヘクタール)の水田の米生産量の着実な増加に向け、さまざまな対策を講じている。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090507077

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月05日
    (2)重慶の野菜・果実農家、干ばつ対策に全力

    1日、重慶市梁平区星橋鎮の北霖野菜栽培基地で、ナスの被害状況を調べる生産者。中国の長江流域では7月以降、高温少雨の気象により野菜や果物の生育が影響を受け、秋冬の青果物の供給と価格の安定を図る上でのリスク要素になっている。重慶市梁平区では、野菜畑9万ムー(約6千ヘクタール)とブンタン畑15万8千ムー(約1万500ヘクタール)が高温と干ばつの影響を受けた。地元の野菜農家は現在、農業部門の指導の下で晩秋野菜の作付けを進めているが、今年は作付面積を2万ムー(約1300ヘクタール)増やし、価格・供給の安定と農家の損失削減を図っている。ブンタン農家も敷きわらや反射フィルム、揚水かんがいにより果実と苗の保水に努めている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090510645

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月05日
    (3)重慶の野菜・果実農家、干ばつ対策に全力

    1日、重慶市梁平区星橋鎮の北霖野菜栽培基地で、ナスの被害状況を調べる生産者。中国の長江流域では7月以降、高温少雨の気象により野菜や果物の生育が影響を受け、秋冬の青果物の供給と価格の安定を図る上でのリスク要素になっている。重慶市梁平区では、野菜畑9万ムー(約6千ヘクタール)とブンタン畑15万8千ムー(約1万500ヘクタール)が高温と干ばつの影響を受けた。地元の野菜農家は現在、農業部門の指導の下で晩秋野菜の作付けを進めているが、今年は作付面積を2万ムー(約1300ヘクタール)増やし、価格・供給の安定と農家の損失削減を図っている。ブンタン農家も敷きわらや反射フィルム、揚水かんがいにより果実と苗の保水に努めている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090510636

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月05日
    (1)重慶の野菜・果実農家、干ばつ対策に全力

    1日、重慶市梁平区星橋鎮の北霖野菜栽培基地で、ナスの被害状況を調べる生産者。中国の長江流域では7月以降、高温少雨の気象により野菜や果物の生育が影響を受け、秋冬の青果物の供給と価格の安定を図る上でのリスク要素になっている。重慶市梁平区では、野菜畑9万ムー(約6千ヘクタール)とブンタン畑15万8千ムー(約1万500ヘクタール)が高温と干ばつの影響を受けた。地元の野菜農家は現在、農業部門の指導の下で晩秋野菜の作付けを進めているが、今年は作付面積を2万ムー(約1300ヘクタール)増やし、価格・供給の安定と農家の損失削減を図っている。ブンタン農家も敷きわらや反射フィルム、揚水かんがいにより果実と苗の保水に努めている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090510721

  • 1