KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 博多祇園山笠
  • キャンパス
  • 令和
  • 就職活動
  • 抗議
  • 新卒一括採用
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 福岡市博多区
  • 紀子

「卒業論文」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年08月27日
    紀子さんの担当教授が評価 ユニークな卒業論文

    永田良昭学習院大教授

    商品コード: 2021091007201

  • 1989年09月12日
    卒業論文の表紙と序文 紀子さんのユニークな論文

    紀子さんの卒業論文の表紙と序文の一部

    商品コード: 2021091411934

  • 1994年12月22日
    小柳比登美さん 庶民に慰めを与えた画家

    )、企画91、1月14日付朝刊以降使用  「スペインに留学、趣味のバイオリンでセビリア交響楽団に参加したり、ムリリョは卒論に取り上げました」と話す小柳比登美さん=東京都豊島区南長崎の自宅(カラーネガ)(スペイン語通訳)

    商品コード: 1994122200134

  • 1997年01月06日
    オリックス・杉本友投手 まずは野球より卒論

    国立大出身で初めてドラフト1位指名を受けたオリックスの杉本友投手=茨城県つくば市の筑波大

    商品コード: 1997010600058

  • 1998年02月16日
    K君の卒業論文

    セルゲイ・ブラギンスキー

    商品コード: 1998021600108

  • 2000年05月12日
    会見場の男子学生 卒論でハッカー正当化

    11日、マニラの記者会見場に姿を見せた男子専門学校生(手前)と銀行員の姉(ロイター=共同)

    商品コード: 2000051200003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年11月23日
    デモ行進する学生ら 「卒論書く暇ない」

    就職活動時期の早期化や新卒一括採用に抗議しデモ行進する学生ら=23日午後、東京都新宿区

    商品コード: 2010112300079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年11月23日
    デモ行進する学生ら 「卒論書く暇ない」

    就職活動時期の早期化や新卒一括採用に抗議しデモ行進する学生ら=23日午後、東京都新宿区

    商品コード: 2010112300156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年01月14日
    展示された遺品を見る両親 卒論仕上げた直後に犠牲

    武庫川女子大の図書館に展示された村田恵子さんの遺品を見る父親の雅男さん(右端)と母親の延子さん=14日午後、兵庫県西宮市

    商品コード: 2011011400366

  • 2015年07月15日
    舁き山撮影するカメラマン 海外TV番組、卒論題材…

    博多祇園山笠の追い山を終えた、男衆と舁き山を撮影するブラジル人カメラマン(左)=15日、福岡市博多区

    商品コード: 2015071500885

  • 2015年07月15日
    博多祇園山笠の追い山 海外TV番組、卒論題材…

    博多祇園山笠の追い山で、街を駆ける「大黒流」の舁き山=15日、福岡市博多区

    商品コード: 2015071500884

  • 2015年07月15日
    土井真理子さん 海外TV番組、卒論題材…

    博多祇園山笠を卒業論文の題材にし、聞き取り調査をする九州女子大の土井真理子さん=2日

    商品コード: 2015071501070

  • 2015年12月22日
    指導を受ける上遠野さん 地域の人材育成に期待

    ゼミで卒論指導を受ける上遠野真季さん(左から2人目)=16日、鳥取市の鳥取大

    商品コード: 2015122200569

  • 2018年03月06日
    学生の潜在能力にかける

    卒論報告会で議論する金菱ゼミの学生たち=仙台市泉区の東北学院大

    商品コード: 2018030600832

  • 2018年11月21日
    The treasure from the museum depot

    21 November 2018, Brandenburg, Lichterfelde: Katja Schneider, student of conservation and restoration at the University of Applied Sciences Potsdam, deals in her bachelor thesis with the damage mapping of the case of a flute clock, which is located in the workshop of Akanthus Restaurierungen GmbH. The Eberswalde museum depot is being cleared up. 10,000 objects must be sorted and cleaned - including unexpected discoveries. A rarity from the former Lichterfelde Castle has already been found by a restorer. A 3.60 metre high monster made of carved and partly gilded wood stands in the workshop of restorer Eberhard Roller in Eberswalde (Barnim). While the layman hardly notices the strange piece of furniture with its round dial despite its size, the eyes of connoisseurs shine. “This is the case of a flute clock,“ reveals the restorer. “This is a self-playing musical instrument from the 18th century, extremely rare.“ Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112935084

  • 2018年11月21日
    The treasure from the museum depot

    21 November 2018, Brandenburg, Lichterfelde: Katja Schneider, student of conservation and restoration at the University of Applied Sciences Potsdam, deals in her bachelor thesis with the damage mapping of the case of a flute clock, which is located in the workshop of Akanthus Restaurierungen GmbH. The Eberswalde museum depot is being cleared up. 10,000 objects must be sorted and cleaned - including unexpected discoveries. A rarity from the former Lichterfelde Castle has already been found by a restorer. A 3.60 metre high monster made of carved and partly gilded wood stands in the workshop of restorer Eberhard Roller in Eberswalde (Barnim). While the layman hardly notices the strange piece of furniture with its round dial despite its size, the eyes of connoisseurs shine. “This is the case of a flute clock,“ reveals the restorer. “This is a self-playing musical instrument from the 18th century, extremely rare.“ Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112935321

  • 2020年02月24日
    アフガン留学生が見た中国の新型肺炎との闘い

    24日、卒論作成のため資料を調べるシャリフィさん。モハメド・シャハル・シャリフィ(22)さんのような中国で学ぶ外国人留学生にとって、大学のキャンパスに留まることは安全な選択であり、中国への理解を深めるまたとない機会にもなっている。アフガニスタン出身のシャリフィさんは、中国に留学して5年が経つ。山西省太原市の太原理工大学で漢語国際教育を学んでいる。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704949

  • 2020年08月03日
    ザンビアからの留学生、感染症と闘う中国に特別な「ギフト」

    作曲中のギフトさん。(資料写真)中国では卒業シーズンが過ぎたが、卒業論文の口頭試験をすでに終えたザンビアからの留学生ギフト(Gift)さんは、まだ中国重慶市の西南大学のキャンパスにとどまっている。「私の名は『贈り物』という意味。帰国前に中国に特別な『贈り物』をしたい」ためだという。彼はすでに感染症と闘う中国を励ますオリジナル曲12曲を作曲、現在は学校で彼自身5枚目のアルバムとなる「Sky」の制作に打ち込んでいる。12曲はこのアルバムに収められる予定で、「音楽に国境はない。中国が逆境の中で団結し全ての困難を克服してきたことを全世界に見てほしい」と話している。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405507

  • 1