KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 海口
  • 開発
  • 生き物
  • ガス田
  • 発見
  • 漁船
  • 確認
  • 乗組員

「南中国海」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
275
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
275
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2003年01月07日
    春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録

    中国初の鉄道連絡船「粤海鉄道1号」が2003年1月7日、海南省南港ふ頭に到着。海をまたぐ粤海鉄道が同日開通し、鉄道で大陸に向かえなかった海南省の歴史に終わりを告げた。(資料写真)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/姜恩宇)=2003(平成15)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040400772

  • 2014年09月04日
    西沙群島巡るクルーズ船の運航、近く再開

    西沙群島を訪れた観光客。(2014年9月4日撮影)中国海南省交通運輸庁は、南中国海の西沙群島を巡るクルーズ船の運航が近く再開されると明らかにした。感染対策と安全対策の統一的な実施が前提となる。クルーズ船「南海の夢」号は12月9日、「長楽公主」号は10日に運航を再開する。(海口=新華社配信)=2014(平成26)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204258

  • 2017年03月02日
    西沙群島巡るクルーズ船の運航、近く再開

    三亜市の鳳凰島国際クルーズ船ターミナルに停泊する「長楽公主」号。(2017年3月2日撮影)中国海南省交通運輸庁は、南中国海の西沙群島を巡るクルーズ船の運航が近く再開されると明らかにした。感染対策と安全対策の統一的な実施が前提となる。クルーズ船「南海の夢」号は12月9日、「長楽公主」号は10日に運航を再開する。(海口=新華社記者/郭程)=2017(平成29)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204234

  • 2017年03月02日
    西沙群島巡るクルーズ船の運航、近く再開

    クルーズ船「長楽公主」号の高級客室。(2017年3月2日撮影)中国海南省交通運輸庁は、南中国海の西沙群島を巡るクルーズ船の運航が近く再開されると明らかにした。感染対策と安全対策の統一的な実施が前提となる。クルーズ船「南海の夢」号は12月9日、「長楽公主」号は10日に運航を再開する。(海口=新華社記者/郭程)=2017(平成29)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204237

  • 2017年06月15日
    春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録

    2017年6月15日、海南省文昌衛星発射センター。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2017(平成29)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040400758

  • 2018年03月23日
    春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録

    2018年3月23日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催地の夜景。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2018(平成30)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040400774

  • 2018年04月01日
    春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録

    全長600キロ余りの海南環状高速道路の工事現場(1999年10月全線開通)で作業する作業員。(資料写真)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/姜恩宇)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040400794

  • 2018年04月11日
    【ボアオ・アジアフォーラム】サブフォーラム「『21世紀海上シルクロード』と汎南中国海経済協力」開催

    ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会のサブフォーラム「『21世紀海上シルクロード』と汎南中国海経済協力」が11日、中国海南省の博鰲(ボアオ)で開催された。(博鰲=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300668

  • 2018年04月11日
    【ボアオ・アジアフォーラム】サブフォーラム「『21世紀海上シルクロード』と汎南中国海経済協力」開催

    11日、会議で発言するマレーシア太平洋研究センターの胡逸山(オー・エイ・スン)首席顧問。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会のサブフォーラム「『21世紀海上シルクロード』と汎南中国海経済協力」が11日、中国海南省の博鰲(ボアオ)で開催された。(博鰲=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300663

  • 2018年04月11日
    【ボアオ・アジアフォーラム】サブフォーラム「『21世紀海上シルクロード』と汎南中国海経済協力」開催

    11日、会議で発言する米国エール大学中国法律センター主任兼教授のポール・ジェワーツ氏。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会のサブフォーラム「『21世紀海上シルクロード』と汎南中国海経済協力」が11日、中国海南省の博鰲(ボアオ)で開催された。(博鰲=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月12日
    習近平氏、南中国海での海上閲兵式に出席

    12日、ミサイル駆逐艦「長沙」で乗組員らと記念撮影を行う習近平氏。中央軍事委員会は12日午前、南中国海海域で盛大な海上閲兵式(観艦式)を行った。人民海軍の新たな姿を内外に示し、強国強軍の実現への堅い信念を奮い立たせた。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が部隊を観閲し、重要演説を行った。(三亜=新華社記者/李剛)=2018(平成30)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300610

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月12日
    習近平氏、南中国海での海上閲兵式に出席

    12日、海上閲兵式で重要演説を行う習近平氏。中央軍事委員会は12日午前、南中国海海域で盛大な海上閲兵式(観艦式)を行った。人民海軍の新たな姿を内外に示し、強国強軍の実現への堅い信念を奮い立たせた。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が部隊を観閲し、重要演説を行った。(三亜=新華社記者/李剛)=2018(平成30)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300611

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月12日
    習近平氏、南中国海での海上閲兵式に出席

    12日、海軍部隊を観閲する習近平氏。中央軍事委員会は12日午前、南中国海海域で盛大な海上閲兵式(観艦式)を行った。人民海軍の新たな姿を内外に示し、強国強軍の実現への堅い信念を奮い立たせた。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が部隊を観閲し、重要演説を行った。(三亜=新華社記者/李剛)=2018(平成30)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300580

  • 2018年04月15日
    「大洋1号」が海上試験のため南中国海に向け出航

    15日、厦門現代埠頭(ふとう)に係留中の科学観測船「大洋1号」。自律型無人潜水機「潜竜3号」を搭載し70名の観測隊員が乗り組んだ科学観測船「大洋1号」が15日、厦門(アモイ)を出航した。南中国海で総合海上試験Bセクション科学観測任務を行う予定。中国で最も先進的な国産無人潜水機「潜竜3号」の初出航ともなる。(科学観測船「大洋1号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041800433

  • 2018年04月15日
    「大洋1号」が海上試験のため南中国海に向け出航

    15日、無人潜水機「潜竜3号」を搭載し厦門を出航した科学観測船「大洋1号」。自律型無人潜水機「潜竜3号」を搭載し70名の観測隊員が乗り組んだ科学観測船「大洋1号」が15日、厦門(アモイ)を出航した。南中国海で総合海上試験Bセクション科学観測任務を行う予定。中国で最も先進的な国産無人潜水機「潜竜3号」の初出航ともなる。(科学観測船「大洋1号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041800436

  • 2018年05月02日
    中国初の深海潜水艇による合同科学調査、南中国海で実施

    リモートコントロール無人潜水艇「海馬」が撮影した海底での合同科学調査の様子。中国地質調査局広州海洋地質調査局は2日、同局の科学調査船「海洋6号」と中国科学院深海科学・工程研究所の科学調査船「探索1号」が4月28日から30日まで、合同科学調査を実施したと発表した。2隻の調査船は期間中、4500メートル級の深海リモートコントロール無人潜水艇「海馬」と深海有人潜水艇「深海勇士」をそれぞれ搭載し、南中国海の珠江口盆地西部海域の海馬冷泉エリアで合同科学調査を行った。(広州=新華社記者/王攀)=2018(平成30)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800220

  • 2018年05月02日
    中国初の深海潜水艇による合同科学調査、南中国海で実施

    リモートコントロール無人潜水艇「海馬」が撮影した海底での合同科学調査の様子。中国地質調査局広州海洋地質調査局は2日、同局の科学調査船「海洋6号」と中国科学院深海科学・工程研究所の科学調査船「探索1号」が4月28日から30日まで、合同科学調査を実施したと発表した。2隻の調査船は期間中、4500メートル級の深海リモートコントロール無人潜水艇「海馬」と深海有人潜水艇「深海勇士」をそれぞれ搭載し、南中国海の珠江口盆地西部海域の海馬冷泉エリアで合同科学調査を行った。(広州=新華社記者/王攀)=2018(平成30)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800219

  • 02:02.66
    2018年08月14日
    「新華社」ビクトリア港で海上シルクロードの文化財展開催

    中国香港特別行政区の香港海事博物館(マリタイムミュージアム)は14日から11月中旬まで、「東西融合13世紀から18世紀の海上シルクロード展」を開催しており、海上シルクロードの美しい文化財を楽しむことができる。展示会は香港海事博物館が主催し、広東省博物館が共同開催している。200点を超える展示物は、いずれも南宋から清初にかけての文化財で、南中国海における最新の水中考古学による発見も含む。展示品は陶磁器、金銀・宝石、シルク、石彫、古書や地図など。この石の碇(いかり)は2016年に香港西貢区の糧船湾から引き上げられたもので、千年以上の歴史を持つ。宋代の船錨の重要な構成部分で、初めて一般に公開される。<映像内容>海上シルクロードの文化財展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801925

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンの公園で遊ぶ人々。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009272

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンで売られているドリアン。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009399

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンで撮影した伝統的な軽食。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009673

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンでとうもろこしを焼く店主。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009443

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンで投網漁をする男性。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009386

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンで撮影した水上集落。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009476

  • 2018年11月18日
    「平和な土地」-ブルネイ

    18日、ブルネイのバンダルスリブガワンを流れるブルネイ川で、手作りの小舟を漕いで遊ぶ男の子。ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、「ダルサラーム」は「平和な土地」を意味する。ボルネオ島(カリマンタン島)の北西部に位置し、北側が南中国海に面するほかは3方をマレーシアに囲まれており、マレーシア・サワラク州のリンバン地区により東西2つの部分に隔てられている。国土面積は5765平方キロメートルで、首都はバンダルスリブガワン。(バンダルスリブガワン=新華社記者/王申)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009669

  • 02:55.36
    2018年12月27日
    「新華社」石峁遺跡:現代人の想像を超える4千年前の出土品

    中国陝西省楡林(ゆりん)市神木(楡林市の管轄下にある県級市)高家堡鎮石峁村にある石峁(シーマオ)遺跡は総面積400万平方メートルを超え、北京の故宮の約5倍に相当する。この4千年余り前の神秘的な都市遺跡で、2011年から考古学研究者による全面的な発掘調査が始まっている。精緻な造形美を誇る玉器、今にも動き出しそうな陶製の鷹、それぞれ異なった表情を持つ石に彫られた人の顔、今でも吹き鳴らせる口琴、4千年以上を経た骨笛。現代の芸術品にも劣らない精巧な美しさを持つこれら太古の文化財は、どれも石峁遺跡から出土したものだ。大量に出土した文化財は、石峁という有史以前の都市の巨大な規模だけでなく、都市が豊かに繁栄していたことも示している。さらに意外なことに、石峁遺跡からは陝西省北部には明らかに生息していない、千里の彼方でしか見つからないはずのヨウスコウワニの皮骨板やダチョウの卵殻、南中国海の貝、水晶製品、アジア象の象牙製品などが出土している。これは当時の石峁人が盛んに交流していたことを証明するものと考えられている。これまでに発掘された出土品からは、この先史時代の神秘的な都市の支配者が特定できていない。このことがまた、陝北高原に位置する石積みの城郭都市の神秘性をさらに高めている。(記者/孫正好、李亜楠、梁愛平)<映像内容>石峁遺跡の発掘の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400136

  • 2019年01月01日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    偏西風海域で海面にブイを投入する観測隊員。(1月1日撮影)中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社配信/中国第35次南極科学観測隊提供)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:中国第35次南極科学観測隊/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801026

  • 2019年01月03日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    中国初の南極雪中プロジェクトの施設を建設する観測隊員。(1月3日撮影)中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社配信/中国第35次南極科学観測隊提供)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:中国第35次南極科学観測隊/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801033

  • 2019年01月07日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    極地水中ロボット実験を行う科学観測隊員。(1月7日撮影)中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社配信/中国第35次南極科学観測隊提供)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:中国第35次南極科学観測隊/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801061

  • 2019年01月16日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    オキアミのサンプルを収集する観測隊員。(1月16日撮影)中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社配信/中国第35次南極科学観測隊提供)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:中国第35次南極科学観測隊/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019031801035

  • 2019年01月29日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    中国の南極中山基地で完成した氷床空港の雪面滑走路。(1月29日撮影)中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社配信/中国第35次南極科学観測隊提供)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:中国第35次南極科学観測隊/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019031801072

  • 2019年03月05日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    5日、「雪竜号」から撮影した南中国海の夕焼け。中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100331

  • 2019年03月05日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    5日、「雪竜号」から撮影した南中国海の夕日。中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100302

  • 2019年03月06日
    極地調査船「雪竜号」が南中国海入り数々の成果を乗せ一路祖国へ

    6日、南中国海を航行する「雪竜号」。中国第35次南極科学観測隊員を乗せた極地科学調査船「雪竜号」は6日現在、南中国海を航行しており、あと6日で上海の中国極地観測国内基地埠頭に帰還する。観測隊は今回の科学調査で、南極の過酷な自然環境の試練を受け、「雪竜号」の氷山接触による幾多の困難をも乗り越え、重要な成果を多く獲得した。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100260

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海など海域が夏季休漁期入り

    1日、山東省煙台市芝罘(しふう)島東口漁港で、網具を整理して休漁に備える漁民。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(煙台=新華社配信/唐克)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703222

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海など海域が夏季休漁期入り

    1日、福建省福州市連江県の北茭(ほっこう)漁港で休漁漁船を検査する同県の海洋・漁業部門係官。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703243

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海など海域が夏季休漁期入り

    1日、福建省福州市連江県の黄岐(こうき)中心漁港に停泊する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703183

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海など海域が夏季休漁期入り

    1日、福建省福州市連江県の黄岐(こうき)中心漁港に停泊する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703188

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海などの海域が夏季休漁期入り

    1日、福建省福州市連江県の黄岐(こうき)中心漁港に停泊する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200369

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海など海域が夏季休漁期入り

    1日、山東省煙台市芝罘(しふう)島東口漁港で、休漁期に入り続々と帰港する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(煙台=新華社配信/唐克)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703255

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海など海域が夏季休漁期入り

    1日、浙江省台州市の金清大港で休漁期に入り帰港する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(台州=新華社配信/梁敏慧)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703139

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海などの海域が夏季休漁期入り

    1日、福建省福州市連江県の北茭(ほっこう)漁港で休漁漁船を検査する同県の海洋・漁業部門係官。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200303

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海などの海域が夏季休漁期入り

    1日、山東省煙台市芝罘(しふう)島東口漁港で、網具を整理して休漁に備える漁民。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(煙台=新華社配信/唐克)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200355

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海などの海域が夏季休漁期入り

    1日、山東省煙台市芝罘(しふう)島東口漁港で、休漁期に入り続々と帰港する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(煙台=新華社配信/唐克)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200399

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海などの海域が夏季休漁期入り

    1日、福建省福州市連江県の黄岐(こうき)中心漁港に停泊する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200392

  • 2019年05月01日
    中国の渤海、黄海などの海域が夏季休漁期入り

    1日、浙江省台州市の金清大港で休漁期に入り帰港する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海と北緯12度以北の南中国海海域は5月1日から、今年の夏季休漁期に入った。(台州=新華社配信/梁敏慧)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200286

  • 01:51.78
    2019年05月10日
    「新華社」南中国海海域で珍しいクジラやイルカを発見

    14日間にわたり総距離2500キロを航行した「2019年中国科学院南海深海潜水鯨類科学観測」の船が10日、海南省三亜市に無事戻った。南中国海関連海域で深海と遠洋のクジラ類科学観測が行われたのは今回が初めて。調査員は同海域でマッコウクジラやスジイルカなど、さまざまな珍しいクジラやイルカの個体群を発見、記録した。マッコウクジラとオウギハクジラの個体群では母子のペアを観察したことで、これらの定住群が存在する可能性が極めて高いことが明らかになった。こうした発見は、南中国海のクジラ類、特に深海のクジラ類研究の空白を埋めた。観測結果は、南中国海海域では深海や遠洋のクジラ類個体種に多様性があることを示しており、同海域での今後のさらなる研究や、相応の生態保護措置の制定、クジラ類保護を目的とした産業開発(ホエールウォッチングなど)を進める上で大きな意味を持っている。南中国海は中国でクジラ類の生物多様性が最も豊かな海域だが、マッコウクジラやオウギハクジラなどの個体群の存在やその生息海域については、世界的な研究テーマとなっている。(記者/王軍鋒、劉鄧)<映像内容>「2019年中国科学院南海深海潜水鯨類科学観測」の成果、クジラやイルカの撮影、撮影日:2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402237

  • 2019年08月16日
    南中国海で漁解禁広東省陽江市

    16日、出航の準備をする漁船。(小型無人機から)中国広東省陽江市にある海陵島で15、16両日、第17回南中国海(陽江)開漁祭が行われた。南中国海の今年の禁漁期が16日に明け、漁民の船上での作業が再び始まり、広い海へ出航していった。(陽江=新華社記者/周自揚)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900543

  • 2019年08月16日
    南中国海で漁解禁広東省陽江市

    16日、漁港に停泊し、出航の準備をする漁船。中国広東省陽江市にある海陵島で15、16両日、第17回南中国海(陽江)開漁祭が行われた。南中国海の今年の禁漁期が16日に明け、漁民の船上での作業が再び始まり、広い海へ出航していった。(陽江=新華社記者/周自揚)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900615

  • 2019年08月16日
    南中国海で漁解禁広東省陽江市

    16日、出航の準備をする漁船。(小型無人機から)中国広東省陽江市にある海陵島で15、16両日、第17回南中国海(陽江)開漁祭が行われた。南中国海の今年の禁漁期が16日に明け、漁民の船上での作業が再び始まり、広い海へ出航していった。(陽江=新華社記者/周自揚)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900508

  • 2019年08月16日
    南中国海で漁解禁広東省陽江市

    16日、出航の準備をする漁船。(小型無人機から)中国広東省陽江市にある海陵島で15、16両日、第17回南中国海(陽江)開漁祭が行われた。南中国海の今年の禁漁期が16日に明け、漁民の船上での作業が再び始まり、広い海へ出航していった。(陽江=新華社記者/周自揚)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900590

  • 2019年08月16日
    南中国海で漁解禁広東省陽江市

    16日、開漁祭で獅子舞を披露する役者。中国広東省陽江市にある海陵島で15、16両日、第17回南中国海(陽江)開漁祭が行われた。南中国海の今年の禁漁期が16日に明け、漁民の船上での作業が再び始まり、広い海へ出航していった。(陽江=新華社記者/周自揚)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900470

  • 2019年08月16日
    南中国海で漁解禁広東省陽江市

    16日、見送りの家族や親友に手を振る漁民。中国広東省陽江市にある海陵島で15、16両日、第17回南中国海(陽江)開漁祭が行われた。南中国海の今年の禁漁期が16日に明け、漁民の船上での作業が再び始まり、広い海へ出航していった。(陽江=新華社記者/周自揚)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900591

  • 01:08.99
    2019年09月16日
    「新華社」東中国海で漁解禁

    中国浙江省の農業部門によると、東中国海で16日正午、4カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。同省寧波市などでは同日、地元政府や漁民が出漁に向け十分な準備作業を行っていた。象山県の石浦港では正午に2千艘以上の鋼製漁船が東中国海に向けて出漁した他、一部の地域では、伝統色に富んだ文化イベントや海の儀式、千人海鮮宴などが開かれ、中国内外から訪れた多くの観光客に、中国海洋漁業文化の独特の魅力を体感させた。漁解禁に際し、地元の漁業管理部門は、港と海上で漁船の取り締まりと是正を結び付けた方式を採用。漁船の免許携帯、安全救命、消防設備、船舶位置情報システムの整備・使用状況を逐一検査し、問題のある船が作業するのを防ぎ、出漁中の操業の安全を確保した。中国では海洋漁業資源と生態環境を保護するために禁漁期を設けており、毎年5月1日から中国渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海(北部湾含む)海域で禁漁期に入る。禁漁対象には釣り具以外の全ての漁と、操業漁船に付帯して作業を行う操業補助船が含まれる。(記者/夏亮、顧小立)<映像内容>東中国海で漁解禁、出漁の様子、撮影日:2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700784

  • 2019年12月21日
    西沙群島巡るクルーズ船の運航、近く再開

    クルーズ船「南海の夢」号。(小型無人機から、2019年12月21日撮影)中国海南省交通運輸庁は、南中国海の西沙群島を巡るクルーズ船の運航が近く再開されると明らかにした。感染対策と安全対策の統一的な実施が前提となる。クルーズ船「南海の夢」号は12月9日、「長楽公主」号は10日に運航を再開する。(海口=新華社記者/郭程)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204204

  • 2020年03月10日
    中国の科学調査船「探索1号」が出航

    10日、有人潜水艇「深海勇士」号を載せ、三亜崖州湾科技城の南山港から出航した科学調査船「探索1号」。有人潜水艇「深海勇士」号を載せた中国科学院の科学調査船「探索1号」が10日、海南省の三亜崖州科技城の南山港ふ頭から出航し、航海番号TS16の科学調査の任務に就いた。今回の航海では、南中国海の海山と峡谷地帯の生態、地質および環境汚染の状況を調査対象とし、プラスチック汚染と海山の生態系の潜水調査とサンプル採取を行い、相応の深海潜水科学研究成果を取得することを総目標としている。(三亜=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603673

  • 2020年03月10日
    中国の科学調査船「探索1号」が出航

    10日、科学調査船「探索1号」に載せられた有人潜水艇「深海勇士」号。有人潜水艇「深海勇士」号を載せた中国科学院の科学調査船「探索1号」が10日、海南省の三亜崖州科技城の南山港ふ頭から出航し、航海番号TS16の科学調査の任務に就いた。今回の航海では、南中国海の海山と峡谷地帯の生態、地質および環境汚染の状況を調査対象とし、プラスチック汚染と海山の生態系の潜水調査とサンプル採取を行い、相応の深海潜水科学研究成果を取得することを総目標としている。(三亜=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603694

  • 2020年03月10日
    中国の科学調査船「探索1号」が出航

    10日、見送りの人に手を振る「探索1号」の科学調査隊員。有人潜水艇「深海勇士」号を載せた中国科学院の科学調査船「探索1号」が10日、海南省の三亜崖州科技城の南山港ふ頭から出航し、航海番号TS16の科学調査の任務に就いた。今回の航海では、南中国海の海山と峡谷地帯の生態、地質および環境汚染の状況を調査対象とし、プラスチック汚染と海山の生態系の潜水調査とサンプル採取を行い、相応の深海潜水科学研究成果を取得することを総目標としている。(三亜=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603663

  • 2020年03月10日
    中国の科学調査船「探索1号」が出航

    10日、科学調査船「探索1号」に載せられた有人潜水艇「深海勇士」号。有人潜水艇「深海勇士」号を載せた中国科学院の科学調査船「探索1号」が10日、海南省の三亜崖州科技城の南山港ふ頭から出航し、航海番号TS16の科学調査の任務に就いた。今回の航海では、南中国海の海山と峡谷地帯の生態、地質および環境汚染の状況を調査対象とし、プラスチック汚染と海山の生態系の潜水調査とサンプル採取を行い、相応の深海潜水科学研究成果を取得することを総目標としている。(三亜=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801428

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:42.98
    2020年04月15日
    「新華社」中国の海難救助船「南海救115」、南沙群島での任務終え帰港

    中国交通運輸部南海救助局の海難救助船「南海救115」が15日午前、南中国海の島しょ・岩礁での海難救助緊急監視任務を終え、海南省の三亜基地に帰港した。今回の任務は1月10日に始まり、97日間続いた。南海救助局が南沙群島の島しょ・岩礁での監視任務を常態化させて以降、7度目の任務となった。今回の任務期間は新型コロナウイルス感染対策期間と重なったため、「南海救115」は同海域の特徴と感染防止任務の要求に基づき、救助・監視活動を着実に実施するとともに、船舶の各種感染対策を徹底した。同船は今回の任務で、南部海域において4回の救助活動を実施した。(記者/周旋、郭良川)<映像内容>中国の海難救助船が三亜基地に帰港、撮影日:2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003734

  • 2020年04月30日
    中国、5月1日から東中国海などで夏季休漁期入り

    4月30日、大連湾漁港の埠頭で、休漁期に入る漁船から漁具を下ろす漁業関係者。中国の渤海、黄海、東中国海及び北緯12度以北の南中国海海域で5月1日から、夏季休漁期に入った。夏季休漁制度は中国における最も重要で影響力のある漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を推進する強力な措置となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804761

  • 2020年04月30日
    中国、5月1日から東中国海などで夏季休漁期入り

    4月30日、大連湾漁港の埠頭で、休漁期に入る漁船から漁具を下ろす漁業関係者。中国の渤海、黄海、東中国海及び北緯12度以北の南中国海海域で5月1日から、夏季休漁期に入った。夏季休漁制度は中国における最も重要で影響力のある漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を推進する強力な措置となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804716

  • 2020年04月30日
    中国、5月1日から東中国海などで夏季休漁期入り

    4月30日、休漁期を迎え、大連湾漁港の埠頭に停泊する漁船。中国の渤海、黄海、東中国海及び北緯12度以北の南中国海海域で5月1日から、夏季休漁期に入った。夏季休漁制度は中国における最も重要で影響力のある漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を推進する強力な措置となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804770

  • 2020年04月30日
    中国、5月1日から東中国海などで夏季休漁期入り

    4月30日、大連湾漁港の埠頭で、休漁期に入る漁船から漁具を下ろす漁業関係者。中国の渤海、黄海、東中国海及び北緯12度以北の南中国海海域で5月1日から、夏季休漁期に入った。夏季休漁制度は中国における最も重要で影響力のある漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を推進する強力な措置となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804720

  • 2020年06月27日
    2020年度中沙群島総合科学調査終わるオニヒトデ被害拡大

    調査隊員が撮影したサンゴを食べるオニヒトデ。(6月27日撮影)中国科学院南海海洋研究所は6日、中沙群島総合科学調査事業の2020年度総合航海調査任務を先月末に完了したと発表した。今回の調査で、南中国海の島礁でオニヒトデの被害が拡大していることが確認されたという。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204286

  • 2020年06月27日
    2020年度中沙群島総合科学調査終わるオニヒトデ被害拡大

    調査隊員が撮影したサンゴとオニヒトデ。(6月27日撮影)中国科学院南海海洋研究所は6日、中沙群島総合科学調査事業の2020年度総合航海調査任務を先月末に完了したと発表した。今回の調査で、南中国海の島礁でオニヒトデの被害が拡大していることが確認されたという。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204386

  • 2020年06月27日
    2020年度中沙群島総合科学調査終わるオニヒトデ被害拡大

    調査隊員が撮影したオニヒトデ。(6月27日撮影)中国科学院南海海洋研究所は6日、中沙群島総合科学調査事業の2020年度総合航海調査任務を先月末に完了したと発表した。今回の調査で、南中国海の島礁でオニヒトデの被害が拡大していることが確認されたという。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204392

  • 2020年07月10日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    10日、科学調査船上で作業する科学調査隊員。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100691

  • 2020年07月10日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」にゴンドラで乗り移る交代要員。(7月10日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402365

  • 2020年07月11日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    11日、科学調査船上で生物を観察する科学調査隊員。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100629

  • 2020年07月13日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    13日、航行中の科学調査船。(小型無人機から)中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100685

  • 2020年07月14日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」で、設備のペンキの塗り替えをする乗組員。(7月14日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402417

  • 2020年07月15日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    15日、ボートに乗って近距離で生物を観察する科学調査隊員。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/王自強)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100583

  • 2020年07月17日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」の甲板で、到着したヘリから物資を搬出する乗組員。(7月17日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402378

  • 2020年07月18日
    南中国海北部でオキゴンドウを初めて観測

    18日、南中国海北部の海域で撮影したオキゴンドウ。中国の南中国海北部の海域で18日、オキゴンドウ(Pseudorcacrassidens)の群れが観測された。中国の科学研究員が同海域でオキゴンドウを観測・記録したのは今回が初めて。マイルカ科に属するオキゴンドウは国家2級保護動物に指定されている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801056

  • 2020年07月18日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    18日、南中国海海域で撮影したオキゴンドウ(Pseudorcacrassidens)。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100623

  • 2020年07月18日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」の洗濯室で乗組員の作業服を洗濯するスタッフ。(7月18日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402397

  • 2020年07月18日
    南中国海北部でオキゴンドウを初めて観測

    18日、南中国海北部の海域で撮影したオキゴンドウ。中国の南中国海北部の海域で18日、オキゴンドウ(Pseudorcacrassidens)の群れが観測された。中国の科学研究員が同海域でオキゴンドウを観測・記録したのは今回が初めて。マイルカ科に属するオキゴンドウは国家2級保護動物に指定されている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800884

  • 2020年07月18日
    南中国海北部でオキゴンドウを初めて観測

    18日、南中国海北部の海域で撮影したオキゴンドウ。中国の南中国海北部の海域で18日、オキゴンドウ(Pseudorcacrassidens)の群れが観測された。中国の科学研究員が同海域でオキゴンドウを観測・記録したのは今回が初めて。マイルカ科に属するオキゴンドウは国家2級保護動物に指定されている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800923

  • 2020年07月18日
    南中国海北部でオキゴンドウを初めて観測

    18日、南中国海北部の海域で撮影したオキゴンドウ。中国の南中国海北部の海域で18日、オキゴンドウ(Pseudorcacrassidens)の群れが観測された。中国の科学研究員が同海域でオキゴンドウを観測・記録したのは今回が初めて。マイルカ科に属するオキゴンドウは国家2級保護動物に指定されている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800984

  • 2020年07月18日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」で、同僚の散髪をする理容師出身の乗組員。(7月18日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402326

  • 2020年07月19日
    南中国海北部でオキゴンドウを初めて観測

    18日、南中国海北部の海域で撮影したオキゴンドウ。中国の南中国海北部の海域で18日、オキゴンドウ(Pseudorcacrassidens)の群れが観測された。中国の科学研究員が同海域でオキゴンドウを観測・記録したのは今回が初めて。マイルカ科に属するオキゴンドウは国家2級保護動物に指定されている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800899

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したサラワクイルカ。奥の影はコビレゴンドウ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700424

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したコビレゴンドウ。(小型無人機から)中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700477

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したコビレゴンドウ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700542

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したサラワクイルカ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700566

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したサラワクイルカ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700709

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したサラワクイルカ。奥の影はコビレゴンドウ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700456

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したサラワクイルカ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700724

  • 2020年07月20日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    20日、南中国海海域で撮影したコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100582

  • 2020年07月20日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    20日、南中国海海域で撮影したサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100618

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したコビレゴンドウ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700455

  • 2020年07月20日
    中国の南中国海で、マッコウクジラなど鯨類11種を確認

    20日、南中国海海域で一緒に泳ぐサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)とコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)。奥の黒い影がコビレゴンドウ。中国科学院深海科学・工程研究所の海洋哺乳動物・海洋生物声学研究室が組織した「2020年南中国海深海潜行・遠洋鯨類科学調査航海」船が28日、全ての任務を終え、海南省三亜市に無事帰港した。今回の調査では、深海潜行型や遠洋型の鯨類延べ31群、11種を確認した。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100509

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、海面から顔を出したコビレゴンドウ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700445

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したコビレゴンドウ。中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700471

  • 2020年07月20日
    南中国海でコビレゴンドウとサラワクイルカの群れを確認

    20日、南中国海で撮影したコビレゴンドウ。(小型無人機から)中国の科学研究員が20日、南中国海でコビレゴンドウ(Globicephalamacrorhynchus)とサラワクイルカ(Lagenodelphishosei)の群れを撮影した。2種類はいずれも国家2級保護動物に指定されており、2年連続で南中国海を共に泳ぐ姿が確認された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700692

  • 2020年07月21日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」の甲板。(7月21日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402383

  • 2020年07月21日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」の居住エリアで廊下に置かれた作業服。専任者が洗濯し返却する。(7月21日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402319

  • 2020年07月22日
    石油リグ「勘探3号」で見た乗組員の奮闘の日々

    南中国海の北部海域で掘削作業中の「勘探3号」で満面汗まみれになり作業を行う乗組員。(7月22日撮影)中国が1983年に開発した半潜水型の石油掘削設備(リグ)「勘探3号」では、18人の乗組員が12時間交代で働き、海底5千~6千メートルの石油・天然ガス資源の探査を休むことなく実施している。石油リグでは厳しい生活を余儀なくされる。作業は猛烈な暑さの下で行わなければならず、携帯電話の電波も届かない休息時間は無味乾燥にならざるを得ない。乗組員は通常、28日間連続で海上勤務をすると、陸に戻り同じ期間の休暇を取る。勘探3号は運用開始以来、30年余りで160以上の石油・天然ガス井を掘削。多くの海底油田やガス田を発見してきた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402399

  • 2020年07月22日
    測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備

    22日、広州航標処の侖頭基地に停泊する「海巡173」号。中国の設標船「海巡173」号が22日、交通運輸部南中国海航海保障センター広州航標処に正式配備された。(広州=新華社記者/田建川)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700695

  • 1
  • 2
  • 3