KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 南京事件
  • 南京大虐殺記念館
  • 李博
  • 歴史
  • 見学
  • 友人
  • 登録

「南京大屠殺」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
249
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
249
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年12月31日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    左上、右上、左下:1997年、母親と中国を観光する吉川淳子さん。右下:2010年、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を見学する吉川淳子さん。(組み合わせ写真、資料写真)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2010(平成22)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年03月26日
    南京大虐殺の被害者家庭117戸の記録を出版

    南京大虐殺の生存者、常志強(じょう・しきょう)さんに対しマイクロヒストリーの視点に基づいた調査を行う専門家の朱成山(しゅ・せいざん)氏、徐康英(じょ・こうえい)氏、広島大学大学院客員研究員の楊小平氏。(2017年3月26日撮影)中国江蘇省南京市で11日、南京大虐殺の大きな災禍が一般家庭や個人の生活、精神にもたらした深刻な影響を明らかにした「歴史と記憶-南京大虐殺被害者家庭(家族)のマイクロヒストリー調査・研究」が出版された。侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の朱成山(しゅ・せいざん)元館長は、2016年の初めに正式に活動を開始した国家社会科学基金プロジェクト「マイクロヒストリーの視点に基づく南京大虐殺研究」で首席専門家を務めている。研究チームは2020年までに被害者家庭300戸の事例を検討し、南京大虐殺の歴史的事実についてさらに理解を深めるとともに、個人、団体、国家の歴史の記憶を重層的に構成していく。(南京=新華社配信/常小梅)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300631

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年03月26日
    南京大虐殺の被害者家庭117戸の記録を出版

    南京大虐殺の生存者、常志強(じょう・しきょう)さんが描いた絵「愉快な子豚」。(2017年3月26日撮影)中国江蘇省南京市で11日、南京大虐殺の大きな災禍が一般家庭や個人の生活、精神にもたらした深刻な影響を明らかにした「歴史と記憶-南京大虐殺被害者家庭(家族)のマイクロヒストリー調査・研究」が出版された。侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の朱成山(しゅ・せいざん)元館長は、2016年の初めに正式に活動を開始した国家社会科学基金プロジェクト「マイクロヒストリーの視点に基づく南京大虐殺研究」で首席専門家を務めている。研究チームは2020年までに被害者家庭300戸の事例を検討し、南京大虐殺の歴史的事実についてさらに理解を深めるとともに、個人、団体、国家の歴史の記憶を重層的に構成していく。(南京=新華社配信/常小梅)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月02日
    南京大虐殺の被害者家庭117戸の記録を出版

    南京暁荘学院のボランティア、霍方婷(かく・ほうてい)さん、丁伝奇(てい・でんき)さんの取材を受ける南京大虐殺の生存者、薛玉娟(せつ・ぎょくけん)さん。(2017年7月2日撮影)中国江蘇省南京市で11日、南京大虐殺の大きな災禍が一般家庭や個人の生活、精神にもたらした深刻な影響を明らかにした「歴史と記憶-南京大虐殺被害者家庭(家族)のマイクロヒストリー調査・研究」が出版された。侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の朱成山(しゅ・せいざん)元館長は、2016年の初めに正式に活動を開始した国家社会科学基金プロジェクト「マイクロヒストリーの視点に基づく南京大虐殺研究」で首席専門家を務めている。研究チームは2020年までに被害者家庭300戸の事例を検討し、南京大虐殺の歴史的事実についてさらに理解を深めるとともに、個人、団体、国家の歴史の記憶を重層的に構成していく。(南京=新華社配信/金萍萍)=2017(平成29)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300674

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月04日
    南京大虐殺の被害者家庭117戸の記録を出版

    南京暁荘学院のボランティア、涂慧(と・けい)さんの取材を受ける南京大虐殺の生存者、王素明(おう・そめい)さん。(2017年7月4日撮影)中国江蘇省南京市で11日、南京大虐殺の大きな災禍が一般家庭や個人の生活、精神にもたらした深刻な影響を明らかにした「歴史と記憶-南京大虐殺被害者家庭(家族)のマイクロヒストリー調査・研究」が出版された。侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の朱成山(しゅ・せいざん)元館長は、2016年の初めに正式に活動を開始した国家社会科学基金プロジェクト「マイクロヒストリーの視点に基づく南京大虐殺研究」で首席専門家を務めている。研究チームは2020年までに被害者家庭300戸の事例を検討し、南京大虐殺の歴史的事実についてさらに理解を深めることで、個人、団体、国家の歴史の記憶を重層的に構成していく。(南京=新華社配信/金萍萍)=2017(平成29)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300637

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、南京大虐殺の犠牲者に献花する日本の「神戸・南京をむすぶ会(神戸南京心連心会)」訪中団のメンバー。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600324

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、南京大虐殺の犠牲者に献花する市民。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600323

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、南京大虐殺の犠牲者に献花する日本の「神戸・南京をむすぶ会(神戸南京心連心会)」訪中団のメンバー。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600291

  • 2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、国際平和集会で平和の鐘を鳴らす小学生代表。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600306

  • 2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、国際平和集会に参加した小学生と軍人の代表。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600326

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、南京大虐殺の犠牲者に献花する日本の「神戸・南京をむすぶ会(神戸南京心連心会)」訪中団のメンバー。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月15日
    抗日戦争勝利73周年を記念する国際平和集会、南京で開催

    15日、南京大虐殺の犠牲者に献花する軍人代表。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で15日、「国旗を掲げ、平和の鐘を鳴らす」式典型イベントが行われた。日本や米国、タイなどから訪れた世界の友人や各界代表が共に黙祷をささげ、犠牲者を追悼するとともに、平和を祈願した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月21日
    南京大屠殺遇難同胞記念館で追悼式

    21日、生存者写真展示壁にある祝四孜さん、呂金宝さんの写真の照明を消し、献花する侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館のスタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で21日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者祝四孜さん、呂金宝さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月21日
    南京大屠殺遇難同胞記念館で追悼式

    21日、祝四孜さん(写真展示壁の最下列左端)呂金宝さん(同左から2人目)の遺影に頭を下げる遺族と侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館のスタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で21日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者祝四孜さん、呂金宝さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317275

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月03日
    平和の鐘響く南京市

    3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で「平和の鐘打鐘式」に参加する社会各界から集まった人々。中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利73周年記念日を迎えた3日、中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で「平和の鐘打鐘式」が行われた。社会各界の代表が参加し、共に平和の鐘を鳴らし、平和を祈った。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090419994

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月03日
    平和の鐘響く南京市

    3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の「平和の鐘打鐘式」で黙祷する社会各界から集まった人々。中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利73周年記念日を迎えた3日、中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で「平和の鐘打鐘式」が行われた。社会各界の代表が参加し、共に平和の鐘を鳴らし、平和を祈った。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090420260

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、慰霊活動に参加した南京大虐殺生存者の余昌祥さん(前列右から2人目)と石秀英さん(前列左から2人目)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120620042

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、家族を連れて線香を上げ、犠牲となった家族を慰霊する南京大虐殺生存者の余昌祥さん(左から2人目)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619973

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、家族を連れて犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で、犠牲となった家族をしのぶ南京大虐殺生存者の石秀英さん(手前)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、慰霊活動に参加した南京大虐殺生存者の余昌祥さん(前列右)と石秀英さん(前列左)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619764

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、線香を上げ、犠牲となった家族を慰霊する南京大虐殺生存者の石秀英さん。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120620072

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、家族を連れて犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で、ひざまずいて拝礼する南京大虐殺生存者の余昌祥さん(右から2人目)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619990

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、慰霊活動で犠牲となった家族への手紙を読み上げる南京大虐殺生存者の余昌祥さん。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120620064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、家族を連れて犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花する南京大虐殺生存者の石秀英さん(手前)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、家族を連れて線香を上げ、犠牲となった家族を慰霊する南京大虐殺生存者の石秀英さん(右)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619813

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月03日
    南京大虐殺犠牲者遺族による慰霊始まる

    3日、家族を連れて犠牲となった家族を拝礼する南京大虐殺生存者の余昌祥さん(前列右から2人目)。中国の5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に、犠牲者の遺族による慰霊活動が3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で始まった。最初の一陣として慰霊活動に参加した大虐殺生存者の余昌祥(よ・しょうしょう)さん、石秀英(せき・しゅうえい)さんがそれぞれ家族を連れ、記念館内の犠牲者の名前を刻んだ「嘆きの壁」の前で献花をし、線香を上げ、ひざまずいて拝礼し、手紙を読み上げるなどして犠牲となった家族を慰霊した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120620076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼式で、亡くなった陳広順さん、王秀英さん、趙金華さんに対し哀悼の意をささげる遺族と紀念館のスタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021112

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼式で、亡くなった陳広順さん、王秀英さん、趙金華さんに対し哀悼の意をささげる遺族と紀念館のスタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、南京大虐殺の生存者、趙金華さんの遺影の前で母の死を悼む娘の趙敏(ちょう・びん)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼式の中で照明が消された、生存者写真展示壁にある陳広順さん(最下列左端)、王秀英さん(同左から2人目)、趙金華さん(同左から3人目)の写真。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、南京大虐殺の生存者、趙金華さんの遺影の前で母の死を悼む娘の趙敏(ちょう・びん)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021223

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、南京大虐殺の生存者、趙金華さんの遺影の前で母の死を悼む娘の趙敏(ちょう・びん)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021077

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、生存者写真展示壁にある陳広順さん、王秀英さん、趙金華さんの遺影に献花する侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館のスタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月06日
    南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼会虐殺生存者3人の死去受け

    6日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼式の中で照明が消された、生存者写真展示壁にある陳広順さん(最下列左から4人目)、王秀英さん(同左から5人目)、趙金華さん(同左から6人目)の写真。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で6日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、王秀英(おう・しゅうえい)さん、趙金華(ちょう・きんか)さん、陳広順(ちん・こうじゅん)さんの写真の消灯と追悼の儀式が行われた。館内の生存者写真展示壁にある3人の写真の照明が儀式の中で消され、紀念館スタッフや遺族などが共に黙祷、献花し、死を悼んだ。紀念館によると、今年すでに20人の生存者が亡くなったという。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021215

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で、「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式で平和の象徴であるハトを放つ参加者。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314059

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で、「南京大屠殺遇難者紀念碑」に献花する同国連邦議会の華人議員、関慧貞(かん・けいてい)氏(左)と譚耕(たん・こう)氏。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314224

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で撮影した「南京大屠殺遇難者紀念碑」。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121313941

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で、「南京大屠殺遇難者紀念碑」に献花する人々。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121313959

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月10日
    南京市大虐殺犠牲者遺族による追悼活動を実施

    10日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館にある「嘆きの壁」に刻まれた犠牲となった家族の名前を筆でなぞる南京大虐殺の生存者、夏淑琴(か・しゅくきん)さん。南京大虐殺犠牲者の遺族による追悼活動が10日、中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で行われた。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223437

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月10日
    南京市大虐殺犠牲者遺族による追悼活動を実施

    10日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館にある「嘆きの壁」の前で献花する南京大虐殺の生存者、夏淑琴(か・しゅくきん)さん。南京大虐殺犠牲者の遺族による追悼活動が10日、中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で行われた。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223442

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月10日
    南京市大虐殺犠牲者遺族による追悼活動を実施

    10日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館にある「嘆きの壁」の前で、父親の佘培庚(しゃ・ばいこう)さんの遺影を手に故人を偲ぶ南京大虐殺犠牲者の遺族、佘文彬(しゃ・ぶんひん)さん。南京大虐殺犠牲者の遺族による追悼活動が10日、中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館で行われた。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223432

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月13日
    南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式南京で開催

    13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式の様子。5回目となる中国の南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式(追悼式)が南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420570

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月13日
    南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式南京で開催

    13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式で放たれた平和を象徴するハト。5回目となる中国の南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式(追悼式)が南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420560

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月13日
    南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式南京で開催

    13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式の様子。5回目となる中国の南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式(追悼式)が南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月13日
    南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式南京で開催

    13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式で放たれた平和を象徴するハト。5回目となる中国の南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた13日、南京大虐殺犠牲者国家公祭儀式(追悼式)が南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420562

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:28.83
    2018年12月27日
    「新華社」今年21人目、南京大虐殺の生存者、賈宗君さんが永眠

    中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は27日、南京大虐殺の生存者だった賈宗君(か・そうくん)さんが26日午後7時8分に亡くなったと明らかにした。90歳だった。今年亡くなった南京大虐殺の生存者は21人になった。南京大虐殺の生存者は当時の歴史の生き証人だが、時の流れと共に、存命の生存者は徐々に少なくなっている。統計によると、登録されている南京大虐殺の生存者は100人に満たない。13日に正式に施行された「南京市国家公祭保障条例」は、市と各区の人民政府が南京大虐殺の生存者の生活を支援するよう定めたほか、社会各界がさまざまな方法で生存者を思いやることを奨励している。(記者/夏鵬)<映像内容>南京大虐殺記念館の献花の様子や風景など、撮影日:2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501688

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、犠牲者に献花する吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館内を歩く吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902111

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、来場者に説明する吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902141

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    (23)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、来場者に説明する吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、来場者に説明する吉川淳子さん(右)。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、収集した「慰安婦」関連の新聞を見せる吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、犠牲者に献花する吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902058

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、館員の蘆鵬(ろ・ほう)さん(右)と話し合う吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、来場者に説明する吉川淳子さん(左)。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館内を見る吉川淳子さん(右)。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、来場者に説明する吉川淳子さん。(3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902140

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、来場者に説明する吉川淳子さん(右から2人目、3月7日撮影)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学で、吉川淳子さん(左端)に草本植物の見分け方について教える薬学院教員の束暁雲(そく・ぎょううん)氏(左から2人目)。(小型無人機から)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学の図書館で、医学書を読む吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902080

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    (21)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学の食堂で、食事の前に写真を撮る吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    (22)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学の薬草園で、吉川淳子さん(左)に草本植物の見分け方について教える薬学院教員の束暁雲(そく・ぎょううん)氏。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京市の公園で、市民の張さんと一緒にダンスをする吉川淳子さん(左)。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学でカッピングを練習する吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学の食堂で、料理をトレーにのせる吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902105

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    (26)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京市の公園で、市民の張さんと一緒にダンスをする吉川淳子さん(手前左)。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    (24)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京市の公園で、市民の張さんと一緒にダンスをする吉川淳子さん(左)。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    (27)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学国医堂で、吉川淳子さん(右)に鍼灸を教える医師の許沈娟(きょ・しんけん)氏。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学国医堂で、医師の許沈娟(きょ・しんけん)氏(右)に鍼灸を教わる吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902063

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    (25)南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学でカッピングを練習する吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902089

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学で、大学1年生の王怡(おう・い)さん(左)、陳煒嘉(ちん・いか)さん(中央)と話し合う吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学国医堂で、吉川淳子さんに鍼灸を教える劉農虞(りゅう・のうぐ)教授。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902158

  • 2019年04月03日
    清明節に先立ち南京大虐殺犠牲者を追悼

    3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で献花する2人の学生。先祖を祭る中国の伝統的な祭日、清明節(今年は4月5日)を控えた3日、社会各界の人々が江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れ、犠牲者をしのび、哀悼の意をささげた。(南京=新華社配信/蘇陽)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500789

  • 2019年04月03日
    清明節に先立ち南京大虐殺犠牲者を追悼

    3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、犠牲者に黙とうする人々。先祖を祭る中国の伝統的な祭日、清明節(今年は4月5日)を控えた3日、社会各界の人々が江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れ、犠牲者をしのび、哀悼の意をささげた。(南京=新華社配信/蘇陽)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500738

  • 2019年04月03日
    清明節に先立ち南京大虐殺犠牲者を追悼

    3日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で、犠牲者に黙とうする生徒たち。先祖を祭る中国の伝統的な祭日、清明節(今年は4月5日)を控えた3日、社会各界の人々が江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れ、犠牲者をしのび、哀悼の意をささげた。(南京=新華社配信/蘇陽)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040500758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼行事で、白い菊を手にお辞儀して犠牲者を黙とうする人々。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社配信/侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館提供)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた南京大虐殺の記憶継承行動開始式典で、巻物に署名する生存者の子孫。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社配信/侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館提供)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223653

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼行事で発言する松岡環さん。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社配信/侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館提供)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223654

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼行事で南京大虐殺の生存者を代表して発言する葛道栄(かつ・どうえい)さん。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社配信/侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館提供)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223637

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、寄付した来場者に白い菊を手渡す南京侵華日軍被害者援助協会の職員。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700395

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で行われた追悼行事で南京大虐殺の生存者、夏淑琴(か・しゅくきん)さん(左)と声を掛ける松岡環さん(手前)。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700516

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    南京大虐殺犠牲者遺族が追悼行事生存者子孫による記憶継承行動も開始

    5日、江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で犠牲者を追悼する行事が行われた。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節を迎えた5日、南京大虐殺の生存者と犠牲者の遺族約70人が江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼行事を行った。登録されている生存者はわずか85人。追悼行事の現場では、南京大虐殺生存者の子孫による記憶継承行動も併せて始まった。紀念館は生存者に対して大規模な調査を行い、子孫を見つけ、南京大虐殺の歴史的記憶を受け継ぐためのバトンを引き継いでいこうと考えている。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700365

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、瀏陽市の山あいにある自宅で車椅子に座る陳美英さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202072

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、陳美英さんの着替えを手伝う三男の黄啓亮(こう・けいりょう)さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202070

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、瀏陽市の山あいにある自宅で車椅子に座る陳美英さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202118

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、瀏陽市の山あいにある自宅で車椅子に座る陳美英さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202076

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、瀏陽市の山あいにある自宅で車椅子に座る陳美英さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202063

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、瀏陽市の山あいにある自宅で車椅子に座る陳美英さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202016

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、瀏陽市の山あいにある自宅で車椅子に座る陳美英さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202052

  • 2019年04月15日
    日本軍「慰安婦」制度被害者を新たに確認湖南省在住の93歳

    15日、陳美英さんの着替えを手伝う三男の黄啓亮(こう・けいりょう)さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館と南京利済港慰安所旧跡陳列館の職員がこのほど、湖南省瀏陽(りゅうよう)市在住の93歳の陳美英(ちん・びえい)さんを日本軍の「慰安婦」制度被害者と新たに確認した。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月11日
    南京大虐殺の被害者家庭117戸の記録を出版

    11日、スピーチするボランティア代表の金萍萍(きん・へいへい)さん。中国江蘇省南京市で11日、南京大虐殺の大きな災禍が一般家庭や個人の生活、精神にもたらした深刻な影響を明らかにした「歴史と記憶-南京大虐殺被害者家庭(家族)のマイクロヒストリー調査・研究」が出版された。侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の朱成山(しゅ・せいざん)元館長は、2016年の初めに正式に活動を開始した国家社会科学基金プロジェクト「マイクロヒストリーの視点に基づく南京大虐殺研究」で首席専門家を務めている。研究チームは2020年までに被害者家庭300戸の事例を検討し、南京大虐殺の歴史的事実についてさらに理解を深めることで、個人、団体、国家の歴史の記憶を重層的に構成していく。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300661

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、万秀英(享年91歳)さんの遺影の前で哀悼を捧げる末娘の倪紅英(げい・こうえい)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、館内の南京大虐殺生存者写真展示壁に掛けられた万秀英(享年91歳)さんの写真の照明を消す紀念館の作業スタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、万秀英(享年91歳)さんの遺影を拭く末娘の倪紅英(げい・こうえい)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211052

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、写真の消灯と追悼の儀式に参加する万秀英(享年91歳)さんの親族と紀念館のスタッフ。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、万秀英(享年91歳)さんの遺影の前で哀悼を捧げる親族。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、万秀英(享年91歳)さんの遺影を拭く末娘の倪紅英(げい・こうえい)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211072

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、万秀英さんの遺影に一礼する紀念館のスタッフと万秀英(享年91歳)さんの親族。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、写真の消灯と追悼の儀式で話をする万秀英(享年91歳)さんの長女の夫、劉忠麟(りゅう・ちゅうりん)さん。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月31日
    南京大虐殺生存者万秀英さんが死去侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で追悼式

    7月31日、万秀英(享年91歳)さんが生前に使用していた物品を紀念館に寄贈する万さんの長女の夫、劉忠麟(りゅう・ちゅうりん)さん(右)。中国江蘇省南京市にある侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は7月31日、先ごろ死去した南京大虐殺の生存者、万秀英(ばん・しゅうえい)さんの写真の消灯と追悼の儀式を開催した。南京侵華日軍被害者援助協会に登録されている生存者は82人となった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211066

  • 1
  • 2
  • 3