KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 中国武術
  • 拳術
  • 内容
  • 平成
  • ひつぎ
  • 価値
  • 全国重点文物保護単位
  • 博物館

「南少」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年04月03日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    泉州少林寺の屋根の上で組み手を練習する僧侶。(2018年4月3日撮影)中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706708

  • 2018年04月03日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    泉州少林寺の屋根の上で拳術の一種、少林五祖拳を披露する僧侶。(2018年4月3日撮影)中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706711

  • 2018年04月03日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    泉州少林寺の屋根の上で武術の稽古をする僧侶。(2018年4月3日撮影)中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706987

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、地術拳の演技「朝天蹬」(チャオ・ティエン・ダン)を披露するニールさん。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101301

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、福建省福州市実験小学校で、子供と一緒に地術拳の練習をするニールさん(右から3人目)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101304

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、福建省福州市実験小学校で、地術拳を披露するニールさん。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101314

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、英国人のマット・ブルックスさんと打ち合うニールさん(右)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101265

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、福建省福州市実験小学校で、英国の友人や子供らと一緒に行う地術拳の準備をするニールさん(右端)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101267

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、ニールさん(左)に地術拳の関節技を教える林在培氏。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101323

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、福建省福州市実験小学校で、林在培氏と林氏の弟子たちと一緒に記念撮影をするニールさん(左から4人目)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101256

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、中国の友人と一緒に地術拳の基本技術を練習するニールさん(左)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101292

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、英国人のマット・ブルックスさんと打ち合うニールさん(右)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101253

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、英国人のマット・ブルックスさんと打ち合うニールさん(右)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101320

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、福建省福州市実験小学校で、地術拳を教えるニールさん(右から2人目)。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101331

  • 2019年04月03日
    英国人武術愛好家ニールさん、中国カンフーとの出会い福建省福州市

    3日、福建省福州市実験小学校で共に地術拳を学ぶニールさんと共に訪中した英国人のアリ・キャナルズさん。英国人のニール・ジョンソンさんは、2007年に初めて中国の福建省福州市を訪れ、福建南少林地術拳の代表的継承者の林在培(りん・ざいばい)氏と武術交流を行い、国家級無形文化遺産「地術拳」に魅力を感じ、強い印象を受けた。地術拳は、「地術犬法」や「狗拳(犬拳)」とも呼ばれ、福建省の7大拳法の1つ。明代末期から清代初期に始まったと伝えられている。2008年、ニールさんは同市を再訪し、林在培氏に正式に入門し地術拳を学んだ。彼は、中国武術に特別な思い入れがあり、志を同じくする英国人と共に毎年林氏の元を訪れ、拳術の腕を磨いている。ニールさんは英国で多くの武術クラブを開設し、230人以上に地術拳などの中国伝統武術を指導している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101297

  • 2019年07月05日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    5日、泉州少林寺内で建物の壁を走る練習をする僧侶。中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706694

  • 2019年07月05日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    5日、泉州少林寺で頭倒立を練習する僧侶。中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706653

  • 2019年07月05日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    5日、泉州少林寺で頭倒立を練習する僧侶。中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706643

  • 2019年07月05日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    5日、泉州少林寺で拳術の一種、少林五祖拳を披露する僧侶。中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706733

  • 2019年07月05日
    南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    5日、泉州少林寺で組み手の練習をする僧侶。中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(泉州=新華社配信/釈理剛)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706655

  • 00:54.49
    2019年07月17日
    「新華社」南派少林拳発祥の地、泉州少林寺を訪ねて

    中国福建省泉州(せんしゅう)市の清源山の東岳山麓に位置する泉州少林寺は、正式名称を鎮国東禅寺といい、別名「南少林寺」とも呼ばれ「南派少林拳」発祥の地として知られている。史料によると、泉州少林寺は唐代に建立が始まり、すでに千年以上の歴史がある。五祖拳、白鶴拳、五節花拳、五枚花拳などの拳術で構成される南派少林拳は、福建、台湾、広東、香港、マカオなどの地域に広まり、さらには東南アジアや日本、オーストラリア、欧米など多くの国や地域にも伝わり、大きな影響を与えている。(記者/魏培全)<映像内容>南派少林拳発祥の地のトレーニングの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707085

  • 2019年11月18日
    2019ISSFライフル・ピストルW杯ファイナル、福建省で開幕

    18日、開幕式でパフォーマンス「中華好児孫」を披露する莆田市南少林武僧団。中国福建省莆田(ほでん)市で18日、2019国際射撃連盟(ISSF)ライフル・ピストルワールドカップ(W杯)ファイナルの開幕式が開かれた。今大会には34カ国・地域から選手115人が参加する。(莆田=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102137

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の老鷹崖にある僰人懸棺。(4月29日、小型無人機から撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703457

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の老鷹崖にある僰人懸棺。ひつぎとくいの多くは既に朽ち果て、岩壁の穴だけが残っている。(4月29日、小型無人機から撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703467

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日、小型無人機から撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703478

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の珍珠傘にある僰人懸棺。重なるように配置されているのが特徴。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703488

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。ひつぎとくいの多くは既に朽ち果て、岩壁の穴だけが残っている。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703365

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。岩壁には岩絵がある。(4月29日、小型無人機から撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703419

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703477

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。岩壁には岩絵がある。(4月29日、小型無人機から撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703359

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703496

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703514

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703516

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703493

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県洛表鎮麻塘壩の九盞灯(きゅうさんとう)にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703372

  • 2020年04月29日
    懸棺葬の博物館、四川省珙県の僰人懸棺

    珙県曹営鎮蘇麻湾にある僰人懸棺の一部。(4月29日撮影)中国四川省宜賓(ぎひん)市珙(きょう)県の洛表鎮麻塘壩(まとうは)と曹営鎮蘇麻湾には、中国古代に僰人(ほくじん)と呼ばれた西南少数民族が、険しい岩壁に安置したひつぎ「僰人懸棺(ほくじんけんかん)」265基が今も残されている。中国で現在、懸棺が最も多く、集中している場所であり、懸棺葬の博物館ともいわれている。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。懸棺葬は古代の崖葬(がいそう)の一つで、ひつぎを断崖絶壁に安置するのが特徴。中国古代では南方少数民族の葬送習慣の一つだった。同県の僰人懸棺の多くは地上26~50メートルの場所に安置されており、中には100メートルの場所に置かれたものもある。木棺を懸けた岩壁には赤色の壁画が多く描かれ、その内容は変化に富み、描写は真に迫っている。珙県の僰人懸棺は主に、岩壁に木のくいを打ち込みひつぎ(積み重ねも可能)を置く木杭式、断崖上にある平らな岩を利用した岩置式、断崖の自然洞穴を利用した洞穴式の3種類がある。岩壁に描かれた岩絵は、歴史的にも観賞上も重要な価値を持ち、多くの観光客を魅了している。(珙県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703484

  • 00:46.88
    2020年08月30日
    「新華社」女性武術家が村に伝わる拳法を披露福建省福安県

    中国福建省寧徳市福安県金斗洋村で広く行われている「畲(ショオ)家拳」と呼ばれる拳法は、清代の雷国楚(らい・こくそ)が創始したと伝えられている。彼は先祖代々伝わる拳法と南少林カンフーを融合して、長拳(遠い距離から、伸びやかな蹴り技や突き技を用いて闘う拳法)、短打(小さく鋭い技を用い、接近戦を得意とする拳法)、棍術を一つにした金斗洋畲家拳として編み出し、すでに300年余りの歴史を有している。畲家拳第9代女性継承者の鍾団玉(しょう・だんぎょく)さんは、幼少より武術を習い、拳法や棍術に精通し、国際的な武術大会や拳法の試合で多数の受賞歴がある。(記者/郭圻)<映像内容>畲家拳の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090203167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島にある媽祖祖廟広場で男女の組演武を披露する莆田南少林パフォーマンスチーム。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201554

  • 2021年10月11日
    (12)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/陳曄華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202138

  • 2021年10月11日
    (1)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202112

  • 2021年10月11日
    (5)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202119

  • 2021年10月11日
    (7)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202113

  • 2021年10月11日
    (9)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/費茂華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202116

  • 2021年10月11日
    (3)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202117

  • 2021年10月11日
    (8)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/費茂華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202118

  • 2021年10月11日
    (6)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202120

  • 2021年10月11日
    (4)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/費茂華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202110

  • 2021年10月11日
    (10)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/岳月偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202114

  • 2021年10月11日
    (11)COP15、雲南省昆明で開幕

    11日、開会式で披露された雲南少数民族のショー。中国雲南省昆明市で11日、国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した。(昆明=新華社記者/陳曄華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101202115

  • 1