KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 南嶺山脈
  • 令和
  • 嶺南
  • 記者
  • 神秘
  • 古代民族
  • 総称
  • 専門家
  • 保存状態
  • 唐奕

「南嶺」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
265
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
265
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Tori no machi no kaimono, Tori no ichi shopping at the marketplace.

    Tori no machi no kaimono, Tori no ichi shopping at the marketplace., Suzuki, Nanrei, 1775-1844, artist, [between 1835 and 1844], 1 print : woodcut, color ; 21.2 x 25.2 cm., Print shows a woman with her head covered by cloth followed by a man carrying a sack on his back, possibly returning from the harvest festival on the day of the rooster.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021113002923

  • -
    Tori no machi no kaimono

    Tori no machi no kaimono, Tori no ichi shopping at the marketplace., Suzuki, Nanrei, 1775-1844, artist, [between 1835 and 1844], 1 print : woodcut, color ; 21.2 x 25.2 cm., Print shows a woman with her head covered by cloth followed by a man carrying a sack on his back, possibly returning from the harvest festival on the day of the rooster.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020022100161

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年10月09日
    日本電報通信社資料

    柳条湖事件(満州事変)。満州の寛城子、南嶺、北大営の激戦地で戦死し、戦友に抱えられ祖国に帰った熊川少尉ら32人の遺骨=1931(昭和6)年10月9日、神戸港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931100900001

  • 1933年03月01日
    南嶺駅

    南嶺駅=整理1933(昭和8)年3月1日、満州国(番号なし)

    商品コード: 2015101900681

  • 1933年03月05日
    南嶺駅

    南嶺駅に列車到着=整理1933(昭和8)年3月5日、満州国(番号なし)

    商品コード: 2015101900679

  • 1933年03月05日
    南嶺駅

    左方、唯一の従軍記者、新聞聯合の旗を翳す=整理1933(昭和8)年3月5日、摩周国(番号なし)

    商品コード: 2015101900680

  • 1942年08月18日
    第1856号 「同盟写真特報」

    皇帝陛下の御臨を仰いで、国都南嶺に東亜競技大会開かる、写真は皇帝陛下東亜競技大会開会式に御臨、昭和17年8月18日(火曜日)第1856号

    商品コード: 2008061200273

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年01月29日
    ポーズの横田南嶺管長ら 宗教超え、たすきつなぐ

    ポーズをとる臨済宗円覚寺の横田南嶺管長(右から2人目)ら=29日午後、東京都渋谷区

    商品コード: 2014012900508

  • 2016年07月10日
    最新発掘調査でよみがえる先史時代の華南地域の暮らし広東省

    青塘遺跡から出土した鹿の角。(2016年7月10日撮影)中国広東省英徳市青塘(せいとう)鎮にある青塘遺跡は、旧石器時代から新石器時代への過渡期にあたる嶺南地方(南嶺山脈以南の地域)の洞穴(どうけつ)遺跡で、今年3月に「2018年全国十大考古学発見」の1つに選ばれている。この遺跡の発掘調査がこのほど終了した。考古学者らが2016年から2019年初頭にかけて、同遺跡の黄門岩1~4号洞穴で発掘調査を行った結果、古代人類の化石や石器、土器、貝器および骨角器や動物の骨格化石といったさまざまな文物の標本1万点余りが出土した。彼らは、約2万5千年から1万年前の間にこの地で暮らしていた人類が残した活動の痕跡だとみている。(広州=新華社配信/広東省文物考古研究所提供)=2016(平成28)年7月10日、クレジット:広東省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042601974

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    夕刻にライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204244

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼の屋根。全て銅瓦を用いている。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204247

  • 2018年12月15日
    最新発掘調査でよみがえる先史時代の華南地域の暮らし広東省

    青塘遺跡から出土した骨針。(2018年12月15日撮影)中国広東省英徳市青塘(せいとう)鎮にある青塘遺跡は、旧石器時代から新石器時代への過渡期にあたる嶺南地方(南嶺山脈以南の地域)の洞穴(どうけつ)遺跡で、今年3月に「2018年全国十大考古学発見」の1つに選ばれている。この遺跡の発掘調査がこのほど終了した。考古学者らが2016年から2019年初頭にかけて、同遺跡の黄門岩1~4号洞穴で発掘調査を行った結果、古代人類の化石や石器、土器、貝器および骨角器や動物の骨格化石といったさまざまな文物の標本1万点余りが出土した。彼らは、約2万5千年から1万年前の間にこの地で暮らしていた人類が残した活動の痕跡だとみている。(広州=新華社配信/広東省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:広東省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042602006

  • 2019年03月16日
    最新発掘調査でよみがえる先史時代の華南地域の暮らし広東省

    青塘遺跡から出土した動物骨。(3月16日撮影)中国広東省英徳市青塘(せいとう)鎮にある青塘遺跡は、旧石器時代から新石器時代への過渡期にあたる嶺南地方(南嶺山脈以南の地域)の洞穴(どうけつ)遺跡で、今年3月に「2018年全国十大考古学発見」の1つに選ばれている。この遺跡の発掘調査がこのほど終了した。考古学者らが2016年から2019年初頭にかけて、同遺跡の黄門岩1~4号洞穴で発掘調査を行った結果、古代人類の化石や石器、土器、貝器および骨角器や動物の骨格化石といったさまざまな文物の標本1万点余りが出土した。彼らは、約2万5千年から1万年前の間にこの地で暮らしていた人類が残した活動の痕跡だとみている。(広州=新華社配信/広東省文物考古研究所提供)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:広東省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042601922

  • 2019年04月10日
    最新発掘調査でよみがえる先史時代の華南地域の暮らし広東省

    巻貝の殻が何層にも堆積して形成された青塘遺跡にある岩。できてから1万年余り経っている。考古学専門家は、この場所は嶺南地方の祖先たちが食べ終えた貝殻を捨てた「ゴミ捨て場」ではないかと推測している。(4月10日撮影)中国広東省英徳市青塘(せいとう)鎮にある青塘遺跡は、旧石器時代から新石器時代への過渡期にあたる嶺南地方(南嶺山脈以南の地域)の洞穴(どうけつ)遺跡で、今年3月に「2018年全国十大考古学発見」の1つに選ばれている。この遺跡の発掘調査がこのほど終了した。考古学者らが2016年から2019年初頭にかけて、同遺跡の黄門岩1~4号洞穴で発掘調査を行った結果、古代人類の化石や石器、土器、貝器および骨角器や動物の骨格化石といったさまざまな文物の標本1万点余りが出土した。彼らは、約2万5千年から1万年前の間にこの地で暮らしていた人類が残した活動の痕跡だとみている。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401121

  • 2019年04月10日
    最新発掘調査でよみがえる先史時代の華南地域の暮らし広東省

    黄門岩2号洞穴の30平方メートルの発掘区域からは、食品貯蔵エリアやゴミ堆積エリア、石器製造エリアなど、さまざまな機能別エリアが見つかっている。(4月10日撮影)中国広東省英徳市青塘(せいとう)鎮にある青塘遺跡は、旧石器時代から新石器時代への過渡期にあたる嶺南地方(南嶺山脈以南の地域)の洞穴(どうけつ)遺跡で、今年3月に「2018年全国十大考古学発見」の1つに選ばれている。この遺跡の発掘調査がこのほど終了した。考古学者らが2016年から2019年初頭にかけて、同遺跡の黄門岩1~4号洞穴で発掘調査を行った結果、古代人類の化石や石器、土器、貝器および骨角器や動物の骨格化石といったさまざまな文物の標本1万点余りが出土した。彼らは、約2万5千年から1万年前の間にこの地で暮らしていた人類が残した活動の痕跡だとみている。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401122

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の観音殿に安置されている千手千眼観世音菩薩像。クスノキの一木彫像。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204263

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿。康熙2(1663)年に建立された木造建築。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204395

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204500

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204363

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204448

  • 2020年04月23日
    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認

    広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709218

  • 2020年04月23日
    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認

    広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709263

  • 2020年04月23日
    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認

    広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709239

  • 2020年04月23日
    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認

    広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709240

  • 2020年05月31日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    ライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(5月31日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204233

  • 2020年06月25日
    新業態の多彩な都市文化の創出を目指す広東省広州市

    大勢の人々でにぎわう超級文和友の一角。(6月25日撮影)中国広東省広州市天河区のショッピングモール、正佳(せいか)広場には、同市の旧市街の姿を屋内に再現した「超級文和友」という名のレストランがある。超級文和友の共同創業者、翁東華(おう・とうか)氏は、「店の開業準備をしていた頃、広州の旧市街にある多くの古い建物を訪れ、ドアパネルや机、椅子などのレトロな物をたくさん集めた」と語る。再現された昔ながらの街並みには、同省各地の伝統的な食文化が集結。観光客は同市と周辺の文化「広府文化」を楽しみながら、嶺南(中国南部の南嶺山脈以南の地方を指す)のグルメを味わうことができる。翁氏は「若い人たちに一味違うナイトライフを提供したい」と述べ、新業態における都市の伝統文化を創り上げ、グルメ以外の多彩な広州の都市文化を伝えたいと期待を示した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802061

  • 2020年06月25日
    新業態の多彩な都市文化の創出を目指す広東省広州市

    広州市の旧市街の姿を再現した超級文和友の一角。(6月25日撮影)中国広東省広州市天河区のショッピングモール、正佳(せいか)広場には、同市の旧市街の姿を屋内に再現した「超級文和友」という名のレストランがある。超級文和友の共同創業者、翁東華(おう・とうか)氏は、「店の開業準備をしていた頃、広州の旧市街にある多くの古い建物を訪れ、ドアパネルや机、椅子などのレトロな物をたくさん集めた」と語る。再現された昔ながらの街並みには、同省各地の伝統的な食文化が集結。観光客は同市と周辺の文化「広府文化」を楽しみながら、嶺南(中国南部の南嶺山脈以南の地方を指す)のグルメを味わうことができる。翁氏は「若い人たちに一味違うナイトライフを提供したい」と述べ、新業態における都市の伝統文化を創り上げ、グルメ以外の多彩な広州の都市文化を伝えたいと期待を示した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802034

  • 2020年06月25日
    新業態の多彩な都市文化の創出を目指す広東省広州市

    広州市の旧市街の姿を再現した超級文和友の外観。(6月25日撮影)中国広東省広州市天河区のショッピングモール、正佳(せいか)広場には、同市の旧市街の姿を屋内に再現した「超級文和友」という名のレストランがある。超級文和友の共同創業者、翁東華(おう・とうか)氏は、「店の開業準備をしていた頃、広州の旧市街にある多くの古い建物を訪れ、ドアパネルや机、椅子などのレトロな物をたくさん集めた」と語る。再現された昔ながらの街並みには、同省各地の伝統的な食文化が集結。観光客は同市と周辺の文化「広府文化」を楽しみながら、嶺南(中国南部の南嶺山脈以南の地方を指す)のグルメを味わうことができる。翁氏は「若い人たちに一味違うナイトライフを提供したい」と述べ、新業態における都市の伝統文化を創り上げ、グルメ以外の多彩な広州の都市文化を伝えたいと期待を示した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802029

  • 2020年07月06日
    新業態の多彩な都市文化の創出を目指す広東省広州市

    広州市の旧市街の姿を再現した超級文和友の内部の様子。(7月6日撮影)中国広東省広州市天河区のショッピングモール、正佳(せいか)広場には、同市の旧市街の姿を屋内に再現した「超級文和友」という名のレストランがある。超級文和友の共同創業者、翁東華(おう・とうか)氏は、「店の開業準備をしていた頃、広州の旧市街にある多くの古い建物を訪れ、ドアパネルや机、椅子などのレトロな物をたくさん集めた」と語る。再現された昔ながらの街並みには、同省各地の伝統的な食文化が集結。観光客は同市と周辺の文化「広府文化」を楽しみながら、嶺南(中国南部の南嶺山脈以南の地方を指す)のグルメを味わうことができる。翁氏は「若い人たちに一味違うナイトライフを提供したい」と述べ、新業態における都市の伝統文化を創り上げ、グルメ以外の多彩な広州の都市文化を伝えたいと期待を示した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802039

  • 2020年07月06日
    新業態の多彩な都市文化の創出を目指す広東省広州市

    広州市の旧市街の姿を再現した超級文和友で食事を楽しむ人たち。(7月6日撮影)中国広東省広州市天河区のショッピングモール、正佳(せいか)広場には、同市の旧市街の姿を屋内に再現した「超級文和友」という名のレストランがある。超級文和友の共同創業者、翁東華(おう・とうか)氏は、「店の開業準備をしていた頃、広州の旧市街にある多くの古い建物を訪れ、ドアパネルや机、椅子などのレトロな物をたくさん集めた」と語る。再現された昔ながらの街並みには、同省各地の伝統的な食文化が集結。観光客は同市と周辺の文化「広府文化」を楽しみながら、嶺南(中国南部の南嶺山脈以南の地方を指す)のグルメを味わうことができる。翁氏は「若い人たちに一味違うナイトライフを提供したい」と述べ、新業態における都市の伝統文化を創り上げ、グルメ以外の多彩な広州の都市文化を伝えたいと期待を示した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802098

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている三世仏像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204299

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている銅製の釈迦如来像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204495

  • 2020年07月17日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。左のガジュマルは樹齢300年近く。(7月17日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204507

  • 2020年08月01日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺内にある羅漢像の彩色磁器壁画。(8月1日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204242

  • 2020年09月06日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    丹霞山風景区。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903970

  • 2020年09月08日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    丹霞山風景区。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903938

  • 2020年09月08日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    広東省北部地域の南嶺エリアに広がる自然の風景。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090904012

  • 2020年09月08日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    広東省の南嶺エリアに広がる自然の風景。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090904014

  • 2020年10月22日
    韶新高速道路松山トンネル、左右両ルートが全線貫通広東省

    22日、空から見た韶新高速道路。(小型無人機から)中国広東省で建設中の韶新高速道路(韶関-新豊)松山トンネルの左ルートが22日、無事に貫通した。これにより省内最長の道路トンネル工事において左右両ルートの貫通が完成した。松山トンネルは左ルートの全長が7948メートル、右ルートは7970メートル、地表からトンネルまでの深さ(土被り)は最大619メートルとなっている。南嶺山脈を横断する韶新高速道路は総延長83・6キロ、完成後は京港澳高速道路(北京-香港・マカオ)などと接続される。(韶関=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809235

  • 2020年10月22日
    韶新高速道路松山トンネル、左右両ルートが全線貫通広東省

    22日、韶新高速道路松山トンネル左ルートの工事現場で、貫通後にトンネルの両端から合流する作業員。中国広東省で建設中の韶新高速道路(韶関-新豊)松山トンネルの左ルートが22日、無事に貫通した。これにより省内最長の道路トンネル工事において左右両ルートの貫通が完成した。松山トンネルは左ルートの全長が7948メートル、右ルートは7970メートル、地表からトンネルまでの深さ(土被り)は最大619メートルとなっている。南嶺山脈を横断する韶新高速道路は総延長83・6キロ、完成後は京港澳高速道路(北京-香港・マカオ)などと接続される。(韶関=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809120

  • 2020年10月22日
    韶新高速道路松山トンネル、左右両ルートが全線貫通広東省

    22日、韶新高速道路松山トンネルの入り口。(小型無人機から)中国広東省で建設中の韶新高速道路(韶関-新豊)松山トンネルの左ルートが22日、無事に貫通した。これにより省内最長の道路トンネル工事において左右両ルートの貫通が完成した。松山トンネルは左ルートの全長が7948メートル、右ルートは7970メートル、地表からトンネルまでの深さ(土被り)は最大619メートルとなっている。南嶺山脈を横断する韶新高速道路は総延長83・6キロ、完成後は京港澳高速道路(北京-香港・マカオ)などと接続される。(韶関=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809147

  • 2020年10月22日
    韶新高速道路松山トンネル、左右両ルートが全線貫通広東省

    22日、韶新高速道路松山トンネル左ルートの工事現場で、がれきを片付ける重機。中国広東省で建設中の韶新高速道路(韶関-新豊)松山トンネルの左ルートが22日、無事に貫通した。これにより省内最長の道路トンネル工事において左右両ルートの貫通が完成した。松山トンネルは左ルートの全長が7948メートル、右ルートは7970メートル、地表からトンネルまでの深さ(土被り)は最大619メートルとなっている。南嶺山脈を横断する韶新高速道路は総延長83・6キロ、完成後は京港澳高速道路(北京-香港・マカオ)などと接続される。(韶関=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809279

  • 00:59.48
    2021年01月26日
    「新華社」春節を前ににぎわう広東省の温泉地

    中国の温泉リゾート、広東省広州市従化(じゅうか)区には、世界的にも珍しいラドンを含む天然温泉がある。国際温泉気候連合(FEMTEC)から「世界的に珍しい温泉」の称号を授与されており、「嶺南第一泉(中国南部の南嶺山脈以南一の温泉)」の美称を持つ。同区は流溪温泉リゾートを中心に温泉ホテルグループを構築。毎年春節(旧正月)の時期になると、地中海風、タイ風、ヨーロッパ風、田園風など、さまざまなスタイルを備えた温泉ホテルに大勢の観光客が訪れるという。(記者/陸浩) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012701631

  • 00:33.60
    2021年05月25日
    「新華社」恐竜時代の生き残り、チュウゴクワニトカゲが繁殖期広東省

    中国南部の南嶺山脈は5月、多雨多湿の季節に入った。山脈中部に位置する広東省韶関(しょうかん)市羅坑(らこう)鎮の広東ワニトカゲ国家級自然保護区では、かつて恐竜と同じ時代を生きた爬虫類チュウゴクワニトカゲが、捕食や交尾、出産など1年で最も活力に満ちた繁殖期を迎えている。チュウゴクワニトカゲは、主に広東省や広西チワン族自治区の山深い渓谷に生息する。国家一級保護野生動物に指定され、「生きた化石」と呼ばれる。体と尾はワニにそっくりで、頭部はティラノサウルスによく似ている。生息地域の生態環境が回復するにつれ、野生の個体数は700匹余りから1200匹余りに増えた。人工繁殖と野生復帰の取り組みも成功している。(記者/車暁蕙、李雄鷹、黄国保) =配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510187

  • 2021年11月26日
    (1)湖南省藍山県、渡り鳥を守る取り組みを実施

    湖南省永州市藍山県毛俊鎮洋田村の空を舞う鳥の群れ。(9月22日撮影)中国の南嶺山脈に位置する湖南省永州市藍山県では、立秋を過ぎると数万羽の渡り鳥が飛来し、約5カ月間滞在する。県の都市街灯照明管理所は今年、関連部門などに渡り鳥の習性について問い合わせた結果を踏まえ、午後9時以降の街灯消灯を実施。スポットライトやネオンサインを備えた市街地の商店にも適時消灯するよう求めている。県林業局はここ数年、渡り鳥保護ステーション3カ所と村レベルの鳥類保護チーム4組を相次いで設置した。標高1400メートルの四海坪地区には雲氷山風景区が整備され、野鳥観察の人気スポットになっている。(永州=新華社配信/唐盛利)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112606986

  • 2021年11月26日
    (3)湖南省藍山県、渡り鳥を守る取り組みを実施

    湖南省永州市藍山県漿洞ヤオ族郷の雲氷山でパトロールを行う鳥類保護チーム。(8月30日撮影)中国の南嶺山脈に位置する湖南省永州市藍山県では、立秋を過ぎると数万羽の渡り鳥が飛来し、約5カ月間滞在する。県の都市街灯照明管理所は今年、関連部門などに渡り鳥の習性について問い合わせた結果を踏まえ、午後9時以降の街灯消灯を実施。スポットライトやネオンサインを備えた市街地の商店にも適時消灯するよう求めている。県林業局はここ数年、渡り鳥保護ステーション3カ所と村レベルの鳥類保護チーム4組を相次いで設置した。標高1400メートルの四海坪地区には雲氷山風景区が整備され、野鳥観察の人気スポットになっている。(永州=新華社配信/楊雄春)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112607011

  • 2021年11月26日
    (5)湖南省藍山県、渡り鳥を守る取り組みを実施

    湖南省永州市藍山県毛俊鎮洋田村で羽を休めるコサギの群れ。(9月22日撮影)中国の南嶺山脈に位置する湖南省永州市藍山県では、立秋を過ぎると数万羽の渡り鳥が飛来し、約5カ月間滞在する。県の都市街灯照明管理所は今年、関連部門などに渡り鳥の習性について問い合わせた結果を踏まえ、午後9時以降の街灯消灯を実施。スポットライトやネオンサインを備えた市街地の商店にも適時消灯するよう求めている。県林業局はここ数年、渡り鳥保護ステーション3カ所と村レベルの鳥類保護チーム4組を相次いで設置した。標高1400メートルの四海坪地区には雲氷山風景区が整備され、野鳥観察の人気スポットになっている。(永州=新華社配信/唐盛利)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112607013

  • 2021年11月26日
    (2)湖南省藍山県、渡り鳥を守る取り組みを実施

    湖南省永州市藍山県毛俊鎮洋田村の池のほとりで餌をついばむ野鳥の群れ。(9月22日撮影)中国の南嶺山脈に位置する湖南省永州市藍山県では、立秋を過ぎると数万羽の渡り鳥が飛来し、約5カ月間滞在する。県の都市街灯照明管理所は今年、関連部門などに渡り鳥の習性について問い合わせた結果を踏まえ、午後9時以降の街灯消灯を実施。スポットライトやネオンサインを備えた市街地の商店にも適時消灯するよう求めている。県林業局はここ数年、渡り鳥保護ステーション3カ所と村レベルの鳥類保護チーム4組を相次いで設置した。標高1400メートルの四海坪地区には雲氷山風景区が整備され、野鳥観察の人気スポットになっている(永州=新華社配信/唐盛利)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112607014

  • 2021年11月26日
    (4)湖南省藍山県、渡り鳥を守る取り組みを実施

    湖南省永州市藍山県漿洞ヤオ族郷の雲氷山でパトロールを行う鳥類保護チーム。(8月30日撮影)中国の南嶺山脈に位置する湖南省永州市藍山県では、立秋を過ぎると数万羽の渡り鳥が飛来し、約5カ月間滞在する。県の都市街灯照明管理所は今年、関連部門などに渡り鳥の習性について問い合わせた結果を踏まえ、午後9時以降の街灯消灯を実施。スポットライトやネオンサインを備えた市街地の商店にも適時消灯するよう求めている。県林業局はここ数年、渡り鳥保護ステーション3カ所と村レベルの鳥類保護チーム4組を相次いで設置した。標高1400メートルの四海坪地区には雲氷山風景区が整備され、野鳥観察の人気スポットになっている。(永州=新華社配信/楊雄春)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112607012

  • 00:27.22
    2021年12月09日
    「新華社」絶滅危惧種コウライアイサ、韶関市に姿現す広東省

    中国の南嶺山脈南麓に位置する広東省韶関市乳源ヤオ族自治県の南水湖にこのほど、国家1級保護野生動物のコウライアイサ45羽が姿を現した。南嶺地区でコウライアイサが確認されたのは今回が初めて。コウライアイサは1千万年余りにわたり存在し続けてきた種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。主に中国東北地区で繁殖し、毎年10月に長江流域や長江以南地域へ移動して越冬する。広東省科学院動物研究所の張強(ちょう・きょう)副所長によると、コウライアイサは主に水質が良く、餌が豊富で樹木が密集しているなどの条件を備えた水辺で活動するため、環境状況を知る上で重要な「指標種」になっているという。同省ではここ数年、アカハジロ、カラフトアオアシシギ、ヘラシギ、カラシラサギなど絶滅の危機にひんしている希少鳥類が相次いで確認されており、生態環境が改善傾向にあることを示している。(記者/呉濤、胡拿雲) =配信日: 2021(令和3)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121000977

  • 2022年02月10日
    (12)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある慈元廟碑。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004775

  • 2022年02月10日
    (14)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    慈元廟の石碑。(2021年5月14日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004781

  • 2022年02月10日
    (2)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある崖山祠。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004540

  • 2022年02月10日
    (3)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山祠前の正気広場。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004577

  • 2022年02月10日
    (7)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖門古炮台の内側。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004709

  • 2022年02月10日
    (19)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山祠前の牌坊(はいぼう)。(2021年5月14日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004818

  • 2022年02月10日
    (16)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    出土した宋代の古銭。(2021年5月14日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004798

  • 2022年02月10日
    (18)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある崖山祠。(2021年5月14日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004816

  • 2022年02月10日
    (8)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある楊太后陵。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004717

  • 2022年02月10日
    (10)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある浩気広場。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004745

  • 2022年02月10日
    (15)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある大忠祠。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の大型海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・モンゴル戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍とモンゴル軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004788

  • 2022年02月10日
    (17)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある鉄錨。(2021年5月14日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004813

  • 2022年02月10日
    (4)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山祠前の牌坊(はいぼう)。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004607

  • 2022年02月10日
    (5)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山祠と崖門水道。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の大型海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・モンゴル戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍とモンゴル軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004649

  • 2022年02月10日
    (11)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある慈元廟。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004777

  • 2022年02月10日
    (9)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山の戦いの展示室。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004741

  • 2022年02月10日
    (6)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖門古炮台と崖門水道。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004713

  • 2022年02月10日
    (1)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    正気広場の入り口。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004539

  • 2022年02月10日
    (13)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある慈元廟碑(部分)。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004782

  • 2022年02月10日
    (20)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山祠と崖門水道。(2021年5月14日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・元戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍と元軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004800

  • 2022年03月30日
    (13)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーと親子体験コーナー。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008054

  • 2022年03月30日
    (12)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーと親子体験コーナー。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008057

  • 2022年03月30日
    (7)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007905

  • 2022年03月30日
    (6)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007906

  • 2022年03月30日
    (1)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007559

  • 2022年03月30日
    (15)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の展示エリア。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008050

  • 2022年03月30日
    (3)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007691

  • 2022年03月30日
    (10)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーの一角。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007935

  • 2022年03月30日
    (8)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007936

  • 2022年03月30日
    (2)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007560

  • 2022年03月30日
    (5)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007945

  • 2022年03月30日
    (9)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    広州白雲国際空港ターミナルの一角。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007937

  • 2022年03月30日
    (4)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007874

  • 2022年03月30日
    (11)広東市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーの一角。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008053

  • 2022年03月30日
    (14)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の展示エリア。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008055

  • 2022年03月30日
    (16)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の展示エリア。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008056

  • 2022年05月10日
    (3)広信文化園を訪ねて広東省封開県

    2日、広信塔内の莫萱卿(ばく・けんきょう)の展示ホール。莫萱卿は唐代の人物で、嶺南(れいなん、南嶺山脈以南)地方初の状元(科挙制度の最終試験の首席合格者)とされる。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県の西江と賀江の合流地点にある広信文化園には、広信塔や牟子(ぼうし、後漢時代の仏教学者)を記念して建てられた広蓮寺、封開県歴史博物館などがある。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051005212

  • 2022年05月25日
    (11)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の前廊。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600689

  • 2022年05月25日
    (2)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600692

  • 2022年05月25日
    (10)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿内の彩絵藻井(そうせい、天井装飾の一種)と清康熙帝自筆の「万世師表」扁額。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600700

  • 2022年05月25日
    (9)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿内の彩絵藻井(そうせい、天井装飾の一種)と清康熙帝自筆の「万世師表」扁額。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600709

  • 2022年05月25日
    (8)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿内部。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600711

  • 2022年05月25日
    (4)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿(裏側)。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600699

  • 2022年05月25日
    (6)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の屋根装飾。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600687

  • 2022年05月25日
    (14)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成門。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600760

  • 2022年05月25日
    (13)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の天井に届いていない中央4本の柱と、省略された左右重檐下の各2本の柱。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600809

  • 2022年05月25日
    (18)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の泮橋(はんきょう)と大成門。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600826

  • 2022年05月25日
    (16)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の櫺星門(れいせいもん)。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600813

  • 2022年05月25日
    (17)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の明倫堂。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600814

  • 2022年05月25日
    (15)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮と「古建瑰宝」題字石刻。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600757

  • 1
  • 2
  • 3