KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 新型コロナウイルス
  • 治癒
  • 診断
  • 医学
  • 成功
  • 教授
  • マスク
  • 資源

「南昌大学」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で退院した患者(中央)を見送る医療関係者。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801463

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で取材に応じる退院患者(中央)。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801470

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で退院した患者(右)に花を贈る医療関係者。医療関係者の入念な診療と看護を経て、中国江西省の南昌大学第一付属病院で診察を受けた新型コロナウイルス肺炎患者は治療状況が良好であり、退院基準に符合し、27日、正式に退院した。同省で治療を受け、治癒・退院した初めての新型コロナウイルス肺炎患者となった。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801472

  • 2020年01月27日
    新型ウイルス肺炎患者3人、相次いで退院江西省

    27日、南昌大学第一付属病院で医療スタッフとの記念撮影を行う退院患者。中国江西省政府は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、同省衛生健康委員会の王水平(おう・すいへい)主任は「27日に2人、28日に1人、2日間で3人の患者が相次いで回復し、退院した」と発表し、症例の集中、専門家の集中、資源の集中、治療の集中という四つの集中の原則を守り、科学的に効率の高い治療を速やかに実施することが最も重要との考えを示した。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300721

  • 2020年01月27日
    新型ウイルス肺炎患者3人、相次いで退院江西省

    27日、南昌大学第一付属病院で退院する患者に生活上の注意事項を説明する医療スタッフ。中国江西省政府は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、同省衛生健康委員会の王水平(おう・すいへい)主任は「27日に2人、28日に1人、2日間で3人の患者が相次いで回復し、退院した」と発表し、症例の集中、専門家の集中、資源の集中、治療の集中という四つの集中の原則を守り、科学的に効率の高い治療を速やかに実施することが最も重要との考えを示した。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300722

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で退院した患者(左)を見送る医療関係者。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801464

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で患者の治療について説明する呼吸・重篤症医学科の許飛(きょ・ひ)副主任。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801467

  • 2020年01月27日
    新型ウイルス肺炎患者3人、相次いで退院江西省

    27日、南昌大学第一付属病院で患者の治療状況について説明する呼吸・クリティカルケア医学科の許飛(きょ・ひ)副主任。中国江西省政府は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、同省衛生健康委員会の王水平(おう・すいへい)主任は「27日に2人、28日に1人、2日間で3人の患者が相次いで回復し、退院した」と発表し、症例の集中、専門家の集中、資源の集中、治療の集中という四つの集中の原則を守り、科学的に効率の高い治療を速やかに実施することが最も重要との考えを示した。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300768

  • 2020年01月27日
    新型ウイルス肺炎患者3人、相次いで退院江西省

    27日、南昌大学第一付属病院で診察を受けに来た市民にマスク着用を指導する医療スタッフ。中国江西省政府は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、同省衛生健康委員会の王水平(おう・すいへい)主任は「27日に2人、28日に1人、2日間で3人の患者が相次いで回復し、退院した」と発表し、症例の集中、専門家の集中、資源の集中、治療の集中という四つの集中の原則を守り、科学的に効率の高い治療を速やかに実施することが最も重要との考えを示した。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300770

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で退院した患者(右から2人目)に花を贈る医療関係者。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801465

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属医院で退院した患者(右から3人目)に花を贈る医療関係者。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801469

  • 2020年01月27日
    新型肺炎を治癒した患者が退院江西省で初

    27日、南昌大学第一付属病院で退院後の注意点を患者(左)に教える医療関係者。中国江西省にある南昌大学第一付属医院で新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、治療を受けていた患者が27日、医療関係者の入念な治療と看護により順調に回復し、基準を満たしたため退院した。同省で治療を受けた新型コロナウイルスによる肺炎患者が治癒、退院したのは今回が初めて。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012801462

  • 2020年01月28日
    新型ウイルス肺炎患者3人、相次いで退院江西省

    28日、南昌大学第一付属病院で患者の検査をする呼吸・クリティカルケア医学科の許飛(きょ・ひ)副主任。中国江西省政府は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、同省衛生健康委員会の王水平(おう・すいへい)主任は「27日に2人、28日に1人、2日間で3人の患者が相次いで回復し、退院した」と発表し、症例の集中、専門家の集中、資源の集中、治療の集中という四つの集中の原則を守り、科学的に効率の高い治療を速やかに実施することが最も重要との考えを示した。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300773

  • 2020年02月04日
    江西省の医療・看護チーム、武漢市の支援に出発

    4日、出発前に同僚と抱き合う南昌大学付属口腔医院の看護士(右)。中国江西省の医療・看護チームが4日、武漢に向け南昌市を出発した。湖北省の新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策を支援する。派遣メンバーは南昌、九江、贛州(かんしゅう)、宜春など10地級市の専門看護士101人で構成されている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020704076

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、霍瑩瑩(かく・えいえい)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405182

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、程姝菡(てい・しゅかん)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405273

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く医療スタッフの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。(組み合わせ写真)新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405362

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院重症医学科の看護師長、江榕(こう・よう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、万飄(ばん・ひょう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405387

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICU当直医師、卿城(きょう・じょう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405388

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、曹夏華(そう・かか)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405178

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、黄麗青(こう・れいせい)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405308

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、朱卉(しゅ・き)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405173

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、湯凌鵬(とう・りょうほう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405384

  • 00:57.32
    2020年02月17日
    「新華社」臨時医療施設で迎える特別な誕生日湖北省武漢市

    中国江西省の医療チームが17日、派遣先の湖北省武漢市の臨時医療施設で、2月生まれの市民12人の誕生日会を開いた。誕生日会は江西省医療・看護チームのリーダーで南昌大学第四付属医院副院長の唐浪娟(とう・ろうけん)さんが施設内で市民と話した際に、2月の誕生日を家族と一緒に迎えられず残念だという声を偶然耳にしたことから、唐さんが救援チームのメンバーらと共に企画した。会場では「私と我が祖国」を合唱し、チームメンバーが美しい誕生日ケーキを2月生まれの人々に手渡した。また、一日も早く回復し、退院して家族と過ごせることを願い、みんなで「ハッピーバースデー」を歌った。(記者/閔尊濤)<映像内容>臨時医療施設で誕生日会開催の様子、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022118936

  • 00:40.04
    2020年02月19日
    「新華社」新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一附属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院。看護師7人が付き添いのできない母親に代わって、検温や体調管理のほか、授乳やおむつ替え、清拭、着替えなどの世話を24時間、交替で行っていた。ほんの一時期、母親役を務めた看護師たちも赤ちゃんの退院を心から喜んだ。(記者/彭昭之、閔尊涛)<映像内容>新型肺炎患者の赤ちゃんが退院、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022118946

  • 2020年02月19日
    新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    19日、南昌大学第一付属医院象湖院区で治癒し、退院する赤ちゃん。新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院していた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503688

  • 2020年02月19日
    新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    19日、南昌大学第一付属医院象湖院区で、退院する赤ちゃんの状況を確認する医療スタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院していた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503556

  • 00:40.04
    2020年02月19日
    「新華社」新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院。看護師7人が付き添いのできない母親に代わって、検温や体調管理のほか、授乳やおむつ替え、清拭、着替えなどの世話を24時間、交替で行っていた。ほんの一時期、母親役を務めた看護師たちも赤ちゃんの退院を心から喜んだ。(記者/彭昭之、閔尊涛)<映像内容>新型肺炎患者の赤ちゃんが退院、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503483

  • 2020年02月19日
    新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    19日、南昌大学第一付属医院象湖院区で、退院する赤ちゃんの状況を確認する医療スタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院していた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503538

  • 2020年02月19日
    新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    19日、南昌大学第一付属医院象湖院区で、ベビーカーに乗る赤ちゃんを看護する医療スタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院していた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503554

  • 00:14.40
    2020年02月21日
    「新華社」理髪師が感染対策の最前線にいる医療従事者に訪問理容江西省

    新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以来、中国江西省の南昌大学第一付属病院高新病院の医師たちは最前線で予防・抑制に当たっている。半月以上帰宅できない人もいる中、散髪に行く時間などなおさら取れない。7人の理容師が21日、同院を訪れ、医療従事者にボランティアで散髪サービスを提供した。1日で100人以上が利用した。(記者/姚子雲)<映像内容>医療従事者に散髪サービスを提供、散髪の様子、撮影日:2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503478

  • 00:44.61
    2020年03月02日
    「新華社」医療関係者、老夫婦を同じ病室に湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市の協和医院腫瘍センターに新型コロナウイルスによる肺炎で70代の老夫婦が入院した。患者同士の接触が禁止されていたため、違う病室となった2人は10日以上会うことができず、携帯で連絡を取り合うしかなかった。それを知った南昌大学第一付属医院の湖北省支援医療チームは2月27日、老夫婦を同じ病室に移した。(記者/姚子雲、閔尊濤、王中慶)<映像内容>新型肺炎患者の夫婦を同じ病室に移す様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030300870

  • 01:10.50
    2020年03月10日
    「新華社」江西省の13歳少女、心停止4日目に蘇生

    中国江西省人民医院(南昌大学付属人民医院)重症医学科でこのほど、心停止が続いていた13歳の患者が、同科の全ての医療スタッフや心臓内科の協力により蘇生し、心臓が4日目に再び動き出した。同省宜春市宜豊県の13歳の少女は、重度のウイルス性心筋炎と心不全のため江西省人民医院の重症医学科に入院した。2月27日の入院時には既に心室頻拍や心原性ショック、急性腎不全などの症状が現れ、その夜、医療スタッフが緊急で体外式膜型人工肺(ECMO)を導入して治療を行ったが、4時間後には心電図で動きが見られなくなり、心エコーも心拍が停止したことを示した。4日目の3月1日午後9時、患者の心電図モニターに動きが見られ、翌日には心臓に微弱な収縮が見られた。3日には心臓の収縮が明らかに強まり、心電図は患者自身の心拍の回復を示した。心臓検査のさまざまな指標や心筋細胞の浮腫も徐々に回復し、心臓が動き始め、集中治療室の医療スタッフが見守る中、奇跡が起こった。(記者/彭菁)<映像内容>心停止していた少女が4日後に蘇生、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104599

  • 00:47.70
    2020年04月10日
    「新華社」南昌大学、新型コロナウイルスの動きを3D映像化

    中国江西省の南昌大学第二付属医院はこのほど、3次元画像解析システム「SYNAPSE」を活用し、新型コロナウイルスがヒトの肺組織を攻撃する過程を映像化した。「SYNAPSE」はウイルスの攻撃を受けた肺組織が直感的に表示できるほか、ウイルスに感染した肺組織の体積や比率が正確に計算でき、こうした動的観察が症状の進展予測に対し重要な意味を持つ。(記者/彭菁)<映像内容>新型コロナウイルスが肺組織を攻撃する過程を3D映像化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300152

  • 2020年05月30日
    南昌大学第二付属医院、3Dプリント技術を使ったTAVR手術を実施

    体外シミュレーション実験の様子。(資料写真)中国江西省にある南昌大学第二付属医院の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)チームはこのほど、循環器内科主任の呉延慶(ご・えんけい)教授の指導の下、画像センターや心臓外科と連携し、冠動脈閉塞のリスクがある重度の大動脈弁狭窄症患者に対して、3Dプリント技術を利用したTAVR手術を行い、無事成功した。同省で3Dプリント技術が心血管の臨床手術に応用されたのは、今回が初めて。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020060209423

  • 2020年05月30日
    南昌大学第二付属医院、3Dプリント技術を使ったTAVR手術を実施

    3Dプリンターで制作したモデル。(資料写真)中国江西省にある南昌大学第二付属医院の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)チームはこのほど、循環器内科主任の呉延慶(ご・えんけい)教授の指導の下、画像センターや心臓外科と連携し、冠動脈閉塞のリスクがある重度の大動脈弁狭窄症患者に対して、3Dプリント技術を利用したTAVR手術を行い、無事成功した。同省で3Dプリント技術が心血管の臨床手術に応用されたのは、今回が初めて。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020060209486

  • 2020年05月30日
    南昌大学第二付属医院、3Dプリント技術を使ったTAVR手術を実施

    大動脈弁構造の3Dイメージング。(資料写真)中国江西省にある南昌大学第二付属医院の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)チームはこのほど、循環器内科主任の呉延慶(ご・えんけい)教授の指導の下、画像センターや心臓外科と連携し、冠動脈閉塞のリスクがある重度の大動脈弁狭窄症患者に対して、3Dプリント技術を利用したTAVR手術を行い、無事成功した。同省で3Dプリント技術が心血管の臨床手術に応用されたのは、今回が初めて。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020060209530

  • 01:13.87
    2020年05月30日
    「新華社」南昌大学第二付属医院、3Dプリント技術を使ったTAVR手術を実施

    中国江西省にある南昌大学第二付属医院の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)チームはこのほど、循環器内科主任の呉延慶(ご・えんけい)教授の指導の下、画像センターや心臓外科と連携し、冠動脈閉塞のリスクがある重度の大動脈弁狭窄症患者に対して、3Dプリント技術を利用したTAVR手術を行い、無事成功した。同省で3Dプリント技術が心血管の臨床手術に応用されたのは、今回が初めて。(記者/彭菁)<映像内容>3Dプリント技術を利用したTAVR手術を実施、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209732

  • 2020年05月30日
    南昌大学第二付属医院、3Dプリント技術を使ったTAVR手術を実施

    体外シミュレーション実験の様子。(資料写真)中国江西省にある南昌大学第二付属医院の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)チームはこのほど、循環器内科主任の呉延慶(ご・えんけい)教授の指導の下、画像センターや心臓外科と連携し、冠動脈閉塞のリスクがある重度の大動脈弁狭窄症患者に対して、3Dプリント技術を利用したTAVR手術を行い、無事成功した。同省で3Dプリント技術が心血管の臨床手術に応用されたのは、今回が初めて。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020060209430

  • 2020年05月30日
    南昌大学第二付属医院、3Dプリント技術を使ったTAVR手術を実施

    大動脈弁構造の3Dイメージング。(資料写真)中国江西省にある南昌大学第二付属医院の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)チームはこのほど、循環器内科主任の呉延慶(ご・えんけい)教授の指導の下、画像センターや心臓外科と連携し、冠動脈閉塞のリスクがある重度の大動脈弁狭窄症患者に対して、3Dプリント技術を利用したTAVR手術を行い、無事成功した。同省で3Dプリント技術が心血管の臨床手術に応用されたのは、今回が初めて。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020060209577

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、温室でキエビネの苗の生育状況を観察する楊柏雲教授(左から2人目)と学生。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705384

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、楊柏雲教授のチームが構築した無菌培養と共生培養の繁殖システムにより、実験室で行われているキエビネの育苗。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705485

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、温室でキエビネの苗の生育状況を確認する楊柏雲教授(中央)と学生。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705491

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、実験室で育てられたキエビネの苗。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705385

  • 2020年08月26日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    江西省内で森林保護員が発見したキエビネ。(資料写真)キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705372

  • 00:34.92
    2020年08月26日
    「新華社」ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(記者/熊家林)<映像内容>ラン科の希少植物の育成の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705313

  • 00:51.08
    2021年02月24日
    「新華社」「オレンジサービス」が高齢者の「かかりつけ医不足」解消を促進

    中国のスマート医療サービスは近年、オフラインからオンラインへの移行が進んでいる。一方で、多くの高齢者が尻込みするケースもみられる。高齢者の受診難を解消するため、江西省南昌市の南昌大学第一付属医院外来診療部は、高齢者向けの「健康コードの提示なしで通過できる通路」の開設、「サポートチーム」の設立、「スマート外来サービス拠点」の設置などを含む一連の「オレンジサービス」活動を実施。高齢患者が外来を受診するまでの過程で生じうる問題の解決を後押ししている。(記者/彭菁) =配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022405332

  • 00:51.08
    2021年02月24日
    「新華社」「オレンジサービス」が高齢者の「受診難」解消を促進

    中国のスマート医療サービスは近年、オフラインからオンラインへの移行が進んでいる。一方で、多くの高齢者が尻込みするケースもみられる。高齢者の「受診難」を解消するため、江西省南昌市の南昌大学第一付属医院外来診療部は、高齢者向けの「健康コードの提示なしで通過できる通路」の開設、「サポートチーム」の設立、「スマート外来サービス拠点」の設置などを含む一連の「オレンジサービス」活動を実施。高齢患者が外来を受診するまでの過程で生じうる問題の解決を後押ししている。(記者/彭菁)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022501084

  • 2021年03月26日
    九嶺山自然保護区でラン科エビネ属の野生個体発見江西省

    発見されたCalanthesieboldiiDecneの野生個体。(3月26日撮影)中国江西省にある南昌大学生命科学学院のラン科植物専門家、楊柏雲(よう・はくうん)氏の鑑定により、同省九嶺山国家級自然保護区で見つかった植物が、中国の絶滅危惧植物に指定されているラン科エビネ属の「CalanthesieboldiiDecne」であることがこのほど判明した。(南昌=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041609203

  • 2021年04月15日
    (1)九嶺山自然保護区でラン科エビネ属の野生個体発見江西省

    8日、発見されたCalanthesieboldiiDecneの野生個体。中国江西省にある南昌大学生命科学学院のラン科植物専門家、楊柏雲(よう・はくうん)氏の鑑定により、同省九嶺山国家級自然保護区で見つかった植物が、中国の絶滅危惧植物に指定されているラン科エビネ属の「CalanthesieboldiiDecne」であることがこのほど判明した。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041512083

  • 2021年06月05日
    (5)ワクチン接種、順調に進む江西省南昌市

    4日、江西省体育館の臨時接種拠点で、新型コロナワクチンの接種を受ける大学生。中国江西省南昌市東湖区衛生健康委員会は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種需要に対応するため、南昌大学第二付属医院と共同で、江西省体育館に臨時接種拠点を設置した。現在、同拠点では20カ所の注射台が全て稼働し、1日約5千人に接種できる見込みとなっており、順調な接種の確保に努めている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060506957

  • 2021年06月05日
    (3)ワクチン接種、順調に進む江西省南昌市

    4日、江西省体育館内の臨時接種拠点に設置された注射台。中国江西省南昌市東湖区衛生健康委員会は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種需要に対応するため、南昌大学第二付属医院と共同で、江西省体育館に臨時接種拠点を設置した。現在、同拠点では20カ所の注射台が全て稼働し、1日約5千人に接種できる見込みとなっており、順調な接種の確保に努めている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060506960

  • 2021年06月05日
    (4)ワクチン接種、順調に進む江西省南昌市

    4日、江西省体育館内の臨時接種拠点に設置された注射台。中国江西省南昌市東湖区衛生健康委員会は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種需要に対応するため、南昌大学第二付属医院と共同で、江西省体育館に臨時接種拠点を設置した。現在、同拠点では20カ所の注射台が全て稼働し、1日約5千人に接種できる見込みとなっており、順調な接種の確保に努めている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060506958

  • 2021年06月05日
    (2)ワクチン接種、順調に進む江西省南昌市

    4日、江西省体育館の臨時接種拠点で、大学生に新型コロナワクチンを接種する南昌大学第二付属医院の医療スタッフ。中国江西省南昌市東湖区衛生健康委員会は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種需要に対応するため、南昌大学第二付属医院と共同で、江西省体育館に臨時接種拠点を設置した。現在、同拠点では20カ所の注射台が全て稼働し、1日約5千人に接種できる見込みとなっており、順調な接種の確保に努めている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060506959

  • 2021年06月05日
    (1)ワクチン接種、順調に進む江西省南昌市

    4日、江西省体育館の臨時接種拠点で、大学生に新型コロナワクチンを接種する南昌大学第二付属医院の医療スタッフ。中国江西省南昌市東湖区衛生健康委員会は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種需要に対応するため、南昌大学第二付属医院と共同で、江西省体育館に臨時接種拠点を設置した。現在、同拠点では20カ所の注射台が全て稼働し、1日約5千人に接種できる見込みとなっており、順調な接種の確保に努めている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060506961

  • 1