KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 歴史
  • 再建
  • 五代十国時代
  • 中心市街地
  • 創建
  • 仏教
  • 大雄宝殿
  • 大仏寺
  • 光孝寺

「南漢」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
72
( 1 72 件を表示)
  • 1
72
( 1 72 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1950年08月14日
    朝鮮戦争

    韓国忠州で、南漢江の橋をロケット弾で攻撃する米海軍の戦闘機=1950年8月、米海軍撮影(ACME)

    商品コード: 2010051900091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1950年08月15日
    朝鮮戦争

    米海軍のF4Uコルセア戦闘機から発射された新型のロケット弾「タイニー・ティム」。朝鮮人民軍が支配する韓国忠清北道忠州に架かる南漢江橋を狙った=1950年8月、米海軍撮影(ACME)

    商品コード: 2010122700599

  • 1958年03月05日
    日中貿易協定調印

    第4次日中貿易協定に調印する池田正之輔氏(左)と南漢宸・中国国際貿易促進委主席=1958(昭和33)年3月5日、北京(ANS=共同)

    商品コード: 2007072400074

  • 1964年04月16日
    (おうゆうらん) 王友蘭

    中国、国際貿易促進委員会弁公室副主任、南漢宸氏夫人=1964(昭和39)年4月9日撮影

    商品コード: 2006110200083

  • 1964年04月16日
    (なんかんしん) 南漢宸

    中国、貿易促進委員会主席=1964(昭和39)年4月9日撮影

    商品コード: 2006110200082

  • 1964年05月14日
    佐藤国務相、南漢宸氏と会談

    会談する(右から)佐藤国務大臣、南漢宸氏、肖向前氏=1964(昭和39)年5月14日、東京・溜池の佐藤事務所(39年内地2013)

    商品コード: 2011082500307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年03月16日
    訓練に参加した戦車とヘリ 韓国陸軍が渡河訓練

    南漢江で行われた韓国陸軍の渡河訓練に参加した戦車とヘリコプター。右は取材する報道陣=16日午後、ソウル南東の京畿道(共同)

    商品コード: 2007031600516

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    夕刻にライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204244

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼の屋根。全て銅瓦を用いている。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204247

  • 2017年09月25日
    イ・ビョンホン

    キーワード:韓国、俳優、イ・ビョンホン、新作映画「南漢山城」(英題「The Fortress」)、記者会見=2017(平成29)年9月25日、韓国ソウル、クレジット:Yonhap News/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017100600079

  • 2017年09月25日
    イ・ビョンホン

    キーワード:韓国、俳優、イ・ビョンホン、新作映画「南漢山城」(英題「The Fortress」)、記者会見=2017(平成29)年9月25日、韓国ソウル、クレジット:Yonhap News/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017100600085

  • 2017年10月07日
    ソウルの映画館 秋映画に北朝鮮情勢重ねる

    映画「南漢山城」が上映され、パンフレット(左)が置かれているソウルの映画館=7日(共同)

    商品コード: 2017100700528

  • 2017年12月03日
    「五代十国文物情報交流フォーラム」成都で開催

    写真は南漢の高祖、劉龑(りゅう・げん)の墓室。今年はちょうど中国成都の「永陵」(五代十国時代に、成都を中心とした地方を治めた前蜀の初代皇帝、王建の墓)の完成1100年と発掘75周年に当たり、それを記念した「全国五代十国文物情報交流フォーラム」が12月1日から2日まで、成都永陵博物館で開催された。(成都=新華社記者/童芳)=2017(平成29)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120432290

  • 2018年07月27日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    広東省広州市の海幢寺。(2018年7月27日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100571

  • 2019年06月17日
    広州の寺院で晩唐期の大規模な陶器堆積を発見

    6月17日、広州大仏寺南院プロジェクト建設現場の発掘調査で見つかった五代南漢期のレンガ敷きの地面。中国広東省広州市の文物考古研究院は6月29日、市内の大仏寺南院プロジェクト建設地で緊急性の考古学調査と発掘を実施したことを明らかにした。唐や五代、宋、明、清各時期の文化遺構が見つかり、晩唐や五代、宋代の多くの遺物が出土した。今回の考古学的発見は、同時期の広州の発展や珠江沿岸の変遷を研究する上で重要な考古学的資料をもたらした。(広州=新華社配信/広州市文物考古研究院提供)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:広州市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005928

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の法堂。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100567

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の天王殿。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100673

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の舎利塔。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100472

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の法堂内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100561

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の大雄宝殿内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100508

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の大雄宝殿。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100559

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の海会塔殿。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100565

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の念仏堂内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100595

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の念仏堂。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100578

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の観音殿に安置されている千手千眼観世音菩薩像。クスノキの一木彫像。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204263

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿。康熙2(1663)年に建立された木造建築。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204395

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204500

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204363

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204448

  • 2020年05月31日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    ライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(5月31日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204233

  • 2020年06月14日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺に咲くハスの花。(6月14日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100593

  • 2020年06月30日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺で香道に親しむ僧侶。(6月30日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100597

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている三世仏像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204299

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている銅製の釈迦如来像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204495

  • 2020年07月17日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。左のガジュマルは樹齢300年近く。(7月17日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204507

  • 2020年07月25日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    25日、海幢寺の宝厳塔。中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100678

  • 2020年08月01日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺内にある羅漢像の彩色磁器壁画。(8月1日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204242

  • 01:03.37
    2020年11月17日
    「新華社」無形文化遺産技術が豊かな暮らしをもたらす河北省廊坊市

    中国河北省廊坊市広陽区南漢村は「百宝象眼」や「金漆象眼」など二十数項目の無形文化遺産を有し、村全体で1700人余りが伝統的手工芸に関する仕事に従事している。アンティーク家具や宮廷芸術品を製作する企業は70社以上、うち年間生産額が1千万元(1元=約16円)を超える企業が7社ある。地元では無形文化遺産を保護すると同時に、無形文化遺産技術を使った伝統工芸品の製作が村民を豊かにするための「宝物」となっている。(記者/張碩)<映像内容>アンティーク家具や宮廷芸術品の製作の様子、作品の物撮りなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806619

  • 2021年12月31日
    (15)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の大雄宝殿。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104974

  • 2021年12月31日
    (8)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の天王殿。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104963

  • 2021年12月31日
    (12)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の方丈室。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104967

  • 2021年12月31日
    (1)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の祖殿。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104944

  • 2021年12月31日
    (9)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の天王殿(裏側)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104964

  • 2021年12月31日
    (13)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺法堂前の中庭。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104968

  • 2021年12月31日
    (6)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の木魚。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104951

  • 2021年12月31日
    (14)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の法堂。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104972

  • 2021年12月31日
    (5)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の「雲門寺南漢碑」。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104948

  • 2021年12月31日
    (4)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の牌坊(はいぼう)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104949

  • 2021年12月31日
    (17)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の大覚勝境牌坊(はいぼう)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏教学校も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104977

  • 2021年12月31日
    (10)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の天王殿と放生池。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104965

  • 2021年12月31日
    (3)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の正法眼蔵牌坊(はいぼう)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104946

  • 2021年12月31日
    (11)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の釈迦(しゃか)塔。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104969

  • 2021年12月31日
    (2)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の祖殿と「雲門寺南漢碑」。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104945

  • 2021年12月31日
    (7)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の新山門。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104952

  • 2021年12月31日
    (16)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の大雄宝殿(裏側)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104975

  • 2021年12月31日
    (18)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の禅堂。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104976

  • 2022年01月20日
    (8)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の妙蓮池。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011985

  • 2022年01月20日
    (12)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の三師殿。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012012014

  • 2022年01月20日
    (13)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の三師殿前から見た風景。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012012011

  • 2022年01月20日
    (7)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県の羅浮山景観区。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011986

  • 2022年01月20日
    (9)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の三清殿。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011990

  • 2022年01月20日
    (16)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の遠観亭。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012012017

  • 2022年01月20日
    (3)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、黄竜観の侯宝垣(こう・ほうえん)紀念堂。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011927

  • 2022年01月20日
    (5)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の三清殿。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011947

  • 2022年01月20日
    (4)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観前広場。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011923

  • 2022年01月20日
    (1)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の一角。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011851

  • 2022年01月20日
    (11)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の三師殿。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011996

  • 2022年01月20日
    (10)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の三清殿内部。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011997

  • 2022年01月20日
    (14)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の山門。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012012012

  • 2022年01月20日
    (15)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、山門から見た黄竜観。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012012013

  • 2022年01月20日
    (2)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の渡り廊下。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011850

  • 2022年01月20日
    (6)羅浮山黄竜観を訪ねて広東省恵州市

    9日、広東省恵州市博羅県にある黄竜観の竜珠亭。中国広東省恵州市博羅県の北西部、中心市街地から約35キロに位置する羅浮山は、面積260平方キロ余り。羅山と浮山が合わさってできたと言い伝えられている。羅浮山は道教南宗の発祥地で、仏教との共存も見られる。数々の宗教施設の中でも名高い五観五寺の一つ、黄竜観は山腹にある道観(道教寺院)で、五代十国時代にさかのぼる歴史を持つ。神仙術の大成者として知られる葛洪(かつ・こう)が東晋時代に西庵堂を建立、五代時代には南漢(十国の一つ)の王が同地に天華宮を造営し、清の康熙年間に現在の名に改められた。1990年代に香港の道観、青松観が元の場所に再建し、大規模化。敷地内には三師大殿や三清大殿、妙蓮池などがあり、「広東第一大観」とたたえられている。(恵州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012011961

  • 1