KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • アワ
  • ムー
  • 令和
  • 余り
  • 北斗
  • 太原
  • 実現
  • 山西農業大学
  • 排出

「南燕」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年03月26日
    空から撮影した海南海浜観光道路

    海南省万寧市にある海浜観光道路。(ドローン撮影)中国海南省万寧市に位置する海浜観光道路は、南は石梅湾高速道路の出口から、北は大花角までの全長約35キロに及び、石梅湾、南燕湾、神州半島といったいくつもの観光スポットを通り抜けており、その半分に及ぶ区間で海を臨むことができる。(万寧=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200701

  • 2018年03月26日
    空から撮影した海南海浜観光道路

    海南省万寧市にある海浜観光道路。(ドローン撮影)中国海南省万寧市に位置する海浜観光道路は、南は石梅湾高速道路の出口から、北は大花角までの全長約35キロに及び、石梅湾、南燕湾、神州半島といったいくつもの観光スポットを通り抜けており、その半分に及ぶ区間で海を臨むことができる。(万寧=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200729

  • 2018年03月26日
    空から撮影した海南海浜観光道路

    海南省万寧市にある海浜観光道路。(ドローン撮影)中国海南省万寧市に位置する海浜観光道路は、南は石梅湾高速道路の出口から、北は大花角までの全長約35キロに及び、石梅湾、南燕湾、神州半島といったいくつもの観光スポットを通り抜けており、その半分に及ぶ区間で海を臨むことができる。(万寧=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200704

  • 2018年03月26日
    空から撮影した海南海浜観光道路

    海南省万寧市にある海浜観光道路。(ドローン撮影)中国海南省万寧市に位置する海浜観光道路は、南は石梅湾高速道路の出口から、北は大花角までの全長約35キロに及び、石梅湾、南燕湾、神州半島といったいくつもの観光スポットを通り抜けており、その半分に及ぶ区間で海を臨むことができる。(万寧=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200732

  • 2018年03月26日
    空から撮影した海南海浜観光道路

    海南省万寧市にある海浜観光道路。(ドローン撮影)中国海南省万寧市に位置する海浜観光道路は、南は石梅湾高速道路の出口から、北は大花角までの全長約35キロに及び、石梅湾、南燕湾、神州半島といったいくつもの観光スポットを通り抜けており、その半分に及ぶ区間で海を臨むことができる。(万寧=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200743

  • 2021年11月02日
    (6)自動収穫機が秋の農作業を後押し山西省

    10月23日、山西省寿陽県南燕竹村でアワを収穫する自動運転コンバイン。(小型無人機から)中国山西省晋中市寿陽県南燕竹鎮南燕竹村ではこのところ、アワが収穫期を迎えている。10ムー(約6700平方メートル)余りの畑では、1台の自動運転コンバインが刈り取り作業を進めている。山西農業大学が開発した同コンバインは、衛星測位システム「北斗」の高精度測位により、走行や刈り取り、方向転換、収穫物排出といった一連の作業の自動化を実現、農家の収穫作業を後押している。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205467

  • 2021年11月02日
    (7)自動収穫機が秋の農作業を後押し山西省

    10月23日、山西省寿陽県南燕竹村でアワを収穫する自動運転コンバイン。(小型無人機から)中国山西省晋中市寿陽県南燕竹鎮南燕竹村ではこのところ、アワが収穫期を迎えている。10ムー(約6700平方メートル)余りの畑では、1台の自動運転コンバインが刈り取り作業を進めている。山西農業大学が開発した同コンバインは、衛星測位システム「北斗」の高精度測位により、走行や刈り取り、方向転換、収穫物排出といった一連の作業の自動化を実現、農家の収穫作業を後押している。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205586

  • 2021年11月02日
    (5)自動収穫機が秋の農作業を後押し山西省

    10月23日、山西省寿陽県南燕竹村でアワを収穫する自動運転コンバイン。中国山西省晋中市寿陽県南燕竹鎮南燕竹村ではこのところ、アワが収穫期を迎えている。10ムー(約6700平方メートル)余りの畑では、1台の自動運転コンバインが刈り取り作業を進めている。山西農業大学が開発した同コンバインは、衛星測位システム「北斗」の高精度測位により、走行や刈り取り、方向転換、収穫物排出といった一連の作業の自動化を実現、農家の収穫作業を後押している。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205520

  • 2021年11月02日
    (1)自動収穫機が秋の農作業を後押し山西省

    10月23日、山西省寿陽県南燕竹村で収穫したアワをトラックに移す自動運転コンバイン。中国山西省晋中市寿陽県南燕竹鎮南燕竹村ではこのところ、アワが収穫期を迎えている。10ムー(約6700平方メートル)余りの畑では、1台の自動運転コンバインが刈り取り作業を進めている。山西農業大学が開発した同コンバインは、衛星測位システム「北斗」の高精度測位により、走行や刈り取り、方向転換、収穫物排出といった一連の作業の自動化を実現、農家の収穫作業を後押している。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205553

  • 2021年11月02日
    (2)自動収穫機が秋の農作業を後押し山西省

    10月23日、山西省寿陽県南燕竹村でアワを収穫する自動運転コンバイン。中国山西省晋中市寿陽県南燕竹鎮南燕竹村ではこのところ、アワが収穫期を迎えている。10ムー(約6700平方メートル)余りの畑では、1台の自動運転コンバインが刈り取り作業を進めている。山西農業大学が開発した同コンバインは、衛星測位システム「北斗」の高精度測位により、走行や刈り取り、方向転換、収穫物排出といった一連の作業の自動化を実現、農家の収穫作業を後押している。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205546

  • 2021年11月02日
    (3)自動収穫機が秋の農作業を後押し山西省

    10月23日、山西省寿陽県南燕竹村でアワを収穫する自動運転コンバイン。中国山西省晋中市寿陽県南燕竹鎮南燕竹村ではこのところ、アワが収穫期を迎えている。10ムー(約6700平方メートル)余りの畑では、1台の自動運転コンバインが刈り取り作業を進めている。山西農業大学が開発した同コンバインは、衛星測位システム「北斗」の高精度測位により、走行や刈り取り、方向転換、収穫物排出といった一連の作業の自動化を実現、農家の収穫作業を後押している。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205448

  • 1