KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 一般公開
  • 令和
  • 入り口
  • 再開
  • 山東博物館
  • 新型肺炎
  • 王凱
  • 説明
  • 防護服

「博物館職員」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2002年02月13日
    センターに展示される標本 ダーウィンの標本初公開へ

    12日、ロンドンの自然史博物館に新設される「ダーウィン・センター」に展示予定の生物標本を見せる同博物館職員(ロイター=共同)

    商品コード: 2002021300053

  • 2003年02月27日
    作業する博物館職員 博物館の修復、着々と

    アフガニスタンのカブール博物館で、菩薩(ぼさつ)像の修復作業をする職員(共同)

    商品コード: 2003022700024

  • 2007年10月05日
    化石と博物館職員 イノシシ似の新種哺乳類

    約3700万年前の地層から発見された哺乳類の化石を前に説明をする博物館職員=5日、兵庫県立人と自然の博物館

    商品コード: 2007100500265

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年11月02日
    原発建設予定地 トルコ原発、強まる反対

    トルコ・シノップの原発建設予定地で、生態系の説明をする元考古学博物館職員のオウズさん(左)と原発反対派組織のコヌクチュ代表=10月18日(共同)

    商品コード: 2010110200242

  • 2015年03月19日
    ベンチに座る博物館職員 信じられないとぼうぜん

    19日、チュニジアの首都チュニスの国立バルドー博物館の敷地内のベンチに座る職員ら(共同)

    商品コード: 2015031900921

  • 2016年04月22日
    薗田哲平さん カメの化石にロマン求めて

    日本で数少ないカメ化石の研究者で、福井県立恐竜博物館職員の薗田哲平さん=福井県勝山市

    商品コード: 2016042200494

  • 07:25.92
    2019年02月15日
    「新華社」孔府の文化財にみる伝統的な春節の風習

    「天下第一の家」とされる孔子の末裔、孔家の正月は非常に盛大だ。孔子の故郷、中国山東省曲阜市にある孔子博物館には、60万点余りの孔府の文化財が大切に保存されている。明代の「門神の木版画の版木」や清代の「孔府年節対聯(年末年始に門に貼る対句)」、「六角形のガラス製方灯」などの文化財からは、長い時間を越えて続く春節の風習を感じ取ることができる。孔府は古くから、盛大な春節儀礼を継承してきた。そのため、中国の家庭における年越しのやり方が、昔ながらの姿のまま保たれている。孔府が保存してきた書類には、年越しの儀礼や手順などが詳細に記されている。孔子博物館の書庫にあった「孔府年節対聯」という書物には、清代乾隆24、25年(西暦1759、1760年)の春聯(春節に門に張る縁起の良い対句)を選んで収録した春聯の底本として、約160組の春聯の対句や門柱ごとの対句の内容、紙の色や長さ、幅などの情報が記録されている。1998年に孔府が再び春聯を張るようになってから、孔子第75代子孫の孔祥勝(こう・しょうしょう)氏が、春聯の整理と筆写を担当してきた。祥勝氏によると、孔府は官庁と住居が一体となった衙門(役所)であり、そこに張る春聯の内容は決まっていた。華麗な字句と選び抜かれた紙が使われ、建物ごとに対句も違っていたという。春聯を貼り、ランタンを掲げるだけでなく、門神(魔除けとして扉の上に貼る門を守る神の絵)を張るのも年越しに欠かせない風習だ。孔子博物館で4枚の古い門神画を見た。いずれも明代に描かれたもので、数百年の時を経ている。武門神2体は甲冑をまとい、腰には宝剣を差している。文門神2体は頭巾をかぶり、手に笏を持ち、一品(最上級の官位)の官服を身に付けている。博物館職員によると、過去数百年間、孔府の門神画にはさまざまな版があったが、今張られている門神画は博物館が所蔵する明代の木版画を復刻したものだという。春聯、門神、方灯など、正月の雰囲気を引き立てる品々だけでなく、孔府の年越しは多くの儀礼規範に沿って行われる。こうした有形無形の年越しの風習が代々受け継がれることで、人々の心の中に共通意識が形成されてきたのだ。(記者/王歓、趙小羽)<映像内容>孔子博物館の文化財展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501712

  • 2020年02月14日
    Reopening of the Hölderlin Tower

    14 February 2020, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Two museum employees stick a poem by Hölderlin on an exhibition board so that it can be attached to the wall. Hölderlin lived from 1807 to 1843 in the tower in Tübingen, which has been renovated since 2017. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021805591

  • 2020年02月14日
    Reopening of the Hölderlin Tower

    14 February 2020, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Two museum employees stick a poem by Hölderlin on an exhibition board so that it can be attached to the wall. Hölderlin lived from 1807 to 1843 in the tower in Tübingen, which has been renovated since 2017. Photo: Tom Weller/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021805407

  • 2020年03月31日
    山東博物館、一般公開を再開

    31日、山東博物館の入り口で来場者の2次元バーコードを確認する防護服に身を包んだ博物館職員(左)。中国山東省済南市の山東博物館は31日、新型コロナウイルス感染対策に万全を期した上で一般公開を再開した。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104104

  • 2020年03月31日
    山東博物館、一般公開を再開

    31日、山東博物館の入り口で来場者を案内する防護服に身を包んだ博物館職員。中国山東省済南市の山東博物館は31日、新型コロナウイルス感染対策に万全を期した上で一般公開を再開した。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104141

  • 2020年05月27日
    Exhibition shows two million years of migration

    27 May 2020, Lower Saxony, Bramsche: Hygiene measures, such as hand disinfection by museum employee Caroline Flöring (r), are taken in the rooms of the Varus Battle in the Osnabrück Land - Museum und Park Kalkriese. The exhibition of the exhibition “2 million years of migration“ can be seen there until 25 October 2020. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060509715

  • 1