KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 節分
  • 伝統行事
  • 内容
  • 場所
  • 映像
  • 様子
  • 男女
  • 男性
  • 那智山青岸渡寺
  • きつね

「厄年」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2000年02月03日
    福豆をまく厄年の男女ら 熊野三山で節分祭

    那智山・青岸渡寺の節分祭で、厄よけなどを願い福豆をまく厄年の男女ら=3日、和歌山県那智勝浦町

    商品コード: 2000020300121

  • 2002年02月03日
    那智山青岸渡寺でも節分祭

    厄年を迎える参拝客が参加して催された那智山青岸渡寺の節分祭=3日、和歌山県那智勝浦町

    商品コード: 2002020300067

  • 2002年05月24日
    練り歩く行列 大山で伝統の御幸行事

    厄年に当たる男性らに担がれて大山寺参道を練り歩くみこし行列=24日午前、鳥取県大山町

    商品コード: 2002052400071

  • 2005年05月22日
    大山の伝統行事「御幸」 大山参道に貴族や僧兵

    新緑の中、厄年の男性らに担がれみこしが参道を練り歩く伝統行事「御幸」=22日午前、鳥取県大山町

    商品コード: 2005052200030

  • 02:57.87
    2007年02月03日
    狐の姿で厄払いの豆まき 三重・四日市の海山道神社

    三重県四日市市海山道町の「海山道(みやまど)神社」で節分の3日、伝統行事の「狐(きつね)の嫁入り神事」が行われ、厄年の氏子の男女がキツネの面をかぶり、婚礼衣装を着て厄払いの豆まきをした<映像内容>嫁入り行列を待つ参拝客、朱の鳥居の下を歩くキツネの面をかぶった人たちの行列、婚礼の様子、豆をまく新郎、新婦ら、撮影日:2007(平成19)年2月3日、撮影場所:三重県四日市市海山道町

    商品コード: 2019111803776

  • 2008年01月26日
    体を張って社殿を守る男衆 ガーンと一発、火祭り体験

    村人の持つたいまつから体を張って社殿を守る25歳の厄年の男衆=15日夜、長野県野沢温泉村

    商品コード: 2008012600099

  • 2009年02月03日
    和歌山・青岸渡寺で節分祭

    那智山青岸渡寺の節分祭で豆をまく厄年の人たち=3日、和歌山県那智勝浦町

    商品コード: 2009020300160

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:48.24
    2019年05月01日
    代替わりで秘仏開帳 京都・長楽寺

    桓武天皇の勅命で805年、天台宗の開祖・最澄が創建した長楽寺(京都市東山区)で1日、歴代天皇即位の際に開帳されてきた本尊の秘仏「准胝観音像」が参拝者に公開された。寺によると、最澄が日本と中国の間を航海し、船が難破しそうになった際の体験を基に、観音像を自ら刻んだとされる。歴代天皇の即位や厄年に開帳されてきたといい、普段は本堂の厨子に安置されている。観音像は高さ約40センチで足元には2頭の竜が舞っている。牧野純山住職(48)は「新しい時代に多くの方々がこの観音様に出会い、幸せな生活が送れることを祈念したい」と話した。拝観は有料で、観音像の公開は6月16日まで。<映像内容>長楽寺本堂で開かれたご開帳の様子(住職による読経、厨子を開く作業、仏像の物撮り)、住職の囲み、多数の人が参拝する様子、長楽寺本堂や山門の外観など、撮影日:2019(令和元)年5月1日、撮影場所:京都府京都市東山区

    商品コード: 2019050700414

  • 1