KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 地域
  • 製品
  • 資料
  • 税関職員
  • 管轄
  • 恩恵
  • 通関
  • ドル
  • 取得

「原産地証明書」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
47
( 1 47 件を表示)
  • 1
47
( 1 47 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年02月21日
    南京税関、中韓FTA発効から4年で韓国向け原産地証明書約37万通を発給

    原産地の登録調査を行う南通税関職員(右)。(2019年2月21日撮影)中国江蘇省の南京税関は17日、同税関が中韓自由貿易協定(FTA)の発効後4年間で、総額163億5700万ドル(1ドル=約110円)相当の製品について、対外貿易企業に中韓FTA原産地証明書36万9900通を発給し、同省から韓国に輸出される製品の関税約8億1800万ドルを減免したと発表した。(南通=新華社配信/武燦)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001104

  • 2019年04月12日
    南京税関、中韓FTA発効から4年で韓国向け原産地証明書約37万通を発給

    原産地を確認する南通税関職員。(2019年4月12日撮影)中国江蘇省の南京税関は17日、同税関が中韓自由貿易協定(FTA)の発効後4年間で、総額163億5700万ドル(1ドル=約110円)相当の製品について、対外貿易企業に中韓FTA原産地証明書36万9900通を発給し、同省から韓国に輸出される製品の関税約8億1800万ドルを減免したと発表した。(南通=新華社配信/武燦)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000999

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:28.00
    2019年05月15日
    「新華社」福州自貿区が模索する両岸融合発展への新たな道のり

    中国(福建)自由貿易試験区福州片区(エリア)が開設されて4年、大局を見据えつつも細部と実行に重きを置き、「台湾同胞と台湾企業の大陸における第一の故郷」の建設に力を尽くすという努力が、新たな実績を絶えず生み出している。統計によると、同片区で今年3月末時点までに新たに増えた台湾企業は377社。登録資本金は36億6900万元(1元=約16・5円)で、福州市全体のそれぞれ42・65%、41・53%を占めた。片区では、台湾の青年企業家へより良いサービスを提供するため、海峡両岸(中国の大陸と台湾)青年創業インキュベーションセンターを始めとする九つのプラットフォームを設立。千人以上の台湾青年の起業や就職を後押ししてきた。片区はこの4年間で台湾企業家に対し①台湾原産地証明書の検査システムなどを含む15項目の対台湾貿易円滑化措置の実施②台湾に対する旅行や医療、文化クリエイティブ、芸能など17のサービス貿易分野の開放推進と300以上のサービス業プロジェクトの実施促進③両岸IoT(モノのインターネット)アプリケーション・モデルセンターや両岸スマートシティ研究開発センター、中間テスト基地の建設④両岸を行き来する直行便客船の申請手続き簡素化と、閩江(びんこう)下流の福州市馬尾地区の対台湾総合フェリーふ頭建築による馬尾-台湾馬祖間の所要時間の半減化-などの一連の施策を相次ぎ打ち出している。(記者/林凱)<映像内容>福州自貿区の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600517

  • 2019年06月14日
    貴陽税関、貴州省輸出企業の関税3147万ドルを減免

    輸出する茅台酒を確認する貴州税関の職員。(資料写真)中国貴州省の貴陽税関は昨年、同省輸出企業の関税3147万ドル(1ドル=約110円)の減免を支援した。同税関は昨年、原産地証明書の発行業務改革を全面的に推進し、1年間に各種原産地証明書5878通(証明金額10億ドル相当)を発行。これにより同省の輸出企業は前年同期比32・2%増となる関税3147万ドルが減免された。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322453

  • 2019年06月24日
    貴陽税関、貴州省輸出企業の関税3147万ドルを減免

    輸出するトウガラシを確認する貴州税関の職員。(資料写真)中国貴州省の貴陽税関は昨年、同省輸出企業の関税3147万ドル(1ドル=約110円)の減免を支援した。同税関は昨年、原産地証明書の発行業務改革を全面的に推進し、1年間に各種原産地証明書5878通(証明金額10億ドル相当)を発行。これにより同省の輸出企業は前年同期比32・2%増となる関税3147万ドルが減免された。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322425

  • 2020年02月13日
    「非接触サービス」で企業の操業再開を後押し長沙税関

    13日、企業のオンライン申請を受理する長沙税関所属の星沙税関職員。中国湖南省の長沙税関は新型コロナウイルスによる肺炎の感染発生後、税金の納付期限延長、原産地証明書の「非接触」発給、オンライン申請・審査などの措置を講じ、徴税に関するサービスを最適化することで、省内企業の操業再開と重点プロジェクト建設を後押ししている。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203367

  • 2020年02月16日
    「非接触サービス」で企業の操業再開を後押し長沙税関

    16日、企業に原産地証明書を郵送する長沙税関所属の星沙税関職員。中国湖南省の長沙税関は新型コロナウイルスによる肺炎の感染発生後、税金の納付期限延長、原産地証明書の「非接触」発給、オンライン申請・審査などの措置を講じ、徴税に関するサービスを最適化することで、省内企業の操業再開と重点プロジェクト建設を後押ししている。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203379

  • 2020年02月26日
    「非接触サービス」で企業の操業再開を後押し長沙税関

    26日、原産地証明書を自身で印刷して受領する貿易会社、株洲硬質合金輸出入の職員。中国湖南省の長沙税関は新型コロナウイルスによる肺炎の感染発生後、税金の納付期限延長、原産地証明書の「非接触」発給、オンライン申請・審査などの措置を講じ、徴税に関するサービスを最適化することで、省内企業の操業再開と重点プロジェクト建設を後押ししている。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203479

  • 2020年02月26日
    「非接触サービス」で企業の操業再開を後押し長沙税関

    26日、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「QQ」を使用して企業の業務処理を遠隔サポートする長沙税関。中国湖南省の長沙税関は新型コロナウイルスによる肺炎の感染発生後、税金の納付期限延長、原産地証明書の「非接触」発給、オンライン申請・審査などの措置を講じ、徴税に関するサービスを最適化することで、省内企業の操業再開と重点プロジェクト建設を後押ししている。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203428

  • 2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、空白の原産地証明書を発給する馬鞍山税関の職員。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら記入して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020051102862

  • 2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、馬鞍山税関で原産地証明書を申請して受け取るAVKバルブ(安徽)の対外貿易担当、阿凌燕(あ・りょうえん)氏(右)。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら印刷して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102883

  • 2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、阿凌燕氏が受け取った空白の原産地証明書。「信用査証」形式となっており、企業が受領後に自ら記入して使用し、その後税関で照合抹消を申請できる。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら記入して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102924

  • 2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、空白の原産地証明書を見せる馬鞍山税関の職員。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら記入して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102994

  • 2020年08月10日
    重慶税関、原産地証明書のスマート審査を開始

    10日、重慶税関の自動審査オンラインシステムで原産地証明書の電子申告をする企業。中国重慶税関は10日、輸出入品の原産地証明書16種類を対象とした自動審査を開始した。企業は原産地証明書を電子申告することで、システムによる自動審査結果を取得できる。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700494

  • 2020年08月10日
    重慶税関、原産地証明書のスマート審査を開始

    10日、重慶税関の自動審査オンラインシステムで取得した原産地証明書を手にする鴻富錦精密電子(重慶)の従業員。中国重慶税関は10日、輸出入品の原産地証明書16種類を対象とした自動審査を開始した。企業は原産地証明書を電子申告することで、システムによる自動審査結果を取得できる。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700630

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.98
    2020年08月31日
    「新華社」密輸ドリアン49・58トンを廃棄処分広西チワン族自治区水口税関

    中国広西チワン族自治区の水口税関は8月31日、南寧市で密輸の疑いがあるドリアン49・58トンに対し無害化廃棄処分を行った。摘発額は約120万元(1元=約15円)だ。処分されたドリアンは、同税関密輸取り締まり分局がこのほど、管轄区内で密輸ドリアンの中継拠点を摘発した際に押収したもので、現場で輸送車両9台を押収、5人を逮捕した。水口税関弁公室の何宇思(か・うし)法執行官によると、密輸されたドリアンの生産地は不明で、摘発を受けたグループは生産国の原産地証明書や植物検疫証明書を提出できなかったという。関連の検疫を受けておらず、有害生物、残留農薬、重金属の基準超過などの安全リスクが存在し、市場に流通した場合には消費者の健康を害する恐れがある。何氏はさらに、中国は輸入果物に対して検査検疫による輸入許可制度を実施しており、さまざまな国・地域からの各種輸入果物に対していずれも厳格な規定を有していると強調。現在、生鮮ドリアンの輸入資格を取得している国はタイとマレーシアのみだという。(記者/朱麗莉、黄凱瑩)<映像内容>密輸ドリアンの廃棄の様子、撮影日:2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090303236

  • 2020年11月17日
    自由貿易協定(広西)サービスセンター、特恵原産地証明書発行が429件に

    17日、特恵原産地証明書を審査するCCPIT自由貿易協定(広西)サービスセンターの職員。中国国際貿易促進委員会(CCPIT)広西チワン族自治区分会は15日、CCPIT自由貿易協定(広西)サービスセンターが発行した特恵原産地証明書の件数が先月末までに429件になったと明らかにした。証明金額は約1億9700万元(1元=約16円)で、企業が節約した関税コストは約990万元になった。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601069

  • 2021年01月26日
    (1)中韓FTA発効5年、輸出企業に200億ドル超の恩恵江蘇省

    企業の担当者に原産地証明書のセルフ印刷について案内する蘇州税関職員。(2020年12月4日撮影)中国江蘇省の南京税関の統計によると、2015年12月20日に中韓FTAが発効して以降、江蘇地区は中韓FTAの原産地証明書47万5千件を発給し、発給額は214億5千万ドルに上った。発給数は年々増加傾向にある。主に機械器具・部品、電気機器・部品、プラスチック・同製品、有機化学品などの輸出が恩恵を受けている。(南京=新華社配信/胡蓉榕)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702223

  • 2021年01月26日
    (2)中韓FTA発効5年、輸出企業に200億ドル超の恩恵江蘇省

    企業の担当者に原産地証明書を手渡す蘇州税関職員。(2020年12月4日撮影)中国江蘇省の南京税関の統計によると、2015年12月20日に中韓FTAが発効して以降、江蘇地区は中韓FTAの原産地証明書47万5千件を発給し、発給額は214億5千万ドルに上った。発給数は年々増加傾向にある。主に機械器具・部品、電気機器・部品、プラスチック・同製品、有機化学品などの輸出が恩恵を受けている。(南京=新華社配信/胡蓉榕)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702222

  • 2021年03月05日
    中韓FTA原産地証明書が江蘇省企業の韓国市場開拓を後押し

    輸出企業に対し、中韓FTA原産地証明書を申請する際の要点を説明する塩城税関の職員。(2月25日撮影)中国江蘇省が今年に入ってから輸出企業に発給した中韓自由貿易協定(FTA)原産地証明書は、前年同期比37・2%増の1万6918件で、発給額は33・6%増の8億9600万ドル(1ドル=約107円)となった。原産地証明書は、輸出製品が輸入国・地域で関税減免を受けるための主要な証明書で、輸出企業はこれにより関税減免の恩恵を受け、輸出シェアを拡大することができる。同省にある江蘇斗源汽車空調の貿易部門責任者、張晶晶(ちょう・しょうしょう)さんは「中韓FTA原産地証明書により、カーエアコンのコンデンサーを韓国に輸出する際に韓国側協定税率の8%が適用され、貿易コストが大幅に下がり、製品の韓国市場での競争力向上に結び付いた」と語った。(塩城=新華社配信/于昀)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030506880

  • 2022年01月02日
    (3)長沙税関、湖南省初のRCEP原産地証明書を発給

    1日、企業の事前予約を受け、業務時間外にRCEP原産地証明書を発行する永州税関の職員。中国湖南省長沙税関が管轄する湘西税関、益陽税関、永州税関などは1日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が同日発効したことを受け、地元輸出企業にRCEP原産地証明書計13部を発給した。証明額の総額は350万ドル(1ドル=約115円)近くで、各企業が輸出先で受けられる関税減免額は計約10万元(1元=約18円)とみられる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010206087

  • 2022年01月02日
    (2)長沙税関、湖南省初のRCEP原産地証明書を発給

    1日、シンガポールへザリガニを輸出する企業にRCEP原産地証明書を発給する益陽税関の職員。中国湖南省長沙税関が管轄する湘西税関、益陽税関、永州税関などは1日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が同日発効したことを受け、地元輸出企業にRCEP原産地証明書計13部を発給した。証明額の総額は350万ドル(1ドル=約115円)近くで、各企業が輸出先で受けられる関税減免額は計約10万元(1元=約18円)とみられる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010206088

  • 2022年01月02日
    (1)長沙税関、湖南省初のRCEP原産地証明書を発給

    1日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の企業、豊達合金科技が取得したRCEP原産地証明書。発給時刻は午前0時15分で、同省初のRCEP原産地証明書となった。中国湖南省長沙税関が管轄する湘西税関、益陽税関、永州税関などは1日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が同日発効したことを受け、地元輸出企業にRCEP原産地証明書計13部を発給した。証明額の総額は350万ドル(1ドル=約115円)近くで、各企業が輸出先で受けられる関税減免額は計約10万元(1元=約18円)とみられる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010206086

  • 2022年01月04日
    (2)RCEP、中日自由貿易の新たなエンジンに

    1日、邕州税関の職員から原産地証明書を受け取る南寧橋虹新材料の申告担当者。世界最大の自由貿易圏となる地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日、発効した。中国広西チワン族自治区南寧市の邕州(ようしゅう)税関で同日午前0時、南寧僑虹新材料の申告担当者が同自治区で初めてとなるRCEP原産地証明書を受領した。(南寧=新華社配信/胡佳麗)= 配信日: 2022(令和4)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010407183

  • 2022年01月04日
    (1)RCEP、中日自由貿易の新たなエンジンに

    1日午前0時が近づき、邕州税関の職員から申告の流れについて説明を受ける南寧橋虹新材料の申告担当者。世界最大の自由貿易圏となる地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日、発効した。中国広西チワン族自治区南寧市の邕州(ようしゅう)税関で同日午前0時、南寧僑虹新材料の申告担当者が同自治区で初めてとなるRCEP原産地証明書を受領した。(南寧=新華社配信/胡佳麗)= 配信日: 2022(令和4)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010407185

  • 2022年01月05日
    (5)山東省、RCEP発効の好機を積極的に活用

    山東省の缶詰メーカー青島開創食品の果物缶の生産ライン。(資料写真)地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に発効した。中国の山東省は20年に出した試算で、RCEP発効初年度に日本への輸出品は約3億8千万元の関税減免が受けられ、段階的な関税引き下げが完了すれば、日本からの輸入品は約9億元の関税コストを削減できるとの見通しを示している。原産地証明書には、関税が大幅に優遇されるだけでなく、通関時の利便性が向上するというメリットもある。(済南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010507468

  • 2022年01月05日
    (2)山東省、RCEP発効の好機を積極的に活用

    青島市の化学工業製品輸出企業で原産地調査を行う青島税関の職員。(資料写真)地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に発効した。中国の山東省は20年に出した試算で、RCEP発効初年度に日本への輸出品は約3億8千万元の関税減免が受けられ、段階的な関税引き下げが完了すれば、日本からの輸入品は約9億元の関税コストを削減できるとの見通しを示している。原産地証明書には、関税が大幅に優遇されるだけでなく、通関時の利便性が向上するというメリットもある。(済南=新華社配信/陳星華)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010507466

  • 2022年01月05日
    (1)山東省、RCEP発効の好機を積極的に活用

    1日、青島海湾集団にRCEP原産地証明書を発給する青島税関の職員。地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に発効した。中国の山東省は20年に出した試算で、RCEP発効初年度に日本への輸出品は約3億8千万元の関税減免が受けられ、段階的な関税引き下げが完了すれば、日本からの輸入品は約9億元の関税コストを削減できるとの見通しを示している。原産地証明書には、関税が大幅に優遇されるだけでなく、通関時の利便性が向上するというメリットもある。(済南=新華社配信/陳星華)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010507449

  • 2022年01月05日
    (3)山東省、RCEP発効の好機を積極的に活用

    山東省日照市の食品メーカー山東美佳集団の輸出品を調べ、関連する関税引き下げ政策について説明する日照税関の職員。(資料写真)地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に発効した。中国の山東省は20年に出した試算で、RCEP発効初年度に日本への輸出品は約3億8千万元の関税減免が受けられ、段階的な関税引き下げが完了すれば、日本からの輸入品は約9億元の関税コストを削減できるとの見通しを示している。原産地証明書には、関税が大幅に優遇されるだけでなく、通関時の利便性が向上するというメリットもある。(済南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010507473

  • 2022年01月12日
    (2)成都市、日本向け輸出で初のRCEP原産地証明を発給

    金成食品が日本へ輸出する野菜の塩漬けを詰めた箱。(資料写真)中国四川省成都市金堂県商務局は10日、成都税関が同県の食品加工企業、金成食品に地域的な包括的経済連携(RCEP)原産地証明書を発給したと明らかにした。同市の企業がRCEP発効後に日本に輸出する最初の商品となる。同社の製品は主に日本へ輸出されている。今回原産地証明書を取得したのは野菜の塩漬けで、商品価格は2万ドル(1ドル=約116円)を超える。同社は今後も多くの製品で原産地証明書の発給申請を予定している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011208226

  • 2022年01月12日
    (3)成都市、日本向け輸出で初のRCEP原産地証明を発給

    8日、日本へ輸出する野菜の塩漬けを作る金成食品の従業員。中国四川省成都市金堂県商務局は10日、成都税関が同県の食品加工企業、金成食品に地域的な包括的経済連携(RCEP)原産地証明書を発給したと明らかにした。同市の企業がRCEP発効後に日本に輸出する最初の商品となる。同社の製品は主に日本へ輸出されている。今回原産地証明書を取得したのは野菜の塩漬けで、商品価格は2万ドル(1ドル=約116円)を超える。同社は今後も多くの製品で原産地証明書の発給申請を予定している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011208227

  • 2022年01月12日
    (1)成都市、日本向け輸出で初のRCEP原産地証明を発給

    8日、日本へ輸出する野菜の塩漬けを作る金成食品の従業員。中国四川省成都市金堂県商務局は10日、成都税関が同県の食品加工企業、金成食品に地域的な包括的経済連携(RCEP)原産地証明書を発給したと明らかにした。同市の企業がRCEP発効後に日本に輸出する最初の商品となる。同社の製品は主に日本へ輸出されている。今回原産地証明書を取得したのは野菜の塩漬けで、商品価格は2万ドル(1ドル=約115円)を超える。同社は今後も多くの製品で原産地証明書の発給申請を予定している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011208225

  • 2022年01月16日
    (3)アモイ税関、RCEP原産地証明発給貨物が総額1億元超す

    原産地証明の印刷方法を説明するアモイ税関のスタッフ(左)。(2021年4月26日)中国福建省アモイ税関は13日、カンボジア向け繊維原料59万2千万元(1元=約18円)相当に対し、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定に基づく原産地証明書を発給した。これにより、同税関がアモイ市内の企業に証明書を発給した貨物の総額が1億元を上回った。RCEP協定が発効した1日以降、アモイ税関は市内の企業85社に対し、日本やタイ、ベトナム、カンボジアなどRCEP協定発効国向けの農産物やアルミニウム製品、傘、化学品などの原産地証明書178件を発給した。企業は証明書を提示することで、輸入国が課す関税が100万元以上減免される。(アモイ=新華社配信/蒲韵如)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011605189

  • 2022年01月16日
    (2)アモイ税関、RCEP原産地証明発給貨物が総額1億元超す

    原産地証明の関連政策について説明するアモイ税関のスタッフ(左)。(2021年3月17日撮影)中国福建省アモイ税関は13日、カンボジア向け繊維原料59万2千万元(1元=約18円)相当に対し、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定に基づく原産地証明書を発給した。これにより、同税関がアモイ市内の企業に証明書を発給した貨物の総額が1億元を上回った。RCEP協定が発効した1日以降、アモイ税関は市内の企業85社に対し、日本やタイ、ベトナム、カンボジアなどRCEP協定発効国向けの農産物やアルミニウム製品、傘、化学品などの原産地証明書178件を発給した。企業は証明書を提示することで、輸入国が課す関税が100万元以上減免される。(アモイ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011605190

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月16日
    新疆ウイグル自治区、RCEP原産地証明を初発給関税減免を後押し

    RCEP原産地証明書の発給手続きをする税関職員。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区ウルムチ税関管轄下の烏昌税関はこのほど、同自治区で初となるRCEP(地域的な包括的経済連携)原産地証明書を発給した。発給を受けた貿易企業は輸出先の関税が減免される。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011608510

  • 2022年01月16日
    (1)アモイ税関、RCEP原産地証明発給貨物が総額1億元超す

    13日、RCEP原産地証明を示す企業関係者。中国福建省アモイ税関は13日、カンボジア向け繊維原料59万2千万元(1元=約18円)相当に対し、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定に基づく原産地証明書を発給した。これにより、同税関がアモイ市内の企業に証明書を発給した貨物の総額が1億元を上回った。RCEP協定が発効した1日以降、アモイ税関は市内の企業85社に対し、日本やタイ、ベトナム、カンボジアなどRCEP協定発効国向けの農産物やアルミニウム製品、傘、化学品などの原産地証明書178件を発給した。企業は証明書を提示することで、輸入国が課す関税が100万元以上減免される。(アモイ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011605188

  • 2022年01月28日
    (2)輸入博に大きな商機、RCEP加盟国企業が期待

    インドネシアの大手複合企業シナール・マス・グループが中国広西チワン族自治区欽州市に建設した工場。同市で初となるRCEP原産地証明書が欽州税関から発給された。中国上海市の上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)でこのほど、今年11月に開催予定の第5回中国国際輸入博覧会(輸入博)に向け、新年交流会を兼ねた第5回調印式が開かれた。式典には、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定加盟国から多くの企業が出席し、輸入博出展契約を結んだ。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012808195

  • 2022年02月02日
    RCEP発効1カ月、上海税関の特恵適用貿易額20億元突破

    RCEP特恵税率適用の輸入品を検査する上海税関職員。(資料写真)中国の上海税関は1月31日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1月1日に発効して以来、受理した輸入申告件数は273件、輸入額は2億8千万元(1元=約18円)、関税減免額は489万5千元に上ったと発表した。発給した原産地証明書は4553件、輸出額は17億9千万元で、特恵税率を適用した輸出入の合計額は20億元を超えた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020207246

  • 02:00.85
    2022年03月18日
    China‘s Guangxi issues 1st RCEP certificate of origin to Malaysia

    STORY: China‘s Guangxi issues 1st RCEP certificate of origin to MalaysiaDATELINE: March 18, 2022LENGTH: 00:02:01LOCATION: NANNING, ChinaCATEGORY: ECONOMYSHOTLIST:1. various of Fangchenggang Customs2. various of Fangchenggang city3. SOUNDBITE 1 (Chinese): PAN ZHUOBIN, Guangxi New Hongguang International Logistics4. SOUNDBITE 2 (Chinese): PENG MING, Staff of Fangcheng CustomsSTORYLINE:With the coming into force of the Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP) in Malaysia on Friday, Fangchenggang Customs, south China‘s Guangxi Zhuang Autonomous Region, issued the first RCEP certificate of origin to Malaysia.SOUNDBITE 1 (Chinese): PAN ZHUOBIN, Guangxi New Hongguang International Logistics“Our clients have long-term business cooperation with Malaysian clients...= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032402106

  • 2022年04月22日
    (1)広東省、RCEPの追い風で日本向け輸出が大幅増

    10日、広東省東莞市にある加工食品輸出企業の工場。中国広東省で電子化学品などを手掛ける広東光華科技は、2022年第1四半期(1~3月)に日本向けの輸出が前年同期比で20%余り増加した。同社海外販売部の陳東福(ちん・とうふく)総監は「RCEPの追い風に乗ったことが主な要因」との見方を示した。陳氏によると、同社が3月1日に日本向けに輸出したシュウ酸カリウム一水和物は輸出額が2万6千ドル(1ドル=約128円)で、汕頭税関から地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の輸出原産地証明書の発給を受けたことで税率は4%からゼロに下がった。広東省各地の税関が発給するRCEP原産地証明書は主に日本向けとなっている。日本は4月1日に2回目の関税引き下げを実施しており、恩恵を受ける領域は今後いっそう拡大することが見込まれる。(東莞=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042206503

  • 2022年04月22日
    (4)広東省、RCEPの追い風で日本向け輸出が大幅増

    9日、RECP協定締結国向け製品を検査する湛江(たんこう)税関の職員。中国広東省で電子化学品などを手掛ける広東光華科技は、2022年第1四半期(1~3月)に日本向けの輸出が前年同期比で20%余り増加した。同社海外販売部の陳東福(ちん・とうふく)総監は「RCEPの追い風に乗ったことが主な要因」との見方を示した。陳氏によると、同社が3月1日に日本向けに輸出したシュウ酸カリウム一水和物は輸出額が2万6千ドル(1ドル=約128円)で、汕頭税関から地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の輸出原産地証明書の発給を受けたことで税率は4%からゼロに下がった。広東省各地の税関が発給するRCEP原産地証明書は主に日本向けとなっている。日本は4月1日に2回目の関税引き下げを実施しており、恩恵を受ける領域は今後いっそう拡大することが見込まれる。(湛江=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042206544

  • 2022年04月22日
    (5)広東省、RCEPの追い風で日本向け輸出が大幅増

    調味料輸出企業を視察する江門税関の職員。(1月1日撮影)中国広東省で電子化学品などを手掛ける広東光華科技は、2022年第1四半期(1~3月)に日本向けの輸出が前年同期比で20%余り増加した。同社海外販売部の陳東福(ちん・とうふく)総監は「RCEPの追い風に乗ったことが主な要因」との見方を示した。陳氏によると、同社が3月1日に日本向けに輸出したシュウ酸カリウム一水和物は輸出額が2万6千ドル(1ドル=約128円)で、汕頭税関から地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の輸出原産地証明書の発給を受けたことで税率は4%からゼロに下がった。広東省各地の税関が発給するRCEP原産地証明書は主に日本向けとなっている。日本は4月1日に2回目の関税引き下げを実施しており、恩恵を受ける領域は今後いっそう拡大することが見込まれる。(江門=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042206546

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月22日
    (3)広東省、RCEPの追い風で日本向け輸出が大幅増

    10日、広東省東莞市にある加工食品輸出企業の工場で働く従業員。中国広東省で電子化学品などを手掛ける広東光華科技は、2022年第1四半期(1~3月)に日本向けの輸出が前年同期比で20%余り増加した。同社海外販売部の陳東福(ちん・とうふく)総監は「RCEPの追い風に乗ったことが主な要因」との見方を示した。陳氏によると、同社が3月1日に日本向けに輸出したシュウ酸カリウム一水和物は輸出額が2万6千ドル(1ドル=約128円)で、汕頭税関から地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の輸出原産地証明書の発給を受けたことで税率は4%からゼロに下がった。広東省各地の税関が発給するRCEP原産地証明書は主に日本向けとなっている。日本は4月1日に2回目の関税引き下げを実施しており、恩恵を受ける領域は今後いっそう拡大することが見込まれる。(東莞=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042206526

  • 2022年04月22日
    (2)広東省、RCEPの追い風で日本向け輸出が大幅増

    調味料輸出企業を視察する江門税関の職員。(1月1日撮影)中国広東省で電子化学品などを手掛ける広東光華科技は、2022年第1四半期(1~3月)に日本向けの輸出が前年同期比で20%余り増加した。同社海外販売部の陳東福(ちん・とうふく)総監は「RCEPの追い風に乗ったことが主な要因」との見方を示した。陳氏によると、同社が3月1日に日本向けに輸出したシュウ酸カリウム一水和物は輸出額が2万6千ドル(1ドル=約128円)で、汕頭税関から地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の輸出原産地証明書の発給を受けたことで税率は4%からゼロに下がった。広東省各地の税関が発給するRCEP原産地証明書は主に日本向けとなっている。日本は4月1日に2回目の関税引き下げを実施しており、恩恵を受ける領域は今後いっそう拡大することが見込まれる。(江門=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042206527

  • 2022年05月05日
    江蘇省初のミャンマー輸出用RCEP原産地証明書を発行常州市

    江蘇省で初めて発行されたミャンマー向け輸出用RCEP原産地証明書。ミャンマーで1日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効したことを受け、中国江蘇省の常州税関は同日、地元企業の常州蘇甸(そでん)貿易が申請した総額5万4千ドル(1ドル=約130円)のハンドトラクター輸出について、RCEPの原産地証明書を発給した。これは、同省による初のミャンマー向けRCEP原産地証明書となる。(常州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050502840

  • 2022年05月17日
    (2)上海市、原産地証明書の申請が大幅増

    上海からウルグアイに輸出する資材を梱包する職員。(資料写真)中国上海税関は16日、3月22日から5月13日までに同税関が申請を承認した各種輸出原産地証明書が4万2千件、申請額が30億ドル(1ドル=約129円)以上に上ることを明らかにした。5月1日から13日までの同証明書申請件数は前月同期比36%増の9千件、申請額は57%増の7億ドル以上となり、輸出回復の兆しが現れている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051710982

  • 2022年05月17日
    (1)上海市、原産地証明書の申請が大幅増

    上海浦東国際空港で輸出貨物を検査する税関職員。(資料写真)中国上海税関は16日、3月22日から5月13日までに同税関が申請を承認した各種輸出原産地証明書が4万2千件、申請額が30億ドル(1ドル=約129円)以上に上ることを明らかにした。5月1日から13日までの同証明書申請件数は前月同期比36%増の9千件、申請額は57%増の7億ドル以上となり、輸出回復の兆しが現れている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051710986

  • 1