KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 国際交流
  • 文化交流
  • 日中交流
  • 中国福建省
  • 中日友好
  • 中日両国
  • 福州琉球
  • 福建省福州市
  • 中国江蘇省
  • 保護単位

「友好交流」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
274
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
274
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月10日
    (19)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の石造りの中庭。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (13)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球のシーサー。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (18)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の石造りの中庭。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (20)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球の「石敢當」(左側、中国由来の魔よけの石碑や石標)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (12)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている那覇の茶器。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (17)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の外観。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (15)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の入り口。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (5)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている康熙56(1717)年に冊封副使・徐葆光(じょ・ほこう)が著した中国から琉球までの「針路図」(航海図)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (6)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球国の史書。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (3)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている冊封使船の模型。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (4)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球人形と琉球漆器、紅型(びんがた、琉球染物)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (8)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球漆器の皿。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (11)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている明清時代の琉球冊封使に関する資料。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (2)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)にある「後天井」(奥の中庭)の様子。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (7)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球人の墓碑。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (1)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    16日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球最初の正史「中山世鑑(ちゅうざんせいかん)」。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の建物内の大広間。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球漆器。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている三線(サンシン)と中国の拳法家、周子和(しゅう・しわ)が使っていた刀剣(手前)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球王国の首里城とその周辺地域を記した屏風。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」を見学する来場者。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」を見学する来場者。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」を見学する来場者。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    浙江省と静岡県、農業の交流促進を強化へ

    テレビ会議形式で行われた浙江省と静岡県の農業交流促進委員会第22回総会と農業学術オンライン交流会。(資料写真)中国浙江省と日本の静岡県による農業交流促進委員会の第22回総会がこのほど、テレビ会議形式で行われた。双方は2021~22年の農業友好交流計画について協議し、合意事項に調印した。農業調査や農民協同組合・農業社会化サービス、農業科学技術、農産品加工、農業観光など多方面で、交流や協力を拡大していく。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、田島貢氏の作品。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、生け花を体験する参加者。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、参加者を指導する田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、参加者を指導する田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、花を生ける田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、生け花の歴史について紹介する田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、花を生ける田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、生け花を体験する参加者。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、花を生ける田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、生け花のデモンストレーションを行う田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    七夕を前に博物館で日本の生け花体験会四川省成都市

    22日、花を生ける田島貢氏。中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は25日)を前に四川省成都市の成都博物館で22日、草月流の華道家、田島貢氏を招いた生け花体験イベントが行われた。イベントは同博物館と同省中日青年友好交流センターによる共催で、参加者は田島氏のデモンストレーションや体験レッスンを通して、華道の精神を分かち合った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.55
    2020年07月03日
    「新華社」成都博物館で伊万里焼展開幕中国と日本の逸品を展示

    中国四川省の成都博物館で3日、「妍(けん)を競う-清代中日『伊万里』特別展」が開幕した。中日の審美性を融合させた伊万里焼は、海のシルクロードにおける東洋と西洋の技術と文化の交流と融合を見届けてきた。同展の展示品は全て広東省の東莞(とうかん)展覧館の所蔵品で、計168点(組)のうち14点(組)が日本製、154点(組)が中国製となっている。同展では中日会館(四川省中日青年友好交流センター)などの機関と共同で、「中日文化交流」や「工芸美術の革新と伝承」などのテーマをめぐって、一連のイベントを展開する。伊万里焼は17~18世紀に中国江西省の景徳鎮磁器の影響を受け日本で生まれた磁器で、その名は佐賀県の伊万里港から輸出されたことに由来する。明末清初に中国で海禁政策が実施され磁器の輸出が停滞すると、オランダ東インド会社は磁器の注文先を日本に切り替えた。大きなチャンスを掴んだ日本では、これを機に本格的な磁器の輸出時代の幕が開けた。伊万里焼は、色や構図、題材などで欧州市場のニーズを積極的に取り入れる一方、自国文化の特色と民族的特質を兼ね備えることで、上品さと華やかさの絶妙なバランスを確立し、欧州各国の人気を得た。中国で1684年に海禁が解除されると、景徳鎮は欧州市場を取り戻すため、日本の伊万里様式を参考にした磁器の製造を始めた。(記者/童芳)<映像内容>「妍を競う-清代中日『伊万里』特別展」が開幕、撮影日:2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:11.75
    2020年06月23日
    「新華社」800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。径山寺の定賢(ていけん)法師によると、同寺は中日の仏教および文化交流の歴史において重要な地位を占めており、日本の仏教宗派の一つ臨済宗は、同寺を祖庭としている。また、多くの学者や関係者が日本の茶道の起源は「径山茶宴」にあると考えている。定賢法師は「日本の僧侶や観光客が毎年、径山寺を訪れ、仏法や茶道などについて交流している。径山寺と径山茶は中日友好交流の長い歴史の証人となっている」と語った。(記者/商意盈、許舜達、翁忻暘)<映像内容>点茶と呼ばれるお茶の作法、杭州市の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.40
    2020年05月23日
    「新華社」貴州省が日本の友好交流地域にエール「心を一つに感染症に打ち勝とう」

    中国貴州省外事弁公室はこのほど、新型コロナウイルス感染症の発生以来、友好交流地域の群馬県や佐賀県などにサージカルマスクや手袋などの医療物資を寄贈し、互いを思いやり、困難を共に乗り越えてきたことを明らかにした。同省では、中日友好交流イベントに参加したことのある若者らが、中国人民対外友好協会の呼び掛けに応え、日本に向けた動画を撮影し、「心を一つに感染症に打ち勝とう」とエールを送った。(記者/楊焱彬、呉思)<映像内容>貴州省から日本へ医療物資の寄贈、応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月12日
    崑山市、アフリカの友好交流都市ディレダワに支援物質を寄贈

    12日、中国崑山市からの支援物資を受け取ったディレダワ市の関係者。中国江蘇省崑山市政府は13日、同市が友好交流都市のエチオピア・ディレダワ市に寄贈した約50万元(1元=約15円)相当の新型コロナウイルス感染症対策用の支援物資が12日に引き渡されたことを明らかにした。(崑山=新華社配信)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、趙樸初氏の貴重な遺作「延安礼賛」を上海博物館の楊志剛館長(右)に手渡す趙氏の遺族。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907〜2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、趙氏が生前使っていた貴重な印章の数々。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、趙樸初氏の貴重な遺作「延安礼賛」。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、上海博物館3階の展示ホールに設けられた「無尽意・趙朴初書道芸術展」の入り口。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、会場で展示の準備作業を行うスタッフ。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、「大雄宝殿」や「無量寿」など仏教を主題とした書道作品の一部。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    17日、江蘇省が日本の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    17日、江蘇省が韓国の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    16日、江蘇省無錫市が日本と韓国の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年03月16日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    16日、江蘇省無錫市が神奈川県相模原市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月04日
    「山川異域風月同天」日本の地方自治体から江蘇省への支援相次ぐ

    4日、京都府亀岡市が友好交流都市の蘇州市に寄付した医療物資。中国のソーシャルメディア上でこのところ、日本から中国湖北省に送られた支援物資の箱に記された「山川異域風月同天」(別の場所に暮らしていても、自然の風物はつながっている)の8文字が大きな話題になっている。この語句の出典は中国・唐代の高僧、鑑真和上の伝記「唐大和上東征伝」。当時、鑑真大師は日本から寄贈された袈裟(けさ)に刺しゅうされたこの詩句に感動し、日本への東渡を決意したという。新型コロナウイルスによる肺炎の猛威が続く中、この偈語(げご、仏の教えを讃える詩句)は日本の温かい支援物資と共に海を越え、一衣帯水の隣国である中国に再び伝えられた。こうした胸を打つ物語が、江蘇省でも相次いでいる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    水戸市から寄贈された医療用マスクが到着重慶市

    1日、重慶江北国際空港税関の貨物運送エリアでマスクを検査する税関職員。東京を出発した中国国際航空CA434便が1月31日午後11時45分、重慶江北国際空港に到着し、茨城県水戸市から寄贈された医療用マスク5万枚が無事、重慶市に届けられた。これは同市が初めて海外の友好交流都市から新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資を受け取ったことを意味する。(重慶=新華社配信/重慶市政府外事弁公室提供)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:重慶市政府外事弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    水戸市から寄贈された医療用マスクが到着重慶市

    1日、重慶江北国際空港税関の貨物運送エリアでマスクを検査する税関職員。東京を出発した中国国際航空CA434便が1月31日午後11時45分、重慶江北国際空港に到着し、茨城県水戸市から寄贈された医療用マスク5万枚が無事、重慶市に届けられた。これは同市が初めて海外の友好交流都市から新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資を受け取ったことを意味する。(重慶=新華社配信/重慶市政府外事弁公室提供)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:重慶市政府外事弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    水戸市から寄贈された医療用マスクが到着重慶市

    1日、重慶市に到着した「中国がんばれ」と書かれた茨城県水戸市からの医療用マスク。東京を出発した中国国際航空CA434便が1月31日午後11時45分、重慶江北国際空港に到着し、茨城県水戸市から寄贈された医療用マスク5万枚が無事、重慶市に届けられた。これは同市が初めて海外の友好交流都市から新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資を受け取ったことを意味する。(重慶=新華社配信/重慶市政府外事弁公室提供)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:重慶市政府外事弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    水戸市から寄贈された医療用マスクが到着重慶市

    1日未明、高橋靖水戸市長から重慶市長に送られた手紙。東京を出発した中国国際航空CA434便が1月31日午後11時45分、重慶江北国際空港に到着し、茨城県水戸市から寄贈された医療用マスク5万枚が無事、重慶市に届けられた。これは同市が初めて海外の友好交流都市から新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資を受け取ったことを意味する。(重慶=新華社配信/重慶市政府外事弁公室提供)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:重慶市政府外事弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    水戸市から寄贈された医療用マスクが到着重慶市

    1日、高橋靖水戸市長から重慶市長に送られた手紙。東京を出発した中国国際航空CA434便が1月31日午後11時45分、重慶江北国際空港に到着し、茨城県水戸市から寄贈された医療用マスク5万枚が無事、重慶市に届けられた。これは同市が初めて海外の友好交流都市から新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資を受け取ったことを意味する。(重慶=新華社配信/重慶市政府外事弁公室提供)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:重慶市政府外事弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    水戸市から寄贈された医療用マスクが到着重慶市

    1日、支援物資を受け取った重慶市政府外事弁公室と重慶市慈善総会の職員。東京を出発した中国国際航空CA434便が1月31日午後11時45分、重慶江北国際空港に到着し、茨城県水戸市から寄贈された医療用マスク5万枚が無事、重慶市に届けられた。これは同市が初めて海外の友好交流都市から新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資を受け取ったことを意味する。(重慶=新華社配信/重慶市政府外事弁公室提供)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:重慶市政府外事弁公室/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭で行われた艦艇歓迎式典に参加したフィリピン海警隊員。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭に停泊する中国海警艦5204号の艦上に並ぶ海警隊員。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭に停泊する中国海警艦5204号。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭で行われた艦艇歓迎式典に参加したフィリピン海警隊員。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭に停泊する中国海警艦5204号。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭に停泊する中国海警艦5204号。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:56.47
    2020年01月14日
    「新華社」中国海警艦艇、初のフィリピン訪問火山噴火被災者に保存食料提供

    中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。フィリピン人民への友情を表すため、同艦はタール火山最近の噴火による被災者にコメ、小麦粉、食用油、自己発熱型食品など保存食料を寄付し、双方は引き渡し式を行った。(記者/夏鵬、鄭昕)<映像内容>中国海警艦がフィリピンを訪問、保存食料寄付の引き渡し式の様子、撮影日:2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    中国海警艦艇、初のフィリピン訪問

    14日、フィリピン・マニラ港15号ふ頭で、タール火山噴火の被災者に寄付する備蓄食糧を運ぶ中国海警艦5204号の海警隊員。中国・フィリピン海警海上協力連合委員会第3回会議と第2回ハイレベル会合の一連の友好交流活動に参加する中国海警艦5204号は14日午前、フィリピン・マニラ港の15号ふ頭に接岸した。中国の海警艦がフィリピンを訪問するのは今回が初めて。(マニラ=新華社配信/ウマリ)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月31日
    幸せを祈願蘇州寒山寺で「新年の鐘の音を聞く」イベント開催

    12月31日、「新年の鐘の音を聞く」イベントの会場で、自撮りする市民。中国江蘇省蘇州市にある寒山寺で12月31日夜、第41回寒山寺「新年の鐘の音を聞く」イベントが行われ、国内外から集まった大勢の人々が鐘の音を聞きながら、新年の幸せを祈った。同イベントは前日本大阪府日中友好協会副会長で池田市日中友好協会名誉会長の故藤尾昭氏が発起人となり、これまで中日友好交流の懸け橋としての役割を担ってきた。(蘇州=新華社配信/杭興微)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月31日
    幸せを祈願蘇州寒山寺で「新年の鐘の音を聞く」イベント開催

    12月31日、寒山寺で行われた「新年の鐘の音を聞く」イベントに集まった人々。中国江蘇省蘇州市にある寒山寺で12月31日夜、第41回寒山寺「新年の鐘の音を聞く」イベントが行われ、国内外から集まった大勢の人々が鐘の音を聞きながら、新年の幸せを祈った。同イベントは前日本大阪府日中友好協会副会長で池田市日中友好協会名誉会長の故藤尾昭氏が発起人となり、これまで中日友好交流の懸け橋としての役割を担ってきた。(蘇州=新華社配信/杭興微)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月31日
    幸せを祈願蘇州寒山寺で「新年の鐘の音を聞く」イベント開催

    12月31日、美しくライトアップされた寒山寺の観光スポット「楓橋」。中国江蘇省蘇州市にある寒山寺で12月31日夜、第41回寒山寺「新年の鐘の音を聞く」イベントが行われ、国内外から集まった大勢の人々が鐘の音を聞きながら、新年の幸せを祈った。同イベントは前日本大阪府日中友好協会副会長で池田市日中友好協会名誉会長の故藤尾昭氏が発起人となり、これまで中日友好交流の懸け橋としての役割を担ってきた。(蘇州=新華社配信/杭興微)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、絵画部門で入賞した作品の一部。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、授賞式で発言する中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、特等賞授賞式の様子。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、二等賞授賞式の様子。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、一等賞授賞式の様子。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、コンクールに寄せられた作品を見学する来場者。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、書道部門で入賞した作品の一部。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、授賞式で披露された中日青少年が共同で制作した絵巻物「共同的地球家園(地球は私たちのふるさと)」。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、コンクールで入賞した中日青少年による絵画作品。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、書道部門で入賞した作品の一部。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、授賞式で発言する二科会の生方純一常務理事。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、第2回コンクールの主催地引き継ぎ式に出席した関係者。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    中日友好を書画に寄せて優秀作品の授賞式、北京で開催

    22日、コンクールで入賞した中日青少年による書道作品。中国の人民中国雑誌社が主催した第1回中日青少年書画友好交流コンクールの授賞式が22日、北京で開催された。同コンクールは書道と絵画を通して中日青少年の友好交流を促進することを目的として行われた。中国外文出版発行事業局の陸彩栄(りく・さいえい)副局長や日本の美術家団体、二科会の生方純一常務理事ら中日友好関係者が出席した。同コンクールは絵画と書道の2部門に分かれ、中日両国の6~22歳の青少年を対象に作品を募集、6万点余りの応募があった。うち、中日の青少年50人余りが、特等賞、一等賞、二等賞を受賞した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.92
    2019年12月11日
    「新華社」鳩山元首相、北京のシルクロード都市連盟を訪問

    日本の鳩山由紀夫元首相夫妻が11日、中国北京市の絲綢之路城市連盟(シルクロード都市連盟)青年クラブを訪問し、若者の国際交流や生態文明(エコ文明)の共同構築などについて踏み込んだ意見交換を行った。同連盟からは中央外事領導小組弁公室元副主任の呂鳳鼎(りょ・ほうてい)高級顧問や創始者の宋栄華(そう・えいか)氏らが参加した。呂氏は歓迎のあいさつで、中日両国の関係は大きな発展チャンスを迎えており、両国の各界関係者が新時代の新型協力関係を構築するために努力していると紹介。若者を中心とした中日両国の人々の友好交流協力に長年尽力してきた鳩山氏の努力は必ず豊かな実を結ぶようになると述べた。鳩山氏もあいさつに立ち、同連盟による「一帯一路」の民心相通(民心の通い合い)分野での取り組みについても高く評価した。宋氏は同連盟について、文化と地域を超えた民心の通い合いと実務協力に力を注いでいると説明。鳩山氏が理事長を務める公益財団法人「友愛」と東アジア共同体研究所との協力を提案した。これに対し、鳩山氏は「友愛」が同連盟と協力し、共に若者の交流や人的・文化的協力、生態保護、植樹造林などの活動を推進していきたいと応えた。公益財団法人「友愛」は鳩山氏の祖父、一郎氏が1953年に結成した友愛青年同志会に始まる。その理念の源は、クーデンホーフ・カレルギーが提唱した「友愛思想」。数十年にわたり、中国の省・自治区・直轄市で植林活動を続け、実際の行動でその核心理念を示してきた。(記者/張越)<映像内容>鳩山由紀夫元首相夫妻が北京のシルクロード都市連盟を訪問、撮影日:2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月25日
    雲南省の医療チーム、ラオスで白内障患者に無料診察

    25日、患者に手術後の検査を行う医療スタッフ。中国雲南省の昆明医科大学第一附属医院の医療チームは22日、ラオスの首都ビエンチャンで「光明の旅」イベントを始動させ、白内障患者100人近くに無料で手術を行った。25日には術後の再検査も実施した。同イベントは雲南民間国際友好交流基金会が主催し、薬品や消耗品も同基金会が提供した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月25日
    雲南省の医療チーム、ラオスで白内障患者に無料診察

    25日、患者に手術後の検査を行う医療スタッフ。中国雲南省の昆明医科大学第一附属医院の医療チームは22日、ラオスの首都ビエンチャンで「光明の旅」イベントを始動させ、白内障患者100人近くに無料で手術を行った。25日には術後の再検査も実施した。同イベントは雲南民間国際友好交流基金会が主催し、薬品や消耗品も同基金会が提供した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月25日
    雲南省の医療チーム、ラオスで白内障患者に無料診察

    25日、手術後の検査を終えたラオスの僧侶と現地の風習に従いあいさつを交わす医療スタッフ。中国雲南省の昆明医科大学第一附属医院の医療チームは22日、ラオスの首都ビエンチャンで「光明の旅」イベントを始動させ、白内障患者100人近くに無料で手術を行った。25日には術後の再検査も実施した。同イベントは雲南民間国際友好交流基金会が主催し、薬品や消耗品も同基金会が提供した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3