KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 双羽黒光司
  • 昭和
  • 北尾光司
  • 東京
  • 立浪部屋
  • 両国国技館
  • 会見
  • 記者
  • 立浪親方
  • 虎ノ門

「双羽黒」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
68
( 1 68 件を表示)
  • 1
68
( 1 68 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1987年12月31日
    記者会見する双羽黒 双羽黒廃業

    報道陣に自分の気持ちを語る双羽黒(左端)=東京・虎ノ門の共同通信社(北尾光司)

    商品コード: 2010120600152

  • 1987年12月31日
    記者会見する双羽黒 双羽黒廃業

    「ご迷惑掛けました」と頭を下げる双羽黒=東京・虎ノ門の共同通信社(北尾光司)

    商品コード: 2004111800120

  • 1987年12月31日
    記者会見する双羽黒 双羽黒廃業

    廃業届を受理され記者会見する双羽黒=東京・虎ノ門の共同通信社(北尾光司)

    商品コード: 2004111800118

  • 1987年12月31日
    記者会見する双羽黒 双羽黒廃業

    大勢の報道陣に自分の気持ちを語る双羽黒(左端)=東京・虎ノ門の共同通信社(北尾光司)

    商品コード: 2004111800123

  • 1987年12月31日
    記者会見する双羽黒 双羽黒廃業

    親方との相撲道の違いを強調する双羽黒=東京・虎ノ門の共同通信社(北尾光司)

    商品コード: 2004111800119

  • 1986年09月20日
    双羽黒が休場

    病室で痛む所を指さしながら来場所にすべてをかけると話す双羽黒=1986(昭和61)年9月20日、東京都墨田区の同愛記念病院

    商品コード: 1986092000006

  • 1987年03月17日
    左ひざ痛め全治1カ月 双羽黒が休場

    「休場は残念」と語る横綱双羽黒=17日午前11時35分、大阪府豊中市の上田外科病院

    商品コード: 1987031700002

  • 1987年12月31日
    会見する横綱双羽黒 横綱双羽黒が廃業

    大勢の報道陣に囲まれ記者会見する双羽黒(左端)=1987年12月31日、東京・虎ノ門の共同通信社(北尾光司)(カラーニュースで出稿)

    商品コード: 2006092700122

  • 2010年12月23日
    親方とトラブル 横綱双羽黒が廃業

    1987(昭和62)年12月31日、横綱双羽黒が立浪親方とのトラブルから失踪し、そのまま廃業した。記者会見で「師匠にはついていけない。自分を貫いた」と表明。優勝経験がなく横綱に昇進、素質に恵まれ大横綱になるものと期待されたが、昇進9場所目の24歳で一度も優勝できないまま相撲界を去った。

    商品コード: 2010122300038

  • 1986年07月23日
    横綱双羽黒が誕生

    相撲協会の使者(右側)から横綱昇進の伝達を受ける新横綱双羽黒(左から2人目、北尾光司)。右は立浪親方=1986(昭和61)年7月23日、名古屋市中区の立浪部屋

    商品コード: 2006063000171

  • 1986年07月23日
    喜びの双羽黒

    使者が来る前に足がしびれ、苦笑いの双羽黒=1986(昭和61)年7月23日、名古屋市西区の立浪部屋

    商品コード: 1986072300010

  • 1987年12月31日
    マンションを出る双羽黒 横綱双羽黒が廃業

    相撲協会の処分発表後、身を隠していたマンションを出る双羽黒=1987(昭和62)年12月31日、東京都江東区亀戸(北尾光司)

    商品コード: 2006092700121

  • 1986年07月23日
    横綱双羽黒が誕生

    後援会の人たちと乾杯する新横綱双羽黒(中央、北尾光司)。右は立浪親方、左は伊勢ケ浜親方=1986(昭和61)年7月23日、名古屋市中区の立浪部屋

    商品コード: 2006063000172

  • 2014年12月25日
    親方とトラブル 横綱双羽黒が廃業

    1987(昭和62)年12月31日、横綱双羽黒が立浪親方とのトラブルから失踪し、そのまま廃業した。記者会見で「師匠にはついていけない。自分を貫いた」と表明。優勝経験がなく横綱に昇進、素質に恵まれ大横綱になるものと期待されたが、昇進9場所目の24歳で一度も優勝できないまま相撲界を去った。

    商品コード: 2014122500195

  • 1987年12月31日
    会見する双羽黒 横綱双羽黒が廃業

    大相撲の横綱双羽黒が立浪親方とのトラブルから失踪し、そのまま廃業した。廃業の記者会見で報道陣に自分の気持ちを語る双羽黒=1987(昭和62)年12月31日、東京・虎ノ門の共同通信社 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P185)

    商品コード: 2015052700529

  • 1987年12月26日
    横綱双羽黒が失そう

    失そう前日の26日、高砂部屋でけいこを終えた双羽黒は記者の質問にも笑顔を見せた

    商品コード: 1987122600003

  • 1988年03月06日
    元横綱双羽黒が断髪式

    元横綱双羽黒の断髪式で、ハサミを入れる野坂昭如氏=東京・内幸町の帝国ホテル(北尾光司)

    商品コード: 2007022200029

  • 1986年07月25日
    双羽黒が奉納土俵入り

    太刀持ち高望山、露払い魁輝をしたがえ土俵入りを奉納する新横綱双羽黒=1986(昭和61)年7月25日、明治神宮

    商品コード: 1986072500006

  • 1988年03月06日
    元横綱双羽黒が断髪式

    止めバサミを入れる父親の靖弘さん。思わず目頭を押さえる北尾氏=1988(昭和63)年3月6日、東京・内幸町の帝国ホテル

    商品コード: 1988030600001

  • 2019年12月11日
    400勝、双羽黒逝く

    金田正一、ザ・デストロイヤー、双羽黒、小出義雄、ディープインパクト

    商品コード: 2019121118299

  • 2019年03月29日
    北尾光司さん 元横綱双羽黒が死去

    死去した北尾光司さん

    商品コード: 2019032905771

  • 1986年07月24日
    横綱双羽黒の綱打ち

    綱打ちを見守る新横綱双羽黒(左端)=1986(昭和61)年7月24日、東京・両国の立浪部屋

    商品コード: 1986072400010

  • 2019年03月29日
    北尾光司さん 元横綱双羽黒が死去

    死去した北尾光司さん

    商品コード: 2019032905773

  • 1986年09月10日
    双羽黒、横綱昇進披露

    祝いに駆けつけたしし舞いに愛きょうをふりまく新横綱の双羽黒=1986(昭和61)年9月10日、東京・紀尾井町のホテル・ニューオータニ

    商品コード: 1986091000004

  • 1986年08月28日
    新横綱双羽黒がお国入り

    横綱昇進後初めてお国入りし、つめかけた市民にこたえる横綱双羽黒(右)と立浪親方=1986(昭和61)年8月28日、三重県津市内

    商品コード: 1986082800004

  • 1986年07月23日
    横綱双羽黒、大関北勝海が誕生

    横綱千代の富士や親方と共に乾杯する新大関北勝海(左から2人目)=1986(昭和61)年7月23日、名古屋市千種区の九重部屋

    商品コード: 1986072300043

  • 1986年07月24日
    双羽黒が土俵入りのけいこ

    佐渡ケ嶽親方(左)から不知火型の土俵入りの指導を受ける新横綱双羽黒=1986(昭和61)年7月24日、東京・両国の立浪部屋

    商品コード: 1986072400009

  • 1986年07月25日
    双羽黒が土俵入りを奉納

    春日野理事長(左)から横綱を授与される第60代横綱双羽黒=1986(昭和61)年7月25日、東京・明治神宮(北尾光司)

    商品コード: 2006063000176

  • 1987年10月25日
    双羽黒と若手力士が和解

    報道陣のフラッシュを避けながら宿舎に入る双羽黒=1987(昭和62)年10月25日、福岡市早良区西新

    商品コード: 1987102500017

  • 1986年07月23日
    横綱・双羽黒が正式決定

    伊勢ケ浜理事と玉垣審判委員から横綱昇進の伝達を受ける双羽黒(左から2人目)=23日午前9時50分、名古屋市西区の立浪部屋

    商品コード: 1986072300009

  • 2019年03月29日
    胴上げされる双羽黒 元横綱双羽黒が2月に死去

    1986年7月、横綱昇進が決まり、部屋の若い力士から胴上げされる双羽黒=名古屋市西区

    商品コード: 2019032905807

  • 2019年03月29日
    小錦破った双羽黒 元横綱双羽黒が2月に死去

    1986年11月、大相撲九州場所で小錦を引き落としで破った双羽黒=福岡国際センター

    商品コード: 2019032905827

  • 1986年07月25日
    双羽黒が土俵入りを奉納

    大勢のファンが見守る中、不知火型の土俵入りを奉納する横綱双羽黒。太刀持ち高望山、露払い魁輝、立行司木村庄之助=1986(昭和61)年7月25日、東京・明治神宮(北尾光司)

    商品コード: 2006063000175

  • 1986年07月23日
    祝福の胴上げ 横綱・双羽黒が正式決定

    部屋の若い力士から胴上げされる喜びの新横綱・双羽黒=23日午前10時すぎ、名古屋市西区の立浪部屋

    商品コード: 1986072300011

  • 1986年07月25日
    ファンに見守られ土俵入り 双羽黒が土俵入りを奉納

    大勢のファンが見守る中、不知火型の土俵入りを奉納する横綱双羽黒。太刀持ち高望山、露払い魁輝、立行司木村庄之助=1986(昭和61)年7月25日、東京・明治神宮(北尾光司)

    商品コード: 1986072500008

  • 2019年03月29日
    記者会見する双羽黒 元横綱双羽黒が2月に死去

    1987年12月、力士廃業が決まり記者会見する横綱双羽黒=東京都港区

    商品コード: 2019032905787

  • 2019年03月29日
    プロレスデビュー戦 元横綱双羽黒が2月に死去

    1990年2月、プロレスデビュー戦でクラッシャー・バンバン・ビガロ(右)と対戦する北尾光司さん=東京ドーム

    商品コード: 2019032905833

  • 1986年07月25日
    ファンに見守られ土俵入り 双羽黒が土俵入りを奉納

    大勢のファンに見守られ土俵入りを奉納する横綱双羽黒=1986(昭和61)年7月25日、東京・明治神宮(北尾光司)

    商品コード: 1986072500007

  • 2018年08月01日
    谷風、双羽黒、貴乃花…

    新横綱に昇進し、土俵入りの稽古をする双羽黒

    商品コード: 2018080100324

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1987年10月25日
    2週間ぶり対面、握手 双羽黒と若手力士が和解

    集団離脱事件を起こした若手力士と握手する双羽黒(左端)=1987(昭和62)年10月25日、福岡市早良区西新の立浪部屋宿舎

    商品コード: 1987102500018

  • 1986年07月25日
    双羽黒が土俵入りを奉納

    不知火型の土俵入りを披露する横綱双羽黒=1986(昭和61)年7月25日、東京・明治神宮(北尾光司)

    商品コード: 2006063000177

  • 1987年01月20日
    小錦-双羽黒 大相撲初場所10日目

    小錦 つきだし 双羽黒 重みのある右、左の突っ張りで双羽黒の上体を起こした小錦はなおも攻め立て双羽黒を突き出す=1987(昭和62)年1月20日撮影、両国国技館

    商品コード: 1986012000062

  • 1987年01月19日
    益荒雄-双羽黒 大相撲初場所9日目

    益荒雄よりきり双羽黒 益荒雄に寄り切られ手痛い1敗を喫した双羽黒(右)=1987(昭和62)年1月19日、両国国技館

    商品コード: 1987011900015

  • 1987年11月20日
    双羽黒―大乃国 大相撲九州場所13日目

    双羽黒 よりたおし 大乃国 双羽黒は右四つからの厳しい攻めで大乃国を寄り倒し全勝を守る=1987(昭和62)年11月20日、福岡国際センター

    商品コード: 2019032904663

  • 1987年08月20日
    (きたお・こうじ) 北尾光司

    横綱双羽黒、撮影日不明

    商品コード: 1987082000010

  • 1987年09月25日
    大乃国―双羽黒 大相撲秋場所13日目

    大乃国 よりきり 双羽黒 落ち着いた相撲で双羽黒を寄り切り2敗を堅持した大乃国(左)=1987(昭和62)年9月25日、両国国技館

    商品コード: 1987092500029

  • 1987年09月27日
    北勝海―双羽黒 大相撲秋場所千秋楽

    北勝海 よりたおし 双羽黒 双羽黒を万全の相撲で寄り倒し14勝1敗で優勝を決めた北勝海=1987(昭和62)年9月27日、両国国技館

    商品コード: 1987092700016

  • 1987年01月21日
    双羽黒―朝潮 大相撲初場所11日目

    双羽黒 おしだし 朝潮 朝潮を押し出しに破り連敗にストップをかけた双羽黒=1987(昭和62)年1月21日、両国国技館

    商品コード: 2019032904387

  • 1986年11月16日
    双羽黒―小錦 大相撲九州場所8日目

    双羽黒 ひきおとし 小錦 双羽黒は小錦の突き押しに土俵際に後退したが逆転の引き落としで8連勝=1986(昭和61)年11月16日、福岡国際センター

    商品コード: 2019032904713

  • 1987年01月18日
    双羽黒―北勝海 大相撲初場所8日目

    双羽黒 うわてなげ 北勝海 北勝海を上手投げに破り、勝ち越し一番乗りの双羽黒=1987(昭和62)年1月18日、両国国技館

    商品コード: 2019032904191

  • 1987年11月21日
    北勝海-双羽黒 大相撲九州場所14日目

    北勝海よりきり双羽黒 双羽黒はもろ差しとなった北勝海の寄りに敗れ痛い1敗=1987(昭和62)年11月21日、福岡国際センター

    商品コード: 1987112100016

  • 1986年09月14日
    (きたお・こうじ) 北尾光司

    横綱・双羽黒=1986(昭和61)年9月14日、両国国技館

    商品コード: 1986091400003

  • 2004年11月24日
    生存競争厳しい相撲界

    廃業の記者会見する双羽黒=1987年12月31日

    商品コード: 2004112400036

  • 2003年10月31日
    三つぞろい化粧まわし寄贈

    相撲博物館に寄贈された横綱双羽黒が土俵入りで締めた化粧まわし

    商品コード: 2003103100029

  • 1987年05月22日
    (きたお・こうじ) 北尾光司

    横綱双羽黒、土俵入り=1987(昭和62)年5月22日、両国国技館

    商品コード: 1987052200003

  • 1986年09月01日
    新横綱、双羽黒 秋場所の新番付発表

    新番付表を手に笑顔の新横綱双羽黒=1986(昭和61)年9月1日、東京・両国の立浪部屋

    商品コード: 1986090100005

  • 1987年08月03日
    横綱双羽黒が退院 体力つけ、気持ちも改める

    「気持ちを改めて頑張る」と記者会見で語る横綱双羽黒=1987(昭和62)年8月3日、東京・両国の立浪部屋

    商品コード: 1987080300006

  • 2003年09月06日
    立浪親方と握手する北尾氏 北尾氏が、立浪部屋に復帰

    立浪部屋のアドバイザーに就任、立浪親方(左)と握手を交わす元横綱双羽黒の北尾光司氏=6日、東京・両国の立浪部屋

    商品コード: 2003090600095

  • 1986年07月26日
    横綱双羽黒が 双葉山の墓前に昇進を報告

    双葉山の墓前に横綱昇進を報告する双羽黒。左は立浪親方=1986(昭和61)年7月26日、東京・東日暮里の善性寺

    商品コード: 1986072600003

  • 1985年01月14日
    北尾 大相撲初場所

    北尾光司(きたお・こうじ)=1985(昭和60)年1月14日、両国国技館(本名・北尾光司、立浪部屋、四股名・北尾光司、双羽黒光司、最高位・第60代横綱)

    商品コード: 1985012300009

  • 1985年01月14日
    北尾 大相撲初場所

    北尾光司(きたお・こうじ)=1985(昭和60)年1月14日、両国国技館(本名・北尾光司、立浪部屋、四股名・北尾光司、双羽黒光司、最高位・第60代横綱)

    商品コード: 1985012300010

  • 1985年01月14日
    北尾 大相撲初場所

    北尾光司(きたお・こうじ)=1985(昭和60)年1月14日、両国国技館(本名・北尾光司、立浪部屋、四股名・北尾光司、双羽黒光司、最高位・第60代横綱)

    商品コード: 1985012300011

  • 1986年07月24日
    綱を着ける新横綱双羽黒 新横綱が土俵入りの練習

    若い衆に手助けしてもらい、綱を着ける新横綱双羽黒(中央)=1986(昭和61)年7月24日、東京・両国の立浪部屋(北尾光司)

    商品コード: 1986072400012

  • 1986年07月24日
    練習する新横綱双羽黒 新横綱が土俵入りの練習

    真新しい綱を着け、土俵入りの練習をする新横綱双羽黒=1986(昭和61)年7月24日、東京・両国の立浪部屋(北尾光司)

    商品コード: 1986072400011

  • 1987年04月22日
    双羽黒が退院 夏場所出場は微妙

    「僕らは相撲を取って初めて完治したということだから・・・」と夏場所出場に微妙な発言をする双羽黒=1987(昭和62)年4月22日、東京・両国の立浪部屋

    商品コード: 1987042200010

  • 1989年06月02日
    元横綱双羽黒 北尾さんがプロレス入り

    プロレス入りを発表する元横綱双羽黒の北尾さん(中央)。左はアームズ社の富岡社長、右が遠藤トレーニングジムの遠藤会長=1989(平成元)年6月2日、東京・神宮前の京セラビル

    商品コード: 1989060200036

  • 2016年09月15日
    7月31日、61歳で死去 元横綱の秋元貢さん

    小さな体で一時代を築いた元横綱千代の富士。故障に苦しみながら「とにかく稽古しかない」と壮絶な努力を重ねた。双羽黒や大乃国、小錦ら大型力士を投げ飛ばす姿は大相撲史で永遠に語り継がれるだろう=1985年1月、両国国技館

    商品コード: 2016091500334

  • 1986年05月18日
    北尾―小錦 大相撲夏場所8日目

    北尾 さばおり 小錦 取り直し後の一番、タイミングよくさば折りが決まり北尾8連勝=1986(昭和61)年5月18日、両国国技館

    商品コード: 2019033000068

  • 1