KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 太鼓橋
  • 亀戸天神
  • 名勝

「反橋」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    住吉大社の反橋

    反橋の左手前に見えるのは絵馬堂。住吉大社には航海の安全と商売繁栄を願って、石灯篭や絵馬を奉納することが行われていた。明治時代前半の写真。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐35‐0]

    商品コード: 2017081400895

  • -
    住吉大社の反橋

    住吉大社には海神三柱と神功皇后が合わせてまつられており、古くから摂津の一の宮として尊崇を集めている。社頭のこの反橋は球橋(たまのはし)とも呼ばれ、大社の一大名物となっている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐33‐0]

    商品コード: 2017080201175

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐15‐0]

    商品コード: 2017081401305

  • -
    住之江

    住吉大社の反橋である。4024の写真位置より少し遠くから撮影されている。明治中期ころ。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号103‐5‐0]

    商品コード: 2017081600789

  • -
    亀戸天神の藤棚

    明治30年(1897)頃の太鼓橋(反橋)と藤。正面入口から入って左に行き、心字池の西側から太鼓橋を写したもの。写真4832で写る太鼓橋を左から見たことになる。橋が水に映ると円になるように造られていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐17‐0]

    商品コード: 2017081600836

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐56‐0]

    商品コード: 2017080903263

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐25‐0]

    商品コード: 2017081401280

  • -
    住吉大社の反橋

    住吉大社の反橋は、太鼓橋とも呼ばれた。この橋は神の渡るところであったが、参詣人も渡るようになった。夏祭りの時には神輿がこの橋を渡る。明治中期ころ。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐42‐0]

    商品コード: 2017081401245

  • -
    大阪住吉反橋

    大阪住吉反橋=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号112‐34‐0]

    商品コード: 2017081600831

  • -
    亀戸天神の太鼓橋

    明治25年(1892)以降に改架されたと思われる急坂になった太鼓橋(反橋)である。現在の太鼓橋は昭和27年(1952)8月、菅公1050年祭記念に造られた鉄筋コンクリートの橋。傾斜がなだらかになり登りやすいように階段が設けられている。右奥の建物は楼門。=1877(明治10)年頃、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐7‐0]

    商品コード: 2017081401606

  • -
    住吉大社の反橋

    住吉大社社頭のこの反橋は、淀君の寄進と伝えられ(写真には「太閤橋」のキャプションが見える)、大社の一大名物となっている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐24‐0]

    商品コード: 2017080201208

  • -
    住吉大社の反橋

    反橋の下にあるのは蓮池である。橋の手前の橋は便宜橋(よるべはし)で、明治6年(1873)の架設。明治20年前後。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐37‐0]

    商品コード: 2017081400835

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐38‐0]

    商品コード: 2017081002604

  • -
    住吉大社の反橋

    住吉大社反橋を、真横より写す。水面に映る橋の像がみごとにとらえられている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐20‐0]

    商品コード: 2017080201302

  • 1904年12月31日
    住吉大社の反橋

    反橋と蓮池であるが、4595の写真と比べ、便宜橋(よるべはし)の欄干に違いがあることから、4595よりは後の時期と思われる。明治20年~明治末期。=1904(明治37)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐11‐0]

    商品コード: 2017081501779

  • 1931年05月24日
    日本電報通信社資料

    住吉大社境内の反橋上で必勝祈願の幟を掲げる住江織物、浅香鋳造所の争議団=1931(昭和6)年5月、大阪市住吉区(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2010052800202

  • 2011年10月24日
    発言する寺脇氏ら 大阪で「反橋下」集会

    橋下徹大阪府知事の政治手法に異議を唱える集会で発言する京都造形芸術大の寺脇研教授(右)ら=24日午後、大阪市

    商品コード: 2011102400617

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月02日
    開かれた「反橋下派」集会 大阪で反橋下派が集会

    大阪市内で開かれた「反橋下派」の集会=2日夜

    商品コード: 2011110200619

  • 2017年05月25日
    厳島神社 反橋

    キーワード:干潮、屋外、海上、宮島、橋、建物、厳島、厳島神社、午後、国宝、国立公園、砂浜、朱塗り、重要文化財、春、神社、世界遺産、瀬戸内、瀬戸内海、瀬戸内海国立公園、日本、日本三景、風景、文化遺産、無人、名勝、湾、広島湾、反橋、朱色、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年5月25日、広島県廿日市市、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061001247

  • 1