KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウサギ
  • 価値
  • 原始
  • 国際自然保護連合
  • 平成
  • 恐れ
  • 森林
  • 生き物
  • 科学研究
  • 配信

「反芻」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2002年08月01日
    ゆったり走る関凌翔さん 帰国者という名の移民

    自転車でゆったり走る。関凌翔はそんなひとときが好きだ。しかし、就職してから時間がめっきり少なくなった。夢は「琿春と日本とを結ぶ事業」。頭の中に秘めたアイデアを反すうすると、ふるさとが近くなったような気がする=東京都国立市(撮影・有吉叔裕)

    商品コード: 2002080100138

  • 2014年12月11日
    〝笑顔〟の羊 とびきり〝スマイル〟

    神戸市の六甲山牧場で、1匹の雌の羊がとびきりの〝スマイル〟を見せている。実はこれ、消化をよくするため一度食べた草を口の中に戻してかみこなす「反すう」の表情。とはいえ、「笑う門には福来たる」。来年の未(ひつじ)年が笑顔あふれる年になりますように―。

    商品コード: 2014121100769

  • 2014年12月11日
    〝笑う〟羊 とびきり〝スマイル〟

    神戸市の六甲山牧場で、1匹の雌の羊がとびきりの〝スマイル〟を見せている。実はこれ、消化をよくするため一度食べた草を口の中に戻してかみこなす「反すう」の表情。とはいえ、「笑う門には福来たる」。来年の未(ひつじ)年が笑顔あふれる年になりますように―。

    商品コード: 2014121100770

  • 2018年10月31日
    ラグビーのトップリーグ 「体で覚える」と反すう

    ラグビー・トップリーグで突進する神戸製鋼の選手=大阪市のキンチョウスタジアム(撮影・遠藤弘太)

    商品コード: 2018103122343

  • 2018年10月31日
    重量挙げの男子選手 「体で覚える」と反すう

    重量挙げの全日本選手権で、全身に力を込めてバーベルを持ち上げる男子選手。モノクロで光が際立つ=金沢市のいしかわ総合SC(撮影・遠藤弘太)

    商品コード: 2018103122483

  • 01:24.26
    2018年11月15日
    「新華社」大連の水族館でペンギンの赤ちゃんが続々誕生

    中国遼寧省の水族館、大連聖亜海洋世界の「南極ペンギン島」にある「産室」からうれしい知らせが届いた。ペンギンの赤ちゃんが続々と卵の殻を割って誕生し、「産室」は「産後ケアセンター」になっているのだ。これらの赤ちゃんペンギンはジェンツーペンギンで、目の上の白い羽が長い眉毛のように見えることから、中国では「白眉ペンギン」とも呼ばれている。生まれたばかりのヒナは父親や母親とは似ておらず、全身灰色の羽毛で覆われている。何度も親ペンギンの体の下から頭を出す様子はとても可愛らしい。飼育員によると、ジェンツーペンギンは父親と母親が交代で子育てをする。ヒナは羽毛の保温性が低いため親ペンギンのお腹の下で過ごしている。また、ヒナはまだ自分で餌を食べられないため、親ペンギンが反すうした餌を与えている。飼育員は親ペンギンの餌の栄養価を高め、適切な間食を設けたり栄養素を補充することで、ヒナの順調な成長を確実なものとしている。現在、来館者は同水族館の南極ペンギン島で、赤ちゃんペンギンがピーピー鳴きながら餌をもらう可愛らしい様子を見ることができる。(記者/趙泳)<映像内容>水族館でペンギンの赤ちゃんが誕生する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111607360

  • 2019年03月01日
    センサー利用する卯野さん 酪農業も働き方改革

    牛の首に反すう回数などを読み取るセンサーを着け、体調管理に利用する酪農家の卯野佳子さん=北海道別海町

    商品コード: 2019030108329

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401079

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019031400979

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400972

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401032

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401074

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401082

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401078

  • 1