KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • カストロ
  • シャンデリア
  • ステンドグラス
  • デザイン
  • ドーム
  • ネオ
  • ブラジル
  • マヌエル様式
  • ラファエル・ダ・シルバ

「収蔵数」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:45.63
    2019年03月06日
    「新華社」イスラエルのヘブライ大学、アインシュタインの手書き資料を公開

    アインシュタインの生誕140周年を前に、イスラエルのエルサレムにあるヘブライ大学は6日、110ページに上るアインシュタインの手書き資料を公開した。資料の大半はこれが初公開となる。ヘブライ大学は同日開いた記者会見で、資料の大半は1944~48年のもので、アインシュタインが小さな文字で記した数学の論証メモであることを明らかにした。このほか、アインシュタインが1935年にスイスに住む息子、ハンス・アルバートに宛てて書いた手紙のほか、親友で同じく科学者だったミシェル・ベッソ宛ての手紙4通も含まれている。ヘブライ大学アインシュタイン文書館の館長を務めるロニー・グロス博士は会見で、これらの資料は「実に珍しい」もので、アインシュタインの私生活と、彼がくぐり抜けた自己懐疑の一時期を垣間見ることができると説明した。文書館の学術顧問を務めるハノク・グートフロイント氏は、資料はアインシュタインの思考の道筋や彼を悩ませたもの、彼の考えや結論の順序を示していると述べた。今回公開された資料は、米国シカゴのある財団が個人収集家から購入し、文書館に寄贈されたもの。アインシュタインはヘブライ大学の創始者の一人であり、自身の著書を全て同大学に寄贈するよう遺言した。ヘブライ大学は現在、手書き資料や手紙、証明書、メダルなど、8万点以上のアインシュタインゆかりの品を集めており、収蔵数は世界最大となっている。(記者/陳文仙)<映像内容>アインシュタインの手書き資料、撮影日:2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203424

  • 2022年04月21日
    (2)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館を見学する人々。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111700

  • 2022年04月21日
    (4)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館を見学する人々。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111705

  • 2022年04月21日
    (10)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、王立ポルトガル図書館の書架。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111711

  • 2022年04月21日
    (7)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館を見学する人々。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111706

  • 2022年04月21日
    (8)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、王立ポルトガル図書館のシャンデリア。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111709

  • 2022年04月21日
    (3)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館を見学する人々。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111701

  • 2022年04月21日
    (1)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館の外観。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111698

  • 2022年04月21日
    (9)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、王立ポルトガル図書館の書架。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111712

  • 2022年04月21日
    (6)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館の外観。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111704

  • 2022年04月21日
    (5)幻想的な美の空間、ブラジルの王立ポルトガル図書館を訪ねて

    19日、王立ポルトガル図書館の書架。ブラジルのリオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館は、ポルトガルの建築家、ラファエル・ダ・シルバ・カストロによって設計され、1880~87年にかけてネオ・マヌエル様式で建てられた。1900年から一般公開されている同館には、35万冊以上のポルトガル語の書籍や作品が所蔵されており、現在、ポルトガル国外では世界最大のポルトガル語書籍および作品の収蔵数を誇る図書館となっている。ステンドグラスのドーム型天井やシャンデリア、木製の書架など、美しくデザインされた建物を見学しようと、毎年多くの観光客が訪れている。(リオデジャネイロ=新華社記者/王天聡)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042111707

  • 1