KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せいこ
  • てい
  • ほこ
  • 人々
  • 令和
  • 制作
  • 協力
  • 天人
  • 天女
  • 専門家

「古代社会」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    España. Madrid. Vista de la Puerta del Sol. Grabado. Crónica General de España, Historia Ilustrada y Descriptiva de sus Provinci

    España. Madrid. Vista de la Puerta del Sol. Grabado. Crónica General de España, Historia Ilustrada y Descriptiva de sus Provincias. Castilla-La Nueva, 1869. Biblioteca Histórico Militar de Barcelona, Cataluña, España.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081606203

  • 2021年03月06日
    (3)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    復元した敦煌壁画の楽器を紹介する馬成虎さん。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804572

  • 2021年03月06日
    (8)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    敦煌壁画の楽器の復元について職員らと話し合う馬成虎さん。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804417

  • 2021年03月06日
    (6)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    職員と共に敦煌要素を取り入れた文化クリエイティブ製品のデザインに取り組む馬成虎さん(右)。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030803892

  • 2021年03月06日
    (2)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    復元した敦煌壁画の楽器を演奏する馬成虎さん。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804054

  • 2021年03月06日
    (7)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    復元した敦煌壁画の楽器の状態を確認する馬成虎さん。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030803894

  • 2021年03月06日
    (5)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    復元した敦煌壁画の楽器の状態を確認する馬成虎さん。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804487

  • 2021年03月06日
    (4)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    敦煌壁画の楽器の復元について職員らと話し合う馬成虎さん。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030803994

  • 2021年03月06日
    (1)敦煌壁画の楽器を復元した人々

    職員と共に敦煌要素を取り入れた文化クリエイティブ製品のデザインに取り組む馬成虎さん(左)。(1月14日撮影)中国甘粛省敦煌市にある仏教石窟遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の開削が始まったのは366年。「古代社会の百科事典」とも呼ばれ、専門家の統計によると、壁画には6千点余りの楽器が描かれている。敦煌と言えば、琵琶を背中に回して弾く飛天(天人・天女)を描いた「反弾琵琶伎楽天」を思い浮かべる人も多い。甘粛シルクロード文化クリエイティブ工場の総経理を務める馬成虎(ば・せいこ)さん(35)と工場の職員らは2018年、敦煌研究院で敦煌音楽・舞踊の研究に取り組む鄭汝中(てい・じょちゅう)研究員、江蘇省揚州市で琴と箏(そう)の研究・制作を手掛ける田歩高(でん・ほこう)氏の協力の下、琴や箏、瑟(しつ)、琵琶、箜篌(くご)、篳篥(ひちりき)など敦煌壁画に描かた楽器の復元に成功した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030803984

  • 1