KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平遥古城
  • 古城遺跡
  • 古城風景
  • 良渚古城
  • 千年古城
  • 黔陽古城
  • 巨人古城
  • 鳳凰古城
  • 楼蘭古城
  • 安居古城

「古城」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,129
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,129
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.30
    2021年01月19日
    「新華社」歴史地区再生でよみがえる古都の記憶浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市は2500年の歴史を持つ、中国に現存する最も長い歴史を誇る古都の一つで、国務院指定の第1次歴史文化名城にも名を連ねている。2019年1月、「紹興古城保護利用条例」が施行された。面積9・09平方キロの紹興老城(旧市街)エリアでは現在、古い街並み以外の機能を外部に移転し、高層建築物の数を減らし、文化・観光機能を充実させ、古い住宅街(歴史地区)を再整備するなど、都市を有機的に再生させる多くのプロジェクトを進めている。(記者/袁震宇、商意盈、許舜達) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.24
    2020年12月31日
    「新華社」雪に覆われたシベ古城新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州チャプチャル・シベ自治県のシベ古城風景区では、降り積もった白い雪と夕日が映え、静かな雪の世界がまるで歴史の変遷を静かに語りかけているようだ。シベ古城には、清代乾隆29(1764)年にシベ族の一部の将兵とその家族が、故郷の盛京(現在の遼寧省瀋陽市)から新疆イリ地区に農地開墾と国境警備のためにやって来た歴史がある。(記者/張嘯誠) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (4)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、評劇の名優について灤州市横河小学校の児童に紹介する中国評劇芸術館の解説員。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (7)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館を見学する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (8)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館を見学する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (9)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館内で評劇のレコードを鑑賞する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (10)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館を見学する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館を見学する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (5)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館を見学する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、中国評劇芸術館を見学する灤州市横河小学校の児童。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (6)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、評劇で使われる衣装について、灤州市横河小学校の児童に紹介する中国評劇芸術館の解説員。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)小学生が地元に伝わる評劇文化を継承河北省灤州市

    18日、評劇で使われる衣装について、灤州市横河小学校の児童に紹介する中国評劇芸術館の解説員。中国河北省灤州(らんしゅう)市の古城街道にある灤州市横河小学校は今年から、地元の中国評劇芸術館と協力して同芸術館内に課外教室を開設した。児童が定期的に見学や学習に訪れることで、地元に伝わる評劇文化への理解を一層深められるようにしている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.92
    2020年12月26日
    「新華社」夜の鳳凰古城にまばゆい輝き湖南省

    中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州にある古い町並みをそのまま残した「鳳凰古城」では、11月初旬からライトアップ設備の改良工事が行われている。古城内を流れる沱江(だこう)の沙湾区間は、既に工事が終わっており、幻想的な夜景が河畔に広がっている。(記者/張玉潔) =配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (1)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、陝西省西安市閻良区の秦漢櫟陽城遺跡。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (2)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡の3号古城で見つかった浴室遺構。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (5)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、考古学者らが修復した秦漢櫟陽城遺跡出土の各種建築部材。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (4)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡の3号古城から出土した瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (3)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡の3号古城で見つかった壁炉遺構。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (6)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡から出土した土器片に刻まれた「櫟陽」の2文字。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (29)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省永済市蒲州古城にある普救寺の西側に立つ鶯鶯(おうおう)塔。現在の塔は明代の1563年に再建された。元代の戯曲「西廂記(せいそうき)」の張生(ちょう・せい、張?)と崔鶯鶯(さい・おうおう)の恋物語の舞台として名高い。北京市天壇公園の回音壁、四川潼南(どうなん)県大仏寺の石琴、河南省三門峡市の蛤蟆(がま)塔と並び、中国の四大回音建築(反響効果を持つ建築)として知られる。(2014年12月15日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (26)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省大同市の華厳寺内に立つ華厳寺塔。寺院は遼の清寧8(1062)年の創建だが、仏塔は2011年に「遼史・地理志」の記載に基づき復元された。高さは43・5メートルで、外観は3層に飾り屋根(1層目)を加えた「三層四檐(えん)」となる。くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた?卯(しゅんぼう)構造を持つ完全な木造建築で、同じ構造の塔としては応県木塔に次いで高い。今では大同古城を象徴する建物となっている。(2015年8月31日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    冬の盧溝橋を訪ねて北京市

    6日、盧溝橋と宛平古城を見学する市民と観光客。中国北京市豊台区にある盧溝橋や宛平古城は6日、好天に恵まれ、大勢の市民や観光客らが訪れた。(北京=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    冬の盧溝橋を訪ねて北京市

    6日、盧溝橋の石獅子を見学する観光客。中国北京市豊台区にある盧溝橋や宛平古城は6日、好天に恵まれ、大勢の市民や観光客らが訪れた。(北京=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    冬の盧溝橋を訪ねて北京市

    6日、盧溝橋と宛平古城を見学する観光客。中国北京市豊台区にある盧溝橋や宛平古城は6日、好天に恵まれ、大勢の市民や観光客らが訪れた。(北京=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    冬の盧溝橋を訪ねて北京市

    6日、盧溝橋を見学する観光客。中国北京市豊台区にある盧溝橋や宛平古城は6日、好天に恵まれ、大勢の市民や観光客らが訪れた。(北京=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    冬の盧溝橋を訪ねて北京市

    6日、盧溝橋を見学する観光客。中国北京市豊台区にある盧溝橋や宛平古城は6日、好天に恵まれ、大勢の市民や観光客らが訪れた。(北京=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.96
    2020年12月05日
    「新華社」幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。工事は日干しれんが造りの3部屋からなる「三間房」と仏塔、これらを支える台地を対象に実施。世界文化遺産の保護プロジェクトで多数の実績がある中鉄西北科学研究院が工事を請け負い、同社の周鵬(しゅう・ほう)氏率いる文化財保護スタッフ20人以上が近くに泊まり込んで進めていた。楼蘭遺跡は同州チャルクリク(若羌)県にあり、一帯では強風に見舞われる日が毎年少なくとも80日ある。県の文化財担当部門が昨年、遺跡の巡回調査で風食が進み深刻な状況にあることを確認。台地の下層部分は空洞を形成し、いつ崩壊してもおかしくない状態だった。周氏は工事について「遺跡周辺の台地の表層から採取した粘土で日干しれんがを作った。れんがは日陰の涼しい場所で14日間乾燥養生させてから、損傷部分の補修に使った」と語った。補強措置に加え、風速や湿度など気象要素を自動で収集するシステムを設置し、三間房と仏塔をレーザースキャンで3Dデータ化した。周氏は「何年かしてから遺跡を再びスキャンした時に今回のデータとの比較ができる。収集した気象データを組み合わせることで、気候環境と遺跡の風食との関係を研究することも可能だ。今後の楼蘭遺跡の保護に役立てば」と話している。(記者/張暁竜)<映像内容>楼蘭古城の緊急補強工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.27
    2020年11月27日
    「新華社」カシュガル地区で初雪、一面銀世界に新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区でこのほど、この冬初めての雪が降った。雪は地区全域で2日間降り続き、カシュガル古城風景区を一面の銀世界に変えた。(記者/高晗)<映像内容>雪が降った新疆ウイグル自治区カシュガル地区の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    発掘地点(手前)と平遥古城の俯瞰図。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓から出土した陶鼎と陶蓋豆(とう、高坏の一種)、陶盤(大皿)、陶匜(い、水差し)、陶碗。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓から出土した三璜聯璧(さんこうれんぺき、玉璜を三つ連ねた宝物)。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓での陶鼎と陶蓋豆の出土状況。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    金代墓の擬木構造磚室(部分)。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    金代墓から出土した陶罐(水がめ)と陶魂瓶(副葬品)、陶牛、磁器碗。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月20日
    天山北麓で古代の公共浴場跡を発見新疆ウイグル自治区

    奇台県の唐朝墩(とうちょうとん)古城で見つかった浴場遺跡の見取り図。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の奇台県で、考古学研究者らが10世紀前後の高昌回鶻(天山ウイグル王国)時代に作られたとみられる公共浴場跡を発見した。同県は天山山脈の北麓に位置しており、発掘調査は3年に及んだ。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市の古城壁で記念写真を撮るランナー。中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市で行われた「2020全民禁毒健康跑」の開会式の様子。(小型無人機から)中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市で行われた「2020全民禁毒健康跑」の開会式の様子。中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市の古城壁を走るランナー。中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市の古城壁を走るランナー。中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市の古城壁を走るランナー。中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    古城壁で薬物防止を呼びかける健康ランニングイベント開催山西省

    20日、山西省大同市の古城壁を走るランナー。(小型無人機から)中国山西省大同市で20日、市民に薬物乱用防止を呼びかける健康ランニングイベント「2020全民禁毒健康跑」が行われ、ランナー約200人が同市の古城壁を駆け抜けた。同大会は薬物乱用防止の知識を伝えるウェブサイト「中国禁毒網」が始めたイベントで、ランニングイベントを通じて薬物乱用防止の理念を伝え、人々に薬物に近づかないよう呼びかけることを目的としている。(大同=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    遺跡内に設置された移動式の気象データ収集システム。(11月13日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    日干しれんが造りの3部屋からなる「三間房」の補修を準備する文化財保護スタッフ。(11月13日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    補強プランを話し合う文化財保護スタッフ。(11月13日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    遺跡近くに建てられた簡易居住施設。文化財保護スタッフが工事期間中、寝泊まりした。(11月13日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.47
    2020年11月12日
    「新華社」秋色に染まる「千年古城」の公園を満喫河北省盧竜県

    秋から冬への季節の変わり目を迎え、中国河北省秦皇島市盧竜(ろりゅう)県の孤竹(こちく)文化公園には、抜けるような青空の下、爽やかな風景が広がっている。同県は中国古代の国家、孤竹国の所在地で、「中国孤竹文化の里」の美称を持つ。同公園は、県内にある8カ所の歴史的観光スポット「盧竜古八景」の風景を再現することで、千年古城の独特な風情を表現している。(記者/秦婧)<映像内容>孤竹文化公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    東周墓M6と金代墓M1の配置図。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月20日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    緊急補強前の仏塔(上)と補強後の仏塔。(組み合わせ写真、上:2019年11月14日撮影、下:10月20日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月20日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    緊急補強前の三間房(上)と補強後の三間房。(組み合わせ写真、上:2019年11月14日撮影、下:10月20日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月20日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    緊急補強前の仏塔(上)と補強後の仏塔。(組み合わせ写真、上:2019年11月11日撮影、下:10月20日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月20日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    3Dレーザースキャナーを使って仏塔のデジタルアーカイブ化を行う技術専門家。(10月20日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2020年10月15日
    「新華社」山海関古城で街を彩る壁画がお目見え河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市の山海関古城でこのほど、道路に面した民家の壁などに万里の長城などの壁画がお目見えし、街に芸術的魅力を添えている。古い路地がSNS映えする若者の人気スポットとなり、地元の歴史文化に対する人々の理解も深まったという。山海関は、河北省が長城国家文化公園の創設エリアとして選んだ場所の一つ。壁画は古城の景観向上活動の一環として描かれた。既に5カ所で完成しており、将来的には30カ所余りに増やすという。関所や長城の文化、軍事文化、民俗文化、歴史文化などが色鮮やかに描かれており、山海関ならではの人と文化の魅力を表現している。(記者/曲瀾娟)<映像内容>山海関古城の民家の壁画、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    雨上がりの霧に包まれた幻想的な風景甘粛省ザガナ風景区

    13日、霧が立ち込めるザガナ風景区。(小型無人機から)平均海抜3千メートル以上に位置する中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県ザガナ(扎尕那)風景区で、雨の後に霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。ザガナはチベット語で「石の箱」と意味する。空から見ると、岩山に囲まれた地形が巨大な宮殿や天然岩を利用して築かれた古城のように見える。(テウォ=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    雨上がりの霧に包まれた幻想的な風景甘粛省ザガナ風景区

    13日、霧が立ち込めるザガナ風景区。(小型無人機から)平均海抜3千メートル以上に位置する中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県ザガナ(扎尕那)風景区で、雨の後に霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。ザガナはチベット語で「石の箱」と意味する。空から見ると、岩山に囲まれた地形が巨大な宮殿や天然岩を利用して築かれた古城のように見える。(テウォ=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    雨上がりの霧に包まれた幻想的な風景甘粛省ザガナ風景区

    13日、霧が立ち込めるザガナ風景区。(小型無人機から)平均海抜3千メートル以上に位置する中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県ザガナ(扎尕那)風景区で、雨の後に霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。ザガナはチベット語で「石の箱」と意味する。空から見ると、岩山に囲まれた地形が巨大な宮殿や天然岩を利用して築かれた古城のように見える。(テウォ=新華社記者/文静)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    雨上がりの霧に包まれた幻想的な風景甘粛省ザガナ風景区

    13日、霧が立ち込めるザガナ風景区。(小型無人機から)平均海抜3千メートル以上に位置する中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県ザガナ(扎尕那)風景区で、雨の後に霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。ザガナはチベット語で「石の箱」と意味する。空から見ると、岩山に囲まれた地形が巨大な宮殿や天然岩を利用して築かれた古城のように見える。(テウォ=新華社記者/馬莎)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    雨上がりの霧に包まれた幻想的な風景甘粛省ザガナ風景区

    13日、霧が立ち込めるザガナ風景区。(小型無人機から)平均海抜3千メートル以上に位置する中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県ザガナ(扎尕那)風景区で、雨の後に霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。ザガナはチベット語で「石の箱」と意味する。空から見ると、岩山に囲まれた地形が巨大な宮殿や天然岩を利用して築かれた古城のように見える。(テウォ=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.14
    2020年10月10日
    「新華社」第4回平遥国際映画祭が開幕、53作品上映

    第4回平遥国際映画祭が10日、中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥(へいよう)古城で開幕した。世界24カ国の53作品が同古城にある平遥電影宮で上映される。うち半数近くがワールドプレミアだという。映画祭は19日まで開催され、上映作品の一部制作関係者は平遥電影宮で観客と交流し、創作を通じて得た感想などを共有する。(記者/宋育沢)<映像内容>第4回平遥国際映画祭の様子、撮影日:2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.20
    2020年10月05日
    「新華社」「天下第一関」山海関でライトアップショー河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市山海関区にある「天下第一関」と称される万里の長城の「山海関」で、国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、ライトアップショーが開催されている。「観・山海」と題されたショーは、デジタル技術を駆使して、万里の長城にまつわる情景を、千年の古城に投影することで、これまでにない夜景を形にした。(記者/郭雅茹)<映像内容>万里の長城の山海関でライトアップショーが開催、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.48
    2020年10月05日
    「新華社」空から見たカシュガル古城の夜景新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は長い歴史を持つ。独特の風情を持つ街並みは、夜になると色彩豊かな照明によって都市の輪郭を描き出し、趣あふれる視覚体験を観光客にもたらしている。(記者/高晗)<映像内容>夜のカシュガル古城風景区の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:25.82
    2020年10月03日
    「新華社」国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(記者/高晗)<映像内容>国慶節の大型連休期間のカシュガル古城、観光の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.72
    2020年10月02日
    「新華社」空から見たカシュガル古城風景区新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は、長い歴史と独特の風情を有し、国内でも比較的保存状態の良い市街地が広がっている。(記者/高晗)<映像内容>カシュガル古城風景区の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城風景区内でお土産を選ぶ観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城風景区東門の外側で、ウイグル族の歌や踊りを撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城風景区で集合写真を撮る観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城の歩行者街で撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城で開催された観光客を歓迎するセレモニー。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城風景区東門の外側で、ウイグル族の歌や踊りを撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城風景区でツアーガイドの説明を聞く観光客ら。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    国慶節の大型連休、カシュガル古城に観光客どっと

    1日、カシュガル古城の一角で休憩する観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区の観光業は9月以降、回復の勢いを増している。今年の国慶節と中秋節が重なる大型連休(10月1〜8日)期間中、同地区では100種のさまざまな文化・旅行イベントや観光ルートを打ち出し、各地から訪れた観光客の旅行需要を満たしている。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    失われた都城、後金の東京城を探訪遼寧省

    1日、天佑門東側の保護区に残る古城壁の遺構。中国清王朝の前身は、遼東地方(現在の遼寧省南東部)で勃興した後金(こうきん)で、勢力拡大の過程で2度遷都した。興京(こうけい、撫順市新賓満族自治県)、東京(とうけい、遼陽市文聖区)、盛京(せいけい、瀋陽市老城区)の三つの都城を築き、歴史上「関外三京」と呼ばれる。中でも東京城は完成時に太祖ヌルハチが自ら命名し、400年近い歴史を持つ。城郭と城内の汗王宮や八角殿、娘娘(にゃんにゃん)廟などの建物の多くは、長年放置されたため既に倒壊しており、八つの城門の一つ、南側の正門(天佑門)の一部のみが残る。城内で発掘された石碑や扁額、宮殿の遺物は、遼陽市博物館が収蔵している。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.72
    2020年09月29日
    「新華社」国内外の画家、良渚古城遺跡を描く浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市で9月29日、新石器時代の遺跡「良渚(りょうしょ)古城遺跡」を題材とした油絵作品展が開幕した。中国やウズベキスタンの芸術家が良渚古城の魅力を絵で表現し、世界に発信した。主催者は国内の著名油絵画家250人余りに呼びかけ、4月下旬から良渚博物院や良渚古城遺跡での写生活動を20回余りにわたって実施。最終的に160作品を精選して展示した。この他、ウズベキスタンの著名画家8人が、同国国家芸術科学院のサポートを得て制作した、良渚をテーマとした油絵25点も展示されている。(記者/段菁菁)<映像内容>良渚古城を題材とした油絵作品展の様子、撮影日:2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    河北省黄驊市で郛堤城遺跡公園が公開徐福伝説ゆかりの地

    9月28日、郛堤城遺跡公園に立つ文化財標識。中国河北省黄驊(こうか)市で9月28日、戦国~秦漢時代の古城「郛堤城(ふていじょう)」の跡地に整備された遺跡公園が一般公開された。同市は、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡ったとされる徐福(じょ・ふく)ゆかりの地として知られる。(黄驊=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    河北省黄驊市で郛堤城遺跡公園が公開徐福伝説ゆかりの地

    9月28日、郛堤城遺跡公園で記念撮影する観光客。中国河北省黄驊(こうか)市で9月28日、戦国~秦漢時代の古城「郛堤城(ふていじょう)」の跡地に整備された遺跡公園が一般公開された。同市は、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡ったとされる徐福(じょ・ふく)ゆかりの地として知られる。(黄驊=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    河北省黄驊市で郛堤城遺跡公園が公開徐福伝説ゆかりの地

    9月28日、郛堤城遺跡公園の一角。中国河北省黄驊(こうか)市で9月28日、戦国~秦漢時代の古城「郛堤城(ふていじょう)」の跡地に整備された遺跡公園が一般公開された。同市は、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡ったとされる徐福(じょ・ふく)ゆかりの地として知られる。(黄驊=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月25日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    山西省晋中市平遥県の双林寺に伝わる彫像。(資料写真)中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城の通りを練り歩く漢服姿のモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城の通りを練り歩く漢服姿のモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    映画・ドラマのロケ地として人気上昇中新疆カシュガル古城風景区

    20日、カシュガル古城風景区を散策する観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は9月に入り、ますます多くの観光客を引きつけている。人的・文化的蓄積が豊かな同風景区はこのところ、映画やドラマのロケ地として使われることが増えている。同風景区管理委員会のデータによると、9月初めに同自治区が他の地域からの旅行を全面的に開放して以降、古城風景区を訪れる観光客数はそれまでの1日平均千人足らずから4千人近くまで増え、観光業の回復が加速している。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    映画・ドラマのロケ地として人気上昇中新疆カシュガル古城風景区

    20日、カシュガル古城東門で記念撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は9月に入り、ますます多くの観光客を引きつけている。人的・文化的蓄積が豊かな同風景区はこのところ、映画やドラマのロケ地として使われることが増えている。同風景区管理委員会のデータによると、9月初めに同自治区が他の地域からの旅行を全面的に開放して以降、古城風景区を訪れる観光客数はそれまでの1日平均千人足らずから4千人近くまで増え、観光業の回復が加速している。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    映画・ドラマのロケ地として人気上昇中新疆カシュガル古城風景区

    20日、カシュガル古城風景区で写真を撮る地元住民。中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は9月に入り、ますます多くの観光客を引きつけている。人的・文化的蓄積が豊かな同風景区はこのところ、映画やドラマのロケ地として使われることが増えている。同風景区管理委員会のデータによると、9月初めに同自治区が他の地域からの旅行を全面的に開放して以降、古城風景区を訪れる観光客数はそれまでの1日平均千人足らずから4千人近くまで増え、観光業の回復が加速している。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    映画・ドラマのロケ地として人気上昇中新疆カシュガル古城風景区

    20日、カシュガル古城東門で歌と踊りのシーンを撮影中の出演者。中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は9月に入り、ますます多くの観光客を引きつけている。人的・文化的蓄積が豊かな同風景区はこのところ、映画やドラマのロケ地として使われることが増えている。同風景区管理委員会のデータによると、9月初めに同自治区が他の地域からの旅行を全面的に開放して以降、古城風景区を訪れる観光客数はそれまでの1日平均千人足らずから4千人近くまで増え、観光業の回復が加速している。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    映画・ドラマのロケ地として人気上昇中新疆カシュガル古城風景区

    20日、カシュガル古城風景区で仕事中のドラマ撮影隊。中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の中心部にあるカシュガル古城風景区は9月に入り、ますます多くの観光客を引きつけている。人的・文化的蓄積が豊かな同風景区はこのところ、映画やドラマのロケ地として使われることが増えている。同風景区管理委員会のデータによると、9月初めに同自治区が他の地域からの旅行を全面的に開放して以降、古城風景区を訪れる観光客数はそれまでの1日平均千人足らずから4千人近くまで増え、観光業の回復が加速している。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...