KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 建物
  • 指定
  • 構図
  • 記者
  • 重要文化財
  • のり
  • 中庭
  • 中心
  • 保存状態

「古店鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (13)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (13)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400549

  •  (12)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (12)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400427

  •  (4)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (4)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400258

  •  (14)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (14)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400404

  •  (1)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (1)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400502

  •  (17)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (17)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400428

  •  (6)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (6)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、清代壁画が残る竜母寺の三観殿。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400483

  •  (9)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (9)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400492

  •  (2)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (2)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400244

  •  (3)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (3)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400230

  •  (10)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (10)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400532

  •  (5)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (5)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400328

  •  (11)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (11)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400529

  •  (18)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (18)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400513

  •  (7)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (7)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400533

  •  (16)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (16)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400536

  •  (15)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (15)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400590

  •  (8)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市
    2021年06月03日
    (8)竜母寺に残る珍しい清代壁画を訪ねて山西省大同市

    5月31日、竜母寺に残る清代壁画の一部。中国山西省大同市新栄区古店鎮の北宋荘村にある竜母寺は、同省の第5次省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。同寺は清代の建物で、寺の内部には生き生きと描かれた、美しく優雅なスタイルの清代壁画237平方メートルが残されている。壁画は構図がバランスよく趣があり、人物が躍動的に描かれ、金メッキが多く施されており、同省北部の寺観壁画(中国の伝統壁画の一種)の中でも極めて珍しいものだという。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400265

  •  (16)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (16)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813266

  •  (1)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (1)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813229

  •  (6)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (6)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813253

  •  (8)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (8)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813261

  •  (10)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (10)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813258

  •  (2)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (2)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813235

  •  (19)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (19)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813268

  •  (3)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (3)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813237

  •  (17)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (17)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813269

  •  (14)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (14)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813265

  •  (13)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (13)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813262

  •  (15)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (15)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813264

  •  (11)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (11)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813263

  •  (5)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (5)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813254

  •  (4)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (4)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813255

  •  (12)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (12)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813260

  •  (20)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (20)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813272

  •  (9)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (9)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813259

  •  (7)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (7)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813257

  •  (18)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市
    2022年02月28日
    (18)関羽の物語を描いた竜母寺の連環画壁画山西省大同市

    25日、竜母寺の連環画壁画(部分)。中国山西省大同市新栄区の古店鎮北宋荘村にある竜母寺は、清代の建築で、同省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。建物は南向きに建てられ、中心に中庭を持つ「口」字型をしている。殿内には計237平方メートルの清代の壁画が残る。中国の伝統的な絵物語「連環画」の壁画で、独立した絵を連ねて関羽の物語を描いている。絵は非常に保存状態が良く、全体の色調は青緑色で、各絵に「怒斬華雄」「刮骨療毒」「大戦徐晃」などの題名がある。構図はシンプルで精彩に富み、人物の表情も生き生きと描かれ、鎧や武器の吞口(刀元の装飾)には、糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」の技法を用いている。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022813267

  • 1