KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 古楽器
  • 令和
  • 記者
  • 音色
  • 復元
  • 歴史
  • 莫高窟
  • 箜篌
  • 映像
  • 関連

「古楽」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
108
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
108
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年05月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    1978年、曾侯乙編鐘の出土した様子。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=1978(昭和53)年5月、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517360

  • 1994年09月19日
    バロック音楽を手作りで

    サウンドホールのアラベスク模様を丹念に切り出す(渡辺広孝・古楽器リュート製作者)「経済ウイークリー」

    商品コード: 1994091900030

  • 1999年09月27日
    楽器を演奏する児童ら 中古楽器をアジアの子らに

    贈られた楽器を演奏する児童ら=8月9日、フィリピン・バコ市

    商品コード: 1999092700008

  • 2002年02月04日
    押切真千亜さん 中古楽器をニカラグアへ

    中古楽器を集めニカラグアに贈った押切真千亜さん=1月26日、秋田市

    商品コード: 2002020400128

  • 2002年03月01日
    押切真千亜さん

    日本で中古楽器を集めニカラグアの音楽学校に寄付した押切真千亜(おしきり・まちあ)さん

    商品コード: 2002030100178

  • 2002年10月24日
    18世紀の売れっ子 「宝島自由帳」

    古楽器を演奏する「ラ・フェート・ギャラント」のメンバー。右から2人目はバロック・フルート奏者の前田りり子さん

    商品コード: 2002102400005

  • 2003年01月30日
    みずみずしい古楽を披露

    「日本にはすばらしい古楽奏者も観客もいますね」と話すウィリアム・クリスティ=東京都千代田区のホテル

    商品コード: 2003013000142

  • 2003年09月06日
    「福岡古楽音楽祭」 バロックから古典派へ

    昨年行われた「福岡古楽音楽祭」

    商品コード: 2003090600002

  • 2003年10月03日
    個性的な仲間と古楽を遊ぶ

    「古楽はとてもはまりやすい音楽なんです」と話す浜田芳通=東京都中央区の王子ホール

    商品コード: 2003100300073

  • 2005年06月18日
    古楽器コンサート 万博会場に古楽器の調べ

    大勢の観客を集めて開かれた、復元された古楽器などを演奏するコンサート=18日午後、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005061800204

  • 2005年07月19日
    「奈良県の日」コンサート 古楽器演奏し世界遺産PR

    「奈良県の日」のイベントで披露された、正倉院所蔵の古楽器を復元した楽器によるコンサート=19日午後、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005071900160

  • 2007年01月25日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第2組5つ目の甬鐘のつり下げ部分の猿の顔と竜の体をした装飾。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517189

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第1組3つ目の甬鐘(ようしょう)のつり下げ部分の猿の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517375

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    曾侯乙編鐘の音階の銘文「宮角」(音名はE)。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517114

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段第1組3つ目の編鐘正面に金工象嵌(ぞうがん)された銘文。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517357

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517758

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517679

  • 2018年08月11日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    博物館で展示された円筒型レコード。(2018年8月11日撮影)中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304668

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    湖北省博物館で展示している曾侯乙編鐘。(8月17日撮影)4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517225

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    8月17日、湖北省博物館で曾侯乙編鐘を見学する来場者。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517110

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    湖北省博物館で曾侯乙編鐘を見学する来場者。(8月17日撮影)4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517702

  • 00:59.96
    2019年02月09日
    「新華社」重慶湖広会館で大禹を偲ぶ一連のイベントを開催

    「天地の霊を尊び、大禹(たいう、夏王朝の創始者・禹王の尊称)の功績と徳をたたえ、民族の精神を奮いたたせて中華の偉業をたたえ、調和の取れた社会を築き上げよう」。漢民族の伝統的な衣装を身にまとった若い男性がこのように祝詞を述べると、人々も姿勢を正し、周囲は厳かな雰囲気にに包まれた。まるで古代に「タイムスリップ」したかのように見えるが、これは中国に現存する最も大きな会館建築群の一つとして知られている重慶市の湖広会館で行われた夏王朝の始祖、禹王を祀る儀式の様子なのだ。9日午前11時頃、古楽が流れる中で儀式が始まった。会場では古代祭祀の規定と順序に従い、「主祀官」「分献官」「監礼官」「糾儀官」「典儀官」が配置され、迎神(神を迎える)、沃盥(よくかん、祭祀の際に手を清める)、献胙肉(肉を捧げる)、献果(果物を捧げる)、行読祝礼(祝詞を読み上げる)、行献礼(供え物を捧げる)、行上香礼(線香を上げる)といった一連の儀礼が、順を追って行われた。清代初期に起きた移民運動以来、湖広(現在の湖北省、湖南省および広東省の一部)から来た移民とその子孫は、禹王宮で禹王を祈念し平安を願ってきた。この儀式を見学に訪れていた観光客も祭祀活動に参加し、伝統的なしきたりを学んだ。湖広会館では祭祀や儀式に他の無形文化遺産を結び付けたプロジェクトを行っている。儀式前には4頭の「獅子」が太鼓の音に合わせて元気よく獅子舞を披露し、観客らと触れ合いながら「福牌」(ふくはい、福の字が書かれた木製のお守り)を人々に配った。儀式の当日はちょうど旧正月の5日目だったことから、儀式の最後には参加者全員で「財神」を恭しく迎え、1年の幸運と金運を祈った。このほど行われた大禹を偲ぶ一連のイベントは、重慶湖広会館の禹王廟会(びょうえ、縁日)の一環として開かれたもの。廟会には夜祭やゲーム、蚤の市、などの催しが開かれ、観光客らは伝統的な中国の行事を楽しんでいた。(記者/黎華玲、楊仕彦)<映像内容>重慶湖広会館で大禹を偲ぶイベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310228

  • 02:14.31
    2019年02月16日
    「新華社」陝西省の安塞腰鼓が台湾南投の灯会を盛り上げる

    中国台湾中部の南投(なんとう)県で2日から24日まで開催されているランタンフェスティバル「2019南投灯会」のイベント広場で16日夜、中国の古楽器「嗩吶」(チャルメラ)を吹き鳴らし、腰に付けた鼓を打ち鳴らしながら舞う「腰鼓」(ようこ)が演じられた。陝西民謡の歌声が高らかに響き渡り、雄大な黄土高原の息吹が台湾の山水と呼応した。この夜の陝西省の芸術団の公演は、陝西省北部の民間舞踊「大秧歌」(だいおうか)でにぎやかに幕を開けた。勇壮に踊る姿、多様な振り付け、さっぱりとあか抜けた風格は、陝西省の人々の素朴で実直、おおらかで楽天的な性質をよく表している。トリとして演じられた「安塞(あんさい)腰鼓」では、百人以上が一斉に踊りながら全力で腰鼓を打ち、その整然とまとまった動きやみなぎる気迫に、観客からは大きな歓声と拍手が送られた。「安塞腰鼓」は陝西省北部の延安市安塞区に伝わる民間の集団芸術。中国最古の詩集「詩経」に「鼓を撃つこと其(そ)れ鏜(どう)たり、踊躍して兵を用う」(合図の太鼓がドンと鳴ると、おどり上がって武器を取る)とある。安塞腰鼓はまさに古代の戦争に由来し2千年以上の歴史を持つ。2006年6月には、第1陣で国の無形文化遺産に指定された。「安塞腰鼓」が南投県で上演されるのは昨年に続いて2度目。腰鼓の出演者は昨年の114名から今年は138名に増え、さらに壮観になった。このほか、中国西北部の地方劇「秦腔」(しんこう)や陝西省北部に伝わる民間の語り物「陝北説書」(せんほくせっしょ)などの上演も新たに加わった。(記者/林凱)<映像内容>台湾のランタンフェスティバル「2019南投灯会」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021901133

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で西安鼓楽を披露する田孝梨(でん・こうり)氏。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400566

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で伝統曲「刮地風」を披露する田孝梨(でん・こうり)氏(後方)と南集賢西村鼓楽社のメンバーら。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400520

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で合奏する田孝梨(でん・こうり)氏(後方)と南集賢西村鼓楽社のメンバーら。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400522

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で銅鈸(どうばつ)の演奏指導をする田孝梨(でん・こうり)氏(左)。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400554

  • 2019年03月15日
    西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承

    西安市周至県南集賢村で南集賢西村鼓楽社のメンバーを指導する田孝梨(でん・こうり)氏(左)。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400564

  • 2019年03月31日
    GES / Football / SV Wehen Wiesbaden - Karlsruher SC, 31.03.2019

    duels, duel between Goekhan Gule (SV Wehen Wiesbaden) and Christoph Kobald (KSC). GES / Soccer / 3rd league: SV Wehen Wiesbaden - Karlsruher SC, 31.03.2019 Football / Soccer: 3.League: Wehen Wiesbaden - Karlsruhe, Wiesbaden, March 31, 2019 | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040202223

  • 2019年03月31日
    GES / Football / SV Wehen Wiesbaden - Karlsruher SC, 31.03.2019

    duels, duel between Goekhan Gule (SV Wehen Wiesbaden) and Christoph Kobald (KSC). GES / Soccer / 3rd league: SV Wehen Wiesbaden - Karlsruher SC, 31.03.2019 Football / Soccer: 3.League: Wehen Wiesbaden - Karlsruhe, Wiesbaden, March 31, 2019 | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040202229

  • 2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、古琴、排鼓(はいこ、音程の異なる数個の太鼓を円形に並べたもの)、碰鈴(ペンリンベル)、笙、木魚などの楽器で名曲「神人暢」を合奏し、中国古代の祭祀音楽を再現する古琴演奏家、張婷婷(ちょう・ていてい)さんと彼女の率いる古楽器バンドのメンバー。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002315

  • 2019年05月28日
    中国·ASEAN音楽祭、広西南寧で開幕

    5月28日、中国の古楽器「嗩吶」(さない、チャルメラ)で伝統協奏曲「喚鳳」を演奏する中国音楽学院の張倩淵(ちょう・せいえん)講師。第8回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)音楽祭の開幕式が5月28日夜、中国広西チワン族自治区南寧市の広西文化芸術センターで行われた。25カ国・地域から256人の音楽家が参加、同市で1週間にわたり、コンサートや著名音楽家によるレクチャー、サミットフォーラムなど40余りのイベントを行っていく。(南寧=新華社配信/広西芸術学院提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:広西芸術学院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403031

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示されたストリートオルガン(自動演奏装置)。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304664

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、蓄音機博物館で展示された自動演奏ピアノ(左)と大型蓄音機。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304555

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された大型の街頭用蓄音機。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304628

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された1918年オランダ製のストリートオルガン(自動演奏装置)。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304549

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された校内放送に使用されていた大型の蓄音機。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304652

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された蓄音機。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304598

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、1906年に作られたフランス製の事務用蓄音機を観光客に紹介する博物館の王心偉(おう・しんい)館長。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304629

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された蓄音機。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304674

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された銀製のレコード型蓄音機。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304660

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、観光客のためにレコードをかける博物館の王心偉(おう・しんい)館長。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304624

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館の入り口。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304672

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で撮影した金製のオルゴール。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304704

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された1930年米国製の音楽を鳴らしてゲストを迎えるウエルカムドール。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304609

  • 2019年06月22日
    大連の蓄音機博物館を訪ねて100年前の音色に耳を澄ます

    22日、博物館で展示された銀製のディスク。中国遼寧省大連市の旅順口(りょじゅんこう)区にある古楽楼留声機(蓄音機)博物館は、蓄音機をテーマにした博物館で、蓄音機やレコードなど年代物の品々を1万点以上所蔵している。こうした品々は歴史や文化を伝承する重要な媒体であるだけでなく、この地域の当時の様子を伝える貴重な存在となっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304632

  • 2019年06月27日
    北京日本学研究センター、「唐代礼楽復元」講演会を開催

    27日、講演会会場で展示された琵琶古楽譜の序文。中国の民間組織「唐代礼楽復元組」と北京外国語大学の日本学研究センターが共催した講演会「千年唐楽、古譜回帰」が27日、同センターで開催された。唐代礼楽復元組のチームリーダーを務める徐戈(じょ・か)氏は講演で、チームの任務は主に、唐代の楽譜、楽器、服飾と化粧を復元することだと紹介し、琵琶の古曲4曲を演奏し、篳篥(ひちりき)と横笛(おうてき、日本では竜笛)の合奏も披露した。同氏は、昨今の中国映画は時代考証が甘く、唐代の礼楽文化が正確に反映されておらず、この点については中国は日本や韓国とまだ差があると指摘した。また、自分たちのチームは資金が潤沢にあるわけではないが、可能な限り唐代の礼楽の伝統文化を正確に再現すると述べた。(北京=新華社記者/淡氷氷)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100525

  • 2019年06月27日
    北京日本学研究センター、「唐代礼楽復元」講演会を開催

    27日、講演会会場に展示された琵琶古楽譜。中国の民間組織「唐代礼楽復元組」と北京外国語大学の日本学研究センターが共催した講演会「千年唐楽、古譜回帰」が27日、同センターで開催された。唐代礼楽復元組のチームリーダーを務める徐戈(じょ・か)氏は講演で、チームの任務は主に、唐代の楽譜、楽器、服飾と化粧を復元することだと紹介し、琵琶の古曲4曲を演奏し、篳篥(ひちりき)と横笛(おうてき、日本では竜笛)の合奏も披露した。同氏は、昨今の中国映画は時代考証が甘く、唐代の礼楽文化が正確に反映されておらず、この点については中国は日本や韓国とまだ差があると指摘した。また、自分たちのチームは資金が潤沢にあるわけではないが、可能な限り唐代の礼楽の伝統文化を正確に再現すると述べた。(北京=新華社記者/張明然)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100686

  • 2019年06月27日
    北京日本学研究センター、「唐代礼楽復元」講演会を開催

    27日、講演会で唐楽の琵琶古楽譜を解説する唐代礼楽復元組の徐戈氏。中国の民間組織「唐代礼楽復元組」と北京外国語大学の日本学研究センターが共催した講演会「千年唐楽、古譜回帰」が27日、同センターで開催された。唐代礼楽復元組のチームリーダーを務める徐戈(じょ・か)氏は講演で、チームの任務は主に、唐代の楽譜、楽器、服飾と化粧を復元することだと紹介し、琵琶の古曲4曲を演奏し、篳篥(ひちりき)と横笛(おうてき、日本では竜笛)の合奏も披露した。同氏は、昨今の中国映画は時代考証が甘く、唐代の礼楽文化が正確に反映されておらず、この点については中国は日本や韓国とまだ差があると指摘した。また、自分たちのチームは資金が潤沢にあるわけではないが、可能な限り唐代の礼楽の伝統文化を正確に再現すると述べた。(北京=新華社記者/淡氷氷)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100663

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の展示物。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603744

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の外部。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603757

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の展示物。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603763

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の展示物。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603758

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」内部の様子。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603752

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の展示物。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603742

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の展示物。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603751

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」の展示物。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603759

  • 2019年08月18日
    チベット族の文化的記憶とどめる「音の博物館」完成四川省

    18日、「ヒマラヤの音ミニ博物館」内部の様子。中国四川省のチベット族居住地域で初めての「音の博物館」が19日、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県高城(こうじょう)鎮徳西一村に完成した。面積わずか180平方メートルほどの「ヒマラヤの音ミニ博物館」内には、チベット族の特色ある伝統楽器、チベット音楽関連の音と映像の資料、貴重なチベット音楽の古楽譜などが所蔵されている。(カンゼ・チベット族自治州=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603747

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101760

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101719

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101736

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101738

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101740

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101726

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101763

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101769

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101747

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101722

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101730

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101723

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101750

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101729

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101735

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101742

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101724

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101739

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101728

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101840

  • 2019年10月13日
    海峡両岸炎帝陵祭祀大典、湖南省炎陵県で開催

    13日、湖南省株洲市炎陵県の炎帝陵で楽器を演奏する祭祀大典古楽隊。中国湖南省株洲市炎陵県の炎帝陵で13日、「己亥(つちのとい)年海峡両岸炎帝陵祭祀大典」が行われた。海峡両岸(中国の大陸と台湾)から参加した5千人余りが太鼓やどらを打ち鳴らして音楽を奏で、供物と歌をささげ、線香を上げるなどした。(株洲=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605252

  • 2019年10月30日
    貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州

    10月30日、徳格印経院に保管されている古楽譜の印版。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500257

  • 01:21.13
    2019年11月20日
    「新華社」遠隔地の古楽器と時空を超えて協奏5G技術で実現

    映像や音声の低遅延性が売りの一つである第5世代(5G)移動通信システムの技術を利用した伝統古楽器の演奏会がこのほど、中国湖北省と山東省の博物館で同時に上演され、観客は両地のアーティストの協演を堪能した。湖北省博物館所蔵の戦国時代前期の打楽器「曽侯乙編鐘」と、山東博物館所蔵の唐代の古琴「天風海濤」がセッションし、編鐘が奏でるいにしえの音と抑揚ある琴の調べが時空を超えて協奏した。(記者/潘志偉)<映像内容>5Gを活用した伝統古楽器の演奏会、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201018

  • 2020年01月01日
    中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市

    1日、古楽器「嗩吶(さない)」の演奏を披露する西安の民間芸能の演者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602422

  • 2020年10月15日
    中国の少数民族プイ族の「古楽隊」貴州省

    観光客に歌や演奏を披露する古楽隊。(10月15日撮影)中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県新屯村には伝統音楽を守る古楽隊がある。平均年齢は70歳を超えており、最高齢は83歳。(貴陽=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605038

  • 2020年10月15日
    中国の少数民族プイ族の「古楽隊」貴州省

    横笛を使って演奏する古楽隊。(10月15日撮影)中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県新屯村には伝統音楽を守る古楽隊がある。平均年齢は70歳を超えており、最高齢は83歳。(貴陽=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605043

  • 2020年10月15日
    中国の少数民族プイ族の「古楽隊」貴州省

    観光客に歌や演奏を披露する古楽隊。(10月15日撮影)中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県新屯村には伝統音楽を守る古楽隊がある。平均年齢は70歳を超えており、最高齢は83歳。(貴陽=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605181

  • 2020年10月15日
    中国の少数民族プイ族の「古楽隊」貴州省

    観光客に歌や演奏を披露する古楽隊。(10月15日撮影)中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県新屯村には伝統音楽を守る古楽隊がある。平均年齢は70歳を超えており、最高齢は83歳。(貴陽=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605171

  • 2020年10月15日
    中国の少数民族プイ族の「古楽隊」貴州省

    木の葉を使って演奏する古楽隊。木の葉は「プイ族八音坐唱」の演奏に必要な楽器の一つ。(10月15日撮影)中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県新屯村には伝統音楽を守る古楽隊がある。平均年齢は70歳を超えており、最高齢は83歳。(貴陽=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605019

  • 2021年03月01日
    (10)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    伝統楽器を演奏する河南博物院華夏古楽団の団員。(2020年1月1日撮影)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600379

  • 2021年03月01日
    (9)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    伝統楽器を演奏する河南博物院華夏古楽団の団員。(2020年1月1日撮影)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600377

  • 02:24.89
    2021年03月09日
    「新華社」現代によみがえった敦煌壁画の古楽器の音色甘粛省

    中国甘粛省の敦煌壁画と敦煌の音楽・舞踊を記録し、緊急保護する取り組みの最新成果として、2018年4月に同省文化産業発展集団と敦煌研究院が協力し、敦煌壁画古楽器復元開発プロジェクトを実施した。同年9月には楽器が完成し、計2組245点、97種類の復元楽器が製作された。撥弦楽器、弦楽器、管楽器、打楽器の4種類が含まれ、敦煌壁画に描かれた各種の楽器をほぼ網羅している。これらの楽器が同年に開催された第3回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会で披露されると、たちまち聴く人を魅了した。復元楽器によって、人々は新たな角度から莫高窟の芸術の魅力に触れ、中国の古代音楽の華麗な姿をより深く知ることが可能になった。(記者/張智敏) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907628

  • 2021年04月12日
    (4)敦煌の文化的魅力を紹介するイベント、甘粛省で開催

    9日、東アジア文化都市2021・中国敦煌イベントイヤーの開会式で「敦煌古楽」を演奏する役者。中国甘粛省敦煌市で9、10両日、東アジア文化都市2021・中国敦煌イベントイヤーが開かれた。20以上のイベントで敦煌文化の魅力が紹介され、中国・日本・韓国3カ国による文化交流の成果が展示された。「東アジア文化都市」は中日韓3カ国が共同で打ち出した国際文化交流活動で、今年は中国の敦煌市、紹興市、日本の北九州市、韓国の順天市が「東アジア文化都市」に選定された。(敦煌=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305226

  • 00:43.28
    2021年04月21日
    「新華社」春の古都で伝統文化を楽しむ若者たち西安市

    新しい命が芽生え、若葉がもえる4月は、春の散策に相応しい時期に当たる。中国の13王朝の都が置かれた古都、陝西省西安市には、伝統文化を愛する若者が大勢いる。漢民族の伝統衣装「漢服」に身を包み、春の景色を眺め、茶菓子を味わい、古楽を楽しむ人たちの姿を、市内の各所で見ることができる。西安の明代城壁では、華やかな漢服姿の中国の若者たちが伝統文化を思い思いに楽しんでおり、600年以上前の時代にタイムスリップしたかのような光景が広がっている。唐長安城の三大宮殿の一つ、大明宮(だいめいきゅう)の跡地に建てられた大明宮国家遺跡公園では、漢服姿で春の景色を眺めたり、写真を撮ったりして楽しむ若者たちの姿が多く見られた。(記者/孫正好、蔡馨逸) =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042106091

  • 01:24.50
    2021年09月16日
    「新華社」声高く歌い上げるプイ族の新生活貴州省望謨県

    中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県新屯村は、歴史・文化の蓄積が厚く、プイ族の素朴さに満ちた村落。「説唱」という語りと歌を組み合わせた芸術の継承と普及にも取り組んでおり、鮮明な民族的特色と地域文化を有している。「説唱」の演目は、農村の日常生活を題材に取り、プイ語と標準中国語による語りや歌が織り交ぜられている。同村には伝統音楽を守る、平均年齢70歳の「古楽隊」がある。彼らの演目は、古くからのプイ族に伝わる「山歌(やまうた)」と呼ばれる掛け合い歌のメロディを基に現代的な要素を取り入れ、新農村建設や農村振興などの内容が盛り込まれている。(記者/呉斯洋、楊焱彬) =配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091606503

  • 2021年09月29日
    (5)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された鼓(つづみ)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003314

  • 2021年09月29日
    (6)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された小型の箜篌。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003315

  • 2021年09月29日
    (3)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された小型の曲項琵琶。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003313

  • 2021年09月29日
    (4)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、展示会場の一角。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/何問)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003324

  • 2021年09月29日
    (10)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された胡琴(こきん)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003330

  • 2021年09月29日
    (15)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された、円形の胴を持つ小阮に施された文様。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003340

  • 2021年09月29日
    (9)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された中国の古楽器、花辺阮(荷葉阮)に施された文様。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003331

  • 1
  • 2