KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 研究
  • 地域
  • 歴史
  • ちょう
  • 時代
  • 観光
  • 風景
  • きゅう

「古称」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    空から見た江蘇省鎮江市北固山の甘露寺。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100343

  • 2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    江蘇省鎮江市北固山の甘露寺。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100237

  • 2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    江蘇省鎮江市北固山の甘露寺の夜景。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100330

  • 02:31.38
    2019年01月22日
    「新華社」陶磁琉璃国芸館が開業「国の御用達」の魅力を展示山東省淄博市

    陶磁器や琉璃(るり、ガラスの古称)器は、中国山東省淄博(しはく)市の優れた伝統産業で、同市の代名詞となっている。このほど開業した淄博陶磁琉璃国芸館には、陶磁器・琉璃器の技術や芸術面で最先端を歩む企業約50社や著名芸術家のアトリエが入居している。華光国磁や硅元磁器など有名ガラス器メーカーも続々と自社の全製品を一般公開し、国の記念行事や国賓招待などでも用いられる「国の御用達」の魅力をアピールしている。同館は陶磁器と琉璃器の2つのエリアに分かれており敷地面積は5万平方メートル。陶磁器や琉璃器の開発やデザイン、展示、売買の各機能が集まる。建設には2年以上を費やした。これまで分散していた陶磁・琉璃産業が1カ所に集まり成長するための場を提供。文化や観光、科学技術などの関連産業との融合発展を促進していく。琉璃器の製造は同市で数千年続く文化の結晶とされる。琉璃は「火に生まれ水に去る」(焼成後に冷却し加工や研磨を行う)といわれ、中国ではその製作過程を炎の中から再生する鳳凰になぞらえ「鳳凰涅槃」式と呼ぶ。製造工程は複雑で、10以上の厳密な工程を経て完成する。製作には通常十数日から二十日かかり、主に手仕事で進められる。(記者/趙小羽)<映像内容>淄博陶磁琉璃国芸館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202080

  • 02:18.94
    2019年01月30日
    「新華社」千年の輝きを残す「中国瑠璃の故郷」山東省淄博市

    中国山東省淄博(しはく)市博山区原産の瑠璃(るり、ガラスの古称)は昔から「世界の瑠璃は中国にあり、中国の瑠璃は博山にある」と称されており、同区も「中国瑠璃の里」として知られている。博山は唐代から瑠璃の大量生産が始まり、明の時代に一定の規模に達し、清の時代には中国瑠璃制作の中心地となった。(淄博=新華社記者/王凱)<映像内容>中国瑠璃作品の展示風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010532

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城の前を通り過ぎる学生。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403641

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403662

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403660

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403633

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403679

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403654

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403663

  • 2019年06月12日
    ギサール城を訪ねてタジキスタン

    12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403656

  • 2020年10月10日
    受け継がれる無形文化遺産、常山戦鼓河北省正定県

    10日、石家荘市藁城区増村鎮小果荘村で演奏チームを指導する張書社さん(右から2人目)。長い歴史を持つ中国河北省石家荘市正定県の民間芸能「常山戦鼓」は、国家級無形文化遺産に登録されている。通常は太鼓と大鈸(打楽器の一種)で構成される演奏は壮大で迫力がある。常山の名称は同県の古称に由来する。正定県南牛郷東楊荘村に住む常山戦鼓の国家級代表的伝承者、張書社(ちょう・しょしゃ)さん(68)はここ数年、常山戦鼓の継承と革新のため、学校での普及を進めたり、100人近い農民による演奏チームを設立したりと、積極的に活動している。(石家荘=新華社配信/許建園)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704909

  • 2020年10月10日
    受け継がれる無形文化遺産、常山戦鼓河北省正定県

    10日、石家荘市藁城区増村鎮小果荘村で演奏チームを指導する張書社さん(右から3人目)。長い歴史を持つ中国河北省石家荘市正定県の民間芸能「常山戦鼓」は、国家級無形文化遺産に登録されている。通常は太鼓と大鈸(打楽器の一種)で構成される演奏は壮大で迫力がある。常山の名称は同県の古称に由来する。正定県南牛郷東楊荘村に住む常山戦鼓の国家級代表的伝承者、張書社(ちょう・しょしゃ)さん(68)はここ数年、常山戦鼓の継承と革新のため、学校での普及を進めたり、100人近い農民による演奏チームを設立したりと、積極的に活動している。(石家荘=新華社配信/許建園)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704963

  • 2020年10月10日
    受け継がれる無形文化遺産、常山戦鼓河北省正定県

    10日、石家荘市藁城区増村鎮小果荘村で演奏を披露する張書社さん。長い歴史を持つ中国河北省石家荘市正定県の民間芸能「常山戦鼓」は、国家級無形文化遺産に登録されている。通常は太鼓と大鈸(打楽器の一種)で構成される演奏は壮大で迫力がある。常山の名称は同県の古称に由来する。正定県南牛郷東楊荘村に住む常山戦鼓の国家級代表的伝承者、張書社(ちょう・しょしゃ)さん(68)はここ数年、常山戦鼓の継承と革新のため、学校での普及を進めたり、100人近い農民による演奏チームを設立したりと、積極的に活動している。(石家荘=新華社配信/許建園)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704890

  • 2020年10月10日
    受け継がれる無形文化遺産、常山戦鼓河北省正定県

    10日、石家荘市藁城区増村鎮小果荘村で「常山戦鼓」を披露する演奏チームのメンバー。長い歴史を持つ中国河北省石家荘市正定県の民間芸能「常山戦鼓」は、国家級無形文化遺産に登録されている。通常は太鼓と大鈸(打楽器の一種)で構成される演奏は壮大で迫力がある。常山の名称は同県の古称に由来する。正定県南牛郷東楊荘村に住む常山戦鼓の国家級代表的伝承者、張書社(ちょう・しょしゃ)さん(68)はここ数年、常山戦鼓の継承と革新のため、学校での普及を進めたり、100人近い農民による演奏チームを設立したりと、積極的に活動している。(石家荘=新華社配信/許建園)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704923

  • 2020年10月10日
    受け継がれる無形文化遺産、常山戦鼓河北省正定県

    10日、石家荘市藁城区増村鎮小果荘村で演奏を披露する張書社さん。長い歴史を持つ中国河北省石家荘市正定県の民間芸能「常山戦鼓」は、国家級無形文化遺産に登録されている。通常は太鼓と大鈸(打楽器の一種)で構成される演奏は壮大で迫力がある。常山の名称は同県の古称に由来する。正定県南牛郷東楊荘村に住む常山戦鼓の国家級代表的伝承者、張書社(ちょう・しょしゃ)さん(68)はここ数年、常山戦鼓の継承と革新のため、学校での普及を進めたり、100人近い農民による演奏チームを設立したりと、積極的に活動している。(石家荘=新華社配信/許建園)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704973

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、よろいを製作する「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600772

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、伝統的な方法でよろいを製作する「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601400

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、よろいを製作する「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600873

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、愛好家が「虔州武備司」に寄贈したよろいのミニチュア。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600839

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、よろいを試着する「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600844

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、再現されたよろい。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601403

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、よろいを着て矢を構える「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600853

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、よろいを着て伝統的な戦いの様子を再現する「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601083

  • 2020年11月13日
    よろいの再現に夢追う若者たち江西省贛州市

    13日、よろいを着せてもらう「虔州武備司」のメンバー。中国江西省贛州(かんしゅう)市に、古代中国の軍事装備を熱心に研究する若者のグループがある。「虔州(けんしゅう、贛州の古称)武備司」と名乗る彼らの夢は、古い時代のよろいを再現することだという。グループのメンバー約20人はよろいを正確に再現するため、大量の史料を読み、博物館でよろいの構造を観察し、3カ月かけてついに明代のよろいを再現した。発起人の邱(きゅう)さんは「よろいは細部まで全て自分たちで考証して再現した。合計6千元(1元=約16円)以上を費やした」と紹介した。彼らのよろいに対する情熱と探求心は愛好家の認めるところとなり、彼らを応援するために手作りのよろいを寄贈する人も現れた。グループは現在、唐・宋代のよろい3領と明代のよろい6領を所有し、うち7領は彼ら自身の手作りだという。(贛州=新華社記者/周密)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (3)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ自治区ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。イスラム抵抗運動(ハマス)が管理するパレスチナ観光・遺跡省のジャマル・アブ・リダ報道官は、彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと説明した。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605429

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (5)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ自治区ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。イスラム抵抗運動(ハマス)が管理するパレスチナ観光・遺跡省のジャマル・アブ・リダ報道官は、彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと説明した。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605443

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (8)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ自治区ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと見られる。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (6)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ・ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと見られる。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605472

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (4)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ自治区ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。イスラム抵抗運動(ハマス)が管理するパレスチナ観光・遺跡省のジャマル・アブ・リダ報道官は、彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと説明した。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605442

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (1)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ・ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと見られる。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605384

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (7)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ・ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと見られる。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605479

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月06日
    (2)パレスチナ・ガザ地区の畑から4500年前の女神像が出土

    4月26日、パレスチナ・ガザ地区で出土した女神アナトの彫像の頭部。パレスチナ自治区ガザ地区でこのほど、4500年前の女神の彫像が出土した。イスラム抵抗運動(ハマス)が管理するパレスチナ観光・遺跡省のジャマル・アブ・リダ報道官は、彫像はカナン(地中海とヨルダン川と死海に挟まれた地域の古称)で信仰されていた、愛と美と戦いの女神「アナト」の頭部だと説明した。発見したのは農家のニダル・アブ・エイドさんで、ガザ地区南部の都市ハンユニスの東にあるカララ地区の自分の土地で農作業をしていた際、この像を偶然見つけたという。彫像のアナトは、力と不可視性を象徴するヘビを王冠として戴いている。ギリシャ神話の戦いの女神「アテナ」も、このアナトからインスピレーションを得たと考えられており、アテナもまた、しばしばヘビに囲まれて描かれている。(ガザ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605476

  • 1