KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 乾燥
  • 令和
  • 発見
  • 資料
  • インド亜大陸
  • エビデンス
  • 安定性
  • 後退
  • 昆明
  • 東アジア

「古第三紀」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年08月18日
    中国内外の専門家、古生物研究と化石保護を討論黒竜江省嘉蔭県

    18日、黒竜江省嘉蔭県で開幕した白亜紀生物群・K-Pg境界国際学術シンポジウムおよび第2回嘉蔭化石保護フォーラム。「中国第一の恐竜の里」と呼ばれる黒竜江省嘉蔭県で18日、白亜紀生物群・K-Pg境界国際学術シンポジウムおよび第2回嘉蔭化石保護フォーラムが開幕した。21日までの会期中、ロシアや日本、フランスなど10数カ国から約180人の専門家や学者が集まり、K-Pg境界(中生代白亜紀と新生代古第三紀の境)の研究や化石の保護・利用、地質文化の観光開発などのテーマで話し合う。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)=2019(令和元)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100748

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:26.14
    2019年10月14日
    「新華社」古文書・ミイラ・サイの化石、トルファン博物館の三つの宝を訪ねて

    中国新疆ウイグル自治区のトルファン市には、最も乾燥した気候、最も暑い気温、最も低い海抜、最も甘い果物という四つの「名物」がある。「名物」は言い過ぎかもしれないが、トルファンの乾燥と暑さが、大量の文化財を千年の時を超えて今日まで保存してきたことは間違いない。同市の中心部にあるトルファン博物館は新疆で2番目に大きい。収蔵品は古文書、ミイラ、サイの化石の三つの分野に集中している。同博物館には、地元で出土した契約書や戸籍、私的書簡などの古文書が大量に収蔵されている。唐の景竜4年(710年)に西州高昌県寧昌郷厚風里の「義学」(公立学校)で学んでいた卜天寿(ぼく・てんじゅ)という12歳の私費学生が残した「論語鄭氏注」の写本は、1969年にアスターナ古墓群で出土した。埋蔵文化財の専門家によると「論語鄭氏注」は文献学上では唐代に散逸しており、20世紀以降に敦煌やトルファンなどで多くの欠巻本が多く出土したが、卜天寿の写本は比較的保存状態が良く、また最も巻数が多いため、古代の民間書道芸術や儒家の古典を研究する上で貴重な資料になっている。トルファンは、世界でエジプトと並ぶミイラの出土地でもある。防腐剤などで保存するエジプトのミイラと異なり、トルファンのミイラは特殊な気候と土壌環境の下で自然に形成された。洋海古墓群から出土したシャーマンのミイラは、同博物館が所蔵するミイラの中でもほぼ完全な状態で保存されている。シャーマンは横向きに下肢を曲げて埋葬されており、2500年以上前のものだとされる。年齢は40歳余りで、華麗な衣服を身にまとい、手には呪術の道具である銅斧とむちを握っている。これらのミイラは、今日の人々が古代の人々の生産や生活、社会状況をイメージする上でも、また人類学から歴史学、考古学、病理学にいたる多くの学問分野の研究にとっても豊富な資料を提供してくれる。地質区分の一つ、古第三紀(約6600万年~約2300万年前)にはサイの仲間が今よりも繁栄しており、中国だけでも数十種類のサイの化石が発見されている。博物館には、国内で唯一完全な状態で発見されたパラケラテリウムの骨格化石が収蔵されている。(記者/阿曼、張暁竜)<映像内容>古文書やミイラ、サイの化石などトルファン博物館の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605366

  • 2022年03月28日
    (6)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム・ハロン植物相の生物多様性を示す化石。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903802

  • 2022年03月28日
    (2)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム北部の漸新世古気候を示した図。中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の黄健(こう・けん)氏が作成した。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903806

  • 2022年03月28日
    (3)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    汎北部湾化石植物群の概念図。中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の黄健(こう・けん)氏が作成した。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903805

  • 2022年03月28日
    (5)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム・ハロン湾の現在の植生。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903808

  • 2022年03月28日
    (1)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム・ハロンにある盆地で化石を採集する中国とベトナムの研究者。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903811

  • 2022年03月28日
    (4)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナムのハロン植物相の化石(上)と現在の植生。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903803

  • 1