KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • チーム
  • ドイツ
  • プラス
  • マイナス
  • 協力
  • 南京
  • 張学
  • 技術
  • 材料

「可とう性」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年05月20日
    中独の科学者、千度の熱に耐えられる柔軟な材料を開発

    中独の科学者が研究開発した超可とう性窒化ホウ素ナノベルトエアロゲルのイメージ図。この材料は圧縮やねじり、曲げ、せん断などの力を繰り返し加えても構造が破壊されず、速やかに元の形状に戻る。(資料写真)中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所の張学同(ちょう・がくどう)研究員のチームはこのほど、ドイツの科学者と協力し、超可とう性窒化ホウ素ナノベルトエアロゲルを新たに開発した。これはマイナス196度~プラス千度の広い範囲で使用でき、圧縮やねじりなどを加えても柔軟な可とう性を保つことができる。研究成果はこのほど、国際的科学誌「AdvancedFunctionalMaterials」に掲載された。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200267

  • 2019年05月20日
    中独の科学者、千度の熱に耐えられる柔軟な材料を開発

    中独の科学者が研究開発した超可とう性窒化ホウ素ナノベルトエアロゲル。マイナス196度の液体窒素に浸しても圧縮反発特性は変化せず、アルコールランプの炎や千度の管状炉に入れても可とう性を安定的に維持する。(資料写真)中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所の張学同(ちょう・がくどう)研究員のチームはこのほど、ドイツの科学者と協力し、超可とう性窒化ホウ素ナノベルトエアロゲルを新たに開発した。これはマイナス196度~プラス千度の広い範囲で使用でき、圧縮やねじりなどを加えても柔軟な可とう性を保つことができる。研究成果はこのほど、国際的科学誌「AdvancedFunctionalMaterials」に掲載された。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200234

  • 1