KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 成立
  • 補正予算
  • 令和
  • 全会一致
  • 国会
  • 採決
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 議場
  • 昭和

「可決」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12,213
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
12,213
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Declaration of the Rights of Man and of the Citizen.
    -
    Declaration of the Rights of Man and of the Citizen.

    Declaration of the Rights of Man and of the Citizen. Act passed in France by the Constituent Assembly on August 26, 1789 with seventeen articles that define the rights of citizens and the nation. It is a fundamental document of French Revolution. Carnavalet Museum. Paris. France.、クレジット:Album/Kurwenal/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052902854

  •  Taking the (Irish) Bull by the Horns‘
    -
    Taking the (Irish) Bull by the Horns‘

    Taking the (Irish) Bull by the Horns‘: Bill passed by Parliament on 15 February 1870 and received royal assent on 8 July. William Gladstone, Prime Minister, dealing with the issue. John Tenniel cartoon from ‘Punch‘, London, 26 February 1870.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020032700877

  •  Robert Peel (1788-1850)
    -
    Robert Peel (1788-1850)

    Robert Peel (1788-1850), Prime Minister, taking his final curtain call. His Repeal of Corn Laws passed on 25 June but same night was defeated on his Irish bill. Resigned 29 June. Figure struggling with policeman (a Peeler) at bottom left is Disraeli. Cartoon from ‘Punch‘, London, 1846.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020032700898

  •  First Public Reading of the Declaration of Independence.
    -
    First Public Reading of the Declaration of Independence.

    First Public Reading of the Declaration of Independence. Passed by Congress in Philadelphia, 2 July, 1776, adopted on 4 July. Engraving from ‘Harper‘s Weekly‘, 1880. Engraving.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019091104481

  •  Where‘s the (Irish) Police?‘: William Gladstone
    -
    Where‘s the (Irish) Police?‘: William Gladstone

    Where‘s the (Irish) Police?‘: William Gladstone, British Prime Minister, watching the unrest in Ireland and waiting to intervene. In April a new Irish Peace Preservation Act was passed by Parliament. John Tenniel cartoon from ‘Punch‘, London, 12 March 1870.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020032700890

  •  Death warrant of King Charles I of England.
    -
    Death warrant of King Charles I of England.

    Death warrant of King Charles I of England. On 6 January 1649 the House of Commons passed an ‘Act‘ appointing 135 commissioners to be a High Court of Justice to try King Charles I.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102624549

  •  Noah‘s Ark improved, or an attempt to land in the teeth of the wind, Holland, William, active 1782-1817,
    -
    Noah‘s Ark improved, or an attempt to land in the teeth of the wind, Holland, William, active 1782-1817,

    Noah‘s Ark improved, or an attempt to land in the teeth of the wind, Holland, William, active 1782-1817, en sanguine engraving 1790, British satire on Charles Stanhope‘s Toleration Bill of 1789 which was an attempt to remove the yoke of religious obligations on persons seeking public office (cf. Test and Corporation Acts). Despite the fact that a person seeking a position in the clergy was bound by the same obligations, the clergy was opposed to passage of Stanhope‘s bill, as is shown in this image in which two bishops, standing on shore, prevent Stanhope and his Ark, filled with three sacks bearing labels pertaining to the Penal Laws, from landing.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091005422

  •  Effects of the Fugitive-Slave-Law.
    -
    Effects of the Fugitive-Slave-Law.

    Effects of the Fugitive-Slave-Law. An impassioned condemnation of the Fugitive Slave Act passed by Congress in September 1850, which increased federal and free-state responsibility for the recovery of fugitive slaves. The law allowed the appointment of federal commissioners empowered to issue warrants for the arrest of alleged fugitive slaves.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019082602882

  •  Samuel Plimsoll (1824-1898) English politician and social reformer born at Bristol
    -
    Samuel Plimsoll (1824-1898) English politician and social reformer born at Bristol

    Samuel Plimsoll (1824-1898) English politician and social reformer born at Bristol, called the sailor‘s friend. Campaigned against ‘coffin ships‘, overloaded, unseaworthy vessles, often over insured. In 1876 the Merchant Shipping Act was passed by Parliament forcing all British registered ships to be marked with a line, the Plimsoll Line, marking its maximum loading. From ‘Men of Mark‘ by Thompson Cooper (London, c1880). Woodburytype after photograph by Lock & Whitfield (active 1860s-1880s), English photographers.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019091002663

  •  First SF Women Voters
    -
    First SF Women Voters

    San Francisco, California: c.1920 A small line of anonymous women made history by becoming the first of their sex to vote in an election after the 19th Amendment was passed.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011004723

  •  British parliament passes the Military service Bill (Law) in 1916.
    1916年12月31日
    British parliament passes the Military service Bill (Law) in 1916.

    British parliament passes the Military service Bill (Law) in 1916. During World war One、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019062606760

  •  Alice Paul 1920.
    1920年12月31日
    Alice Paul 1920.

    Alice Paul 1920. Celebrating the passage of the 19th Amendment to the U.S. Constitution guaranteeing women nationally the right to vote.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902077

  •  Alice Paul 1920.
    1920年12月31日
    Alice Paul 1920.

    Alice Paul 1920. Celebrating the passage of the 19th Amendment to the U.S. Constitution guaranteeing women nationally the right to vote.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902045

  •  普通選挙法案が衆院通過
    1925年03月02日
    普通選挙法案が衆院通過

    普通選挙法案を衆議院で修正可決=1925(大正14)年3月2日

    商品コード: 1925030250001

  •  Rome
    1927年04月21日
    Rome

    Rome, 21 April 1927 - Meeting of the Grand Council which was passed ‘The Charter of Labour‘. (Signature and date Duce‘s autograph).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062600949

  •  Marquis of Lansdowne (1845-1927)
    1927年12月31日
    Marquis of Lansdowne (1845-1927)

    Marquis of Lansdowne (1845-1927) Leader of the Conservative Opposition in the House of Lords depicted as a butcher proudly standing outside with all he has to offer, namely the butchering of the legislation passed by the Liberal House of Commons.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020031922697

  •  日本電報通信社資料
    1929年01月28日
    日本電報通信社資料

    薨去した久邇宮邦彦王殿下に奉呈する哀悼文を満場一致で可決した貴族院=1929(昭和4)年1月28日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011022400230

  •  日本電報通信社資料
    1929年02月14日
    日本電報通信社資料

    宗教団体法案の可決を期待し気勢をあげる仏教徒大会=1929(昭和4)年2月14日、東京・芝増上寺(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011031800129

  •  日本電報通信社資料
    1929年02月22日
    日本電報通信社資料

    首相問責案が可決され意気上がる民政党控室=1929(昭和4)年2月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011032000090

  •  日本電報通信社資料
    1929年06月23日
    日本電報通信社資料

    26日の不戦条約案枢府(枢密院)本会議を前に自宅の庭でくつろぐ枢府顧問官の内田康哉伯爵。内田伯はパリ不戦条約に全権として調印したが、枢府本会議での可決が留保宣言付きとなったため、顧問官を辞職した=1929(昭和4)年6月23日、東京・牛込の本邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929062300001

  • 枢密顧問官が辞表 内田康哉
    1929年06月26日
    枢密顧問官が辞表 内田康哉

    枢密院本会議で不戦条約を字句留保付きで可決。政治問題化した責任をとり、辞表を提出した内田康哉枢密顧問官、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016042800200

  • 1930年05月07日

    SK21-80 ◎義務教育費追加負担案を可決する衆院本会議=1930(昭和5)年5月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012072500263

  •  日本電報通信社資料
    1930年10月01日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍条約を可決する枢府(枢密院)本会議に向かう浜口雄幸首相。本会議は宮中で開かれ天皇陛下も出席のもと、伊東委員長から経過説明、浜口首相から政府の考え方を説明した後、全員一致で「御批准しかるべきもの」と議決した=1930(昭和5)年10月1日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930100100001

  •  日本電報通信社資料
    1930年10月01日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍条約可決の枢府本会議に向かう倉富三郎議長=1930(昭和5)年10月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012113000226

  •  日本電報通信社資料
    1930年10月01日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍条約を可決する枢府本会議に向かう倉富三郎議長=1930(昭和5)年10月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012113000230

  •  日本電報通信社資料
    1930年10月01日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍条約可決の御前会議に出席する委員たちを乗せた車=1930(昭和5)年10月1日、皇居・東車寄せ(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012113000229

  •  日本電報通信社資料
    1930年10月01日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍条約を可決する枢府本会議に向かう伊東巳代治委員長(左)=1930(昭和5)年10月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012113000227

  •  日本電報通信社資料
    1930年12月26日
    日本電報通信社資料

    第59帝国議会開院式。奉答文を可決する衆院=1930(昭和5)年12月26日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013032200253

  •  日本電報通信社資料
    1930年12月27日
    日本電報通信社資料

    奉答文を可決する貴族院=1930(昭和5)年12月27日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013032200264

  •  日本電報通信社資料
    1932年03月24日
    日本電報通信社資料

    満州事変費を可決する最終日の貴族院で報告文を朗読する林博太郎委員長=1932(昭和7)年3月24日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015032300318

  •  日本電報通信社資料
    1932年06月01日
    日本電報通信社資料

    第62臨時議会。奉答文を可決する衆議院本会議=1932(昭和7)年6月1日(日本電報通信社撮影)(日本電報通信社撮影))

    商品コード: 1932060100003

  •  日本電報通信社資料
    1932年06月09日
    日本電報通信社資料

    第62臨時議会。全員起立で予算案を可決する衆院本会議=1932(昭和7)年6月9日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932060900001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年06月14日
    衆議院で可決 満州国承認決議案

    第62議会最終日、午後の本会議再開冒頭、衆議院各党の共同提案により満州国承認決議案が緊急上程された。政友会の児玉右二議員による提案理由の説明、民政党の山道襄一議員と社会民衆党の亀井貫一郎議員の賛成演説の後、写真の通り総員起立、満場一致で同決議案は可決された。この約3カ月後の9月15日に、日本は「満州国」を承認する=1932(昭和7)年6月14日、国会・衆議院本会議場

    商品コード: 2013072900301

  •  日本電報通信社資料
    1932年09月02日
    日本電報通信社資料

    匡救予算案を可決する貴族院本会議=1932(昭和7)年9月2日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015071300292

  •  日本電報通信社資料
    1932年09月02日
    日本電報通信社資料

    満州派遣陸海軍将兵の労苦に対する感謝決議案が可決され、謝辞を述べる岡田啓介海相=1932(昭和7)年9月2日、衆院本会議(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015071300293

  •  日本電報通信社資料
    1932年11月25日
    日本電報通信社資料

    北海道、台湾、朝鮮からも参加し開催された全国米穀商組合連合大会。米穀の国家統制に反対する決議を可決した=1932(昭和7)年11月25日、東京・日比谷公会堂(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932112500001

  •  日本電報通信社資料
    1933年01月31日
    日本電報通信社資料

    第64議会。昨30日の予算総会において満場一致可決せる昭和7年度追加予算案、衆議院本会議にて全員起立裡に可決せる刹那=1933(昭和8)年1月31日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015110600138

  •  日本電報通信社資料
    1933年02月14日
    日本電報通信社資料

    昭和8年度歳入歳出総予算案は、14日の衆議院本会議に上程され討論の後、採決に入り大多数を以って可決、衆議院を通過した。この日大臣席を始め議席も記者席も傍聴席もご覧の通り、久方振りの大入り満員であった=1933(昭和8)年2月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015110600349

  •  日本電報通信社資料
    1933年03月11日
    日本電報通信社資料

    政府は11日院内臨時閣議に於て連盟脱退、枢府御諮絢奏請に関する件を可決し、斉藤首相並びに内田外相は午後5時半参内、天皇陛下に拝謁仰せつけられ閣議の決定を委曲奏上退下した。外務省より参内の内田外相=1933(昭和8)年3月11日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015111100426

  • 予算案可決 衆院本会議
    1945年01月27日
    予算案可決 衆院本会議

    臨時軍事費予算案を満場一致全員起立=1945(昭和20)年1月27日

    商品コード: 2014081900087

  •  貴族院本会議
    1945年01月28日
    貴族院本会議

    臨時軍事費予算案を可決した刹那=1945(昭和20)年1月28日

    商品コード: 2014081900088

  •  衆院本会議
    1945年01月30日
    衆院本会議

    総予算案を満場一致で可決=1945(昭和20)年1月30日

    商品コード: 2014081900090

  •  貴族院本会議
    1945年02月07日
    貴族院本会議

    総予算案可決の刹那=1945(昭和20)年2月7日

    商品コード: 2014081900091

  •  貴族院本会議
    1945年06月09日
    貴族院本会議

    皇軍勇士に対する感謝決議案可決=1945(昭和20)年6月9日

    商品コード: 2014081900244

  •  衆院本会議
    1945年12月15日
    衆院本会議

    農地調整法改正案可決の刹那=1945(昭和20)年12月15日(20年内地1164)

    商品コード: 2014081900756

  •  憲法改正案衆院通過
    1946年08月24日
    憲法改正案衆院通過

    憲法改正案を可決した衆院本会議=1946(昭和21)年8月24日

    商品コード: 2014061600692

  •  Warsaw, Sept. 8, 1946.
    1946年09月08日
    Warsaw, Sept. 8, 1946.

    Warsaw, Sept. 8, 1946. A rally of Warsaw residents in the defence of Poland‘s western borders at the KRN meeting room in the Roma theatre (49 Nowogrodzka St.) The protest rally was instigated by U.S. secretary of state James Byrnes‘s statement made in Stuttgart on Sept. 7, 1946 in which Byrnes questionned the legitimacy of westward shift of the Polish border. The rally passed a resolution in which Warsaw residents sharply protested against attacks by Anglo-Saxon reactionary circles directed against the Polish border on the Odra and Nysa Luzycka rivers and the Baltic sea. Pictured: a related speech delivered by deputy PM Wladyslaw Gomulka, the Regained Territories Minister. 、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073101303

  •  憲法改正案可決
    1946年10月06日
    憲法改正案可決

    明治憲法の改正案は21年6月20日、衆議院に提出された。第90帝国議会は憲法議会と呼ばれ、金森徳次郎国務相が担当大臣となり、活発な議論を展開した。「天皇の地位」と「戦争放棄」に幾多の論争と審議ののち、新憲法は10月7日に成立した。写真は憲法改正案を可決する貴族院=1946(昭和21)年10月6日(21年内地2488)

    商品コード: 2003122000239

  •  衆院本会議
    1946年10月07日
    衆院本会議

    憲法改正法案可決(新憲法成立)の瞬間=1946(昭和21)年10月7日(21年内地2490)

    商品コード: 2003071400194

  •  憲法改正法案可決
    1946年10月07日
    憲法改正法案可決

    憲法改正法案可決(新憲法成立)後の吉田茂首相(左)と金森徳次郎国務相=昭和21年10月7日

    商品コード: 2003071400195

  • 新憲法案 枢密院可決 昭和天皇、裕仁(ひろひと)
    1946年10月29日
    新憲法案 枢密院可決 昭和天皇、裕仁(ひろひと)

    宮中で開かれた枢密院本会議で憲法改正安審議にご臨席の天皇陛下。 右は潮委員長(立っている)=1946(昭和21)年10月29日

    商品コード: 2015112500219

  •  衆院選挙法委員会が修正案を可決
    1947年03月29日
    衆院選挙法委員会が修正案を可決

    選挙法修正案(中選挙区単記制)を可決した衆院選挙法委員会=1947(昭和22)年3月29日

    商品コード: 2014101700335

  •  第一回国会
    1947年07月05日
    第一回国会

    食糧放出、捕鯨許可に関し連合国最高司令官に対する感謝決議案を可決した衆院本会議=1947(昭和22)年7月5日

    商品コード: 2014112000075

  •  石炭国管法案が衆院通過
    1947年11月25日
    石炭国管法案が衆院通過

    石炭国管法案を可決した衆院本会議=1947(昭和22)年11月25日(臨時石炭鉱業管理法案)

    商品コード: 2014120300276

  •  炭坑国家管理法案
    1947年12月09日
    炭坑国家管理法案

    臨時石炭鉱業管理法案を参議院で可決、喜ぶ水谷長三郎商相(中央)ら=昭和22年12月9日

    商品コード: 2003122000518

  • 万歳する水谷商相 石炭国管案、参議院で可決
    1947年12月09日
    万歳する水谷商相 石炭国管案、参議院で可決

    参議院社会党にて炭管可決の万歳する水谷長三郎商工相(中央)=1947(昭和22)年12月9日、東京都千代田区

    商品コード: 2020090104085

  • 投票する議員 石炭国管案、参議院で可決
    1947年12月09日
    投票する議員 石炭国管案、参議院で可決

    参議院本会議における炭管採決投票=1947(昭和22)年12月9日、東京都千代田区

    商品コード: 2020090104090

  • 水谷長三郎商工相 石炭国管案、参議院で可決
    1947年12月09日
    水谷長三郎商工相 石炭国管案、参議院で可決

    石炭国管案について述べる水谷長三郎商工相=1947(昭和22)年12月9日、東京都千代田区

    商品コード: 2020090104108

  • 石炭国家管理法、第1国会で成立 1947年十大ニュース(国内)7
    1947年12月21日
    石炭国家管理法、第1国会で成立 1947年十大ニュース(国内)7

    可決後、社会党控え室での祝賀会、×印は水谷商相=12月9日(22年内地7208)(1947年10大ニュース)

    商品コード: 2002070300049

  • 吉田内閣退陣要求 全官労要求貫徹大会
    1948年11月08日
    吉田内閣退陣要求 全官労要求貫徹大会

    全官労要求貫徹大会が日比谷音楽堂で行われ、吉田内閣退陣要求、国会即時解散の決議文を可決=1948(昭和23)年11月8日(昭和_785)

    商品コード: 1948110850001

  •  散策する吉田首相
    1948年11月30日
    散策する吉田首相

    公務員法可決で肩の荷を下ろし、大磯海岸を散策する吉田茂首相=1948(昭和23)年11月30日

    商品コード: 2004033000528

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年12月07日
    芦田前首相、強制収容

    前日6日、衆院で逮捕許諾が可決され、東京地検に任意出頭した芦田均・前首相=1948(昭和23)年12月7日(昭電事件・昭電疑獄)

    商品コード: 2014081500128

  •  戦後2回目の総選挙
    1949年01月23日
    戦後2回目の総選挙

    大きな木製の投票箱のふたが開けられて始まった開票事務は塵芥処理。第二次吉田内閣の不信任案が可決されて行われた第24回総選挙では、岡山1区13人、同2区に12人(定数各5人)が立候補。開票の結果、犬養健民主党総裁が返り咲き、女性候補の近藤鶴代さんが再選、苅田アサノさんが初当選、さらに橋本元総理の父龍伍氏も初議席を射止めた。また1、2区合わせ5人の現職が涙をのんだ選挙となった。=1949(昭和24)年1月23日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061501350

  •  25年度予算案が衆院で可決
    1950年03月10日
    25年度予算案が衆院で可決

    昭和25年度予算案を可決した衆院本会議=1950(昭和25)年3月10日

    商品コード: 2013090300280

  •  参院本会議
    1950年12月09日
    参院本会議

    地方公務員法案を可決した参院本会議=1950(昭和25)年12月9日

    商品コード: 2014022401331

  • 暴言問題 池田不信任
    1952年11月28日
    暴言問題 池田不信任

    不信任可決本会議を退場する池田通産相=1952(昭和27)年11月28日、国会(27年内地番号なし)

    商品コード: 2013020800494

  •  池田通産相不信任案可決
    1952年11月28日
    池田通産相不信任案可決

    衆院本会議で池田勇人通産相の不信任案が可決。万歳して喜ぶ野党側(後方)=1952(昭和27)年11月28日、国会(27年内地3103)

    商品コード: 2006022700309

  •  池田通産相不信任案可決
    1952年11月28日
    池田通産相不信任案可決

    衆院本会議で不信任案が可決され本会議場を出る池田勇人通産相=1952(昭和27)年11月28日、国会

    商品コード: 2006022700310

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1952年12月09日
    BC戦犯釈放決議を可決

    B、C級戦犯釈放決議を可決した衆院本会議。労農党だけが反対している=1952(昭和27)年12月9日(27年内地3205)

    商品コード: 2013020800360

  • 懲罰動議を可決 衆議院本会議で懲罰動議
    1953年03月02日
    懲罰動議を可決 衆議院本会議で懲罰動議

    衆議院本会議で吉田茂首相の懲罰動議を可決=1953(昭和28)年3月2日、国会

    商品コード: 1953030250001

  •  吉田内閣不信任案可決
    1953年03月14日
    吉田内閣不信任案可決

    吉田内閣不信任案上程のニュースを街頭テレビで見る人たち(東京・銀座)=1953(昭和28)年3月14日

    商品コード: 2012110600358

  • 衆院文部委員会 教育2法案を可決
    1954年03月25日
    衆院文部委員会 教育2法案を可決

    衆院文部委員会で教育2法案を起立採決、与党の賛成多数で可決した。左側に座っているのは野党側=1954(昭和29)年3月25日(29年内地 4099)

    商品コード: 1954032550001

  •  教育二法案衆院文部委可決
    1954年03月26日
    教育二法案衆院文部委可決

    衆院文部委員会で起立多数で可決した教育二法案=1954(昭和29)年3月26日、国会(29年内地4099)

    商品コード: 2006022700540

  •  日米艦艇貸与協定、衆院で承認
    1954年05月18日
    日米艦艇貸与協定、衆院で承認

    衆院本会議の日米艦艇貸与協定の起立採決。可決される=1954(昭和29)年5月18日(29年内地6143)

    商品コード: 2012081500133

  •  防衛2法、参院で可決成立
    1954年06月02日
    防衛2法、参院で可決成立

    参院本会議の防衛2法案(自衛隊、防衛庁設置法案)裁決の堂々めぐり。○印は木村保安庁長官。大臣席(右から)吉田首相、緒方副総理=1954(昭和29)年6月2日(29年内地6698)

    商品コード: 2012092000322

  •  薬剤師協会が座り込み
    1954年11月30日
    薬剤師協会が座り込み

    参院厚生委が医薬分業の実施延期を可決したことに抗議して座り込みをする日本薬剤師協会分業期成同盟の代表=1954(昭和29)年11月30日、東京都千代田区三宅坂“平和像”前

    商品コード: 2013031100437

  •  防衛3法案可決
    1955年07月21日
    防衛3法案可決

    起立多数で防衛3法案を可決した衆院本会議=1955(昭和30)年7月21日、国会(30年内地1266)

    商品コード: 2006091200353

  •  原子力基本法案衆院通過
    1955年12月14日
    原子力基本法案衆院通過

    起立多数で原子力基本法案などを可決した衆院本会議=1955(昭和30)年12月14日

    商品コード: 2012081400373

  •  原水爆実験禁止決議を可決
    1956年02月10日
    原水爆実験禁止決議を可決

    満場一致の起立採決で、原水爆実験禁止決議を可決した参院本会議=1956(昭和31)年2月10日(31年内地642)

    商品コード: 2012040200216

  •  防衛二法案可決
    1956年03月01日
    防衛二法案可決

    混乱の中、防衛二法案を起立多数で可決した衆院内閣委=1956(昭和31)年3月1日(31年内地922)

    商品コード: 2006091200487

  • 売春法案可決 衆院法務委
    1956年05月12日
    売春法案可決 衆院法務委

    売春法案を全員起立で可決した衆院法務委=1956(昭和31)年5月12日(31年内地2162)

    商品コード: 2012041200168

  • 衆院本会議 売春防止法案を可決
    1956年05月15日
    衆院本会議 売春防止法案を可決

    売春防止法案を可決した衆院本会議=1956(昭和31)年5月15日

    商品コード: 1956051550001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1956年05月15日
    売春防止法案衆院通過

    満場拍手で売春防止法案を可決した衆院本会議=1956(昭和31)年5月15日(31年内地2200)

    商品コード: 2012041200174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1956年05月18日
    売春防止法案、参院法務委で可決

    売春防止法案を挙手で可決した衆院法務委列=1956(昭和31)年5月18日(31年内地2256)

    商品コード: 2012041200185

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1956年05月21日
    売春防止法成立 参院本会議

    売春防止法、起立採決で可決、成立=1956(昭和31)年5月21日(31年内地2319)

    商品コード: 2012041200251

  •  教科書法案、衆院通過
    1956年05月24日
    教科書法案、衆院通過

    教科書法案を起立採決で可決した衆院本会議=1956(昭和31)年5月24日(31年内地2362)

    商品コード: 2012041200274

  • 教育委員会法案、参院で強行採決 松野鶴平
    1956年06月02日
    教育委員会法案、参院で強行採決 松野鶴平

    議場に入った警官と衛視に守られる松野鶴平議長と動議の可決を見守る自民党議員。教育委員会法案、参院で強行採決=1956(昭和31)年6月2日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016042800179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1956年11月26日
    スト規制法委員会で可決

    起立多数でスト規制法案を可決した衆院社会労働委員会=1956(昭和31)年11月26日

    商品コード: 2006091200680

  • スト規制法案可決 衆院社会労働委
    1956年11月26日
    スト規制法案可決 衆院社会労働委

    スト規制法案を可決した衆院社会労働委=1956(昭和31)年11月26日(31年内地5080)

    商品コード: 2012080600769

  •  日ソ共同宣言、参院外務委を通過
    1956年12月04日
    日ソ共同宣言、参院外務委を通過

    全員起立で日ソ共同宣言を可決した参院外務委=1956(昭和31)年12月4日(31年内地5158)

    商品コード: 2012080600795

  •  中小企業団体法案可決
    1957年11月14日
    中小企業団体法案可決

    中小企業団体法案を可決した衆院本会議=1957(昭和32)年11月14日 (32年内地1927)

    商品コード: 2012072000285

  •  衆院法務委
    1958年04月11日
    衆院法務委

    自社共同提案の斡旋収賄罪一部修正案を可決した衆院法務委=1958(昭和33)年4月11日

    商品コード: 2007072400271

  •  原水爆使用禁止決議
    1958年04月21日
    原水爆使用禁止決議

    原水爆の禁止に関する決議案を全会一致で可決した参院本会議=1958(昭和33)年4月21日

    商品コード: 2012021000210

  •  労働協会法成立
    1958年04月25日
    労働協会法成立

    労働協会法を可決した参院本会議=1958(昭和33)年4月25日(33年内地3635)

    商品コード: 2012021000175

  •  ベトナム賠償協定衆院を通過
    1959年11月27日
    ベトナム賠償協定衆院を通過

    可決直後拍手する自民党席=1959(昭和34)年11月27日、衆院本会議場(34年内地1221)

    商品コード: 2011111400331

  •  60年安保、自民党が単独強行採決
    1960年05月19日
    60年安保、自民党が単独強行採決

    1960(昭和35)年5月19日午後11時50分、衆院本会議でもみくちゃになりながら50日間の会期延長を諮る清瀬一郎・衆議院議長(写真中央)。自民党単独で会期延長を強行採決。翌20日未明、野党議員らが欠席する中で新安保条約を可決した(35年内地3909)

    商品コード: 2003012900017

  •  衆院で新安保条約強行可決
    1960年05月19日
    衆院で新安保条約強行可決

    本会議場で与野党議員にもまれながらマイクを握り、50日間の会期延長について諮る清瀬一郎衆院議長。翌20日未明、新安保条約は自民党単独で強行採決された=1960(昭和35)年5月19日午後11時50分(35年内地3909)(日米安保条約)

    商品コード: 2008051200604

  • 衆院で新安保条約強行可決 大荒れの安保国会
    1960年05月19日
    衆院で新安保条約強行可決 大荒れの安保国会

    衆院本会議場前の廊下に座り込んだ社会党議員を排除する警官隊=1960(昭和35)年5月19日(35年内地3907)(日米安保条約)

    商品コード: 2008051200460

  •  全学連、首相官邸に乱入
    1960年05月20日
    全学連、首相官邸に乱入

    新安保条約の強行可決に抗議し首相官邸に乱入する全学連デモ隊=1960(昭和35)年5月20日

    商品コード: 2011122000125

  •  衆院で新安保条約強行可決
    1960年05月20日
    衆院で新安保条約強行可決

    新安保条約を与党議員だけで可決した衆院本会議=1960(昭和35)年5月20日(35年内地3999)(日米安保条約)

    商品コード: 2008051200457

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...