KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 技術
  • 科学
  • 搭載
  • 天体
  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 通信
  • 効率
  • 実現

「可視光」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Hidden behind a shroud of dust

    Hidden behind a shroud of dust in the constellation Cygnus is an exceptionally bright source of radio emission called DR21. Visible light images reveal no trace of what is happening in this region because of heavy dust obscuration. Spitzer Space Telescope.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404496

  • -
    Spitzer Space Telescope composite comparison visible-light and infrared views

    Spitzer Space Telescope composite comparison visible-light and infrared views of the glowing Trifid Nebula, a giant star-forming cloud of gas and dust located in the constellation Sagittarius. Credit NASA. Science Astronomy、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019022103714

  • -
    The constellation of Scorpius.

    The constellation of Scorpius. In visible light, this cloud, or nebula, appears dark with a ghostly blue shine about it. WISE.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404133

  • -
    Hidden behind a shroud of dust

    Hidden behind a shroud of dust in the constellation Cygnus is an exceptionally bright source of radio emission called DR21. Visible light images reveal no trace of what is happening in this region because of heavy dust obscuration. Spitzer Space Telescope.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404567

  • -
    Spitzer Space Telescope comparison views in visible light and infrared of the glowing Trifid Nebula

    Spitzer Space Telescope comparison views in visible light and infrared of the glowing Trifid Nebula, a giant star-forming cloud of gas and dust located 5,400 light-years away in the Sagittarius. Credit NASA. Science Astronomy、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019022103730

  • -
    This visible-light view of the sky highlights the bright M17 nebula

    This visible-light view of the sky highlights the bright M17 nebula, as well as the glowing hot gas filling the ‘bubble‘ to its left. Spitzer.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072405177

  • -
    A surprisingly large collection of galaxies

    A surprisingly large collection of galaxies stands out at a remarkably large distance in this composite image combining infrared and visible-light observations. Spitzer.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404559

  • -
    Hidden behind a shroud of dust

    Hidden behind a shroud of dust in the constellation Cygnus is an exceptionally bright source of radio emission called DR21. Visible light images reveal no trace of what is happening in this region because of heavy dust obscuration. Spitzer Space Telescope.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404553

  • -
    This new view of the North America nebula combines both visible and infrared light observations

    This new view of the North America nebula combines both visible and infrared light observations, taken by the Digitized Sky Survey and NASA‘s Spitzer Space Telescope, respectively, into a single vivid picture.、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019091100958

  • -
    This visible-light view of the sky highlights the bright M17 nebula

    This visible-light view of the sky highlights the bright M17 nebula, as well as the glowing hot gas filling the ‘bubble‘ to its left. Spitzer.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072405126

  • -
    This new view of the North America nebula combines both visible and infrared light observations

    This new view of the North America nebula combines both visible and infrared light observations, taken by the Digitized Sky Survey and NASA‘s Spitzer Space Telescope, respectively, into a single vivid picture.、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019091100893

  • -
    The constellation of Scorpius.

    The constellation of Scorpius. In visible light, this cloud, or nebula, appears dark with a ghostly blue shine about it. WISE.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404178

  • 1936年12月31日
    INVISIBLE RAY

    INVISIBLE RAY BELA LUGOSI Date: 1936、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019052801222

  • 1997年05月13日
    オリオン星雲の画像 活発な星誕生の現場撮影

    ハッブル宇宙望遠鏡の赤外線カメラがとらえたオリオン星雲の画像(右)。可視光の画像(左)に比べて、星が生まれる様子が鮮明に分かる(ロイター=共同)

    商品コード: 1997051300006

  • 2001年04月24日
    地球の画像 三日月のような地球撮影

    「マーズ・オデッセイ」が撮影した地球。左が可視光、右が赤外線カメラの画像。赤外線画像は、青い部分ほど温度が低く、赤い部分は温度が高い(NASA提供・共同)

    商品コード: 2001042400030

  • 2002年06月06日
    コーン星雲 宇宙望遠鏡のカメラ復活

    コーン星雲と呼ばれる天体をとらえた、ハッブル宇宙望遠鏡の近赤外線カメラ画像(右)。左の可視光の画像と比べて内部構造がはるかに鮮明に観測された(NASA提供・共同)

    商品コード: 2002060600021

  • 2003年08月31日
    This artist‘s conception shows a nearly invisible ring around Saturn

    This artist‘s conception shows a nearly invisible ring around Saturn -- the largest of the giant planet‘s many rings. It was discovered by NASA‘s Spitzer Space Telescope. The ring is so diffuse that it reflects little sunlight, or visible light that we see with our eyes. But its dusty particles shine with infrared light, or heat radiation, that Spitzer can see. The artist‘s conception simulates an infrared view of the giant ring. Saturn appears as just a small dot from outside the band of ice and dust. The bulk of the ring material starts about six million kilometres (3.7 million miles) away from the planet representation.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111329548

  • 2003年10月08日
    紫外線や赤外線で土星撮影

    ハッブル宇宙望遠鏡で撮影した土星。上から、紫外線、可視光線、赤外線による撮影(NASA提供)

    商品コード: 2003100800104

  • 2005年03月10日
    星団の想像図 星にも重さ制限

    米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が観測した「アーチーズ星団」の想像図。雲に遮られて可視光は届かないため、ハッブルの赤外線カメラでの観測に基づいて作成した(NASA提供・共同)

    商品コード: 2005031000037

  • 2005年03月23日
    恒星を回る惑星の想像図 太陽系外の惑星を直接観測

    巨大な恒星の後ろから顔をのぞかせた惑星の想像図。可視光だと恒星が明るすぎて見えないが、赤外線望遠鏡スピッツァーで初めて直接観測できた(NASA提供・共同)

    商品コード: 2005032300095

  • 2005年06月30日
    可視光通信の実証実験 点滅する光で搭乗便情報

    点滅する光で搭乗便の最新情報などを受信できる「可視光通信」の実証実験=30日午前、関西空港

    商品コード: 2005063000052

  • 2005年09月28日
    巨大赤ちゃん銀河 宇宙の初期にも巨大銀河

    宇宙の初期に形成されていたことが分かった巨大赤ちゃん銀河の画像(左右いずれも中央付近の丸で囲まれた部分)。可視光による観測では見えない(右)が、赤外線の観測データを重ね合わせると、銀河がうっすらと見える(左)(NASA提供・共同)

    商品コード: 2005092800074

  • 2006年01月12日
    車輪銀河 宇宙に輝く巨大車輪

    NASAが公表した「車輪銀河」の最新画像。宇宙望遠鏡の各種観測データを組み合わせ、赤外線は赤、可視光は緑、紫外線は青、エックス線は紫に着色してある(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006011200053

  • 2014年04月14日
    可視光通信の装置 横浜でLED通信実験

    LEDの照明の光を利用する「可視光通信」の装置

    商品コード: 2014041400612

  • 2015年10月16日
    立体映像を投影する装置 臓器に立体映像投影

    臓器に立体映像を直接映し出す「可視光投影装置」=16日午後、京都市

    商品コード: 2015101600717

  • 2015年10月16日
    立体映像を投影した模型 臓器に立体映像投影

    「可視光投影装置」で立体映像が直接映し出された臓器の模型=16日午後、京都市

    商品コード: 2015101600769

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、飛行に先立ち確認と準備をする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111514

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、飛行前の検査をする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111608

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、巡視装置をテストする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111612

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、チベット自治区チュスム県で500キロボルト送電線を巡回監視する国網通航公司の巡視ヘリコプター。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111470

  • 2018年10月26日
    国連世界地理情報大会巡回検査ロボットを使用

    26日、徳清県の地理情報大会の開閉所で、所内の設備を全面的に自動検査する巡回検査ロボット。中国浙江省湖州市徳清県はでこのほど、来月19~21日に同県で開催される国連世界地理情報大会の主会場、展覧館、周辺の景観照明施設などに対する電力供給のスマート開閉所がこのほど、稼働を開始し、所内の新型スマート巡回検査ロボットも運用を開始した。これは次世代型室内レール軌道型スマート巡回検査ロボットで、革新的なセンシング方法や連動技術を取り入れ、開閉所などの室内でリアルタイムに遠隔モニタリングと無人巡回検査を実現している。ハイビジョン可視光カメラ、サーモグラフィー、部分放電検出装置などの設備が搭載され、変電所の設備状態をリアルタイムに収集して認識し、制御センターとのデータ交換も行う。従来の人による検査と比べて効率は4倍高まり、識別精度は98%以上だという。(徳清=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012863

  • 2018年10月26日
    国連世界地理情報大会巡回検査ロボットを使用

    26日、徳清県の地理情報大会の開閉所で、スマート巡回検査ロボットの設定をするスタッフ。中国浙江省湖州市徳清県でこのほど、来月19~21日に同県で開催される国連世界地理情報大会の主会場、展覧館、周辺の景観照明施設などに対する電力供給のスマート開閉所がこのほど、稼働を開始し、所内の新型スマート巡回検査ロボットも運用を開始した。これは次世代型室内レール軌道型スマート巡回検査ロボットで、革新的なセンシング方法や連動技術を取り入れ、開閉所などの室内でリアルタイムに遠隔モニタリングと無人巡回検査を実現している。ハイビジョン可視光カメラ、サーモグラフィー、部分放電検出装置などの設備が搭載され、変電所の設備状態をリアルタイムに収集して認識し、制御センターとのデータ交換も行う。従来の人による検査と比べて効率は4倍高まり、識別精度は98%以上だという。(徳清=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103013042

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、石家荘市の配電センター内で作業をする新型電力スマート巡回検査ロボット。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400154

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、石家荘市の配電センター内で作業をする新型電力スマート巡回検査ロボット。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400138

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、データを記録する中国国家電網公司の作業スタッフ。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400057

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、石家荘市の配電センター内で作業をする新型電力スマート巡回検査ロボット。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400153

  • 2019年08月08日
    送電網のスマート巡回点検モデル区が完成浙江省寧波市

    8日、ドローンと格納ベースの飛行前点検を行う作業員。中国浙江省の寧波市供電公司は8日、人と機械が連携して作業を行うスマート巡回点検モデル区を市内杭州湾新区で完成させ、ドローンと巡回ロボットによる送電線自動点検のテストに成功した。同モデル区は220キロボルト変電所4カ所と110キロボルト変電所1カ所を管理する。ドローンの格納ベースは5カ所設置され、13のルートで自動巡回点検を行う。473・6キロの区間に設置された送電鉄塔760本をカバーし、人による遠隔制御と機械による自動巡回点検を実現している。ドローンの飛行制限エリアや禁止エリアでは巡回点検ロボットが投入されるという。ロボットは高圧線のアース上を走行し、搭載された可視光カメラやサーモグラフィー、レーザーレーダーなどを用い高圧線各部の自動巡回点検を行う。(寧波=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406956

  • 2019年08月08日
    送電網のスマート巡回点検モデル区が完成浙江省寧波市

    8日、送電網の自動点検を行う巡回ロボット。中国浙江省の寧波市供電公司は8日、人と機械が連携して作業を行うスマート巡回点検モデル区を市内杭州湾新区で完成させ、ドローンと巡回ロボットによる送電線自動点検のテストに成功した。同モデル区は220キロボルト変電所4カ所と110キロボルト変電所1カ所を管理する。ドローンの格納ベースは5カ所設置され、13のルートで自動巡回点検を行う。473・6キロの区間に設置された送電鉄塔760本をカバーし、人による遠隔制御と機械による自動巡回点検を実現している。ドローンの飛行制限エリアや禁止エリアでは巡回点検ロボットが投入されるという。ロボットは高圧線のアース上を走行し、搭載された可視光カメラやサーモグラフィー、レーザーレーダーなどを用い高圧線各部の自動巡回点検を行う。(寧波=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407007

  • 2019年08月08日
    送電網のスマート巡回点検モデル区が完成浙江省寧波市

    8日、自動巡回点検用ドローンのモニタリングテストを行う作業員。ドローンは格納ベースから自動で飛び立ち、送電網の巡回点検が終わった後には自動でベースに戻る。5Gネットワークを利用し高解像度の画像データや飛行制御信号をリアルタイムに送信することができ、データ転送と画像転送の一体化を実現した。中国浙江省の寧波市供電公司は8日、人と機械が連携して作業を行うスマート巡回点検モデル区を市内杭州湾新区で完成させ、ドローンと巡回ロボットによる送電線自動点検のテストに成功した。同モデル区は220キロボルト変電所4カ所と110キロボルト変電所1カ所を管理する。ドローンの格納ベースは5カ所設置され、13のルートで自動巡回点検を行う。473・6キロの区間に設置された送電鉄塔760本をカバーし、人による遠隔制御と機械による自動巡回点検を実現している。ドローンの飛行制限エリアや禁止エリアでは巡回点検ロボットが投入されるという。ロボットは高圧線のアース上を走行し、搭載された可視光カメラやサーモグラフィー、レーザーレーダーなどを用い高圧線各部の自動巡回点検を行う。(寧波=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406916

  • 2019年08月08日
    送電網のスマート巡回点検モデル区が完成浙江省寧波市

    8日、自動巡回点検用ロボットの点検をする作業員。中国浙江省の寧波市供電公司は8日、人と機械が連携して作業を行うスマート巡回点検モデル区を市内杭州湾新区で完成させ、ドローンと巡回ロボットによる送電線自動点検のテストに成功した。同モデル区は220キロボルト変電所4カ所と110キロボルト変電所1カ所を管理する。ドローンの格納ベースは5カ所設置され、13のルートで自動巡回点検を行う。473・6キロの区間に設置された送電鉄塔760本をカバーし、人による遠隔制御と機械による自動巡回点検を実現している。ドローンの飛行制限エリアや禁止エリアでは巡回点検ロボットが投入されるという。ロボットは高圧線のアース上を走行し、搭載された可視光カメラやサーモグラフィー、レーザーレーダーなどを用い高圧線各部の自動巡回点検を行う。(寧波=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407101

  • 2019年08月08日
    送電網のスマート巡回点検モデル区が完成浙江省寧波市

    8日、送電網の自動点検を開始する巡回ロボット。中国浙江省の寧波市供電公司は8日、人と機械が連携して作業を行うスマート巡回点検モデル区を市内杭州湾新区で完成させ、ドローンと巡回ロボットによる送電線自動点検のテストに成功した。同モデル区は220キロボルト変電所4カ所と110キロボルト変電所1カ所を管理する。ドローンの格納ベースは5カ所設置され、13のルートで自動巡回点検を行う。473・6キロの区間に設置された送電鉄塔760本をカバーし、人による遠隔制御と機械による自動巡回点検を実現している。ドローンの飛行制限エリアや禁止エリアでは巡回点検ロボットが投入されるという。ロボットは高圧線のアース上を走行し、搭載された可視光カメラやサーモグラフィー、レーザーレーダーなどを用い高圧線各部の自動巡回点検を行う。(寧波=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407141

  • 2019年08月08日
    送電網のスマート巡回点検モデル区が完成浙江省寧波市

    8日、格納ベースから飛び立つ送電網巡回点検用ドローン。中国浙江省の寧波市供電公司は8日、人と機械が連携して作業を行うスマート巡回点検モデル区を市内杭州湾新区で完成させ、ドローンと巡回ロボットによる送電線自動点検のテストに成功した。同モデル区は220キロボルト変電所4カ所と110キロボルト変電所1カ所を管理する。ドローンの格納ベースは5カ所設置され、13のルートで自動巡回点検を行う。473・6キロの区間に設置された送電鉄塔760本をカバーし、人による遠隔制御と機械による自動巡回点検を実現している。ドローンの飛行制限エリアや禁止エリアでは巡回点検ロボットが投入されるという。ロボットは高圧線のアース上を走行し、搭載された可視光カメラやサーモグラフィー、レーザーレーダーなどを用い高圧線各部の自動巡回点検を行う。(寧波=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406949

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.21
    2020年02月12日
    「新華社」新型スマートロボット導入で他地域への送電を安全に運行新疆

    中国新疆ウイグル自治区昌吉市の変電所でこのほど、新型スマート巡回監視ロボット「大白」が正式に導入された。「大白」の任務は、「疆電外送」送電線(新疆準東から安徽皖南へプラスマイナス1100キロボルトの超高圧直流送電)の安全な運行を保障することにある。「大白」は自動監視機能や可視光イメージと赤外線グラフを記録できる機能を備えており、保守運用管理者に代わって広範囲で現場監視を担い、作業効率の向上と作業強度の削減に役立つ。「疆電外送」の送電線が有する、送電地点が多く送電距離が長いという特徴に対して、国家電網新疆電力公司は、より多くの作業シーンでスマートロボットの代用を強力に推し進める。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>変電所で巡回監視ロボットを導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405416

  • 2020年05月19日
    グッドアイが商品化した銅繊維シート

    グッドアイ(群馬県桐生市)は、抗菌・抗ウイルス効果がある銅繊維シート「GUD(グッド)シート」を6月に発売する。価格が4980円(消費税抜き)のマスクなど4種類を商品化。朝倉染布(群馬県桐生市)のウェブサイト(www.asakura-senpu.co.jp/)で予約を受け付けている。GUDシートは銅箔で覆ったポリマー繊維に可視光応答型の光触媒を塗布した。細菌に感染するウイルス「バクテリオファージ」の実験で、ウイルスが付着した指を同シートに30秒間こすりつけると、ウイルスの数が1000分の1以下に減少する効果を確認した。価格は縦17センチ×横17センチメートルのチーフが6980円(消費税抜き)、縦24センチ×横20センチメートルのシートが6980円(同)、幅1・23×長さ5メートルの生地が75万円(同)。国や自治体、公的医療機関に優先提供する。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する効果も検証する考えで、同社会長を兼務する群馬大学大学院理工学府の板橋英之教授は「7月にも実験を開始したい」としている。写真はマスクやチーフに商品化した銅繊維シート。=2020(令和2)年5月19日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061904035

  • 01:15.28
    2020年05月23日
    「新華社」殺菌消毒率99%超ウイルスを不活性化する「米粒大」深紫外線LED

    深紫外線発光ダイオード(LED)チップは可視光線を出さないが、米粒ほどの大きさで細菌やウイルスのDNAとRNAを破壊できる。このチップから出る光は、通常の紫外線とは異なり、波長域が短く、人の皮膚にほとんどダメージを与えない。米粒大の深紫外線LEDチップは、さまざまな製品に組み込むことで、水や空気、物体表面の殺菌消毒が可能になり、その殺菌消毒率は99%を超える。中国山西省長治市では同市人民政府と中国科学院半導体研究所、石炭大手の潞安集団が共同で中科潞安深紫外LEDプロジェクトを進めている。深紫外線LEDのコア技術を利用して開発した一連の製品は、水質浄化や空気浄化、食品の鮮度保持、医療などの分野での幅広い応用が期待できる。(記者/馬志異)<映像内容>深紫外線LEDチップを使った殺菌消毒、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701200

  • 2020年08月22日
    California Wildfires 2020: Satellite Imagery

    August 21, 2020, California, USA: SWIR Image overview of the Carmel Wildfire. SWIR (Short Wave Infra-Red) refers to nonvisible light falling roughly between 1400 and 3000 nanometers (nm) in wavelength, allowing the satellite to see through smoke from the fires. (Satellite image ©2020 Maxar Technologies via ZUMA Wire)、クレジット:August 21, 2020, California, USA: SWIR Image overview of the Carmel Wildfire. SWIR (Short Wave Infra-Red/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082501993

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012209938

  • 2021年03月08日
    Star Formation In The Constellation of Gemini

    March 8, 2021 - Space - Hubble Space Telescope Picture of the Week features AFGL 5180, a beautiful stellar nursery located in the constellation of Gemini (The Twins). At the centre of the image, a massive star is forming and blasting cavities through the clouds with a pair of powerful jets, extending to the top right and bottom left of the image. Light from this star is mostly escaping and reaching us by illuminating these cavities, like a lighthouse piercing through the storm clouds. Stars are born in dusty environments and although this dust makes for spectacular images, it can prevent astronomers from seeing stars embedded in it. Hubbles Wide Field Camera 3 (WFC3) instrument is designed to capture detailed images in both visible and infrared light, meaning that the young stars hidden in vast star-forming regions like AFGL 5180 can be seen much more clearly. (Credit Image: © ESA/Hubble/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/Hubble/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081703752

  • 2021年07月19日
    A Peek Inside the Orion Nebula

    July 19, 2021 - Space - This dramatic image from January 2006 offers a peek inside a cavern of roiling dust and gas where thousands of stars are forming. The image, taken by the Advanced Camera for Surveys (ACS) aboard the Hubble Space Telescope, represents the sharpest view ever taken of this region until this time, called the Orion Nebula. More than 3,000 stars of various sizes appear in this image. Some of them have never been seen in visible light. These stars reside in a dramatic dust-and-gas landscape of plateaus, mountains, and valleys that are reminiscent of the Grand Canyon. (Credit Image: © NASA/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080804556

  • 2021年10月28日
    NASAâs Juno Probe Offers First 3D View of Jupiter‘s Atmosphere

    October 28, 2021, United States: This image shows Jupiterââ¬â¢s banded appearance is created by the cloud-forming ââ¬Åweather layer.ââ¬Â This composite image shows views of Jupiter in (left to right) infrared and visible light taken by the Gemini North telescope and NASAââ¬â¢s Hubble Space Telescope, respectively...New findings from NASAââ¬â¢s Juno probe orbiting Jupiter provide a fuller picture of how the planetââ¬â¢s distinctive and colorful atmospheric features offer clues about the unseen processes below its clouds. The results highlight the inner workings of the belts and zones of clouds encircling Jupiter, as well as its polar cyclones and even the Great Red Spot..Researchers published several papers on Junoââ¬â¢s atmospheric discoveries last Thursday (28October2021) in the journal Science and the Journal of Geophysical Research: Planets. Additional papers appeared in two recent issues of Geophysical Research Letters..ââ¬ÅThese new observations from Juno open up a treasure chest of new inform...

    商品コード: 2021110200742

  • 2021年11月17日
    Hubble Spies Newly Forming Star Incubating in IC 2631

    November 17, 2021 - Space - This Hubble infrared image captures a protostar designated J1672835.29-763111.64 in the reflection nebula IC 2631, part of the Chamaeleon star-forming region in the southern constellation Chamaeleon. Protostars shine with the heat energy released by clouds contracting around them and the accumulation of material from the nearby gas and dust. Eventually enough material collects, and the core of a protostar becomes hot and dense enough for nuclear fusion to begin, and the transformation into a star is complete. The leftover gas and dust can become planets, asteroids, comets, or remain as dust. This image is part of a Hubble survey targeting 312 protostars within molecular clouds previously identified with the Spitzer and Herschel infrared space observatories. Protostars are visible primarily in infrared light since they emit a lot of heat energy, and their visible light is obscured by the dust around them. Hubble‘s advanced infrared capabilities could better resolve the protostars...

    商品コード: 2021112001016

  • 2021年11月17日
    Hubble Spies Newly Forming Star Incubating in IC 2631

    November 17, 2021 - Space - This Hubble infrared image captures a protostar designated J1672835.29-763111.64 in the reflection nebula IC 2631, part of the Chamaeleon star-forming region in the southern constellation Chamaeleon. Protostars shine with the heat energy released by clouds contracting around them and the accumulation of material from the nearby gas and dust. Eventually enough material collects, and the core of a protostar becomes hot and dense enough for nuclear fusion to begin, and the transformation into a star is complete. The leftover gas and dust can become planets, asteroids, comets, or remain as dust. This image is part of a Hubble survey targeting 312 protostars within molecular clouds previously identified with the Spitzer and Herschel infrared space observatories. Protostars are visible primarily in infrared light since they emit a lot of heat energy, and their visible light is obscured by the dust around them. Hubble‘s advanced infrared capabilities could better resolve the protostars...

    商品コード: 2021112001139

  • 2021年11月29日
    Juno Probe Captures Stunning Image Of Jupiter‘s Storms

    November 29, 2021, United States: This image shows two of Jupiter‘s large rotating storms, captured by Junoââ¬â¢s visible-light imager, JunoCam, on Junoââ¬â¢s 38th perijove pass, on Nov. 29, 2021...This image was acquired at 50 degrees 5 minutes north latitude, at an altitude of 3,815 miles (6,140 kilometers). Atmospheric details as small as 2.5 miles (4 kilometers) can be discerned in the image. Bright ââ¬Åpop-upââ¬Â clouds are visible above the lower storm, casting shadows on the cloud bank below. Although the pop-up clouds appear small in comparison to the large storm below, such clouds are typically 31 miles (50 kilometers) across...Where: United States.When: 29 Nov 2021.Credit: NASAJPL-CaltechSwRIMSSSCover Images..**EDITORIAL USE ONLY. MATERIALS ONLY TO BE USED IN CONJUNCTION WITH EDITORIAL STORY. THE USE OF THESE MATERIALS FOR ADVERTISING, MARKETING OR ANY OTHER COMMERCIAL PURPOSE IS STRICTLY PROHIBITED. MATERIAL COPYRIGHT REMAINS WITH STATED SUPPLIER. (Credit Image: © Cover Images via ZUMA Pre...

    商品コード: 2021122111235

  • 2021年12月14日
    Flash Floods Swamp Iran

    December 14, 2021 - Iran - For much of 2021, drought gripped southern Iran, parching crops, drying wells, and fueling protests over water. The first week of 2022 brought the opposite problem, a series of potent rain and snow storms overwhelmed rivers and unleashed widespread flooding. MODIS captured imagery of flooding in southern Iran on January 7, 2022. For comparison, the second image shows the same area on December 14, 2021, before the storms hit. The images are false color, using a combination of visible and shortwave infrared light (bands 7-2-1) to make it easier to distinguish between land and water. Dry land appears brown, vegetated areas are green. Areas covered by water are dark blue. (Credit Image: © NASA Earth/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA Earth/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011608319

  • 2022年01月07日
    Flash Floods Swamp Iran

    January 7, 2022 - Iran - For much of 2021, drought gripped southern Iran, parching crops, drying wells, and fueling protests over water. The first week of 2022 brought the opposite problem, a series of potent rain and snow storms overwhelmed rivers and unleashed widespread flooding. MODIS captured imagery of flooding in southern Iran on January 7, 2022 (seen here). For comparison, the second image shows the same area on December 14, 2021, before the storms hit. The images are false color, using a combination of visible and shortwave infrared light (bands 7-2-1) to make it easier to distinguish between land and water. Dry land appears brown, vegetated areas are green. Areas covered by water are dark blue. (Credit Image: © NASA Earth/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA Earth/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011608792

  • 2022年01月14日
    Satellite Images Show Devastating Floods Gripping Iran

    January 14, 2022, Iran: These NASA images show the drastic changes in Iranââ¬â¢s climate from its dry 2021 and floods that gripped the nation at the start of 2022..For much of 2021, Iran, parching crops, drying wells, and fueling protests over water. The first week of 2022, however, brought the opposite problemââ¬â potent rain and snowstorms overwhelmed rivers and unleashed widespread flooding..The Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer (MODIS) on NASAââ¬â¢s Aqua satellite captured imagery of flooding in southern Iran on January 7, 2022. For comparison, the second image shows the same area on December 14, 2021, before the storms hit. The images are false colour, using a combination of visible and shortwave infrared light (bands 7-2-1) to make it easier to distinguish between land and water. Dry land appears brown; vegetated areas are green. Areas covered by water are dark blue.. .Flood waters washed out bridges, swept away cars, swamped homes, and inundated farmland. The floods have killed at lea...

    商品コード: 2022011503845

  • 2022年01月14日
    Satellite Images Show Devastating Floods Gripping Iran

    January 14, 2022, Iran: These NASA images show the drastic changes in Iranââ¬â¢s climate from its dry 2021 and floods that gripped the nation at the start of 2022..For much of 2021, Iran, parching crops, drying wells, and fueling protests over water. The first week of 2022, however, brought the opposite problemââ¬â potent rain and snowstorms overwhelmed rivers and unleashed widespread flooding..The Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer (MODIS) on NASAââ¬â¢s Aqua satellite captured imagery of flooding in southern Iran on January 7, 2022. For comparison, the second image shows the same area on December 14, 2021, before the storms hit. The images are false colour, using a combination of visible and shortwave infrared light (bands 7-2-1) to make it easier to distinguish between land and water. Dry land appears brown; vegetated areas are green. Areas covered by water are dark blue.. .Flood waters washed out bridges, swept away cars, swamped homes, and inundated farmland. The floods have killed at lea...

    商品コード: 2022011503840

  • 2022年01月20日
    Dwarf Starburst Galaxy Henize 2-10 Dwarf Starburst Galaxy Henize 2-10

    Dwarf starburst galaxy Henize 2-10 sparkles with young stars in this Hubble visible-light image. The bright region at the center, surrounded by pink clouds and dark dust lanes, indicates the location of the galaxyâs massive black hole and active stellar nurseries. Photo by NASA, ESA, Z. Schutte, A. Reines, B. Tully, S. Conti, W. Vacca, A. Pagan via CNP/ABACAPRESS.COM=2022(令和4)年1月20日、クレジット:CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512885

  • 2022年01月20日
    Dwarf Starburst Galaxy Henize 2-10 Dwarf Starburst Galaxy Henize 2-10

    Dwarf starburst galaxy Henize 2-10 sparkles with young stars in this Hubble visible-light image. The bright region at the center, surrounded by pink clouds and dark dust lanes, indicates the location of the galaxyâs massive black hole and active stellar nurseries. Photo by NASA, ESA, Z. Schutte, A. Reines, B. Tully, S. Conti, W. Vacca, A. Pagan via CNP/ABACAPRESS.COM=2022(令和4)年1月20日、クレジット:CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512626

  • 2022年02月14日
    Parker Solar Probe Captures its First Images Of Venus‘ Surface In Visible Light

    February 14, 2022, United States: NASAââ¬â¢s Parker Solar Probe has taken its first visible-light images of the surface of Venus from space...Smothered in thick clouds, Venusââ¬â¢ surface is usually shrouded from sight. But in two recent flybys of the planet, Parker used its Wide-Field Imager, or WISPR, to image the entire nightside in wavelengths of the visible spectrum ââ¬â the type of light that the human eye can see ââ¬â and extending into the near-infrared..The images, combined into a video, reveal a faint glow from the surface that shows distinctive features like continental regions, plains, and plateaus. A luminescent halo of oxygen in the atmosphere can also be seen surrounding the planet..ââ¬ÅWeââ¬â¢re thrilled with the science insights Parker Solar Probe has provided thus far,ââ¬Â said Nicola Fox, division director for the Heliophysics Division at NASA Headquarters. ââ¬ÅParker continues to outperform our expectations, and we are excited that these novel observations taken during our gravi...

    商品コード: 2022021512761

  • 2022年02月14日
    Parker Solar Probe Captures its First Images Of Venus‘ Surface In Visible Light

    February 14, 2022, United States: NASAââ¬â¢s Parker Solar Probe has taken its first visible-light images of the surface of Venus from space...Smothered in thick clouds, Venusââ¬â¢ surface is usually shrouded from sight. But in two recent flybys of the planet, Parker used its Wide-Field Imager, or WISPR, to image the entire nightside in wavelengths of the visible spectrum ââ¬â the type of light that the human eye can see ââ¬â and extending into the near-infrared..The images, combined into a video, reveal a faint glow from the surface that shows distinctive features like continental regions, plains, and plateaus. A luminescent halo of oxygen in the atmosphere can also be seen surrounding the planet..ââ¬ÅWeââ¬â¢re thrilled with the science insights Parker Solar Probe has provided thus far,ââ¬Â said Nicola Fox, division director for the Heliophysics Division at NASA Headquarters. ââ¬ÅParker continues to outperform our expectations, and we are excited that these novel observations taken during our gravi...

    商品コード: 2022021605892

  • 2022年02月14日
    Parker Solar Probe Captures its First Images Of Venus‘ Surface In Visible Light

    February 14, 2022, United States: NASAââ¬â¢s Parker Solar Probe has taken its first visible-light images of the surface of Venus from space...Smothered in thick clouds, Venusââ¬â¢ surface is usually shrouded from sight. But in two recent flybys of the planet, Parker used its Wide-Field Imager, or WISPR, to image the entire nightside in wavelengths of the visible spectrum ââ¬â the type of light that the human eye can see ââ¬â and extending into the near-infrared..The images, combined into a video, reveal a faint glow from the surface that shows distinctive features like continental regions, plains, and plateaus. A luminescent halo of oxygen in the atmosphere can also be seen surrounding the planet..ââ¬ÅWeââ¬â¢re thrilled with the science insights Parker Solar Probe has provided thus far,ââ¬Â said Nicola Fox, division director for the Heliophysics Division at NASA Headquarters. ââ¬ÅParker continues to outperform our expectations, and we are excited that these novel observations taken during our gravi...

    商品コード: 2022021513013

  • 2022年07月11日
    NASAÕs Webb Delivers Deepest Images of Universe Yet

    July 12, 2022: This landscape of “mountains“ and “valleys“ speckled with glittering stars is actually the edge of a nearby, young, star-forming region called NGC 3324 in the Carina Nebula. Captured in infrared light by NASA‘s new James Webb Space Telescope, this image reveals for the first time previously invisible areas of star birth. Called the Cosmic Cliffs, Webb‘s seemingly three-dimensional picture looks like craggy mountains on a moonlit evening. In reality, it is the edge of the giant, gaseous cavity within NGC 3324, and the tallest “peaks“ in this image are about 7 light-years high. The cavernous area has been carved from the nebula by the intense ultraviolet radiation and stellar winds from extremely massive, hot, young stars located in the center of the bubble, above the area shown in this image. Webb reveals emerging stellar nurseries and individual stars that are completely hidden in visible-light pictures. Because of Webb‘s sensitivity to infrared light, it can peer through cosmic dust to see ...

    商品コード: 2022071506638

  • 1