KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しば
  • せん
  • 令和
  • 史記
  • 歴史家
  • 修復
  • 拡張
  • 新築
  • 著者
  • 西安

「司馬遷」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (5)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (5)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    司馬遷祠広場。祠堂と墓は後ろの小高い丘の上にある。(資料写真)中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609428

  •  (4)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (4)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    司馬遷祠広場に立つ司馬遷の像。(資料写真)中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609439

  •  (12)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (12)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷祠の階段。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609441

  •  (7)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (7)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    司馬遷祠堂広場で毎年開かれる「史聖」司馬遷を祭る式典。(資料写真)中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609445

  •  (2)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (2)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷の祠堂と墓に通じる司馬古道。韓奕坡(かんえきは)、司馬坡とも呼ばれる。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609400

  •  (9)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (9)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    司馬遷祠の史筆昭世山門。(資料写真)中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609435

  •  (8)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (8)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    司馬遷祠の拝殿から望む寝殿。(資料写真)中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609438

  •  (3)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (3)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷の墓。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609303

  •  (13)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (13)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷の墓碑。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609429

  •  (1)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (1)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    司馬遷の祠堂と墓。(資料写真)中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609292

  •  (11)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (11)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷祠の参道にある「高山仰止」牌坊。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609440

  •  (6)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (6)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、緑に囲まれる司馬遷像。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609437

  •  (10)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (10)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷祠の拝殿。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609436

  •  (14)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市
    2021年06月16日
    (14)司馬遷の祠堂と墓を訪ねて陝西省韓城市

    1日、司馬遷の墓。中国陝西省韓城市から南に10キロ離れた芝川鎮南東部の小高い丘に、前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しば・せん)の祠堂と墓がある。黄河の古い渡し場に面していて、周囲にはどこまでも続く農地が広がる。最も古い祠堂と墓は、晋代の漢陽太守・殷済(いん・せい)が建立。以来、香火が絶えることはなく、1700年の時を重ねてきた。現存する寝宮と献殿は、北宋年間に修復または新築され、清代初期には大規模に拡張された。(西安=新華社記者/孫正好)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061609447

  •  (2)古代中国の名医・扁鵲と倉公の医学書「天回医簡」が今年出版へ
    2022年05月20日
    (2)古代中国の名医・扁鵲と倉公の医学書「天回医簡」が今年出版へ

    16日、「天回医簡」を研究・整理する研究員。中国四川省にある成都中医薬大学は19日、10年近くにわたる整理・研究を経て、前漢時代の歴史家、司馬遷(しば・せん)が著した「史記・扁鵲倉公列伝」に記載された名医・扁鵲(へんじゃく)と倉公(そうこう)による医学書「天回医簡」を今年出版すると明らかにした。散逸して久しい「天回医簡」に記録された106の治療法が、2千年余りを経て再び日の目を見ることになる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010651

  •  (3)古代中国の名医・扁鵲と倉公の医学書「天回医簡」が今年出版へ
    2022年05月20日
    (3)古代中国の名医・扁鵲と倉公の医学書「天回医簡」が今年出版へ

    16日、研究員が復元した「天回医簡」の一部。中国四川省にある成都中医薬大学は19日、10年近くにわたる整理・研究を経て、前漢時代の歴史家、司馬遷(しば・せん)が著した「史記・扁鵲倉公列伝」に記載された名医・扁鵲(へんじゃく)と倉公(そうこう)による医学書「天回医簡」を今年出版すると明らかにした。散逸して久しい「天回医簡」に記録された106の治療法が、2千年余りを経て再び日の目を見ることになる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010652

  •  (1)古代中国の名医・扁鵲と倉公の医学書「天回医簡」が今年出版へ
    2022年05月20日
    (1)古代中国の名医・扁鵲と倉公の医学書「天回医簡」が今年出版へ

    16日、「天回医簡」を研究・整理する成都中医薬大学中国出土医学文献・文物研究院の柳長華(りゅう・ちょうか)院長(左から2人目)。中国四川省にある成都中医薬大学は19日、10年近くにわたる整理・研究を経て、前漢時代の歴史家、司馬遷(しば・せん)が著した「史記・扁鵲倉公列伝」に記載された名医・扁鵲(へんじゃく)と倉公(そうこう)による医学書「天回医簡」を今年出版すると明らかにした。散逸して久しい「天回医簡」に記録された106の治療法が、2千年余りを経て再び日の目を見ることになる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052010653

  • 1