KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 協同組合
  • 記者
  • 令和
  • 農業
  • 農家
  • 産業
  • 発展
  • ムー
  • 収入
  • 企業

「合作社」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,413
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,413
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年03月10日
    ベトナムと農業開発協力

    調印を終え握手するキン・ベトナム全国農業生産合作社連合会団長(左)と出井全農専務=1977(昭和52)年3月10日、東京・大手町の全農本部

    商品コード: 2014071600242

  • 1996年12月10日
    小舟でコメ運ぶ農民ら 合作社の解体で意欲拡大

    )、外信443、13日付朝刊以降使用、解禁厳守、外信部注意 小舟でコメを運ぶカントーの農民たち。南部の穀倉地帯メコンデルタでは、今も小舟が重要な輸送手段だ(共同)

    商品コード: 1996121000080

  • 2015年09月14日
    青海省、全ての貧困県が貧困脱却基準に達する

    青海省ゴロク・チベット族自治州甘徳(ガンデ)県の有機牧場で働く合作社の牧民。(2015年9月14日撮影)中国青海省政府は21日、対象項目の評価と検証の結果、民和回族トゥ族自治県など17の貧困県(区)が貧困脱却の基準に達したと発表した。これにより、同省で指定された42の貧困県(市、区、行政委員会)が全て貧困脱却を果たした。(西寧=新華社記者/呉剛)=2015(平成27)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709392

  • 2017年08月16日
    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村

    2017年8月16日、生産した黒米を梱包する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村合作社の加入者。草壩村で村民の共同出資により設立された合作社は、有機農産物ブランド「トキ湖」の強化に情熱を傾けており、有機農産物の厳格な生産管理体制に基づき、標準化された生産を行っている。「トキ湖」ブランドの有機農産物は現時点で、北京・上海・広州・天津など国内20数都市で2月2日】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500910

  • 2017年09月22日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    生の南五味子(左)と干した南五味子。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/世界自然保護基金提供)=2017(平成29)年9月22日、クレジット:世界自然保護基金提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019164

  • 2017年11月25日
    浙江省農村住民の可処分所得が全国トップ34年連続

    販売に向けて良質のイチゴを選別する浙江省建徳市のイチゴ専門合作社(協同組合)の農民。(2017年11月25日撮影)中国国家統計局浙江調査総隊が発表した最新の統計データによると、同省の農村常住住民の2018年の1人当たり可処分所得は、全国の省と自治区の中で34年連続のトップとなる2万7302元(1元=約16円)だった。(杭州=新華社記者/譚進)=2017(平成29)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124276

  • 2018年02月03日
    苗生産で所得向上 河北省棗強県

    3日、水をまく広鋒栽培合作社の作業員。【新華社棗強】立春を迎えた中国河北省衡水市棗強県馬屯村の村民が共同出資して設立した広鋒栽培合作社のビニールハウスは、春の気配に満ちていた。同県は近年、地域の農業の特色に合わせ、苗生産に特化し「産業化経営」を推し進め、農家の所得向上を図っている。(新華社記者/李暁果) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600807

  • 2018年02月03日
    苗生産で所得向上 河北省棗強県

    3日、苗を間引く広鋒栽培合作社の作業員。 【新華社棗強】立春を迎えた中国河北省衡水市棗強県馬屯村の村民が共同出資して設立した広鋒栽培合作社のビニールハウスは、春の気配に満ちていた。同県は近年、地域の農業の特色に合わせ、苗生産に特化し「産業化経営」を推し進め、農家の所得向上を図っている。(新華社記者/李暁果) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600830

  • 2018年03月24日
    河北大城農業構造調整で農家の所得増を狙う

    24日、メロンの苗の発育状況をみる河北省大城県の農民専業合作社の農民。中国河北省大城県は近年、農業構造調整を積極的に行い、施設栽培や養液栽培の導入を農家に勧めており、同地の農家の所得向上を支援している。(大城=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月31日
    コミュニティーで貧困支援工場建設「柔軟性ある就業」後押し

    3月31日、勉県の利平手工専業合作社で、靴飾りの半製品の加工・制作を行う村民の李崇輝(前)さん。ここ数年、中国陝西省勉県は江蘇省・陝西省協力プログラムの積極的な活用、省外への出稼ぎ・古里に戻っての起業に対する奨励などの措置を講じることで、雇用による貧困支援を後押ししてきた。現在、勉県ではコミュニティー内に貧困支援工場(作業場)を建設することが、雇用による貧困支援の主な措置となっており、同地の人々が自宅付近で「柔軟性ある就業」実現することを後押ししている。(勉県=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040300147

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月04日
    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県

    4日、養鶏場で作業員と卵を取る劉艶さん(奥)。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率いて山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600862

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月04日
    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県

    4日、養鶏場でニワトリの世話をする劉艶さん。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率い山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600859

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月04日
    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県

    4日、養鶏場で放し飼いのニワトリの健康状態を確認する劉艶さん。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率いて山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600866

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月04日
    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県

    4日、養鶏場で作業員と販売用の卵を整理する劉艶さん(右)。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率いて山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600912

  • 2018年06月19日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    6月19日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたターキン。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年6月19日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019070

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    河北豊潤27日、丹参(タンジン)畑で農作業に勤しむ豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。(小型無人機で撮影)中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200554

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、畑で射干(ヤカン)の手入れをする豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200590

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、乾燥させた丹参(タンジン)を見せる豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200552

  • 2018年06月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    藍の葉を摘み取る楊成蘭さん(左)と村人。(2018年6月28日撮影)中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508678

  • 2018年07月01日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽北区八寨溝(はっさいこう)の竹栽培モデル基地。(2018年7月1日、小型無人機から)中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での家畜の飼育、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月25日
    大学生が夏期環境科学実践活動に参加浙江省慈溪市

    25日、浙江省慈溪市龍武漁業専門合作社の養殖場で、水質のサンプリング調査を行う上海理工大学環境科学・工程学部の大学生。中国浙江省慈溪市の龍武漁業専門合作社は、大学卒業生の実践活動拠点として、これまでに各地の大学生延べ3千人以上を受け入れ、学生らが杭州湾の地理と環境について総合的に理解し、養殖技術に触れる機会を与えてきた。また、大学生らは専門知識を活かし、同湾の干潟の環境、土壌、水質などのデータを6年にわたって追跡調査し、合作社の漁業環境モニタリング業務を後押しした。同市政府はここ数年、大学生に向けて一連の社会実践活動を実施し、市内での就学や就職を希望する多くの学生を効果的に呼び込み、企業と大学間の互恵・ウィンウィンと優位性の相互補完を実現した。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000405

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月25日
    大学生が夏期環境科学実践活動に参加浙江省慈溪市

    25日、浙江省慈溪市龍武漁業専門合作社の養殖場で、水質のサンプリング調査を行う上海理工大学環境科学・工程学部の大学生。中国浙江省慈溪市の龍武漁業専門合作社は、大学卒業生の実践活動拠点として、これまでに各地の大学生延べ3千人以上を受け入れ、学生らが杭州湾の地理と環境について総合的に理解し、養殖技術に触れる機会を与えてきた。また、大学生らは専門知識を活かし、同湾の干潟の環境、土壌、水質などのデータを6年にわたって追跡調査し、合作社の漁業環境モニタリング業務を後押しした。同市政府はここ数年、大学生に向けて一連の社会実践活動を実施し、市内での就学や就職を希望する多くの学生を効果的に呼び込み、企業と大学間の互恵・ウィンウィンと優位性の相互補完を実現した。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000309

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月25日
    大学生が夏期環境科学実践活動に参加浙江省慈溪市

    25日、浙江省慈溪市龍武漁業専門合作社の養殖場で、水質のサンプリング調査を行う上海理工大学環境科学・工程学部の大学生。中国浙江省慈溪市の龍武漁業専門合作社は、大学卒業生の実践活動拠点として、これまでに各地の大学生延べ3千人以上を受け入れ、学生らが杭州湾の地理と環境について総合的に理解し、養殖技術に触れる機会を与えてきた。また、大学生らは専門知識を活かし、同湾の干潟の環境、土壌、水質などのデータを6年にわたって追跡調査し、合作社の漁業環境モニタリング業務を後押しした。同市政府はここ数年、大学生に向けて一連の社会実践活動を実施し、市内での就学や就職を希望する多くの学生を効果的に呼び込み、企業と大学間の互恵・ウィンウィンと優位性の相互補完を実現した。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000386

  • 2018年07月31日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    7月31日、ニンジンを選別する陝西省楡林市靖辺県の永国野菜栽培農業専門合作社の農民たち。靖辺県は砂地の条件を生かし、野菜生産に力を入れて農民の増収を図っている。中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900525

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、辺雄郷普夏村の栽培基地で、鎌でダイコンの葉を切り落とす村民。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功した。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体で1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301620

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、栽培基地で村民のブムさん(左)と一緒に、洗ったダイコンを箱に詰める白瑪梅朶合作社(協同組合)のギャツォ董事長。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり、約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体での1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301606

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、辺雄郷の栽培基地の貯水池で、ダイコンを洗う村民のチョガさん(左)。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功した。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体で1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301670

  • 2018年08月08日
    豊作を迎えた「ダイコンの町」チベット自治区シガツェ市

    8日、辺雄郷普夏村の栽培基地で、収穫したダイコンを運ぶ村民のブムさん。「ダイコンの町」と呼ばれる中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区辺雄郷にある700ムー(約46・7ヘクタール)の畑でこのほど、ダイコンが豊作となった。辺雄郷で栽培しているダイコンはこれまで1種類だったが、中国共産党サムドゥプツェ区委員会や同区政府、青島市第8陣チベット支援幹部グループの共同努力の下、青島市農業委員会や同市農業科学院の専門家の支援を通して、新品種の導入や新しい設備の使用、栽培方法の改善を行い、1ムー当たりのダイコン収穫高が大幅に増加した。また青島市チベット支援資金の援助によって辺雄郷白瑪梅朶合作社が設立され、貧困村民のダイコン栽培産業における大規模な発展を実現し、貧困から脱却して豊かな生活を送ることを推進した。辺雄郷では昨年、普夏と普奴の両村で300ムーのダイコンの新品種の試験栽培に成功した。1ムー当たりの収穫高は2500キロ以上に達し、1ムー当たりの収入は約4千元(1元=約16円)となった。今年、郷全体のダイコン栽培面積はさらに拡大し、6村で700ムー以上となり約200世帯をカバー。うち45世帯は全国貧困支援情報ネットワークに登録された貧困世帯となっている。郷全体で1ムー当たりの収穫高は3千キロ以上となった。(シガツェ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301617

  • 2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、オウゴン(黄芩)を収穫する河北省邢台市内丘県柳林鎮の農民。中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501111

  • 2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、収穫したスイカズラを整理する河北省邢台市内丘県大孟村鎮劉家荘村の農民。中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501092

  • 2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、河北省邢台市内丘県五郭店郷にある決明子(エビスグサ)栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501142

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、雅江県マツタケ産業パークで新鮮なマツタケを加工する作業員。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700275

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、雅江県城(県政府所在地)で村人と値段交渉をするマツタケ仲介業者(右から2人目)。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700274

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、中国物流宅配の最大手、順豊エクスプレスの雅江県城事務所で新鮮なマツタケの発送を準備する人。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700237

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、雅江県城で、サイズ分けされたマツタケを手にする仲介業者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700235

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、雅江県マツタケ産業パークで収穫されたマツタケをサイズ分けする村人。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700233

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、雅江県マツタケ産業パークで新鮮なマツタケを低温倉庫に運ぶ作業員。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700252

  • 2018年08月14日
    マツタケ収穫期で町に活気あふれる四川省雅江県

    14日、雅江県城にあるマツタケの交易広場。中国四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県では毎年7月から9月にマツタケの収穫や取引、加工の繁忙期を迎える。地元政府はここ数年、「産地+電子商取引+コールドチェーン物流」「WeChat(微信)取引+専業合作社」などの経営モデルで物流企業を誘致し、配達範囲を全国の多くの都市に広げてきた。宅配を通じて販売されるマツタケはこれまでで2千トン余りに達し、マツタケ生産地域で1世帯当たり6千元の収入増加を実現した。同県が今年申請をして認められたマツタケの輸出量は1812・5トン、輸出額は5億元を見込んでいる。(雅江=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700277

  • 2018年08月17日
    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県

    17日、養蜂箱を検査する陝西省安康市寧陝県にある梨子園養蜂専門合作社の職員。同県では、「企業+産業パーク+合作社+農家」のモデルを取り入れ、環境保全型農業や特色ある農業、レジャー農業の発展を促進し、全県農民の増収と農家の貧困脱却をけん引している。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082207459

  • 2018年08月17日
    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県

    17日、陝西省安康市寧陝県の四畝地鎮四畝地村にある栄庚生態系貧困脱却産業パークで、コビトジャコウジカの成長状況を確認する技術員。同県では「企業+産業パーク+合作社+農家」のモデルを取り入れ、環境保全型農業や特色ある農業、レジャー農業の発展を促進し、全県農民の増収と農家の貧困脱却をけん引している。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082207175

  • 2018年08月17日
    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県

    17日、トウガラシ畑で除草作業を行う陝西省安康市寧陝県の四畝地鎮泰山壩村にある蘭花湖栽培・養殖合作社の職員。同県では「企業+産業パーク+合作社+農家」のモデルを取り入れ、環境保全型農業や特色ある農業、レジャー農業の発展を促進し、全県農民の増収と農家の貧困脱却をけん引している。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082207438

  • 2018年09月06日
    秋色に染まる大地のパレット

    6日、中国山東省臨沂(りんぎ)市沂南県玉山でサネブトナツメを天日干しする漢方薬原料栽培専門合作社(協同組合)の組合員。(小型無人機から)秋が田園を染め、大地を色とりどりの美しいパレットに変えている。(臨沂=新華社配信/杜昱葆)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021366

  • 2018年09月06日
    秋色に染まる大地のパレット

    6日、中国山東省臨沂(りんぎ)市沂南県玉山でサネブトナツメを天日干しする漢方薬原料栽培専門合作社(協同組合)の組合員。(小型無人機から)秋が田園を染め、大地を色とりどりの美しいパレットに変えている。(臨沂=新華社配信/杜昱葆)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021376

  • 2018年09月11日
    秋の繁忙期を迎えた中国各地の農家

    11日、湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県でアケビを収穫する硒源八月瓜(セレニウムが豊富なアケビ)生産販売合作社(協同組合)の組合員。中国各地では秋を迎え、畑の手入れや農作物の収穫、乾燥などの農作業にいそしむ人々の姿が、田畑や農家の庭などあちこちで見られるようになった。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309900

  • 2018年09月11日
    秋の繁忙期を迎えた中国各地の農家

    11日、湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県でアケビを収穫し、帰る途中の硒源八月瓜(セレニウムが豊富なアケビ)生産販売合作社(協同組合)の組合員。中国各地では秋を迎え、畑の手入れや農作物の収穫、乾燥などの農作業にいそしむ人々の姿が、田畑や農家の庭などあちこちで見られるようになった。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309613

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地でガチョウに餌をやる従業員。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014640

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014772

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、スーパーマーケットに出荷するガチョウの卵の包装やラベル貼りをする村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014692

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、飼い始めたばかりのひなを世話する仁青拉姆(レンチンラム)さん。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014885

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地の温室で飼育されているガチョウのひなたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014685

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014807

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で村民とガチョウの卵の包装をする駐在作業チームのリーダー、朱海竜(しゅ・かいりゅう)さん(右)と村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014756

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で池を泳ぐガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014731

  • 01:04.34
    2018年09月18日
    「新華社」オニバスで増収実現安徽省廬江県

    安徽省合肥(ごうひ)市廬江(ろこう)県白湖(はくこ)鎮で1万ムー(約666ヘクタール)のオニバスがいま収穫期を迎えている。オニバス(芡実、ケンジツ)は「鶏頭米」とも呼ばれる、水生草本植物の一種で、果実はおいしいだけでなく、薬用価値も高い。500グラム当たり約100元(1元=約16円)で取引される。廬江県では、2002年からオニバス栽培を拡大。現在、栽培面積は1万ムー、年間生産量は40万キロに達している。同県では「合作社+生産基地+貧困世帯」モデルを通して農家を牽引し、1千万元余りの増収を実現した。一次加工品は江蘇省や浙江省、上海市まで出荷されている。貧困世帯史会勝(し・かいしょう)さん「2カ月で5、6千元の収入を得ました。この収入はわが家にとって非常に大きいです。廬江県白湖鎮人民代表大会主席李功為(り・こうい)氏300戸余りの貧困世帯が、土地出資方式によって合作社と協定を結びました。貧困世帯の収入は全体で年間40万元余り増えました。」(記者/金剣、湯文)<映像内容>オニバス収穫の様子、撮影日:2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015430

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、タンカを描くチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社の研修生。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカ制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516993

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、タンカを描くチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社の研修生。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカ制作教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516785

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、タンカを描くチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社の研修生。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカの制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516865

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、研修生と記念撮影をするタンカ絵師のシラチュギュさん(前列中央)。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカの制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517386

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、研修生にタンカの描画技術を教えるシラチュギュさん(右端)。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカの制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517228

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、母親と姉と共に研修生の作品を鑑賞するタンカ絵師のシラチュギュさん。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカの制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516909

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、タンカを描くチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社の研修生。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカの制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517240

  • 2018年09月19日
    タンカ制作で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    19日、タンカを描く無形文化遺産伝承者、シラチュギュさん。中国チベット自治区チャムド市ジョムダ県カゴン郷の無形文化遺産伝承者、タンカ(仏画)絵師のシラチュギュ(西熱秋久)さんは、現地政府の支持のもとでチュギュ・タンカ制作農牧民専業合作社(協同組合)を設立した。合作社は2014年から貧困家庭の子ども40人以上にタンカの制作を教え、彼らが収入を増やし、貧困から脱却できるよう助けてきた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516876

  • 2018年09月20日
    唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲

    20日、唐辛子の実を摘み取る河北省邯鄲市臨漳(りんしょう)県張村集(ちょうそんしゅう)郷後安上(ごあんじょう)村の農家の人。近年、中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は農家をリードして市場ニーズに結び付け、栽培の仕組みを調整し、「供給・販売サービス+農民専業合作社+農家」モデルにより特色ある唐辛子栽培を発展させ、農民増収の新たなルートを切り開いている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517767

  • 2018年09月20日
    唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲

    20日、唐辛子の天日干し作業をする河北省邯鄲市臨漳(りんしょう)県張村集(ちょうそんしゅう)郷後安上(ごあんじょう)村の農家の人。近年、中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は農家をリードして市場ニーズに結び付け、栽培の仕組みを調整し、「供給・販売サービス+農民専業合作社+農家」モデルにより特色ある唐辛子栽培を発展させ、農民増収の新たなルートを切り開いている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517759

  • 2018年09月20日
    唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲

    20日、唐辛子の天日干し作業をする河北省邯鄲市臨漳(りんしょう)県張村集(ちょうそんしゅう)郷後安上(ごあんじょう)村の農家の人。近年、中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は農家をリードして市場ニーズに結び付け、栽培の仕組みを調整し、「供給・販売サービス+農民専業合作社+農家」モデルにより特色ある唐辛子栽培を発展させ、農民増収の新たなルートを切り開いている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517203

  • 2018年09月23日
    秋の豊作を迎える河北省灤県

    23日、収穫したトマトを整理する灤県小馬荘鎮の郎紅棚菜(温室野菜)専門合作社(協同組合)の農民。秋の収穫期を迎えた中国河北省唐山市灤(らん)県で23日、地元農民が穀物や野菜の収穫に精を出し、今年から設けられた「中国農民豊作節(秋分の日)」の到来を祝った。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620842

  • 2018年09月23日
    秋の豊作を迎える河北省灤県

    23日、トマトの箱詰め作業をする灤県小馬荘鎮の郎紅棚菜(温室野菜)専門合作社(協同組合)の農民。(小型無人機から)秋の収穫期を迎えた中国河北省唐山市灤(らん)県で23日、地元農民が穀物や野菜の収穫に精を出し、今年から設けられた「中国農民豊作節(秋分の日)」の到来を祝った。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620824

  • 2018年09月27日
    産業の融合的発展で農村振興を後押し河北省南和県

    27日、河北省南和県郭郷の食品加工企業の作業場で働く従業員。中国河北省邢台(けいだい)市南和県はここ数年、「企業+合作社(協同組合)+農家」という経済発展モデルを取り入れ、良質な冬小麦の栽培と食品の高付加価値加工企業の大規模化に力を入れている。「第一次、二次、三次産業の融合的発展」という小麦畑から作業場そして市場へつながる産業チェーンを構築し、地域経済の急速な発展をけん引した。現在、同県の冬小麦栽培面積は32万ムー(約2133ヘクタール)、食品加工企業が35社、年間の生産高は80億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120830

  • 2018年09月27日
    産業の融合的発展で農村振興を後押し河北省南和県

    27日、河北省南和県郭郷の食品加工企業の作業場で働く従業員。中国河北省邢台(けいだい)市南和県はここ数年、「企業+合作社(協同組合)+農家」という経済発展モデルを取り入れ、良質な冬小麦の栽培と食品の高付加価値加工企業の大規模化に力を入れている。「第一次、二次、三次産業の融合的発展」という小麦畑から作業場そして市場へつながる産業チェーンを構築し、地域経済の急速な発展をけん引した。現在、同県の冬小麦栽培面積は32万ムー(約2133ヘクタール)、食品加工企業が35社、年間の生産高は80億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120835

  • 2018年09月27日
    産業の融合的発展で農村振興を後押し河北省南和県

    27日、河北省南和県郭郷の食品加工企業の作業場で働く従業員。中国河北省邢台(けいだい)市南和県はここ数年、「企業+合作社(協同組合)+農家」という経済発展モデルを取り入れ、良質な冬小麦の栽培と食品の高付加価値加工企業の大規模化に力を入れている。「第一次、二次、三次産業の融合的発展」という小麦畑から作業場そして市場へつながる産業チェーンを構築し、地域経済の急速な発展をけん引した。現在、同県の冬小麦栽培面積は32万ムー(約2133ヘクタール)、食品加工企業が35社、年間の生産高は80億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120786

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月28日
    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市

    9月28日、江西省宜春市袁州区金瑞鎮でクジャクに餌をやる易利芝さん。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月28日
    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市

    9月28日、江西省宜春市袁州区金瑞鎮でクジャクに餌をやる易利芝さん。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月28日
    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市

    9月28日、江西省宜春市袁州区金瑞鎮で合作社の職員と共にクジャクの餌やりに行く易利芝さん。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月28日
    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市

    9月28日、易利芝さんが貧困世帯の人々と共に飼育しているクジャク。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/王益亮)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321362

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月10日
    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県

    10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。(小型無人機から)中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522812

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月10日
    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県

    10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522914

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月10日
    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県

    10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522965

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月10日
    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県

    10日、臨沂市郯城県で「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522855

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月10日
    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県

    10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。(小型無人機から)中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522808

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月10日
    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県

    10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。(小型無人機から)中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522847

  • 2018年10月19日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    10月19日、平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村で、同村の養蜂合作社の李芯鋭(り・しんえい)理事長(右)と村人が村に「パンダ要素」を添える。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/李芯鋭提供)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:李芯鋭提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019064

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、収穫したての丹参を掲げて見せる唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000132

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、丹参を収穫する唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000143

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、収穫した丹参を日干しする唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000147

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、収穫した丹参を日干しする唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000137

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、空から見た安太郷元宝村の香糯栽培拠点。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116682

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を収穫する村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116712

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を収穫する村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116598

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村であぜ道を歩いて香糯の収穫に向かう村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116824

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で収穫期を迎えた香糯。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116625

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を担ぎあぜ道を歩く村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116761

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、風雨橋(中国南部の伝統的建築様式の橋)の上で収穫したばかりの香糯を干す安太郷元宝村の住民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116474

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で村民と共に収穫した香糯を運ぶ合作社の責任者、謝秀萍(しゃ・しゅうへい)さん(左)。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116576

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を収穫する村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116736

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を担ぎあぜ道を歩く村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116428

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を担ぎあぜ道を歩く村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116716

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で香糯を担ぎあぜ道を歩く村民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116553

  • 2018年10月30日
    香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区

    30日、安太郷元宝村で収穫したばかりの香糯を見せる合作社の責任者、謝秀萍(しゃ・しゅうへい)さん。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116819

  • 2018年11月02日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    トン族伝統の布を干す楊成蘭さん(右)とトン族の女性。(2018年11月2日撮影、小型無人機から)中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508767

  • 2018年11月05日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    11月5日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたアジアゴールデンキャット。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019205

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...