KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 現代
  • 令和
  • 釉薬
  • ルーツ
  • 五代
  • 保存
  • 北宋
  • 同地
  • 平地
  • 文様

「吉安県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で撮影した吉州窯の陶磁器。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展には現代の美意識と伝統工芸を融合させて新たに作られた吉州窯の陶磁器が多数出品されている。日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、訪れた多くの日本人陶磁器愛好家が鑑賞を楽しんだ。吉州窯は中国の古窯の一つで、江西省吉安市吉安県に位置し、陶磁器焼成技法が中国の無形文化遺産に指定されている。同展は京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜潇逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800365

  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で吉州窯の陶磁器を鑑賞する来場者。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展には現代の美意識と伝統工芸を融合させて新たに作られた吉州窯の陶磁器が多数出品されている。日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、訪れた多くの日本人陶磁器愛好家が鑑賞を楽しんだ。吉州窯は中国の古窯の一つで、江西省吉安市吉安県に位置し、陶磁器焼成技法が中国の無形文化遺産に指定されている。同展は京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜潇逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800410

  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で撮影した吉州窯の陶磁器。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展には現代の美意識と伝統工芸を融合させて新たに作られた吉州窯の陶磁器が多数出品されている。日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、訪れた多くの日本人陶磁器愛好家が鑑賞を楽しんだ。吉州窯は中国の古窯の一つで、江西省吉安市吉安県に位置し、陶磁器焼成技法が中国の無形文化遺産に指定されている。同展は京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜潇逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800378

  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で撮影した日本の伝統美術の要素を取り入れた吉州窯の陶磁器。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展には現代の美意識と伝統工芸を融合させて新たに作られた吉州窯の陶磁器が多数出品されている。日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、訪れた多くの日本人陶磁器愛好家が鑑賞を楽しんだ。吉州窯は中国の古窯の一つで、江西省吉安市吉安県に位置し、陶磁器焼成技法が中国の無形文化遺産に指定されている。同展は京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜潇逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800414

  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で撮影した吉州窯の陶磁器。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展には現代の美意識と伝統工芸を融合させて新たに作られた吉州窯の陶磁器が多数出品されている。日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、訪れた多くの日本人陶磁器愛好家が鑑賞を楽しんだ。吉州窯は中国の古窯の一つで、江西省吉安市吉安県に位置し、陶磁器焼成技法が中国の無形文化遺産に指定されている。同展は京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜潇逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800420

  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で来場者に作品の製法を解説する景徳鎮陶磁大学の劉暁玉副教授(左)。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展には現代の美意識と伝統工芸を融合させて新たに作られた吉州窯の陶磁器が多数出品されている。日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、訪れた多くの日本人陶磁器愛好家が鑑賞を楽しんだ。吉州窯は中国の古窯の一つで、江西省吉安市吉安県に位置し、陶磁器焼成技法が中国の無形文化遺産に指定されている。同展は京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜潇逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800415

  • 2018年08月06日
    中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え

    6日、横浜の展覧会場で来場者に作品の詳細を解説する無形文化遺産「吉州窯」の陶磁器焼成技法の代表的伝承者、劉品三氏(左)。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」の最初の展示が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展では現代の美意識と伝統工芸を融合させた吉州窯の新たな陶磁器作品が多数出品されている。中には日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、日本の多くの陶磁器愛好家が訪れ鑑賞した。吉州窯は中国江西省吉安市吉安県にあり、中国古代の名窯遺跡の一つ。吉州窯陶磁の焼成技法は中国の無形文化遺産に指定されている。同展は今後京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜瀟逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800409

  • 2020年06月09日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で器の上に桑の葉を置き、窯で焼く準備をする伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403075

  • 2020年06月09日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で釉薬をかけた器に桑の葉を置く伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402949

  • 2020年06月09日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で釉薬を掛けた器を並べる伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402971

  • 2020年06月09日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で窯入れの準備をする伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403072

  • 2020年06月09日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で器に釉薬を掛ける伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402956

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房の近くで読書する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402970

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房の近くで「木葉天目」に使う桑の葉を選別する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤を重ね、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403074

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」に水を注ぎ、訪問客に紹介する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402948

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で素地を調整する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403006

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」に水を注ぎ、訪問客に紹介する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403004

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、「木葉天目」を訪問客に紹介する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402969

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」の素地を作る伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403002

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で愛好家に素地の作り方を教える伍映山さん(中央)。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403010

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で素地を成形する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403046

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」の茶碗を焼く伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402950

  • 2020年06月10日
    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市

    10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房を出る伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403001

  • 2021年11月19日
    (1)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「素胎蓮花高座仏像」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907304

  • 2021年11月19日
    (2)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯本覚寺竜窯の内部。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907306

  • 2021年11月19日
    (4)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の展示品。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907307

  • 2021年11月19日
    (23)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯の茅庵嶺竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911320

  • 2021年11月19日
    (17)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯遺跡内にある本覚寺の古塔。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911304

  • 2021年11月19日
    (26)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯の茅庵嶺竜窯遺跡の外観。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911306

  • 2021年11月19日
    (22)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯の茅庵嶺竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911362

  • 2021年11月19日
    (13)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「兔毫盞(とごうさん)」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911354

  • 2021年11月19日
    (3)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯遺跡の本覚寺塔と古竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907305

  • 2021年11月19日
    (7)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の展示品。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907312

  • 2021年11月19日
    (25)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯の茅庵嶺竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911327

  • 2021年11月19日
    (24)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯の茅庵嶺竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911303

  • 2021年11月19日
    (9)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「素胎六方塔」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907837

  • 2021年11月19日
    (27)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の外観。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911366

  • 2021年11月19日
    (12)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「釉下褐彩蓮文瓶」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911360

  • 2021年11月19日
    (5)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「木葉天目盞(さん)」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907309

  • 2021年11月19日
    (6)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の展示品。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907310

  • 2021年11月19日
    (15)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の内部。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911217

  • 2021年11月19日
    (14)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「兔毫把杯(とごうははい)」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911382

  • 2021年11月19日
    (8)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「黒釉四系罐(かん)」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907839

  • 2021年11月19日
    (11)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の展示品。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907840

  • 2021年11月19日
    (16)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911301

  • 2021年11月19日
    (21)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯の茅庵嶺竜窯遺跡。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911222

  • 2021年11月19日
    (18)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館に展示されている「兔毫盞(とごうさん)」。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911361

  • 2021年11月19日
    (20)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯遺跡内にある宋代創建の清都観。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911364

  • 2021年11月19日
    (10)吉州窯遺跡を訪ねて江西省吉安市

    吉州窯博物館の展示品。(6月10日撮影)中国江西省吉安市吉安県永和鎮にある吉州窯遺跡は、同鎮の西側、長さ約2キロメートル、幅約1キロメートルの平地に広がる。晩唐から宋元時代の古窯24カ所が保存されており、各種磁器、窯道具の標本4503点が出土している。同地で磁器の焼成が始まったのは晩唐期で、五代から北宋期にかけ興隆し、南宋期に最盛期を迎えた。現代に至るまで1200年余りの歴史を持つ。特に黒釉磁が名高く、木葉天目や剪紙貼花天目、玳瑁(たいまい)天目などは国内外で高く評価されている。吉州窯は、南北各地の民間窯の集大成とされており、磁器の種類は多く、釉薬の色も揃い、文様は精巧で美しい。景徳鎮磁器の重要なルーツの一つともされる。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111907827

  • 1