KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • アプローチ
  • パネル
  • ビデオ
  • ロシア
  • 一般
  • 人々
  • 令和
  • 仮名
  • 会場

「吉林隕石」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月05日
    中国内外の貴重な隕石約30点、天津で公開

    5日、隕石を見る来場者。中国の天津自然博物館で4日、企画展「天外からの来客-隕石特別展」が始まった。会場には月隕石や火星隕石、チェリャビンスク隕石(ロシア)、吉林隕石(吉林省)、曼桂隕石(雲南省)、シホテアリニ隕石(ロシア)、海頭古城石隕石(仮名、新疆ウイグル自治区)といった貴重な隕石が展示されている。海頭古城石隕石は今年3月に新疆の砂漠地帯で発見され、正式名称を現在申請中だ。学芸員の張雲霞(ちょう・うんか)氏によると、今回の展覧会では各隕石の由来や形成と落下の過程、隕石の分類・識別などの分野に関する展示も行い、実物、パネル、ビデオ、再現模型、体験型展示、科学講座など、多彩な方法で隕石に関する知識の普及を推進し、一般の人々の関心事や隕石にまつわるさまざまな誤解に対し、科学的なアプローチを行うことを目指すという。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900587

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月05日
    中国内外の貴重な隕石約30点、天津で公開

    5日、隕石を見る来場者。中国の天津自然博物館で4日、企画展「天外からの来客-隕石特別展」が始まった。会場には月隕石や火星隕石、チェリャビンスク隕石(ロシア)、吉林隕石(吉林省)、曼桂隕石(雲南省)、シホテアリニ隕石(ロシア)、海頭古城石隕石(仮名、新疆ウイグル自治区)といった貴重な隕石が展示されている。海頭古城石隕石は今年3月に新疆の砂漠地帯で発見され、正式名称を現在申請中だ。学芸員の張雲霞(ちょう・うんか)氏によると、今回の展覧会では各隕石の由来や形成と落下の過程、隕石の分類・識別などの分野に関する展示も行い、実物、パネル、ビデオ、再現模型、体験型展示、科学講座など、多彩な方法で隕石に関する知識の普及を推進し、一般の人々の関心事や隕石にまつわるさまざまな誤解に対し、科学的なアプローチを行うことを目指すという。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月05日
    中国内外の貴重な隕石約30点、天津で公開

    5日、展示された隕石を撮影する来場者。中国の天津自然博物館で4日、企画展「天外からの来客-隕石特別展」が始まった。会場には月隕石や火星隕石、チェリャビンスク隕石(ロシア)、吉林隕石(吉林省)、曼桂隕石(雲南省)、シホテアリニ隕石(ロシア)、海頭古城石隕石(仮名、新疆ウイグル自治区)といった貴重な隕石が展示されている。海頭古城石隕石は今年3月に新疆の砂漠地帯で発見され、正式名称を現在申請中だ。学芸員の張雲霞(ちょう・うんか)氏によると、今回の展覧会では各隕石の由来や形成と落下の過程、隕石の分類・識別などの分野に関する展示も行い、実物、パネル、ビデオ、再現模型、体験型展示、科学講座など、多彩な方法で隕石に関する知識の普及を推進し、一般の人々の関心事や隕石にまつわるさまざまな誤解に対し、科学的なアプローチを行うことを目指すという。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月05日
    中国内外の貴重な隕石約30点、天津で公開

    5日、隕石を至近距離で見る来場者。中国の天津自然博物館で4日、企画展「天外からの来客-隕石特別展」が始まった。会場には月隕石や火星隕石、チェリャビンスク隕石(ロシア)、吉林隕石(吉林省)、曼桂隕石(雲南省)、シホテアリニ隕石(ロシア)、海頭古城石隕石(仮名、新疆ウイグル自治区)といった貴重な隕石が展示されている。海頭古城石隕石は今年3月に新疆の砂漠地帯で発見され、正式名称を現在申請中だ。学芸員の張雲霞(ちょう・うんか)氏によると、今回の展覧会では各隕石の由来や形成と落下の過程、隕石の分類・識別などの分野に関する展示も行い、実物、パネル、ビデオ、再現模型、体験型展示、科学講座など、多彩な方法で隕石に関する知識の普及を推進し、一般の人々の関心事や隕石にまつわるさまざまな誤解に対し、科学的なアプローチを行うことを目指すという。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900567

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月05日
    中国内外の貴重な隕石約30点、天津で公開

    5日、隕石に見入る来場者。中国の天津自然博物館で4日、企画展「天外からの来客-隕石特別展」が始まった。会場には月隕石や火星隕石、チェリャビンスク隕石(ロシア)、吉林隕石(吉林省)、曼桂隕石(雲南省)、シホテアリニ隕石(ロシア)、海頭古城石隕石(仮名、新疆ウイグル自治区)といった貴重な隕石が展示されている。海頭古城石隕石は今年3月に新疆の砂漠地帯で発見され、正式名称を現在申請中だ。学芸員の張雲霞(ちょう・うんか)氏によると、今回の展覧会では各隕石の由来や形成と落下の過程、隕石の分類・識別などの分野に関する展示も行い、実物、パネル、ビデオ、再現模型、体験型展示、科学講座など、多彩な方法で隕石に関する知識の普及を推進し、一般の人々の関心事や隕石にまつわるさまざまな誤解に対し、科学的なアプローチを行うことを目指すという。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900571

  • 1