KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オリヒメ
  • 横浜市
  • 内容
  • 可能性
  • 場所
  • 平成
  • 映像
  • コミュニケーション
  • デモンストレーション
  • フォト

「吉藤健太朗」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 02:41.82
    2018年08月22日
    重度障害者がロボット操作で接客 12月にカフェ開店

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者などが、ロボットを遠隔操作することで自宅にいながら働くことのできる「分身ロボットカフェ」を12月に期間限定でオープンすることが22日、東京都内で発表された。働くことが難しかった重度障害者や介護などで外出が困難だった人への就労機会の提供に期待されている。<映像内容>吉藤健太朗・オリィ研究所代表取締役のあいさつの雑観、武藤将胤・WITHALS代表のあいさつ、フォトセッション、デモンストレーションの様子、撮影日:2018(平成30)年8月22日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2018082321101

  • 2018年11月02日
    榊さんと分身ロボット 不自由超え自己表現

    闘病生活を送る榊浩行さんと分身ロボット「オリヒメ」。右はオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市

    商品コード: 2018110232839

  • 2018年11月02日
    分身ロボットと吉藤さん 不自由超え自己表現

    分身ロボット「オリヒメ」と開発したオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市

    商品コード: 2018110232843

  • 2018年11月02日
    吉藤健太朗さん 不自由超え自己表現

    分身ロボット「オリヒメ」を前に、インタビューに答えるオリィ研究所の吉藤健太朗代表

    商品コード: 2018110232846

  • 2018年11月02日
    ロボットと吉藤代表 不自由超え自己表現

    分身ロボット「オリヒメ」を手に、インタビューに答えるオリィ研究所の吉藤健太朗代表

    商品コード: 2018110232849

  • 2018年11月02日
    榊さんと吉藤さん 不自由超え自己表現

    闘病生活を送る榊浩行さん(右)と分身ロボット「オリヒメ」を使ってコミュニケーションするオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市

    商品コード: 2018110232852

  • 02:53.24
    2018年11月26日
    遠隔ロボが働くカフェ開店 身体障害者がサービス

    ロボットで重度身体障害者に働く場を―。東京のベンチャー企業オリィ研究所と日本財団、ANAホールディングス(HD)は26日、在宅の四肢が不自由な身体障害者が遠隔操作ロボを通じ給仕するカフェを開店した。東京都港区の日本財団ビルで12月7日まで実施する実証実験で、2020年には常設店を開きたい考えだ。〈映像内容〉記者会見あいさつ(オリィ研究所の吉藤健太朗代表・ANAHDの伊東信一郎会長)、撮影日:2018(平成30)年11月26日、撮影場所:東京都港区 日本財団ビル

    商品コード: 2018112712957

  • 2018年11月27日
    ⑬吉藤健太朗さん 画面の先、広がる可能性

    オリィ研究所所長の吉藤健太朗さん。手前は分身型ロボット「OriHime(オリヒメ)」

    商品コード: 2018112720018

  • 2018年11月27日
    ⑭吉藤健太朗さん 画面の先、広がる可能性

    オリィ研究所所長の吉藤健太朗さんと分身型ロボット「OriHime(オリヒメ)」

    商品コード: 2018112720023

  • 2020年07月21日
    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験

    オリィ研究所の分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」と写る(左から)吉藤健太朗 オリィ研究所 代表取締役所長と金田泰明 モスフードサービス 執行役員 会長・社長室長。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101731

  • 1