KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • しょうかん
  • 中心市街地
  • 五代十国時代
  • 修行
  • 創建
  • 北東
  • 古刹
  • 寺院
  • 後唐

「同光」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年08月13日
    (4)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された人操蛇鎏金銅屏風托座(じんそうだりゅうきんどうびょうぶたくざ)。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304679

  • 2021年08月13日
    (10)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された「文帝行璽」竜鈕(りゅうちゅう)金印。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304712

  • 2021年08月13日
    (6)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された双面獣首鎏金銅屏風頂飾(そうめんじゅうしゅりゅうきんびょうぶちょうしょく)。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304684

  • 2021年08月13日
    (7)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」を見学する来場者。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304688

  • 2021年08月13日
    (9)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」を見学する来場者。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304693

  • 2021年08月13日
    (3)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された絲縷玉衣(しろうぎょくい)。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304686

  • 2021年08月13日
    (5)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された鎏金銅俑(りゅうきんどうよう)。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304696

  • 2021年08月13日
    (1)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された陶鴞形五聯罐(とうようがたごれんかん)。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304614

  • 2021年08月13日
    (2)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された陶俑座灯。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304618

  • 2021年08月13日
    (8)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」を見学する来場者。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304720

  • 2021年12月31日
    (15)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の大雄宝殿。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104974

  • 2021年12月31日
    (8)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の天王殿。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104963

  • 2021年12月31日
    (12)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の方丈室。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104967

  • 2021年12月31日
    (1)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の祖殿。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104944

  • 2021年12月31日
    (9)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の天王殿(裏側)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104964

  • 2021年12月31日
    (13)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺法堂前の中庭。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104968

  • 2021年12月31日
    (6)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の木魚。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104951

  • 2021年12月31日
    (14)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の法堂。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104972

  • 2021年12月31日
    (5)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の「雲門寺南漢碑」。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104948

  • 2021年12月31日
    (4)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の牌坊(はいぼう)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104949

  • 2021年12月31日
    (17)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の大覚勝境牌坊(はいぼう)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏教学校も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104977

  • 2021年12月31日
    (3)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の正法眼蔵牌坊(はいぼう)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104946

  • 2021年12月31日
    (10)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の天王殿と放生池。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104965

  • 2021年12月31日
    (11)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の釈迦(しゃか)塔。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104969

  • 2021年12月31日
    (2)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の祖殿と「雲門寺南漢碑」。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104945

  • 2021年12月31日
    (7)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の新山門。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104952

  • 2021年12月31日
    (16)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の大雄宝殿(裏側)。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104975

  • 2021年12月31日
    (18)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の禅堂。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104976

  • 1