KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国江蘇省
  • クリエーティブ
  • 代表的継承
  • 南京泥人形
  • 同省無錫
  • 恵山泥人形
  • 江蘇省南京市
  • 無形文化遺産
  • アトリエ
  • ソウル市

「同省無錫市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年03月17日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    17日、江蘇省が日本の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    17日、江蘇省が韓国の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    16日、江蘇省無錫市が日本と韓国の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年03月16日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    16日、江蘇省無錫市が神奈川県相模原市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエで制作に励む何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエで制作に励む何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエで制作に励む何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエで受講生(左)に鳥笛の作り方を教える何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、何斌さん(奥)のアトリエで鳥笛を制作するオーストラリア人の受講生。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、何斌さんのアトリエに並べられた作品。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエで受講生に鳥笛の作り方を教える何斌さん(右)。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエで制作に励む何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、自ら制作した鳥笛を吹く何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、弟子らと作品について話し合う何斌さん(左)。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、アトリエでオーストラリア人の受講生(右)に鳥笛の作り方を教える何斌さん。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、何斌さんのアトリエで鳥笛を制作する受講生。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月08日
    無形文化遺産「南京泥人形」の伝承者江蘇省

    8日、何斌さんのアトリエで、自ら制作した鳥笛を見せる受講生。中国江蘇省南京市の無形文化遺産「南京泥人形」の代表的継承者である何斌(か・ひん)さん(43)は、20歳で恵山泥人形無形文化遺産の国家級伝承者、喩湘漣(ゆ・しょうれん)氏に師事し、同省無錫市恵山で技術を学んだ後、南京に戻り「南京泥人形」の制作を始めた。ここ数年、業界の縮小に伴い、周りの同業者は相次いで職を替えているが、何さんは弟子の教育だけでなく、趣味の教室を開いて受講生にも教えており、南京泥人形の文化クリエーティブ製品の開発にも着手している。何さんは産業で無形文化遺産を守り、技術を継承していきたいと考えている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1