KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日本農業新聞
  • 三重県紀和町
  • 丸山千枚田
  • 中国甘粛省
  • シルクロード
  • 仏教建築
  • 保存状態
  • 保護単位
  • 十八羅漢
  • 十大弟子

「名所旧跡」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
535
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
535
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.14
    2020年10月11日
    「新華社」声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(記者/張智敏)<映像内容>声楽組曲「敦煌廿咏」の初公演の様子、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街の入り口。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街にある中国北部最大の媽祖(まそ、航海と漁業の女神)廟、天后宮。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街に建つ戯楼。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街にある木版年画の老舗、「楊柳青画店」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街にある老舗、刺繍商品の「聯昇斎」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街にある老舗、豆菓子の「崩豆張」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街を散策する観光客。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街にある老舗、泥人形の「泥人張世家」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫

    10日、天津古文化街にある老舗、布靴の「老美華」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の足部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿内に安置された釈迦涅槃像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の扁額。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の地蔵菩薩像と西遊記の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の観音菩薩像と観音菩薩八難救済図。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の竜の塑像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿内の釈迦牟尼涅槃像の衲衣。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の足部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ウンター・デン・リンデン沿いにあるユナイテッドバディーベアの彫刻。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ウンター・デン・リンデン沿いにある店舗。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ウンター・デン・リンデン沿いにある土産物店。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、上空から撮影したベルリンのウンター・デン・リンデン。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ベルリンでブランデンブルク門東側のパリ広場に集まる観光客。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ウンター・デン・リンデン沿いにある店舗。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ウンター・デン・リンデン沿いにあるレストランで会話を交わす人々。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月19日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    19日、ウンター・デン・リンデン沿いにあるベルリンSバーンの入口。ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年10月06日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    ブランデンブルク門前に停車中のバイクタクシー。(2017年10月6日撮影)ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2017(平成29)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年10月07日
    ウンター・デン・リンデンで夜を満喫ドイツ・ベルリン

    ウンター・デン・リンデン沿いにあるフンボルト大学法学部の建物。(2016年10月7日撮影)ウンター・デン・リンデン(菩提樹の下)はドイツ・ベルリンの代表的な大通りの一つ。西のブランデンブルク門東側のパリ広場から、東へ約1・5キロのベルリン王宮まで続く。通り沿いやその付近には多くの名所旧跡や店舗が立ち並び、夜も地元住民や観光客にとって魅力的な場所となっている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2016(平成28)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2013年07月13日
    中津の割安観覧券

    大分県中津市内の名所旧跡に割安で入場できる共通観覧券

  • 2013年04月15日
    ダブルダイヤモンド冨士 名所・旧跡(ダブルダイヤモンド冨士)

    飯野山に太陽が昇り宮池に映り込んだ「ダブルダイヤモンド讃岐富士」=2013(平成25)年4月15日、香川県丸亀市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20130415DN0028]

    撮影: 2013

  • 2010年03月17日
    木版画の名刺台紙が好評

    和歌山県橋本市の名所旧跡などの絵柄を刷り込んだ名刺台紙

  • 2009年09月05日
    九度山めぐりせんべい発売

    和歌山県九度山町内の名所旧跡を描いた「九度山めぐり・せんべい」

  • 2009年07月06日
    祖谷の落合集落かずら橋 名所・旧跡(祖谷の落合集落かずら橋)

    祖谷の落合集落かずら橋=2009(平成21)年7月6日、徳島県三好市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [DST_148-09]

    撮影: 2009

  • 2009年07月06日
    祖谷の落合集落かずら橋 名所・旧跡(祖谷の落合集落かずら橋)

    祖谷の落合集落かずら橋=2009(平成21)年7月6日、徳島県三好市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [DST_1484-04]

    撮影: 2009

  • 2009年07月06日
    祖谷の落合集落かずら橋 名所・旧跡(祖谷の落合集落かずら橋)

    祖谷の落合集落かずら橋=2009(平成21)年7月6日、徳島県三好市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [DST_1484-05]

    撮影: 2009

  • 2009年07月06日
    祖谷の落合集落かずら橋 名所・旧跡(祖谷の落合集落かずら橋)

    祖谷の落合集落かずら橋=2009(平成21)年7月6日、徳島県三好市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [DST_1484-06]

    撮影: 2009

  • 2009年02月21日
    ななおれの梅まつり 名所・旧跡(ななおれの梅まつり)

    ウメの花=2009(平成21)年2月21日、愛媛県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20090203DN0105-26]

    撮影: 2009

  • 2008年12月18日
    国会議事堂 名所・旧跡(国会議事堂)

    国会議事堂=2008(平成20)年12月18日、東京都千代田区永田町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20020426-000061]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-13]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-03]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-15]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-06]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-08]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-14]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    八朔(はっさく)祭り 名所・旧跡(八朔(はっさく)祭り)

    八朔(はっさく)祭り=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-01]

  • 2008年09月06日
    八朔(はっさく)祭り 名所・旧跡(八朔(はっさく)祭り)

    八朔(はっさく)祭り=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-02]

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-07]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-05]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-12]

    撮影: 2008

  • 2008年09月06日
    通潤橋 名所・旧跡(通潤橋)

    通潤橋=2008(平成20)年9月6日、熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48d4ae31-04]

    撮影: 2008

  • 2008年05月24日
    アジサイ 名所・旧跡(アジサイ)

    アジサイ=2008(平成20)年5月24日、佐賀県唐津市相知町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4757b050-2]

    撮影: 2008

  • 2008年05月24日
    アジサイ 名所・旧跡(アジサイ)

    アジサイ=2008(平成20)年5月24日、佐賀県唐津市相知町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4757b050-4]

    撮影: 2008

  • 2008年05月24日
    アジサイ 名所・旧跡(アジサイ)

    アジサイ=2008(平成20)年5月24日、佐賀県唐津市相知町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4757b050-3]

    撮影: 2008

  • 2008年05月24日
    アジサイ山 名所・旧跡(アジサイ山)

    アジサイ山=2008(平成20)年5月24日、佐賀県相知町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4757b050-1]

    撮影: 2008

  • 2008年05月24日
    アジサイ 名所・旧跡(アジサイ)

    アジサイ=2008(平成20)年5月24日、佐賀県唐津市相知町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4757b050-6]

    撮影: 2008

  • 2008年05月24日
    アジサイ 名所・旧跡(アジサイ)

    アジサイ=2008(平成20)年5月24日、佐賀県唐津市相知町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4757b050-5]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石 名所・旧跡(稲田みかげ石)

    稲田みかげ石=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-1]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石の丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石の丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-12]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石の丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石の丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-2]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石の丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石の丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-5]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石採石場 名所・旧跡(稲田みかげ石採石場)

    稲田みかげ石採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-11]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-8]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石の丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石の丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-3]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-7]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石 名所・旧跡(稲田みかげ石)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-6]

    撮影: 2008

  • 2008年01月31日
    稲田みかげ石の丁場 名所・旧跡(稲田みかげ石の丁場)

    採石場=2008(平成20)年1月31日、茨城県笠間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47A43FC4-4]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    日本最北端の碑 名所・旧跡(日本最北端の碑)

    日本最北端の碑=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-2]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    日本最北端の風景 名所・旧跡(日本最北端の風景)

    日本最北端の風景=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-6]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    日本最北端の碑 名所・旧跡(日本最北端の碑)

    日本最北端の碑=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-3]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    日本最北端の碑 名所・旧跡(日本最北端の碑)

    日本最北端の碑=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-4]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    間宮林蔵の碑 名所・旧跡(間宮林蔵の碑)

    間宮林蔵の碑=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-1]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    日本最北端の碑 名所・旧跡(日本最北端の碑)

    日本最北端の碑=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-5]

    撮影: 2008

  • 2008年01月25日
    日本最北端の風景 名所・旧跡(日本最北端の風景)

    日本最北端の風景=2008(平成20)年1月25日、北海道宗谷岬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47a6a6c3-7]

    撮影: 2008

  • 2007年09月30日
    羊蹄山 名所・旧跡(羊蹄山)

    羊蹄山=2007(平成19)年9月30日、北海道真狩村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D-07-0037-DSC_0060]

    撮影: 2007

  • 2007年09月30日
    羊蹄山 名所・旧跡(羊蹄山)

    羊蹄山=2007(平成19)年9月30日、北海道真狩村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D-07-0037-DSC_0059]

    撮影: 2007

  • 2007年09月30日
    羊蹄山 名所・旧跡(羊蹄山)

    羊蹄山=2007(平成19)年9月30日、北海道真狩村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D-07-0037-DSC_0161]

    撮影: 2007

  • 2007年09月30日
    羊蹄山 名所・旧跡(羊蹄山)

    羊蹄山=2007(平成19)年9月30日、北海道真狩村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D-07-0037-DSC_0065]

    撮影: 2007

  • 2007年09月30日
    羊蹄山 名所・旧跡(羊蹄山)

    羊蹄山=2007(平成19)年9月30日、北海道真狩村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D-07-0037-DSC_0150]

    撮影: 2007

  • 2007年04月17日
    三春の滝桜 名所・旧跡(三春の滝桜)

    三春の滝桜=2007(平成19)年4月17日、福島県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20070417DN0182]

    撮影: 2007

  • 2007年03月17日
    吉野梅郷 名所・旧跡(吉野梅郷)

    吉野梅郷・120種の花が美観守る=2007(平成19)年3月17日、東京都青梅市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [46027D92-DSC_07132]

    撮影: 2007

  • 2007年03月17日
    吉野梅郷 名所・旧跡(吉野梅郷)

    吉野梅郷・120種の花が美観守る=2007(平成19)年3月17日、東京都青梅市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [46027D92-DSC_0899]

    撮影: 2007

  • 2007年03月17日
    吉野梅郷 名所・旧跡(吉野梅郷)

    吉野梅郷・120種の花が美観守る=2007(平成19)年3月17日、東京都青梅市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [46027D92-DSC_0818]

    撮影: 2007

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6