KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • こん
  • 令和
  • 西寧
  • ボーリング調査
  • 採集
  • 遊牧国家
  • 内城
  • ラクダ
  • 印章
  • 敦煌文書

「吐谷渾」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月21日
    (2)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    伏俟城の外側で見つかった東部南城と東部北城の見取り図。(2020年8月2日撮影)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信/王長虹)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902509

  • 2021年01月21日
    (5)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    伏俟城の内城内にある高台建築跡。(2018年8月19日撮影)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902750

  • 2021年01月21日
    (7)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    伏俟城の内城東門跡。(2018年8月22日撮影)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902780

  • 2021年01月21日
    (6)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    伏俟城の内城に残る東壁の南側部分。(2018年8月22日撮影)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902531

  • 2021年01月21日
    (4)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    伏俟城跡でボーリング調査を行う考古隊員。(2020年7月28日撮影)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902643

  • 2021年01月21日
    (1)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    伏俟城の内城から出土した文字の刻まれた板瓦。(2020年12月2日撮影)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信/劉衛鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902516

  • 2021年01月21日
    (3)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    上空から見た伏俟城の内城。(2018年8月28日撮影、小型無人機から)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信/曹凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020903020

  • 2021年02月01日
    (2)熱水墓群の2018血渭1号墓、被葬者は吐谷渾王族青海省

    2018血渭(けつい)1号墓から出土した銀の印章。(資料写真)中国青海省文物局はこのほど、同省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県熱水郷にある熱水墓群の「2018血渭(けつい)1号墓」からラクダの文様と古代チベット文字が刻まれた銀の印章が見つかったと明らかにした。チベット学専門家による文字の解読と、敦煌文書の吐蕃(とばん)経巻などの文献資料との照合により、被葬者は吐蕃統治期の吐谷渾(とよくこん)王族ではないかとの見方が示された。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020101097

  • 2021年02月01日
    (1)熱水墓群の2018血渭1号墓、被葬者は吐谷渾王族青海省

    2018血渭(けつい)1号墓の墓穴の全景。(2020年9月4日撮影)中国青海省文物局はこのほど、同省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県熱水郷にある熱水墓群の「2018血渭(けつい)1号墓」からラクダの文様と古代チベット文字が刻まれた銀の印章が見つかったと明らかにした。チベット学専門家による文字の解読と、敦煌文書の吐蕃(とばん)経巻などの文献資料との照合により、被葬者は吐蕃統治期の吐谷渾(とよくこん)王族ではないかとの見方が示された。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020101092

  • 1