KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 文化財
  • 職員
  • 記者
  • センサー
  • チーム
  • モノのインターネット
  • 五胡十六国
  • 仏教寺院
  • 任務

「向風」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    United States.

    United States. Washington D.C. National Mall. At background, United States Capitol. Built by William Thornton and continued by Charles Bulfinch and Benjamin Henry Latrobe.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051306441

  • 1957年02月28日
    国産気象観測器を公開

    公開された気象庁自慢の新型風向風速計(気象庁)=1957(昭和32)年2月28日

    商品コード: 2012061100452

  • 1999年03月26日
    保守点検作業 富士山レーダー“引退”へ

    日本の最高地点で、風向風速計に付いた霧氷を落とす職員。観測機器の保守点検作業も重要な任務だ=98(平成10)年10月28日、富士山測候所

    商品コード: 1999032600121

  • 2020年09月06日
    麦積山石窟を守る予防監視システム甘粛省天水市

    6日、甘粛省天水市の麦積山石窟に設置されている風向風速計。中国甘粛省天水市の麦積山石窟は今から約1600年前、五胡十六国・後秦の時代に開削が始まった。洞窟221カ所と塑像1万体余りが現存し、精巧な泥塑芸術で知られ「東方の彫塑陳列館」とも呼ばれる。同石窟の文化財は1980年代に系統的な保護修復作業を開始し、緊急修復の段階から現在は予防的保護へと転換している。管理を担当する職員らはここ数年、モノのインターネット(IoT)やセンサーなどの技術を応用したリスク監視と早期警報を実現する保護システム構築に取り組んでいる。(天水=新華社記者/耿馨寧)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400489

  • 2021年01月27日
    (8)青海チベット高原の「小故宮」で明・清代の壁画の美に迫る

    21日、敦煌研究院のチームが瞿曇寺の明代壁画の前に取り付けた風向風速計。中国青海省海東市楽都区瞿曇(くどん)鎮の瞿曇寺は、600年以上の歴史を誇る有名な仏教寺院で、全体的な配置と建築様式が北京の故宮に似ていることから、青海チベット高原の「小故宮」と呼ばれる。境内には多くの美しい彩色壁画などの文化財が保存されており、近年では、国が多額の資金を投じて寺院全体を段階的に修繕。数々の彩色壁画も敦煌研究院の研究員の手でよみがえっている。瞿曇寺の彩画(建築部材の表面に描かれた装飾画)の修復がまもなく始まり、金剛門や大小の鐘楼・鼓楼の修復プロジェクトの届け出も相次いでいる。高原の山奥にひっそりとたたずむ同寺は、これからもその歴史を後世に語り継いでいく。(西寧=新華社記者/白瑪央措)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012707722

  • 1